タンクレス トイレ メリット。 徹底比較!タンクレストイレのメリット・デメリット

マンションにタンクレストイレを設置するときの注意点

タンクレス トイレ メリット

家を建てる時に必ず設置するトイレ。 そんなトイレに使う便器というのは、いくつも種類があります。 賃貸住宅に住んでいる時はすでに設置されたトイレ(便器)を使うのでトイレを選ぶということはありませんが、家づくりではあなたに合ったトイレを選ぶことになるんですね。 一言でトイレと言っても、選んだトイレによって機能は様々。 どんなトイレを選ぶかでトイレの使い勝手だけでなく、トイレの見た目や水道代などのランニングコストも違ってくるんですね。 今回はそんなトイレの中でもタンクレストイレについてのメリット、デメリットを住宅業界のちょっとした裏話を交えながらご紹介したいと思います。 家づくりをされている方はぜひご覧ください。 タンクレストイレとは まず最初にタンクレストイレとはどのようなトイレか見てみましょう。 タンクレストイレとはその名のとおり、便器の後ろにタンクがないトイレのことを言います。 下のようなトイレがタンクレストイレになります。 タンクレストイレはタンクが無い分だけスッキリしていますね。 反対にタンクがあるトイレの事を「タンク付きトイレ」もしくは「タンクありトイレ」と呼びます。 こんな感じのトイレですね。 以前はタンク付きトイレが主流でしたが、十数年ほど前からタンクレストイレを採用する家庭も増えてきました。 そのため今ではタンクレストイレを見かけることもよく有ると思います。 オシャレな商業施設やホテルなんかではタンクレストイレが標準となっているところも多くあります。 では、そんなタンクレストイレにはどんなメリットとデメリットがあるのでしょうか? 次にタンクレストイレのメリットとデメリットについて見てみましょう。 タンクレストイレのメリット まずタンクレストイレのメリットを挙げてみると、• タンクレストイレはサイズがコンパクト• タンクレストイレは見た目もオシャレ• 節水型のタンクレストイレが多い• タンクレストイレは掃除がしやすい この辺りがタンクレストイレの大きなメリットとなります。 それでは具体的にタンクレストイレのメリットについて見ていきましょう。 lixil. タンク付きのトイレと比べると分かりやすいですね。 タンクレストイレの方がタンク付きトイレと比べると10㎝ほど奥行きが少なくなり、タンクがないので高さも抑えられています。 そのため、タンクレストイレにすることでトイレを広く使うことができるようになりますし、トイレにあまりスペースを取れないといったケースでもタンクレストイレにすることでスペースが有効活用できるようになります。 また、トイレにタンクが有る、無いというのは思ったよりも見た目に影響が出るもの。 タンクの無いタンクレストイレにすることで立体的な見え方がスッキリするんですね。 そのためタンクレストイレにした場合はトイレ背面の壁紙をアクセントとして色を変えるなど、インテリアにこだわってみるのも楽しいものです。 lixil. タンクが無い分、見た目もオシャレなトイレが多くあるんですね。 また、各トイレメーカーもタンクレストイレのデザインには力を入れています。 一言でタンクレストイレと言ってもメーカーごとでデザインはかなり違うので、あなたの好みに合ったタンクレストイレを選んでみるのも楽しいですよ。 (最後にメーカーごとの代表的なタンクレストイレのデザイン比較をしています) タンクレストイレは節水 タンクレストイレには節水機能に力をいれたトイレが多いのも大きな特徴です。 どうしてタンクレストイレは節水機能に力を入れたトイレが多いかというと、タンクレストイレならではの理由がそこに有ります。 どのような理由かというと、タンク付きトイレの場合、普通はタンクに水を貯めて流す時にはタンクに有る水を使ってトイレを流しますが、タンクレストイレには水を貯めておくためのタンクがないので、どれだけ少ない水でトイレが流せるかというのが結構重要になってくるんですね。 また、ただトイレを流すだけでなく、汚れもいかに落とせるかという所にも力が入っています。 そのため、タンクレストイレは少ない水で汚れを流すことができるようになっているんですね。 トイレは毎日使うものなので、タンクレストイレの節水効果というのはお財布に優しいトイレと言えます。 lixil. タンクが無いために簡単に温水便座を上げることができますし、トイレ自体の形もシンプルなので掃除がしやすいんですね。 タンクがあると凸凹した部分も多くなり、掃除がしにくい部分も出てきてしまいがちです。 トイレの後ろ側などタンクがあると手が届きにく場所もタンクレストイレなら簡単に掃除できるのも、実際に使ってみるとかなり便利です。 (タンクがあるとトイレの裏を掃除する時は結構大変ですよね) タンクレストイレのデメリット ここまでタンクレストイレのメリットについて見てきましたが、タンクレストイレにはデメリットもあります。 それでは次にタンクレストイレのデメリットについて見てみましょう。 タンクレストイレのデメリットを挙げると、「手洗いが必要」、「水圧に注意」、「停電時に不便」、「価格が高い」。 タンクレストイレは価格が高い• 手洗いが別に必要• タンクレストイレは停電時に不便• 水圧が弱い場合は注意が必要 このあたりがタンクレストイレのデメリットとなります。 それでは具体的にタンクレストイレのデメリットについて見てみましょう。 タンクレストイレは価格が高い タンクレストイレのデメリットとしては、タンク付きトイレと比べて価格が高いことが挙げられます。 タンクレストイレは数あるトイレの中でも上位クラスの商品なので価格が高くなってしまうんですね。 タンク付きのトイレと比べると価格は数万円、高いトイレだと10万円以上違ってきます。 価格の違いの原因としては、タンクレストイレは様々な機能がついているのが大きな要因。 そのため、タンクレストイレにする場合は必要な機能と必要で無い機能をしっかり絞って選ぶことがコストを抑えるために効果的です。 例えば、タンクレストイレと一言でいっても、便座が自動で開くものもありますし、便座は手で開けないといけない物もあります。 このような機能は選べることがほとんどなので、必要な機能を絞ってタンクレストイレを選ぶとコストパフォーマンスを高める事ができます。 ちなみに、メーカーが表に出していない裏商品も選択できる住宅会社や工務店というのもあります。 そういう場合は無駄な機能はできるだけ省いたタンクレストイレであることが多く、通常よりも価格が抑えられているので、いろんな機能はいらないけどもとにかくタンクレストイレにしたいという場合は魅力的な選択肢となります。 コストを落としてタンクレストイレにしたい場合は住宅会社や工務店の担当者に聞いてみるのも効果的ですよ。 また、タンクレストイレは導入する際のイニシャルコストは高くなりますが、節水効果が高くランニングコストはタンク付きトイレと比べて安くなります。 そのため、家づくりの予算を意識しつつ、ランニングコストを比較してみるのも良いですね。 手洗いをつける必要がある タンクレストイレにする場合は、トイレとは別に手洗いを設ける必要が出てきます。 タンク付きのトイレだとタンクから出る水で手を洗う事ができますが、タンクレストイレはタンクが無いので手を洗う事ができないからなんですね。 そのため、タンクレストイレにする場合はトイレの中かトイレを出た所に手洗いをつくることになります。 タンクレストイレの価格にプラスして、手洗い設置の費用も発生するのが、タンクレストイレのツラいところなんですね。 安価に抑える場合はトイレと同じメーカーの手洗いにすると、比較的安価に抑えやすいです。 また、手洗い場は好きなボウルを設置するなど結構遊べる所ですので、お洒落にしてあげるとトイレの雰囲気がグッとよくなりますよ。 電気がないと水が流れない タンクレストイレはタンク付きトイレと違い、電気が無いと水が流れません。 そのため、プラグを抜いていたり停電の時は水が流れないので注意が必要となります。 「じゃあ、停電でトイレが使えないのはすごく不便なんじゃない?」 と思う方もいらっしゃるのではないでしょうか。 でもご安心ください。 そのような停電の時に対応するためにタンクレストイレの後ろのカバーをはずすと手動レバーが付いていて、手動で流す事もできます。 (ただ、水はバケツやホースで便器の中へ補充する必要があります) タンクレストイレにする場合は、停電の時に困らないようにどうすれば電気無しで使えるのかは一度試しておきたいですね。 水圧が弱い場合は注意が必要 タンクレストイレを設置する場合、水圧にも注意が必要です。 特に3階など水圧が弱くなりやすい場所にタンクレストイレを設置すると、水圧が弱くてトイレが上手いこと流れない場合もあるんですね。 これは水を貯めるタンクが無いタンクレストイレならでは注意点です。 ただ、水圧が弱くてもブースターを付けて水の勢いを強くすると言う方法もあるので、特に3階にタンクレストイレを設置する場合やトイレがしっかり流れるか気になる場合などは、住宅会社に確認してみると安心です。 (家の前の水道管の太さで、水圧が強いか弱いかはかなり変わります) タンクレストイレのデザイン それでは最後に、大手トイレメーカーのタンクレストイレについて見てみましょう。 lixil. 昔はトイレと言うと少し野暮ったいという印象だったのですが、直線的なデザインのサティスが出た時はデザインに敏感な層を中心に住宅業界が少しザワついた記憶があります。 また、サティスは真っ黒いトイレでも有名です。 toto. 以前はTOTOのトイレというとトイレの性能は良いけどもデザイン的に少しどうかなと思うことが多かったのですが、ここ最近、かなりデザイン性が高いトイレに変わったという印象が強くあります。 最上級のトイレではこんな丸っこいデザインのタンクレストイレもあります。 次はどんなトイレを出してくれるのか楽しみなメーカーでもあります。 panasonic. インテリアに合わせてトイレのフタの色を変えれるようになっているのはアラウーノならではと言えます。 ちょっと個性的なタンクレストイレにしたい場合にちょうど良いですね。 まとめ 今回はタンクレストイレのメリット、デメリットについて見てきました。 タンクレストイレはスッキリしたデザイン性がやはり一番の魅力。 やはりデザインにこだわりのある方がタンクレストイレを入れることが多いです。 お客さんも使うケースを考えると、LDKのある1階のトイレをタンクレストイレ、寝室のある2階のトイレをタンク付きトイレにして予算配分をするというのも良いですね。 また、洗面とトイレが一緒になったホテルライクな水回りにする時も、タンクレストイレを入れると空間に馴染みます。 このようにタンクレストイレは家のアクセントとなってくれるので、タンクレストイレを上手く使って、ぜひ素敵な水回りにしてくださいね。 トイレについてはこちらも参考にしてください。 家づくりの参考にどうぞ。

次の

タンクレストイレにリフォーム!費用やメリット、デメリット|ゆとりフォームさっぽろ

タンクレス トイレ メリット

Contents• edion. html タンクレスのメリットとしては、やはり 見た目がオシャレでスタイリッシュ!というところが大きいですね。 単純に 高級感があって皆さんの憧れです! またタンクがないため、圧迫感を感じることがなく、 トイレが広々して見えます。 実際にタンクレスとタンク付きでは10cmほどタンクレスの方が奥行きが短いため、トイレを広く使うことができます。 意外と10cmは広く使えるだけでも印象はガラッと変わります。 掃除も面でも、タンク部分や余計な配線が無いため、タンク付きと比べて 掃除も楽チンです。 また、タンクレスは 水道直結型なので水を流す際に、 水道水の水圧で流すため 連続して使用が可能です。 renoco. 2倍までいくことは少ないですが、5万円くらいはタンク付きトイレより高くなる場合があります。 もう1点、タンクレスはトイレ自体に手洗い場が付いないため、 トイレ内に別で、手洗い場を設置する必要があります。 この手洗い場にも、費用が掛かってくるので、結局、タンク付きトイレより2倍くらい多く費用が掛かることが多いです。 また、タンクレスは水道直結型であるがゆえに 水圧が弱いと、水の流れが悪かったり、詰まりやすくなることがあります。 特に2階に設置する場合は、水圧の弱くなる傾向にありますので、十分注意して設置する必要があります。 タンクレスは通常電気で水を流していますが、停電した場合は 電気で水を流すことができなくなってしまいます。 そして大きなデメリットに、タンクレスはウォシュレットに部分が本体と一体化のデザインのため、 ウォシュレットが故障したら部分的に交換するのは困難で、メーカーに修理を依頼しなくてはなりません。 また修理に時間がかかったり、修理費用もかさむ傾向にあります。 takara-standard. 新築時には何かとお金がかかるので、少しでも費用を抑えたい人にはタンク付きトイレで十分だと思います。 停電時にもタンク付きトイレであれば、 タンク内に水があるうちは、通常通り水を流せます。 またウォシュレットが壊れた場合に、タンク付きは部分的に交換ができるため、 スピーディーで、なお且つ比較的安価で修理することができます。 ウォシュレットの故障はとても多いので、この部分は大きいと思います。 html やはりタンクの部分があることで、 少し圧迫感を感じ、トイレの空間が狭く感じるというところはあります。 掃除の面では、タンクや配線部分が邪魔なため、タンクレスと比べると 掃除はしにくいです。 またタンク付きの場合は、 タンクに水が溜まるまで次の水が流せないため、連続して流すことができず、少し不便を感じることがあるかもしれません。 結局、新築時のトイレはどうしたらいいのか? あくまで、個人的な意見ですので、参考までにして頂きたいですが、費用面や機能性など総合的に見て、個人的には、 1階は タンクレストイレ、2階はタンク付きトイレを設置したいですね。 日頃、お客さんも使う1階にはオシャレでスタイリッシュな タンクレスを設置することで、お客様の印象も良くなります。 また1階のトイレの方が使用頻度が多いことがほとんどですので、おのずと掃除の頻度も高くなるため、1階を掃除のしやすいタンクレスにすることは効果的といえるでしょう。 逆に、普段ほぼ家族しか使わない2階のトイレは タンク付き にすることで、費用を抑えることができます。 また、水圧の面でも2階はタンクレスでは心配なため、タンク付きにしておけば心配ないでしょう。 ただ1階のタンクレスの費用は気になるところではないでしょうか? ですが、工夫次第でここの費用も抑えることができます。 通常であれば1階をタンクレスにすることで、 タンクレスの価格や 手洗いの設置の費用でタンク付きの2倍くらい費用が掛かりますが、トイレを出てすぐに洗面所に行ける間取りにして 洗面所を手洗いと兼用にすることで、トイレに手洗いを設置しなくてもよくなり、費用を最小限に抑えることができます。 まとめ いかがでしたでしょうか? 見た目のイメージだけで見ると、タンクレスはオシャレでスタイリッシュのため、とても魅力的です。 掃除のしやすさや、空間を広く使える面でも優れているといえるでしょう。 ただ、タンクレスにも価格面や手洗いの問題、ウォシュレットが故障した際の費用などのデメリットはありますので、その部分も踏まえたうえで、判断していただきたいと思います。 機能的には、タンク付きでも全く問題ないと思いますので、 『トイレの費用をかけるくらいなら、他のところに費用を回したいからタンク付きでいい』という考えも、 アリだと思います。 それぞれのメリットとデメリットを踏まえた上で、皆様のスタイルの合ったトイレ選びをしていただきたいと思います。

次の

タンクレストイレのメリット・デメリット|トイレ選びのポイントがわかる!

タンクレス トイレ メリット

Contents• edion. html タンクレスのメリットとしては、やはり 見た目がオシャレでスタイリッシュ!というところが大きいですね。 単純に 高級感があって皆さんの憧れです! またタンクがないため、圧迫感を感じることがなく、 トイレが広々して見えます。 実際にタンクレスとタンク付きでは10cmほどタンクレスの方が奥行きが短いため、トイレを広く使うことができます。 意外と10cmは広く使えるだけでも印象はガラッと変わります。 掃除も面でも、タンク部分や余計な配線が無いため、タンク付きと比べて 掃除も楽チンです。 また、タンクレスは 水道直結型なので水を流す際に、 水道水の水圧で流すため 連続して使用が可能です。 renoco. 2倍までいくことは少ないですが、5万円くらいはタンク付きトイレより高くなる場合があります。 もう1点、タンクレスはトイレ自体に手洗い場が付いないため、 トイレ内に別で、手洗い場を設置する必要があります。 この手洗い場にも、費用が掛かってくるので、結局、タンク付きトイレより2倍くらい多く費用が掛かることが多いです。 また、タンクレスは水道直結型であるがゆえに 水圧が弱いと、水の流れが悪かったり、詰まりやすくなることがあります。 特に2階に設置する場合は、水圧の弱くなる傾向にありますので、十分注意して設置する必要があります。 タンクレスは通常電気で水を流していますが、停電した場合は 電気で水を流すことができなくなってしまいます。 そして大きなデメリットに、タンクレスはウォシュレットに部分が本体と一体化のデザインのため、 ウォシュレットが故障したら部分的に交換するのは困難で、メーカーに修理を依頼しなくてはなりません。 また修理に時間がかかったり、修理費用もかさむ傾向にあります。 takara-standard. 新築時には何かとお金がかかるので、少しでも費用を抑えたい人にはタンク付きトイレで十分だと思います。 停電時にもタンク付きトイレであれば、 タンク内に水があるうちは、通常通り水を流せます。 またウォシュレットが壊れた場合に、タンク付きは部分的に交換ができるため、 スピーディーで、なお且つ比較的安価で修理することができます。 ウォシュレットの故障はとても多いので、この部分は大きいと思います。 html やはりタンクの部分があることで、 少し圧迫感を感じ、トイレの空間が狭く感じるというところはあります。 掃除の面では、タンクや配線部分が邪魔なため、タンクレスと比べると 掃除はしにくいです。 またタンク付きの場合は、 タンクに水が溜まるまで次の水が流せないため、連続して流すことができず、少し不便を感じることがあるかもしれません。 結局、新築時のトイレはどうしたらいいのか? あくまで、個人的な意見ですので、参考までにして頂きたいですが、費用面や機能性など総合的に見て、個人的には、 1階は タンクレストイレ、2階はタンク付きトイレを設置したいですね。 日頃、お客さんも使う1階にはオシャレでスタイリッシュな タンクレスを設置することで、お客様の印象も良くなります。 また1階のトイレの方が使用頻度が多いことがほとんどですので、おのずと掃除の頻度も高くなるため、1階を掃除のしやすいタンクレスにすることは効果的といえるでしょう。 逆に、普段ほぼ家族しか使わない2階のトイレは タンク付き にすることで、費用を抑えることができます。 また、水圧の面でも2階はタンクレスでは心配なため、タンク付きにしておけば心配ないでしょう。 ただ1階のタンクレスの費用は気になるところではないでしょうか? ですが、工夫次第でここの費用も抑えることができます。 通常であれば1階をタンクレスにすることで、 タンクレスの価格や 手洗いの設置の費用でタンク付きの2倍くらい費用が掛かりますが、トイレを出てすぐに洗面所に行ける間取りにして 洗面所を手洗いと兼用にすることで、トイレに手洗いを設置しなくてもよくなり、費用を最小限に抑えることができます。 まとめ いかがでしたでしょうか? 見た目のイメージだけで見ると、タンクレスはオシャレでスタイリッシュのため、とても魅力的です。 掃除のしやすさや、空間を広く使える面でも優れているといえるでしょう。 ただ、タンクレスにも価格面や手洗いの問題、ウォシュレットが故障した際の費用などのデメリットはありますので、その部分も踏まえたうえで、判断していただきたいと思います。 機能的には、タンク付きでも全く問題ないと思いますので、 『トイレの費用をかけるくらいなら、他のところに費用を回したいからタンク付きでいい』という考えも、 アリだと思います。 それぞれのメリットとデメリットを踏まえた上で、皆様のスタイルの合ったトイレ選びをしていただきたいと思います。

次の