子犬 しゃっくり。 柴犬の子犬、うなり噛みつく

犬のしゃっくりの原因は?犬のしゃっくりを止める方法

子犬 しゃっくり

アレルギーによる症状 犬も花粉でくしゃみをすることも。 空気清浄器などで花粉対策をしてあげましょう。 春先、花粉の飛ぶ季節になると、犬もくしゃみをしたり目をかゆがったりする、という飼い主さんがいます。 一説によれば犬の花粉症は皮膚炎程度しか出ないといいますが、実際に犬を飼われている方の間では、犬も人間同様、くしゃみや鼻水、目の充血やかゆみもあり、花粉の季節が終われば。 それら症状も出なくなるとのことなので、花粉症はあるといわれています。 何度も続けてくしゃみを連発したり、ぽたぽたと鼻水を床に落とすなどの症状が出ることも。 深刻な皮膚炎を除いて、花粉アレルギーへの投薬による緩和は、副作用もありなかなか難しいので、室内飼育の場合は部屋で空気清浄機をつけてあげたり、お散歩から帰ったら、室内に入る前にブラッシングをして花粉を落とすなど、花粉を室内飼育の場所に入れない工夫をしてあげましょう。 鼻の病気による症状 くしゃみと一緒に鼻水がでる場合は、鼻炎の疑いあり。 症状が軽いうちに病院へ。 くしゃみの原因が犬の病気の場合があります。 一般的に言われるのが鼻炎です。 鼻炎の症状として、くしゃみ以外にも鼻汁を出します。 軽度の場合は透明の鼻水ですが、炎症がひどくなるとドロッとした黄色い鼻汁になります。 慢性化すると副鼻腔炎や蓄膿になる場合もあるので、くしゃみを頻繁に起こすようなら、軽度のうちに一度動物病院での診察をおすすめします。 鼻炎を何度も起こすようになると、副鼻腔炎を起こし、更に膿が溜まると蓄膿症となって完治までにかなりの時間を要しますので、出来るだけ初期に治すようにしましょう。 刺激臭によるもの 香水や芳香剤を使っていませんか?強い刺激臭によりくしゃみをしているかも。 犬の臭いの成分を嗅ぎとる能力である嗅覚は、人間の約100万倍あるともいわれ、嗅粘膜は表面積がとても広く人間の10~50倍あります。 嗅細胞の数も、犬は人間の40~50倍あると推測されています。 そのため犬の嗅覚はとても鋭敏で、刺激臭にもとても敏感です。 香水や芳香剤など、残存効果を目的に作られた人工的な香りには、少なからずとも犬にとっては刺激臭となり、くしゃみを誘発している可能性があります。 犬のくしゃみがなかなか止まらない場合は、室内の換気をしてみましょう。 感染症のおそれがある ワクチン予防してないわんちゃんは注意!風邪の症状に似ているのは感染症の場合があります。 犬ジステンパーウイルス感染症や犬伝染性肝炎・伝染性気管気管支炎(ケンネルコフ)になってしまった場合、その初期症状として、風邪に似た症状が出やすく、くしゃみや咳を起こすことがあります。 これらの感染症は重症化すると命にかかわる病気です。 感染症は一旦かかってしまうと大変重い症状が出たり、子犬の場合は即、命に関わる病気です。 しかし、年に1回の予防接種をきちんと受けていれば、予防出来る病気ですので忘れずに摂取しましょう。 急な気温の変化によるもの 室内・室外で温度差の激しい時に、くしゃみをすることも。 単に鼻の粘膜が敏感になっているだけなので、心配しなくても大丈夫です。 真冬の寒い日の散歩から帰り、急に外の冷たい外気から、室内の暖かい暖房の部屋に入った時に、その気温差からくしゃみを起こすことがあります。 寒い地域に暮らす犬にみられる症状で、鼻炎をよく起こす犬にもみられます。 鼻の内部の粘膜が敏感になっているときに起こしやすい症状です。 この場合は一時的なものなので、さほど心配することはありません。 短頭種に多い「逆さくしゃみ」 「ぶしゅぶしゅ」と興奮すると起きやすい逆くしゃみ。 病気ではないので、心配する必要はありません。 パグやブルドッグなど、顔が丸くて鼻先がつぶれたような犬のことを、短頭種といいます。 これらのわんちゃんが水を飲んだ時や遊んで興奮した時に、鼻の奥で水を戻すような、苦しそうに鼻の奥で「ぶしゅぶしゅ」鳴らすようなくしゃみを「リバース・スニーズ」といい、「逆さくしゃみ」ともいいます。 短頭種のわんちゃんには、活発で運動の好きな子が多いのですが、興奮すると逆さくしゃみを起こしやすくなります。 しかし、逆さくしゃみそのものは、特に健康被害等の心配はありません。 短頭種のわんちゃんは、骨格が逆さくしゃみを起こしやすくなっているともいえ、犬にしてみれば、ちょっと鼻の奥が気持ち悪い程度だといわれています。 犬のくしゃみまとめ とくに鼻炎や副鼻炎でくしゃみをするわんちゃんが多いので、鼻水も飛ばすようなら一度病院へいきましょう。 くしゃみ、目の充血:アレルギーの可能性あり• くしゃみ、鼻水:鼻炎、副鼻炎の可能性あり• 真夏や真冬のくしゃみ:温度差によるものの可能性あり• 苦しそうな変なくしゃみ:逆くしゃみ.

次の

犬のしゃっくりの原因は?犬のしゃっくりを止める方法

子犬 しゃっくり

早食い• 餌の硬さが合っていない• 冷たいものを食べたor飲んだ• 誤飲誤食• ストレスや運動不足• 寒さに対応できていない• 病気 この中でも、 1~6番はとくに心配する必要のないしゃっくりです。 7番は重大な病気が潜んでいる可能性もあるため、できるだけ早めに動物病院を受診するようにしましょう。 それではまず、1~6番のしゃっくりの原因について解説していきたいと思います。 早食い 犬がしゃっくりをする時の原因としてもっとも多いのが、 ご飯の早食いです。 犬はよく噛まずに飲み込む習性があるため、食べ方によっては食事のたびに横隔膜が刺激を受けやすくなっていることもあります。 横隔膜が刺激を受けると今度は呼吸のリズムが乱れ始めるので、次第にしゃっくりの症状が現れるようになります。 1回の給餌量を少なくしてみる。 早食い防止のフードボウルに切り替える。 少し大きめの粒に切り替えてみる。 ちょっとした工夫が愛犬の早食い防止にもなるので、大量の空気を吸い込んで横隔膜を刺激することを防ぎやすくなります。 ドッグフードの硬さが合っていない フードの硬さとしゃっくりは意外にも関係があり、とくに柔らかいフードからドライフードへと変えた時にしゃっくりが起こりやすい傾向にあるようです。 その理由は、 フードの硬さに胃が対応しきれずうまく消化できないから。 フードの硬さに慣れてくると次第にしゃっくりも出なくなるので、さほど心配する必要はありません。 対処法 フードの硬さが合っていない時は、犬もなんとなく食べづらそうにしている様子を見せます。 そんな時はフードを ぬるま湯で軽くふやかしたり、硬いフードに慣れるまでは 柔らかいフードも一緒に混ぜて食べさせてみるといいでしょう。 冷たいものを食べたり飲んだりした これは人間も同じで、冷たいものを食べたり飲んだりすると胃が冷えます。 すると横隔膜が刺激を受けて痙攣しやすくなり、結果しゃっくりが出るようになります。 対処法 愛犬の胃が空っぽの状態で、 キンキンに冷えた氷水などはできるだけ与えないようにしましょう。 胃になるべく負担をかけないためにも、何か食事をした後に冷たいものを与えることが望ましいです。 誤飲誤食 誤飲誤食をしてしまった場合にもしゃっくりを起こすことがあります。 この場合すぐにしゃっくりを起こすのではなく、飲み込んでしまった異物が消化されず、胃酸とともに逆流を起こすときの刺激が原因でしゃっくりに繋がることがあります。 対処法 犬の誤飲誤食は日常的に起こっています。 これは飼い主さんが細心の注意を払っていれば未然に防げることなので、 誤飲誤食しそうなものを置いていないか常に確認しましょう。 犬が食べてはいけない食べ物についても学んでおくことをおすすめします。 ストレスや運動不足 ストレスや運動不足もしゃっくりに繋がることがあります。 これはなぜかというと、 精神的なストレスが呼吸を乱しやすくするからです。 人間もストレスがかかっていると呼吸が浅くなりますよね。 それと同じようなことが犬にも起きます。 不安や緊張などのストレス、疲労感などの交感神経の過剰な緊張がしゃっくりの原因になっているケースがあります。 運動不足の場合は、過剰な体脂肪による呼吸器の圧迫などがあげられます。 対処法 愛犬に過度なストレスを与えないためにも、飼育環境の見直しをはじめ、 スキンシップなどのコミュニケーション、適度な運動や散歩を毎日心がけるようにしましょう。 寒さに対応できていない 犬種によっては、寒さにうまく対応できず 低体温症を引き起こす子もいます。 うまく体温調節ができないと呼吸が荒くなるため、次第にしゃっくりが出ることもあります。 また、温かい場所から急に寒い場所へ移動した時などにもしゃっくりが出やすいようです。 対処法 気温が下がり始めたら、 体全体を覆える毛布やブランケットを用意して寒さ対策ができるようにしておきましょう。 温かい室内から寒い外へ出る時は、犬用のジャケットなどを着せるなどして極端な寒暖差を感じさせない工夫も大切です。 犬のしゃっくりが止まらない時は病気のサインかも…! さて、ここからは病気によるしゃっくりについてです。 しゃっくりが必ずしも病気のサインとは限りませんが、中にはしゃっくりが症状となって現れる病気もあります。 例えば、しゃっくりが長時間続く・何日も続く、咳が伴う、嘔吐する、苦しそうにしているといった 他の症状も見られる場合、何かしら体の不調を抱えている可能性があります。 しかし、この症状はほんの一例に過ぎません。 明らかに変なしゃっくりをしている、またはしゃっくり以外の他の症状も見られる場合は必ず動物病院を受診するようにして下さい。 それではまず、考えられる主な病気を見ておきましょう。 もしも愛犬がしゃっくりをしながら嘔吐をした場合、それはご飯の量や内臓に問題があるかもしれません。 何が原因になっているのかは動物病院を受診しないと分かりませんから、 嘔吐が2日以上も続くようであれば獣医師に診てもらいましょう。 寄生虫の感染によるくしゃみ 寄生虫がお腹の中に感染している時も、しゃっくりが起こることがあります。 しゃっくりの他に 元気がない、食欲不振、下痢、嘔吐、血便などの症状も見られ、すぐに動物病院で治療&駆虫してもらう必要があります。 この時にうんちも持参すると、検査がよりスムーズです。 呼吸器疾患によるくしゃみ しゃっくりの主な原因に 呼吸器疾患があります。 挙げられる病気は以下の通りです。 肺がん• 気管支炎など くしゃみとともに 苦しそうにしている、咳が止まらないといった症状もあれば、呼吸器に何らかのトラブルがある可能性があります。 あまり長い時間放置していると呼吸困難に陥ることもあるため、異変に気がついたらすぐに獣医師に診てもらいましょう。 早期発見が命を救います。 脳機能障害によるくしゃみ しゃっくりで最も気をつけなければならないのは、 脳機能障害によるしゃっくりです。 脳に何らかの障害が起こると、神経や筋肉にうまく命令を出せずにしゃっくりが起こることもあります。 とくに症状が長引く場合、 脳梗塞や 脳腫瘍の疑いもあるようです。 しゃっくりが何時間も止まらない、何度も繰り返すといった様子があれば、まずはかかりつけの動物病院に相談して検査をしてもらいましょう。 てんかんによるくしゃみ てんかんも脳の病気の一つです。 てんかんの初期症状の一つとしてくしゃみがあり、次第に 痙攣、発作、泡を吹く、多量のよだれをたらすなどの症状も見られ始めます。 てんかんは意識がなくなるだけで、痛みや苦しみなどを感じているわけではありません。 痙攣している姿を見た時は思わず動揺してしまいますが、 発作が起きている間はそっと見守るようにしましょう。 大事なのは、てんかんが起きた時の様子をしっかりとメモすることです。 獣医師にとって、そのメモが重要な資料となります。 心臓の異常によるしゃっくり 心臓に何らかの異常があると、この場合もまた症状の一つとしてしゃっくりが出るようになることもあります。 考えられる病気は以下の通りです。 心臓炎• 心臓肥大など• 心臓病• 心内膜炎など 心臓に負担がかかっていると、 咳が出たり呼吸が荒くなる様子が見られます。 しゃっくり以外に呼吸の仕方がおかしいといった様子が見られた場合は、必ず検査を受けるよにして下さい。 子犬のしゃっくりは心配しなくても大丈夫! 同じしゃっくりでも、 子犬のしゃっくりに関しては深く心配する必要はありません。 子犬は体が成長している段階にあるので、内臓の成長にともない横隔膜が痙攣しやすいのです。 また、横隔膜そのものの使い方も未熟であることが理由になります。 ただし、子犬は消化器官もまだまだ未熟です。 消化器官のトラブルによるしゃっくりも珍しいことではないため、 様子がおかしい場合は食事内を見直された方がいいでしょう。 犬が寝てるときのしゃっくりは「寝言」なの? これは結構あるあるなのではないでしょうか?我が家の愛犬も、寝てる間に時々しゃっくりのようなものをします。 実はこれ、しゃっくりではなく寝言のようなものなんだとか。 犬もどうやら夢を見るようで、寝てる間に 「ひくっ」とか 「ボワッ」といった寝言を言うようです。 ちなみに、 これについては何も心配する必要はありません。 睡眠中のしゃっくりだけなら、基本的に問題はないので安心して下さい。 犬のしゃっくりの止め方って何があるの? あまりにも愛犬のしゃっくりが気になるようであれば、意図的に止めるのも一つの方法です。 ただし、止め方によっては愛犬の負担になることもあります。 愛犬の健康状態があまり良くない時は、無理にやらないことが大切です。 何かを食べたり飲ませたりしてみる しゃっくりをしている間に、何かを食べたり飲ませたりしてみましょう。 すると呼吸のリズムが整い、しゃっくりが止まることもあります。 みぞおちを優しくマッサージする 胃と肋骨の間にあるみぞおちを、手の平全体を使ってやさしく押したり撫でたりしてみましょう(強く押さないように注意!)。 すると横隔膜の痙攣が少しずつおさまり、次第にしゃっくりも止まり始めることがあります。 軽い運動や散歩をする 軽く体を動かすことで呼吸のリズムが整い、しゃっくりが止まりやすくなります。 激しい運動をしなくても、軽く体を動かす程度で大丈夫です。

次の

子犬がずっとしゃっくりをしてて心配。。【原因や対応策をわかりやすく解説します】

子犬 しゃっくり

頻繁に見られる症状ではありませんが、犬もしゃっくりをします。 通常は、放っておいても自然に治まるので問題ありませんが、何度も繰り返すのは病気のサインかもしれません。 今回は、犬のしゃっくりの原因と対処法について考えていきましょう! 犬がしゃっくりをする原因 犬のしゃっくりは、人間と同じように、横隔膜(胸部と腹部を仕切る、薄い筋肉でできた膜)が痙攣することで起こります。 痙攣を引き起こす原因として、次のようなものが考えられます。 早食いしている ガツガツとフードを早食いすると、急に胃が大きくなったり、食べ物と一緒に飲み込んだ空気で胃が膨張したりすることによって、横隔膜が刺激され、しゃっくりが出ます。 早食いはしゃっくりの原因になります。 食後にしゃっくりが起こりやすい場合は、1回の餌の量を減らして、食事回数を増やしてみましょう。 また、底に複数の突起がある早食い防止用の食器に替えるなど、ゆっくり食べられるように工夫しましょう。 子犬の場合は、獣医さんに相談の上、ドライフードのふやかし方を少し固めに調整して食事のペースを変えてみるのも良いかもしれません。 フードが合っていない フードが犬の体質に合っていない場合、消化の際にガスが発生し、胃が膨張することがあります。 ドッグフードはドライなものからウェットなものまで硬さも様々で、ライフステージごとに適した種類があります。 食後のしゃっくりが気になる場合は、パッケージを確認してフードの切り替えを検討しても良いでしょう。 フードが愛犬の体質に合っているかどうか判断が難しい場合や、不安を感じるときは、獣医さんに相談してみましょう。 犬の体型や年齢に合ったフードを選びましょう。 不安やストレス 犬が何らかの不安やストレスを抱えている場合、交感神経が過度に緊張したり、呼吸が乱れたりすることによって、しゃっくりが起こることもあります。 リラックスできるように生活環境を見直したり、適度な運動や散歩をさせたりして、ストレスを発散させてあげましょう。 また、しゃっくりをしているときは、遊びで気分転換をさせてあげるのも効果的かもしれません。 遊びなどで気が紛れると、しゃっくりが治まることもあります。 病気が原因で起こるしゃっくり 犬がしゃっくりしていても多くの場合は問題ありませんが、病気が原因で起こるしゃっくりもあるので注意が必要です。 呼吸器系の病気では、喘息、肺炎、胸膜炎(肺を覆っている膜の炎症)など。 心臓の病気では、心膜炎(心臓を包む膜の炎症)や心臓肥大などに伴って、しゃっくりが出ることがあります。 しゃっくり以外にも具合の悪い様子が見られたら、動物病院を受診しましょう。 また、しゃっくりだけでなく、明らかな異常がみられる場合は、緊急性の高い病気も考えられます。 例えば、胃が拡張してねじれ、ショック状態に陥る胃捻転。 脳の病気では、脳卒中によって呼吸中枢に障害が出た場合や、てんかんが起きた場合にも、しゃっくりが続くことがあります。 しゃっくり以外に、ぐったりしていたり苦しそうな様子が見られたら、すぐに動物病院を受診するようにしましょう。 犬のてんかんについては、もあわせてご覧ください。 時々出るしゃっくりなら過度に心配せず、そのままそっとしておいても構いません。 長く続くようであれば、水を飲ませたり、軽く運動させたりして、呼吸のパターンを変えてあげましょう。 大事なのは、「たかがしゃっくり」と思わずに注意を払い、異常があればすぐに気付いてあげることです。 また、重い病気には見えなくても、頻繁に繰り返すしゃっくりを改善できない場合は、獣医さんに相談してみましょう。

次の