ヘルス プロモーション と は。 看護におけるヘルスプロモーションの意味と実践・活動の具体例

ヘルスプロモーションとは:ヘルスプロモーションとQuality Of Life:www.airloyal.com

ヘルス プロモーション と は

【英】: のにおけるWHOのヘルスプロモーションの定義はである。 ヘルスプロモーションとは、「自らの健康をを、自らよりよくできるようにしていくこと」である。 ヘルスプロモーションをするにはとのについてのがになる。 ではヘルスプロモーションをのとている。 はのため、にをした。 第2はに、がもたらしたのをした。 はまさにこのためのをでし、のがしうるをたのであった。 その来るのがのである。 、に、がここでは加わってくる。 、とは、「にならなくなればそれでよい」、というふうに的なをすればよい。 ヘルスプロモーションはでは満ない。 今ある健康状態より、よりなに健康度を、それによってよりよく、をる、といったをめざす。 になされたWHOの健康の定義の(では)は、「健康とは単にがないという状態のみをいうのではない」とある。 を行うとはこのにした。 、義の(では)は「健康とは、、にな状態である」となっている。 ヘルスプロモーションをする、、こののにしたをする、である。 の、とは、と(またはより広い意味での)ののをヘルスプロモーションと定義した。 そして、にして、健康にを及ぼしうるや生活を変えていくことがヘルスプロモーションの鍵であると述べている。 に、やへのだけ、やをとりまく(のなど)や法(のなど)のなどを行うことがヘルスプロモーションのである。 (征峰) : ローレンス・グリーン、マーシャル・クロイター:ヘルスプロモーション 、 : From promotion. :; 1030-1033. 2009年3月6日, at the. website in pdf format , "Health Promotion Glossary", page accessed March 11, 2007• website, "Glossary", page accessed March 11, 2007• website, page accessed March 9, 2007• WHO 1984. Copenhagen, WHO. または WHO 2013• Niyi Awofeso, American Journal of Public Health, May 2004, Vol 94, No. 5 p. 1971 病気の社会史 NHKブックス• World History 4th Edition by William J. Duiker and Jackson J. Spielvogel• 1979. The role of medicine. Oxford, Basil Blackwell. website, "Health Promotion Emblem", page accessed March 17, 2007. 1974 2006年12月14日, at Ottawa Health and Welfare Canada. (世界保健機関)• , (世界保健機関)• , (世界保健機関)• (世界保健機関)• European Office website in pdf format , "Wilkinson, R. 2003. Social determinants of health: The solid facts. ", page accessed March 17, 2007. (世界保健機関)• Tudor Hart J. The inverse care law. 1971; i: 405-412. (Socialist Health Association)• McKinlay, J. 1979. A case for refocusing upstream: the political economy of illness. In Patients, physicians and illness ed. Jaco. 9-25. Basingstoke, Macmillan. (イギリス保健省)• Milio, N. 1986. Promoting health through public policy. Ottawa, Canadian Public Health Assosication. (カナダ保健省、2001年)• Department of Health and Human Services HHS , Healthy People 2010: National Health Promotion and Disease Prevention Objectives, conference ed. in two vols Washington, D. , January 2000. Whitehead, M. 1991. The conceptsd and principles of equity and health. Health Promotion International, 6, 217-26. Goldberg, J. , Hayes, W. , and Huntley, J. "Understanding Health Disparities. " Health Policy Institute of Ohio November 2004 , pages 6-7. 、(世界保健機関)• Grabauskas, VJ. Integrated programme for community health in noncommunicable disease Interhealth. In The prevention of noncommunicable diseases: experiences and prospects. Leparski , pp. 285-310. World Health Organization Regional Office for Europe, Copenhagen; 1987. Rose's Strategy of Preventive Medicine, Oxford University Press. Bartley, M. 1997 , 314, 1194-6. A Thematic Guide to Documents on Health and Human Rights• Health and human rights. Health Hum Rights. 1994 Fall;1 1 :6-23. 2010年2月28日, at the. (日本弁護士連合会)• (外務省)• (厚生労働省健康局総務課生活習慣病対策室健康情報管理係)• (世界保健機関)、• (内閣府政府広報室)• website, page accessed March 16, 2007• e-Gov法令検索. 総務省行政管理局 2019年6月7日. 2020年1月14日閲覧。 (厚生労働省健康局総務課生活習慣病対策室健康指導係)• (内閣府)• (カナダ公衆衛生機関)• (米国国立医学図書館)• (米国保健社会福祉省)• (米国保健社会福祉省)• (米国保健社会福祉省)• Ewles L, Simnett I 2005 Promoting Health - a practical guide Balliere Tindall: Edinburgh.

次の

ヘルスプロモーション・健康行動支援部門

ヘルス プロモーション と は

健康行動について科学的エビデンスを集積し,集積したエビデンスに基づき健康の維持増進にアプローチするコミュニティの形成を目指します。 ヘルスプロモーション・健康行動支援部門では,ヘルスプロモーションの理論的枠組みとされている健康生成モデルに基づいて健康行動を規定している要因について明らかにしています。 そして研究の結果,得られた科学的エビデンスに基づいて,学校,自治体,企業等と連携し,健康の維持増進に積極的にアプローチするコミュニティの形成に取り組んでいます。 健康行動促進モデルの構築 これまでの研究から,健康行動はwell-beingに促進され,健康を損ねるような危険行動はwell-beingによって抑制されることを見出してきました。 さらにwell-beingはストレスにしなやかに対処する力,レジリエンスを獲得することで向上します。 このような個人の内にある力を内的資源とします。 そして,レジリエンスはソーシャルサポートなどの社会的要因,つまり外的資源によって規定されることを実証研究で確認してきました。 健康行動促進モデルに基づいた実践 栄養教諭,養護教諭,保健師,管理栄養士などの健康教育の指導者を対象に健康行動促進モデル関する研修を行っています。 そして,理論にもとづいて健康行動の変容を支援するスキルの獲得を目指しています。 また研修を通じて,学校での健康教育や自治体が行う特定保健指導で活用するための教育プログラムやアセスメントツールの開発を行っています。 また,人の健康を取り巻く外的資源として,企業との連携は重要です。 CSV Creating Shared Value :社会の課題を経済的価値の創造に統合すること,Porter ME,2013,加藤訳 グローバル課題としての健康行動 グローバル化を背景に,生活スタイルのグローバル化も進んでいます。 このような状況の中,生活習慣が原因となるメタボリックシンドロームや生活習慣病などに関連する健康課題もグローバル課題としてとらえることができます。 そこで,海外の研究者とともに異文化研究を行い,健康行動を規定する要因について,より深く複眼的な視点から検討を行っています。 海外の共同研究機関:グラーツ大学,グラーツ医科大学,エトベシュローランド,ドレスデン工科大学 スタッフ リーダー (専任研究員・教授 人間発達環境学研究科 こころ系講座) 2020年度事業 生きいき食教育プログラムのための資料を作成しました! 主に保健師や管理栄養士など保健指導にたずさわる専門職のかたが,適切な行動変容理論に基づいた保健活動を行う助けとなることをめざした資料を作成しました。 必要な方は,下記よりダウンロード可能です。 (PDFファイル,2. 1MB) (PDFファイル,1. 2MB) (PDFファイル,999KB) 2019年度事業 2018年度事業.

次の

ヘルスプロモーションとは

ヘルス プロモーション と は

健康増進の意味を持つヘルスプロモーション。 現在、企業や教育機関、医療機関などさまざまな現場でヘルスプロモーションという言葉が用いられています。 どのような取り組みがヘルスプロモーションの促進に繋がるのか、考え方は人それぞれですので、行うべき活動内容は多岐に渡ります。 当ページでは推進に向けた活動内容の具体例を多数提言していますが、各個人によって考え方は異なりますので、あくまで一例と捉えておいてください。 また、看護師1人1人がヘルスプロモーションについて深く考えることは非常に大切ですので、この機会に一緒に考えてみてください。 1、ヘルスプロモーションの定義 ヘルスプロモーションとは、一言で表すと「健康を増進すること」ですが、ひとえに「健康」と言っても定義や概念はさまざまであり、また「ヘルスプロモーション」の定義・概念も人によって機関によって異なります。 WHO オタワ憲章 2 健康とは、日常生活の資源であって、人生の目的ではない。 個人やグループが、どれだけ希望を持ち、ニーズを満たし、環境を変えたり克服したりできるかという程度を意味している。 Stokes 3 解剖学的・生理学的・心理学的な完全さ、個人的に価値ある家族上・仕事上・コミュニテイ上の役割を果たす能力、良好な状態と感じていること、疾病のリスクが無く、早死しないことなどを特徴とする状態。 Last 4 人間と、物理的・生物学的-社会的環境とが調和のとれた状態であり、十分な機能的活動性を備えていること。 Last 4 特定の疾患に対する人々のリスクに焦点をあてるより、むしろ日々の生活の文脈の中で、全体としての人間集団の参加を求めるものであり、健康の決定因子や原因へのアクションに向かう方向性を持っている。 Pender ら 5 安寧を高め、人間としての健康の可能性を現実のものにしたいという望みに動機付けられた行動。 Green ら 6 健康を導く生活行動や生活条件に対する教育的支援とエコロジカルな支援を組み合わせたもの。 このように、「健康」や「ヘルスプロモーション」の定義・概念は提唱する人や機関によって異なります。 よって、定義・概念を深く考えず、簡易的に捉えておきましょう。 2、看護とヘルスプロモーション ヘルスプロモーションという言葉は医療の現場だけでなく、さまざまな分野・場面で用いられており、分野・場面によって実施内容が大きく異なります。 それゆえ、看護におけるヘルスプロモーションの取り組みを考える前に、まずは看護とはどういうものなのかを理解しておきましょう。 看護には、健康増進および疾病予防、病気や障害を有する人々あるいは死に臨む人々のケアが含まれる。 また、アドボカシーや環境安全の促進、研究、教育、健康政策策定への参画、患者・保健医療システムのマネジメントへの参与も、看護が果たすべき重要な役割である。 アメリカ看護協会 8 看護とは、現にある、あるいはこれから起こるであろう健康問題に対する人間の反応を診断し、かつそれに対処すること。 日本看護協会 9 健康のあらゆるレベルにおいて、個人が健康的に正常な日常生活ができるように援助すること。 ナイチンゲール 10 看護は新鮮な空気、陽光、暖かさ、清潔、静けさを保ち、適切な食事を準備して、患者の自然治癒力が発揮できるように患者の最良の状態に保つ役割を担っている。 人間の健康の成立は自然環境と人間個体の相互関係にあり、人間個体と自然の関わりを最良の状態におき、人間自身に備わっている自然治癒力を引き出し、強めていくのが看護の力である。 ヘンダーソン 11 看護師が、病人や健康人をケアする際の独自な機能とは、まず、彼らの健康状態についての彼ら自身の反応をよく考え評価し、健康や回復や尊厳死のためになる彼らの活動 それは、もしその人が必要な強さや意志や知識を持ちえていれば自力で行えたはずのものである を援助することである。 そして、この支援は、できるだけ早く完全にあるいは部分的に自立できるように促しながら行うのである。 3、看護におけるヘルスプロモーションの具体例 では、看護におけるヘルスプロモーションの実践内容とはどのようなものが挙げられるのでしょうか。 ひとえに看護と言っても、それが患者1人に対するものなのか、病院全体の患者に対するものなのか、地域社会全体に対するものなのか、看護を提供する対象者はさまざまです。 また、看護師1人1人の看護行為に焦点を当てているのか、医療機関など組織・集団の看護行為に焦点を当てているのか、視点となる者もさまざまです。 対象となる者、視点となる者によって看護の実態は大きく異なり、それによってヘルスプロモーション推進に向けた実践内容も異なってきます。 また、上で述べたように「健康」「ヘルスプロモーション」「看護」のそれぞれの定義・概念は人によって機関によって異なるように、「ヘルスプロモーションの実践内容」も人によって機関によって異なります。 3-1、具体例:患者1人 狭域 まず始めに、狭域でのヘルスプロモーションの実践例についてです。 の領域1に「ヘルスプロモーション」があるように、看護師が行う業務、いわゆる看護そのものがヘルスプロモーションの一部を担っています。 入院時など看護師が積極的に看護介入できる状況において、いかに患者が集中的に治療に専念できるか、いかに快適な生活を送れるかについて考え実践することで患者のQOL向上、はたまたQOL向上によるヘルスプロモーションの推進を図ることができます。 QOLを向上させるためには、苦痛の軽減、合併症の予防、コミュニケーション、環境の整備など、多角的な視点から支援を行う必要があり、これは患者によって異なるため、まずは患者のニードを把握することが何より大切です。 そして、把握した上でニードを可能な限り満たすことで治療に専念でき、また快適な療養生活を送ることができるのです。 エンパワメントを向上させるためには、問題の特定、感情の明確化、目標の設定、計画の立案、結果の評価という、ある種の看護過程を患者本人が実践できるよう補佐的に支援することが大切であり、それには看護師=患者間の信頼が非常に重要となります。 患者本人が自身の生きる力や健康促進への力を持つことで、看護師など医療従事者がいなくても健康状態を維持または向上することができることから、これもヘルスプロモーションの取り組みの1つと言えるでしょう。 円滑かつ効率的に、そして健康的な生活を送るためには服薬・行動制限が非常に重要である反面、継続的に実施するためには患者の強い意思と理解が不可欠です。 以前は、という言葉が使われていましたが、これは服薬や行動制限などにおいて医療従事者の指示に従っているかを評価する概念のことであり、患者の意思に関係なく指示通り服薬や行動制限が出来ていれば良しという考え方でした。 しかしながら、継続的に実施するためには患者の強い意思が重要であることから、今ではアドヒアランスが優先的に用いられるようになりました。 なお、アドヒアランスを向上させるためには、患者側の問題、医療従事者側の問題、患者・医療従事者の相互関係、の3つの側面から、さまざまな問題を1つずつ解決していくことが大切です。 中には、これら精神的負担が増大することで、うつ病、統合失調症、自律神経失調症などの精神障害を併発する患者は少なくありません。 患者の精神的負担を軽減させるためには、患者とのコミュニケーションが非常に重要であり、傾聴するだけでも不安やストレスを取り除くことができます。 なお、より効率的に軽減させるためには、看護師自身のコミュニケーション力の向上、ならびに信頼の獲得が重要となります。 バランスの良い食事、適度な運動、十分かつ良質な睡眠などにより、有する疾患の早期改善を促すばかりか、再発や合併症の予防に役立ち、これら生活習慣の改善を看護師がしっかり指導し、患者が自分の意思で積極的に行うことでヘルスプロモーションは推進されます。 それゆえ、入院時・退院後に関わらず、各患者に合った栄養管理が必要であり、栄養過多または栄養過少にならないように栄養指導を行うことが大切です。 退院後の自宅療養において、健康管理を行うのは患者自身です。 それゆえ、疾患の進行度を把握するために、また他疾患・合併症の早期発見ができるよう定期検診を受けることが重要となります。 患者自身が有する疾患に対して確かな理解を持つことで、症状の増悪を防ぐことができ、そのほか感染防止 感染予防策の実施、感染地帯からの避難 など、これら保健指導をしっかり行うこともヘルスプロモーション推進の役割を担っています。 3-2、具体例:患者全体 広域 次に、広域でのヘルスプロモーションの実践例についてです。 医療機関または集団としての看護師が視点となり、患者全体や地域に住む多くの人々が対象となることから、ヘルスプロモーション推進に向けた取り組みは非常に大きな役割を担います。 看護師1人1人の看護量には限界がありますので、組織単位での看護の質向上はヘルスプロモーションの推進において大きな役割を担っていると言え、反対に看護の質低下はヘルスプロモーションを大きく抑制させてしまいます。 また、地域ボランティアとして地域住民へ検診を行うのもこれに当てはまります。 これを可能にするためには地域で活動を行う医療機関、行政、教育機関、企業、ボランティアグループなどとの連携が必要不可欠であり、それぞれが役割を持って協力して安心・安全・安楽な環境を構築することが重要となります。 3-3、具体例:看護師個人 最後に、看護師個人が行うヘルスプロモーションの推進についてお話します。 上述のように、看護1人1人が患者に対して行う実践例、集団・組織として患者全体ならびに地域社会に対して行う実践例のほか、看護師個人のレベルアップもヘルスプロモーションの推進に不可欠な要素と言えます。 また、看護師1人1人のレベルアップにより、受け持つ患者だけでなく、看護師が交友関係を持つ者、たとえば家族や友人などのヘルスプロモーションをも推進でき、さらに看護技術や知識を共有することで他の医療従事者のレベルアップ、ならびにそれら医療従事者の患者・家族・友人へ、広範にヘルスプロモーションを普及させることができます。 ひとえに看護技術といってもそのレベルは各個人から見えづらく不明瞭。 そこで「」が役に立ち、これにより自身のレベルを主観的・客観的に把握することが可能です。 なお、経験と技術の相関関係はなく、必ずしも経験があれば技術が高いとは言えません。 セミナーや研究会など情報提供の場に積極的に参加する、といった論文に目を通すなどで先端知識を習得することができ、先端知識を習得しそれを自身の看護に生かすことで患者のヘルスプロモーションを促すことができます。 また、看護に限らずヘルスプロモーションに特化したセミナー・研究会も多く実施されていますので、知識習得のために積極的に参加しましょう。 そのほか、書籍を参考にするのもよいでしょう。 それを可能にするために、熟練の技術と豊富な知識が必要であるということは言うまでもないでしょう。 看護技術・知識を共有する場は、書籍、セミナー、研究会、論文とさまざまな形式がありますので、高い看護技術・豊富な知識を有する看護師は積極的に情報提供を行い、ヘルスプロモーションの推進を支援してください。 まとめ ヘルスプロモーションを推進させるための実践内容は数多く存在しますが、これらすべてを網羅的に実践する必要はありません。 また、あくまで当ページで示したものは一部であり、その他にも多くの実践内容があるでしょう。 何をどのようにすればヘルスプロモーションの推進に役立つのかを、自身自身で考え提案することも立派な取り組みですので、この機会にぜひ考えてみてください。 参照・引用文献 1)WHO constitution, WHO, 1948 2)Ottawa Charter for Health Promotion, WHO, 1986 3)Stokes,J. , et al: Definition of terms and concepts applicable to clinical preventive medicine. Commun. Health, 8,33-41,1982 4)Last J. M : A Dictionary of Epidemiology, 4 th ed. Oxford Univ. Press, 2001 5)Pender, N. , Murdaugh, C. : Health Promotion in Nursing Practice, 5th edition. Upper Saddle River, NJ, Prentice-Hall Health, Inc. , 2006 6)Green L. , Kreuter N. : Health Promotion Planning; An Educational and Ecological Approach, 3rd. icn. 看護、25,52・60,1973 10) Nightmgale F. : Notes on Nursing, 1860, 湯槙ます、他訳、看護覚え書、p14-15, 現代社、東京、1968 11)Virginia Henderson: Principles and Practice of Nursing、Macmillan Pub Co, 1978 jdepo.

次の