ブルー アイズ ホワイト ドラゴン 値段。 「世界で1枚しかない激レア遊戯王カードが日本で4500万円で売られている」と海外で話題に

ブルーアイズアルティメットドラゴン本物の値段は4500万円?どこで買える?

ブルー アイズ ホワイト ドラゴン 値段

遊戯王 ブルーアイズホワイトドラゴンの価格を初期から見ていく 遊戯王カードは年々進化しており、「昔は強かったカードは、今では超雑魚」と言う現象が起きても何の不思議ではなくなっている。 例えば、この良い例が『 ブラックマジシャン』だろう。 ハッキリ言うと、2対生贄して攻撃力が2500と言うだけが取り柄のカードなど、今の時代では何の役にも立たないのだ。 しかし、同じ事が言える『 ブルーアイズホワイトドラゴン』だが、このカードだけは 今でも特別な存在として、異彩を放っている。 そこで今回は、数多くあるブルーアイズの絵柄、種類などをまとめてみた。 マニアにはたまらない記事になると確信している。 最初期のブルーアイズホワイトドラゴン ブルーアイズの歴史は、 1999年のジャンプフェスタの限定カードとして始まった。 当時の原作マンガ「 遊戯王」では、主人公・武藤遊戯のライバルである海馬瀬人が所有しており、遊戯を幾度も苦しめた。 原作では「 世界にたった4枚しかないカード」(その内、1枚は海馬が破って捨てた)と言う設定で登場しており、多くのファンがブルーアイズを手にするのを夢見たことだ。 その夢を叶えたのが、先ほど紹介した1999年のジャンプフェスタ。 限定1000枚のみ配布しており、配布されたシークレットレア版のブルーアイズは、今では 4000~50000円の価格で取引されている。 パック『青眼の白龍伝説-LEGEND OF BLUE EYES WHITE DRAGON-』バージョン 1000枚限定でブルーアイズは配布されたものの、まだまだ多くのファンはお目にする事ができない超激レアだった時に、一般のファンでもブルーアイズをゲットするチャンスが巡ってきた。 それが『 青眼の白龍伝説』と言うパックに、ブルーアイズのウルトラレアが収録されていたからだ。 ブルーアイズ欲しさに、みんな一斉にこのパックを買いあさる日々を送る事になる。 しかし、このパックの目玉商品がブルーアイズだったこともあり、なかなかブルーアイズを当てる事ができなかった。 ブルーアイズの入手法 一番確実で手っ取り早い方法は、近所のカード販売店で買う事である。 一口にブルーアイズと言っても、店舗によって値段も異なるので、 何店舗か回って品定めするのが良い。 例えば、A店では3000円もしたけどB店では500円、と言う話はザラにある。 また、ネットオークションで入手する方法も考えられる。 ネットオークションをやった事がない人にとっては、「詐欺に合いそうで怖い」と言う先入観があるかもしれないが、今ではオークションの運営側も、詐欺が出来ない様な仕組みを作っており、安心して取引ができる環境ができている。 最近では、昔のカードの復刻版を揃えたパックなどが発売されているので、それらを使ってブルーアイズを集めるのも良いだろう。

次の

ラッシュデュエルのブルーアイズ・ホワイト・ドラゴン買取相場が高騰!1万円以上の値段に

ブルー アイズ ホワイト ドラゴン 値段

1999年12月18・19日開催『ジャンプフェスタ2000』プロモカード 1,000枚限定と言われていますが、正確な枚数は不明です。 「シクブル」の名称で有名なシークレットレアのブルーアイズ。 20年以上前のプロモカードなので美品で残っている枚数が少なく、状態の良いモノは120万円を超えることもあります。 傷アリの場合状態によって値段に幅があり、20万円台~80万円台などショップによって様々です。 全ブルーアイズの中でも一番値段が高く近年値段の高騰が続いていましたが、ここ最近は少し落ち着いてきています。 ちなみに2010年頃は1枚8万円・2013年頃は1枚15万円ほどが相場でした。 価格 約3,500円 入手難度 2020年4月11日発売『デッキ改造パック 超速のラッシュロード!! 収録パックのトップレアリティということもあり、初動は2万円前後となっていましたが、最近は少しずつ落ち着いてきています。 まとめ あなたのお気に入りの『青眼の白龍』は見つかりましたか? 『青眼の白龍』は遊戯王カードの中で1番イラストの種類が多いカードで8種類も存在します。 今回掲載している相場よりも安く購入できる場合もあると思うので、欲しいカードは積極的に探してみてください。 また、買取に出される場合も是非この値段を参考にしてみてください。 その他種類ごとの価格・相場まとめはこちら.

次の

「世界で1枚しかない激レア遊戯王カードが日本で4500万円で売られている」と海外で話題に

ブルー アイズ ホワイト ドラゴン 値段

青眼の白龍(ブルーアイズ・ホワイト・ドラゴン)とは、• の「」、およびその生作品()に登場する。 氏が本作品で初めてしたであり、劇中ではの用として登場する。 詳しくは「」の記事を参照。 上記を基にしたの。 本稿で解説。 どんな相手でも粉砕する、その破壊は計り知れない。 発売のER BOXで登場した。 を代表するの一枚である。 攻撃名は「(ほろびの)」。 (現:)が制定されていなかった頃は、あらゆるのとなるであった。 しかしが適用されてからは使いづらくなり、した。 もっとも、では多くのが登場しているので、をする気持ちさえあればとして使用することも十分に可である。 初の、元々の攻撃が0の。 その攻撃は戦で使用可な(を除く)の中で単独である。 例として、の最初のでは相手は攻撃0となったを使うというがある。 単体ではそれほど強くないが、生形態が多く・・としては優秀なを持つ「」に対して、生形態は少なめだが単体でも強で簡単に上に出せる「青眼の白龍」。 両者のでの立ち位置と似ていて深い。 には、青眼の白龍をとした「」が発売された 詳しくは個別記事を参照。 そのにはが駆けつけ、直々にな営業をしていった。 関連商品 の種類が多いである。 外部リンク•

次の