ガンダム シード ディスティニー。 機動戦士ガンダムSEED DESTINY 【概要・あらすじ・主題歌・登場人物・声優】 | いっぱいアニメを楽しもう

機動戦士ガンダムSEED

ガンダム シード ディスティニー

『 機動戦士ガンダムSEED DESTINY』とは、からにかけて放映されたのである。 の続編にあたる。 通称は「種運命」「種」「」など。 概要 構成 話数 話 前回のが、の的意味合いがあったのと同じく、への的作品となる。 (等はこれを否定している。 「とは違うのだよ。 とは」との発言があったとかなかったとか……。 「降」はこれを意識しての事かもしれない……) 前作の登場人物がに として引き続き登場する 予定だった。 達がいつの間にかで扱いになるという、同じくのもびっくりの転換っぷりで有名。 いまだにと、の中でもどのが好きかなどで論争になる、いろんな意味でされている。 に周年を記念して、にて11作品の配信される事が決定した。 に「 th Ho」のナップ第3弾として、(土)より『』&『』版が放送&配信される事が決定した。 に周年記念で開催された『 th S. 翌日8日には「その想いに応えられるように、頑ります。 私も同じ気持ちですから。 」と氏のと共にしている。 詳しくはにを参照せよ。 あらすじ 第ヤ・宙域戦を経て、軍ととのは一応の終結を見せていた。 で暮らしていたは、と両親を前回ので失い、軍へ加入する。 の後を継ぎ首長の代表首長となったは、・ディノ(の変装)を護衛として、ト最高議長議長との秘密会談のため、新造のが行われているニー、アーーに来ていた。 そこで、新を狙うの強襲を受ける。 これに対抗してが出撃をする。 主な登場人物 (:) な搭乗機:、 当初の。 いつの間にかに。 自分のやを亡くしたで不信になり、自分を保護してくれた軍人の勧めでトに渡り、に入隊。 (:) な搭乗機:、 伝統の系。 どうなったかはで察してもらいたい。 (:) な搭乗機:、 で 本作の。 「 がです」って が言っていたから間違いない。 (のでも一番上にって書いてあったし) (:) な搭乗機:、 元の。 アーーにいた事がきっかけでに復隊するが……。 (達が言うにはらしい。 ……) 音楽面・主な楽曲 放映開始直前に出された 前作の挿入歌である「の」がの要望により され10位に来ることから始まる。 前作からすればのはある程度の予測が出来るが連発する事から始まる。 ちなみに 後半からは当作品、同時期の新番組である、のというの体制で挑むことになるが ここでは当作品のみの扱いに留める。 第1では前作のを」担当したとがそれぞれOP・EDに起用される。 まさにここから面でのムーブメントが始まる。 まさにのと言うべきで放映という事もあり注され、O「d-ナイ- 」が。 この週間チャートで世間は。 なんと当時2週連続で現となっていたを抑えて初登場となった。 ( 体制で彼らのはのOも) ちなみに彼自身としては「」以来実に6年半振りので尚且つ通算0作品のでありでは史上初めてのともなりや 、でさえも成し遂げなかった快挙を達成する。 翌週発売されたEは(はの返り咲き)、Oが5位という順位となり自身も最高の売上を記録する。 第2では度変わり新人と一般層には知名度だったを起用される。 はとのを担当し層には一定の知名度はあったが、一般層にはだった。 しの2つもまたを飛ばしは名の新人としては異例のにし当年の新人賞を受賞する。 後にも先にもで関連曲の受賞はのみである。 は自身が初めてチャート・週間チャートでは4位となり最位を記録。 両者とも番組への出演も多くなりとなる。 これに味をしめたは第3でさらなる新人を投入する。 生新人と体制によりでEを担当していた新人を起用する。 翌週発売されたEは最高の5位を記録。 各種ではでと言える順位が連発した事により当作品及び担当の特集が軒並みに組まれ「に起用されたは軒並みを飛ばす『』」と称する言葉もで発生する程であった。 第4ではは初となると前作EDを担当したを起用する。 Oはがいた事も関係しはとなる。 ED4は前作EDであるを上回り4位となる。 尚、挿入歌はのと同じで作られた「焔の」は挿入歌では初となるチャート・週間5位を記録しとなり同の後番組「」へと繋がりを託す事となる。 こうしてからの1年間。 も売れ、も売れ、も売れたムーブメントはした。 尚、を集めたはでになった。 この新人やしていないをに起用する商法は他番組でも使用されていく事となり(・・・・など)その体制はどんどん拡大していき・・・なども加入しというを開催し、間でもして曲を担当するようになっていった。 d-ナイ- … 歌:• … 歌:• … 歌:• … 歌:• たちの … 歌:• I Go To A Pl... … 歌:• s of s … 歌:• … 歌: 関連動画 関連商品 Blu-ray 関連コミュニティ 関連項目• () (作品) - - - - - - - - - 種運命 - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - 外部リンク•

次の

機動戦士ガンダムSEED DESTINY 最後とその後は~

ガンダム シード ディスティニー

オーブ連合軍・ガンダムシード・デスティニーキャラクター ガンダムシードデスティニーのキャラの紹介です。 TVシリーズ化を元に、登場人物の紹介、性格を記載しています。 オーブ軍のキャラを紹介します。 私は、トダカさんの最後は猛烈に泣けました。 トダカ1佐に敬礼。 ウズミ・ナラ・アスハの掲げたオーブの理念を尊いものとし、セイラン家の無謀な命令にも、我慢する、気骨ある軍人。 軍人としての分もわきまえている。 良識で部下思いの人格者。 部下からの信頼と敬愛を集めていた。 ミネルバ追討派遣艦隊の副司令官として、また旗艦タケミカズチの艦長として、ユウナを補佐?しつつ実質的な指揮を執る。 71の地球連合軍侵攻の際には、家族を失ったシンを保護し、プラントへ移住できるよう取り計らうなどした恩人でもある。 トダカはインパルスのパイロットがその時の少年と知っており、両親を失ったのは自分たちの力が足りなかったと、心に刻んでいたが・・・・ タケミカズチはそのシンのインパルスガンダムによって轟沈。 オーブの意思を世界に伝えるために、艦と運命を共にした。 オーブの五大首長であるセイラン家の当主。 宰相として本来は、代表首長であるカガリの補佐役であるが、、実質的にオーブの政治を取り仕切っている。 カガリがアークエンジェルにさらわれた後?も、国家元首の不在を取り繕いながら大西洋連邦との平和条約の締結、派兵に踏み切るなど、彼なりにオーブ一国の安寧に腐心しているようであるが、ジブリールを迎えいれてしまうという最大の失策を犯してしまう。 オーブの宰相ウナト・エマ・セイランの息子。 カガリの婚約者でもあったが、カガリとの結婚式の最中、キラのフリーダムに花嫁をさらわれてしまう 終始、オドオドした態度や楽観的な無能振りによって、幾つもの尊い命を散らすことになる。 オーブを窮地に追い込んだ人物の1人。 また、だれからも慕われておらず、地位だけのお坊ちゃまである。 ユウナの指導のもと、混沌とした社会に陥り、トダカ一佐を含めオーブの市民までも、巻き込んでしまう状況に、ついにカガリが逆上し、カガリにぼこぼこにされてしまう。 最後は、戦乱のなか慌てて逃げ出し、落下するグフの下敷きになってしまう。 最後まで、自分の何が悪かったかを知ることがなかった。

次の

機動戦士ガンダムSEED

ガンダム シード ディスティニー

ZGMF-X666Sレジェンドと共に開発されたザフト軍の最新鋭MS。 「ハイパーデュートリオン」と核エンジンの2重のハイブリットエンジンを主機関とし、他の機体を凌駕する高出力を誇る。 ウイング内のスラスターには、D. Dで開発されたヴォワチュール・リュミエール VL の近似技術が採用されており、出力増大に伴い「光の翼」が発生する。 武装は、MMI-GAU26 17. パイロットは、シン・アスカ。 プラントで開発された新型モビルスーツシリーズ「セカンドステージシリーズ」に属するモビルスーツ。 上半身を構成する「チェストフライヤー」、下半身を構成する「レッグフライヤー」、コックピットを構成する「コアスプレンダー」の3つのパーツから成り立っている。 モビルスーツとなった本体に更に換装式のバックパックを装着し、計4つのパーツが合体して戦闘形態となる。 換装式バックパック「シルエット」は高機動戦仕様であるフォースシルエット、接近戦仕様であるソードシルエット、砲撃戦仕様であるブラストシルエットの3種類が用意されている。 パイロットは、シン・アスカ、ルナマリア・ホーク。 ユニウス条約締結後に開発された試作MS群「セカンドステージシリーズ」に属する航空可変MS。 機体にはデュートリオンビーム送電システムとヴァリアブルフェイズシフト(VPS)装甲を採用し、優れた稼働時間と高い防御力を両立している。 MA形態は双胴の戦闘機に近く、大気圏内外での高機動戦と多彩な固定兵装を活かした砲撃戦に特化している。 パイロットは、アスラン・ザラ。 ユニウス条約に従がってザフト軍が開発した可変MS。 宇宙での高機動戦闘を主眼に置いており、MA形態への可変機構と、多彩な武装を備えた強襲用の機体である。 装甲には、ヴァリアブルフェイズシフト装甲が採用されており、デュートリオンビーム送電システムにより、戦闘継続時間の延長が可能。 大気圏内での戦闘も可能であり、強力な推進力を活かした機動力を誇っている。 武装は、MMI-GAU1717 12. パイロットは、スティング・オークレー、コートニー・ヒエロニムス。 ザフト軍が開発した次世代型MS群セカンドステージシリーズに属する可変MS。 水中用の潜水艇型MAへの可変機能を有している。 宇宙空間で運用する事も可能。 陸上での戦闘では、機動性を重視しない火力支援用として運用を想定し、多数のビーム砲や格闘専用にリーチの長い格闘兵装を備えている。 武装は、MMI-GAU1717 12. パイロットは、アウル・ニーダ、マーレ・ストロード。 ユニウス条約締結後開発されたザフト軍の次世代型試作MS群「セカンドステージシリーズ」の1機。 陸戦型MSバクゥを参考にした4足獣型のMA形態への可変機構を備えている。 MS形態は中近距離の高機動戦闘を得意とする。 大気圏内における行動範囲はほぼ陸上のみに限定され、母艦やサブフライトシステムによるサポートが不可欠となる。 パイロットは、ステラ・ルーシェ、アンドリュー・バルトフェルド、リーカ・シェダー。

次の