キウイ 効能。 夜キウイが熱い!便秘、むくみ、肌トラブルにキウイの効果とは?

キウイフルーツの効果効能!種類と食べるタイミングで効果を得よう!│ポニーのブログ

キウイ 効能

コンテンツ• キウイアレルギーの症状とは? キウイアレルギーでおきる主な症状は、• 口の中のイガイガや腫れ、かゆみ、違和感• 口のまわりや目のかゆみ、赤み、腫れ• 鼻づまり• 胃痛、嘔吐、吐き気• 湿疹、蕁麻疹• 気管支喘息 などがあげられます。 症状が強い場合には、意識障害や呼吸困難、アナフィラキシーを起こす場合もありますので、症状が悪化するような場合は注意が必要です。 ただし、キウイにアレルギー反応がおこるものと、キウイに含まれるある物質が原因となりアレルギーと紛らわしい症状がおきるケースなどがあります。 自分のアレルギーの原因が何なのか、また、他にもアレルギーが起きる可能性がある食物なども把握することが大切です。 ラテックス・フルーツ症候群 キウイは ラテックス(ゴム)に交差抗原性があります。 交差抗原性とは、その人にとってのアレルゲンであるタンパク質と構造が似ているものに対しても、アレルギー反応がでてしまうことです。 ですから、キウイにもともとアレルギーがなかった人でも、ラテックス(ゴム)アレルギーが原因で、キウイにもアレルギー症状がでる可能性があります。 キウイアレルギーがある人は、普段から ゴム手袋などのゴム製品を使用する際にも、注意を払うようにしましょう。 花粉症との関係 キウイはマタタビ科の果物ですが、 カバノキ科やイネ科の花粉に交差抗原性があります。 カバノキ科には、• シラカバ(シラカンバ)• ハンノキ• オオバヤシャブシ イネ科には、• オオアワガエリ• ホソムギ• カモガヤ などの花粉がありますので、これらの花粉症の人は、キウイにもアレルギーがでる可能性があります。 また、イネ科は種類が多いので、春の終わりから秋にかけて目のかゆさや鼻の症状などが強くでる人はイネ科の花粉症の可能性あります。 花粉症が原因ででるアレルギー症状は、口の中や口のまわりなどにでる「 口腔アレルギー症候群(OAS)」と呼ばれるものが多くみられます。 ただし、症状は人によってそれぞれですので、口の中以外にも症状がでる場合もあります。 セロトニンのせいかも! スポンサーリンク 実は、食物アレルギーだと思っていたのに、食物に含まれる物質による症状だったというケースもあります。 キウイには「 セロトニン」と呼ばれる薬理活性物質が含まれていますので、 セロトニンのせいで、アレルギー様症状がでる場合があります。 この場合は、仮性アレルゲンが原因のものですので、 アレルギー検査では陰性になりますので、食物アレルギーなのかそうでないのかをきちんと確認する必要があります。 消化不良の可能性も! キウイは種があり、酸味があるフルーツです。 このような果物は、バナナやリンゴに比べると 消化しづらいという特徴があります。 フルーツは一般的に30分程度で消化されると言われていますが、キウイフルーツについては1時間以上はかかると思ってください。 ですから、寝る直前に食べると消化不良を起こして胃の調子が悪くなる場合もあります。 また、キウイの皮には食物繊維やポリフェノールなどが、果肉よりも多く含まれています。 きちんと洗えば皮ごと食べることが可能なんです。 でも 皮つきで食べると消化しづらくなりますので、胃腸の弱い人やお子さんは皮を剥いて食べるようにしましょう。 キウイアレルギーは検査でわかる? キウイのアレルギー検査は IgE抗体検査という血液検査で行うことができます。 血液検査では、アレルゲンとなる物質を対象として行う検査で、いくつかの項目を選択するか、初めから項目が決まっているセット検査などを選ぶことができます。 花粉や他の物質のアレルギーの可能性も確認したいのであれば、交差抗原性がある項目も一緒に検査を受けることをおすすめします。 ラテックスと交差抗原性がある果物の検査項目は、• キウイフルーツ• バナナ• アボカド• ラテックス カバノキ科の花粉で検査可能なのは• シラカバ(シラカンバ)• ハンノキ イネ科の花粉で検査可能なのは、• ハルガヤ• ギョウギシバ• カモガヤ• ヒロハウシノケグサ• ホソムギ• オオアワガエリ• ナガハグサ• コヌカグサ• セイバンモロコシ• オオスズメノテッポウ• スズメノヒエ です。 アレルギー検査の項目については、医師と相談して決めましょう。 検査はアレルギー科、耳鼻科、皮膚科、小児科などで受けることができます。 食物の種類によっては、免疫療法などで治る可能性があるものもありますが、キウイのアレルギーについては、治療はむずかいため、対処としては 基本的にキウイを除去することとなります。 キウイアレルギーの薬 薬はあくまでも対症療法として、症状を抑えるためのものとなります。 飲み薬としては抗ヒスタミン剤などが処方されます。 また、皮膚に湿疹などがでた場合は、ステロイド外用薬が処方されます。 ただし、キウイフルーツはあまり加熱して食べることは少ないと思いますので、 基本的には避けるようにしましょう。 キウイにはお肉を柔らかくする成分が含まれていることから、お肉に使う調味料などに含まれているものがあります。 調味料の場合は加熱処理をしているものが多いと思いますが、加工食品を摂る際は、必ず原材料表示、アレルギー表示を確認するようにしましょう。 まとめ キウイアレルギーの原因や症状、対処法についてご紹介しました。 食物アレルギーは幼少期にでたものについては、治るケースもありますが、大人になってからは、どんどんアレルゲンである食べ物が増えていく人もいます。 まずは、自分のアレルゲンが何であるのかを確認することが大切です。 また、交差抗原性があるものに対しても、普段から注意するようにしましょう。 スポンサーリンク.

次の

キウイフルーツと栄養価・効果効能

キウイ 効能

グリーンキウイとゴールドキウイの主な違いを比較 出典: 味は、黄色のゴールドキウイの方が甘く、緑のグリーンキウイは爽やかな酸味と甘味が特徴です。 緑のグリーンキウイは、食物繊維が多く、 お腹の調子を整えたい人にオススメです。 黄色のゴールドキウイは、ビタミンCが豊富で、1個で1日分のビタミンC摂取推奨量を取れてしまうほどなので、 美容と免疫力アップに効果的です! それでは、以下よりグリーンキウイとゴールドキウイの主な違いをご紹介します。 緑のグリーンキウイ• 消化促進で胃もたれを防ぐ• 食物繊維が豊富(ゴールドより2倍)• 整腸作用に優れていて便秘改善の効果 黄色のゴールドキウイ• ゴールドのほうが甘い• ビタミンCがグリーンよりも多く含まれている• 疲れを取る効果がより高い• 抗酸化力が高い• 生活習慣病予防に効果的• 免疫力アップ キウイフルーツの栄養素 様々な栄養素を持つ、身近なスーパーフードのキウイフルーツ! ビタミン、ミネラルなど17種類の栄養素がどれだけ含まれているかを表す「栄養素充足率」で見てみると、栄養素充足率スコアは、グリーンキウイが10.6、ゴールドキウイが15.1なんです! これは、 果物の中でダントツ1位! 出典: キウイ1個でリンゴ約6個分の栄養密度があります。 キウイには、「果糖・カリウム・カルシウム・マグネシウム」が含まれています。 キウイに足りない、「塩」と「水」を加えると点滴に似た栄養成分ができると言われているほどなんです。 カルシウム不足が気になる方は、下の記事もおすすめです。 グリーンキウイとゴールドキウイの旬の時期 キウイフルーツは、年間を通して流通していますが、• ニュージーランド産は、4月~9月• 日本国内産は、10月~3月 が旬の時期だと言われています。 収穫後すぐに出荷されず、1ヶ月ほど追熟させて店頭に並びます。 国内産の産地は、愛媛県、福岡県、和歌山県がトップ3となっています。 おいしくいただく、キウイの食べ頃 出典: おいしいキウイの選び方は、 「ヘタを縦に押すと柔らかい」キウイが食べ頃です。 キウイで最後に柔らかくなるのは、芯の分部なので、縦に押すと芯の部分の硬さが分かりやすいからです。 または、 優しく包み込むようにキウイフルーツを持って、少し柔らかいと感じるくらいが食べ頃です。 ほとんどのものは、買ってすぐに食べられますが、固いとやや酸っぱいことがあるのでその場合は数日待ったほうがおいしく食べられます。 また、香りも大事な目安!キウイの匂いをかいでみて、フルーティーな香りがすると食べごろです。 早いと無臭なので、数日置きましょう。 固い場合は? 急いで食べたい場合は、ポリ袋にキウイとりんごやバナナを一緒に入れて置いておくと早く柔らかくなります。 5~10個につきリンゴ1個を入れて常温で保存すると早く熟します。 食べごろになったら、冷蔵庫で保存します。 日持ちがいいので、そのまま2週間は保存できます。 グリーンキウイの栄養について詳しく知る さわやかな酸味と甘味が特徴のグリーンキウイ。 食物繊維が多く、お腹の調子を整えたい人にオススメです! グリーンキウイの 豊富な食物繊維で腸内環境が整い、ダイエット効果も期待できます。 キウイのカロリーは、100gあたり約50キロカロリー。 1個の重さは100g前後で、カロリーが控えめなので、ダイエット中でも食べやすいですね。 消化促進で胃もたれを防ぐ効果 グリーンキウイには、 胃の中でたんぱく質の消化を助けてくれる「アクチニジン」という酵素が豊富に含まれています。 アクチニジンとは、キウイにしか含まれないタンパク質分解酵素! 食べた後、肉や魚の消化を助けてくれる酵素で、黄色いゴールドキウイには含まれていません。 出典: ハムにグリーンキウイを包み、6時間放置するとハムが溶けてしまいます。 キウイが持つタンパク質分解酵素「アクチニジン」がハムを消化してしまうんです! 通常、食べたものは胃で1時間~3時間程度とどまると言われています。 そのため、 食後30分以内にグリーンキウイを食べるのがおすすめです。 夕食で肉を食べた後にグリーンキウイを食べることで、 睡眠中の消化促進&翌朝の胃もたれを防いでくれます。 グリーンキウイを食べると、 胃での消化が約50%促進、排出時間が約20%短縮されたという豚での実験結果があります。 消化を促進して、胃もたれを抑える効果があるといわれています。 食物繊維が豊富で便秘改善の効果を期待 グリーンキウイには、ゴールドキウイより2倍の食物繊維が含まれています。 グリーンキウイの食物繊維の量は、バナナ3本分と言われています。 また、他の食品に含まれる食物繊維より保水力が高く腸内で大きく膨張するため、整腸作用に優れています。 食物繊維が5倍くらいに膨れ上がり大腸を刺激するので、便通がよくなり便秘改善の効果を期待できます。 また、食物繊維が糖の吸収を穏やかにするため、食後の血糖値の上昇を抑えることができるます。 ゴールドキウイの栄養について詳しく知る ゴールドキウイ1個=約レモン8個分のビタミンCがとれるほど、 ビタミンCが豊富! また、グリーンキウイよりゴールドキウイのほうが、ビタミンCは2倍近く含まれています。 ゴールドキウイは、疲労回復や美容、免疫力アップに効果的です。 疲労回復や夏バテ解消 ビタミンCがグリーンキウイよりも多く含まれているので、疲れを取る効果がより高くなっています。 夏は、強い紫外線を浴びるとそのダメージから身を守るため活性酸素が発生します。 この活性酸素は自分自身で細胞も傷つけて疲労物質を作ってしまうのです。 そこで必要になるのが、抗酸化物質ビタミンC! 活性酸素を消し去り、細胞の疲労を回復してくれるのです。 ゴールドキウイをたった1個食べるだけで、 ビタミンCの1日推奨摂取量の1.5倍以上を摂ることができ、同じ抗酸化物質のビタミンEも含まれているので疲労回復にはうってつけの果物です。 さらに、ゴールドキウイのさわやかな酸味には、 疲労によるダメージを回復してくれるクエン酸が含まれています。 このクエン酸は細胞の中でエネルギーを作る回路の働きをスムーズにしてくれるので、疲れた体に効率よくエネルギーを補うことができるんです。 生活習慣病予防に効果的 ゴールドキウイを1日2個食べると、血液中のビタミンC濃度が飽和状態になります。 限界まで上がるビタミンCが体中に行き届き、生活習慣予防につながると言われています。 免疫力アップ 1日2個のゴールドキウイを4週間食べ続けたところ、白血球の一種が活性化されたという報告があります。 白血球は免疫システムを管理していると言われているので、白血球を元気にすると免疫力がアップします。 オーガニックのキウイ ゼスプリに「オーガニックキウイ」があります。 ゼスプリ・オーガニック・グリーンキウイ• ゼスプリ・オーガニック・サンゴールドキウイ これらは、化学合成農薬や化学肥料を使用しない、こだわりの有機栽培で育てたキウイフルーツです。 化学的に合成された肥料および農薬の使用を避け、技術を使用しないなどのオーガニックの条件を満たす農地で作られています。 最近は、日本産のキウイでも、こだわりのオーガニックキウイをよく見かけます。 ビタミンCが豊富なゴールドキウイは、疲労回復や美容、免疫力アップに効果的です。 その日の気分や体調で毎日の食卓に取り入れてくださいね。

次の

キウイの栄養の効果・効能は?キウイは皮ごと食べるのがベスト!?

キウイ 効能

キウイフルーツに含まれる栄養素と効果・効能 キウイフルーツに多く含まれる栄養素は、ビタミンC、食物繊維、カリウム、葉酸、ビタミンE、アクチニジン、ポリフェノール、有機酸などです。 次に、それぞれの栄養素がもたらす効果・効果をご紹介します。 美肌効果と疲労回復のビタミンC ビタミンCは、女性の味方。 紫外線やストレスなどで受けたお肌のダメージを回復してくれ、肌サイクルやエイジングケアに役立つ栄養素です。 コラーゲンの生成を助けたり、メラニン色素の生成を抑えるので美白効果もあります。 免疫機能を維持したり、疲労の軽減にも役立ってくれます。 便秘改善に効果的な食物繊維 食物繊維には2種類あり、1つは水に溶ける水溶性、もう1つは水に溶けにくい不溶性食物繊維です。 水溶性は、善玉菌を増やして腸内環境を整え、糖質の吸収をゆるやかにして食後の血糖値の上昇を抑えます。 不溶性食物繊維は、便の量を増やすことで、腸内環境を整え便秘をしにくい体質を作り、免疫力も向上させてくれるんですよ。 塩分を調節してくれるカリウム カリウムをしっかりとると、取り過ぎたナトリウムが体から排出されやすくなります。 これは、高血圧の予防になり、同時にむくみの解消効果も期待できます。 貧血予防の葉酸、有機酸 葉酸は細胞の分化に働き、胎児の正常な発育に欠かせないビタミンの1つです。 また、正常な造血機能を保つためにも必要な栄養素で、不足すると貧血や神経障害が起こってしまいます。 調理で失われる栄養素なので、生で食べられるキウイがおすすめです。 酸味の素になる有機酸は、筋肉を使うときに作られる乳酸の生成を抑えたり、鉄の吸収を高めたりする働きがあります。 疲労回復や貧血予防に役立つといわれています。 普段からサプリメントに頼っている方は、サプリメントを減らして、キウイフルーツを1〜2個食べてみるとよいかもしれませんね。 美肌効果のあるビタミンE ビタミンEは、血管を広げて血行を良くする働きがあり、肌のくすみの解消やハリを取り戻せる効果があります。 また、抗酸化力がアップして血管を若返らせます。 タンパク質の吸収を早めてくれるアクチニジン アクチニジンは、たんぱく質を分解する力があります。 調理前の肉をキウイフルーツに漬けておくと柔らかくなることから、よく利用されていますよね。 タンパク質の分解効果があるので、消化を助けてくれ、肉や魚の栄養を吸収しやすくしますよ。 老化防止効果のあるポリフェノール ポリフェノールは、強力な抗酸化作用があります。 これは、体内を浄化し、動脈硬化の予防や血圧を下げる効果があるのです。 キウイフルーツの食べ方!アレルギーの方は注意点して 固めて食べる場合 キウイフルーツをゼリーで固めることは、アクチニジンの働きによってゼラチンが固まらないので、寒天を使いましょう。 ヨーグルトと混ぜる キウイフルーツに牛乳やヨーグルトを混ぜて食べます。 ただし、時間を置くと強い苦味が出ますので早めに食べるようにしましょう。 完熟するまで待つ キウイフルーツは熟すほど果肉に含まれるブドウ糖や果糖がビタミンCに変化します。 完熟してから食べましょう。 アレルギーに注意 キウイフルーツに含まれるアクチニジンはアレルギーを起こします。 口の中や喉がイガイガしたり、腫れたりします。 キウイフルーツを食べて5〜15分で症状が現れます。 中にはアナフィラキシーショックを起こして、重篤な症状に陥ることもありますので、異常を感じたら病院に行って、次からはキウイフルーツを食べないようにしましょう。

次の