簡単 スマホ au。 auスマホ、機種変更で安いおすすめ機種【かえトクプログラム】

シニアが使いやすいスマホまとめ!初めてのスマホにおすすめの機種は?

簡単 スマホ au

当サイトではおすすめのシニア向けスマホを比較・ランキングして紹介しています。 「孫とLINEしたいからスマホに替えたい!しかしスマホの選び方は全く分からない・・・」 「いい加減ガラケーからスマホに替えようと思うけど、どんなスマホを選べばいいのか?」 「両親・祖父母にスマホを持たせたいけど、どう選べばいいのか分からない」 そんな悩み、お持ちじゃありませんか? ここではそんな方に向け、シニア向けスマホの選び方や現在おすすめの機種をまとめました。 大手キャリアのシニア向けスマホだけでなく、人気の格安スマホも併せて比較してますので以下のような方は参考にしてください。 初めてスマホを使おうと考えている60代以上の方• ガラケーからスマホへ乗り換えを検討しているシニア層の方• 両親・祖父母にスマホをプレゼントしようと考えている方• 料金プランが安い・使いやすいスマホを探している方 高齢者向けのスマホを選ぶ際のポイント まずは選び方のポイントについて。 これからシニア向けのスマホを契約する方は以下の点を踏まえて選ぶことをおすすめします。 使いやすい端末であること まず、シニア向けスマホは高機能・高性能な端末である必要はありません。 必要な機能を備え、使いやすい端末であることがシニア向けスマホには求められます。 また、画面も小さいものより大きめのものがおすすめ。 4インチ~5インチ未満の端末だと画面も意外と小さいので、できれば5インチ以上のディスプレイサイズがあるスマホの方が使いやすい(見やすい)でしょう。 老眼かも?という方ほどこの点は意識した方が良いです。 サポートがしっかりしていること シニア向けスマホ選びで非常に重要なのがサポート面ですね。 電話サポートのみだと問題が解決できない場合もありますので、店舗でのサポートがあることが絶対条件。 最近は格安スマホが人気ですが、サポート面で少し不安があるので注意が必要です。 格安スマホを選ぶ場合はサポートがしっかりしているかどうかをチェックしましょう。 やはり安さは重要 シニア層のスマホ使用頻度は決して高くありません。 ほとんどの場合、通話もインターネットもそれほど利用頻度は高くないでしょう。 そう考えると出来るだけ毎月の月額料金も抑えたいですよね。 この点も踏まえて考えることをおすすめします。 シニア向けスマホは「使いやすさ」「サポート」「安さ」の3点をバランスよく満たした機種・会社を選ぶのがコツなんじゃ。 高性能で恐ろしく高額なスマホや、サポートがしっかりしてても月額料金が高すぎるサービス・業者では話にならん。 逆に安くてもサポートがダメダメだと後で困るぞい! というわけで。 以上の点を踏まえたおすすめのシニア向けスマホを以下にランキングしました! これからシニア向けスマホを契約しようとしてる方はここから選べば間違いなしです。 シニア向けスマホおすすめ機種ランキング【2020年7月版】 現在のランキングは2020年1月時点で最もおすすめのシニア向けスマホを掲載しています。 ランキングは随時更新。 使いやすさ・サポート・安さをバランスよく満たしているスマホほど上位に掲載されています。 1位:TONE e19(トーンモバイル) TONE e19はトーンモバイルの人気機種。 画面も5. 93インチとなかなか大きくて電池持ちも良く、トーンモバイルの特徴とも言えるシニア・子供向けに必要な機能(フィルタリング・居場所確認・アプリの制限など)を数多く搭載しているのが最大の特徴。 見た目も最近の人気機種に似せているのでいかにもシニア向け・・・という感じが無いのも魅力ですね。 価格も大手キャリアのシニア向けスマホと比較すると安価で、はじめて使うスマホとしても最適です。 シンプルで見やすく、よく使う機能が分かりやすく配置されているので初めてスマホを使う方にもおすすめの端末です。 端末側面のボタンを押して音声検索も出来ますし、最初からLINEがインストールされているのもポイント。 通話・メール・LINE・検索といったシニア層がよく使う機能がしっかり用意されています。 また、国産スマホなので防塵・防水・ワンセグ対応。 スペック的に見てもシニア向けスマホとしては十分な性能で、防水・防塵、ワンセグ対応しているのが特徴。 ディスプレイも5. 5インチと比較的大きいという点もポイントです。 大手キャリアの中で選ぶのであれば安く使えるシニア向けスマホです。 4位:シンプルスマホ4 ソフトバンク シンプルスマホ4はソフトバンクが提供するシニア向けスマホ。 こちらも防水・防塵、ワンセグ対応。 端末としてのスペックは画面サイズを除けばAQUOS sense2 かんたんとほぼ同じ。 ただ、端末自体の料金はこちらの方が高目。 しかしソフトバンクも割引を適用すればかなり月額料金を安価に抑えることが出来ます。 5位:らくらくスマートフォン4(docomo) らくらくスマートフォンmeはドコモが提供するシニア向けスマホ。 防水・防塵、ワンセグ対応な上におサイフケータイにも対応しているのが特徴。 おサイフケータイが使いたいなら魅力的です。 しかし、画面サイズが4. 7インチと割と小さめでバッテリー容量も他社のシニア向けスマホと比較すると小さく、電池持ちがイマイチ。 月額料金も割高です。 5%がスマホを利用しているという結果が報告されています。 この結果は2015年の調査と比べると10%ほども増加しているとのことで、近年シニア層でもスマホの普及率が急速に増加していることが分かります。 ちなみにフィーチャーフォン(ガラケー)の所有率は55. スマホよりも多いですね。 しかし、このうち20. 5%はスマホへの乗り換えを検討しているというデータも同時に報告されました。 つまり、今後もシニア層のスマホユーザーは増加していくと考えて間違いないでしょう。 しかし、いざスマホへの乗り換えを検討する際、最近は選択肢が増えました。 以前からシニア向けスマホを提供しているドコモ・au・ソフトバンクに加え、格安スマホが登場した事でどちらを選ぶ方が良いのか?迷っている方もいるはず。 そこでここでは大手キャリア・格安スマホそれぞれの特徴を解説し、比較してみました。 大手キャリアのシニア向けスマホは無難だけど割高 大手キャリアのシニア向けスマホに言えることは、サポートはしっかりしてるが基本的に割高という事。 どのキャリアを契約する場合でも4,000~5,000円くらいの月額料金になるので、ガラケーを使ってきた方にとってはかなり割高感があると言えるでしょう。 ちなみにこの4,000~5,000円という目安も色々な割引がちゃんと適用されれば・・・という前提付き。 割引が適用されなければ更に割高になる可能性もあるので注意が必要です。 それぞれのキャリアのシニア向けスマホの特徴と料金を以下にまとめてみました。 ドコモのシニア向けスマホ:らくらくスマートフォンme(F-01L) 画面サイズ 4. 7インチ OS Android8. 出来るだけ安く使うという前提で料金を計算すると以下のようになります(ドコモユーザーがガラケーから初めてスマホに乗り換える場合)。 5分通話無料オプション 770円 ギガライト 3,278円 端末代金分割(36回) 1,144円 月額料金(36ヶ月目まで) 5,192円 「ギガライト」は使用するデータ通信量によって料金が変動する料金プラン。 1GBまでなら2,980円(税込み3,278円)で利用が可能で、その後は3GB、5GB、7GBと段階的に料金が変動します。 これに5分間通話無料オプションと端末の分割代金を合わせた金額は5,000円を超えるので、やはりちょっと割高な印象を受けますね。 ただ、ドコモの場合は家族もドコモユーザーの場合にギガライトの月額料金の割引が受けられます(本人含め3回線以上あれば1,000割引)。 なので家族3人以上がドコモユーザーなら4,000円ほどで利用出来る計算になりますね。 ソフトバンクのシニア向けスマホ:シンプルスマホ4 画面サイズ 5. 0インチ OS Android8. 出来るだけ安く使うという前提で料金を計算すると以下のようになります(ソフトバンクユーザーがガラケーから初めてスマホに乗り換える場合)。 ソフトバンクはスマホデビュープランを利用するとかなり月額料金を抑えて契約することが可能です。 スマホデビュープランはデータ通信容量が1GBに限定されていますが、それほどインターネットを利用しない方なら十分な容量です。 使ってもLINEやメール、ちょっとした検索程度という方ならまず困らないでしょう。 ただ、端末の分割が48回払いなので支払期間が長いこと、1年おトク割が1年で切れるので2年目以降月額料金が高くなる点に注意です。 auのシニア向けスマホ:AQUOS sense2 かんたん 画面サイズ 5. 出来るだけ安く使うという前提で料金を計算すると以下のようになります(auユーザーがガラケーから初めてスマホに乗り換え、スマホはじめる割を適用した場合)。 新カケホ割は60歳以上の方が「AQUOS sense2 かんたん」「BASIO 3」「LG it」のいずれかの機種を契約し、「auピタットプランN(カケホ/s)」に加入した場合に適用される割引で、月額1,000円の割引が適用されます。 なので60歳以上の方でガラケーから始めてスマホに乗り換える・・・という場合なら適当できる形ですね。 AQUOS sense2 かんたんも機種代金が安いので、機種代金を合わせても月額の料金は2,000程度に抑えられます。 ただ、2年目以降は1,000円ほど料金が上がる点に注意ですね。 ちなみに上記の試算には入っていませんが、自宅のネット回線もauを利用していればauスマートバリューが併せて利用でき、更に500円の割引が可能です。 なので自宅のネット回線が「auひかり」という方であればかなり低価格でスマホを使えることになりますね。 大手キャリアのシニア向けスマホは割引が適用されないといずれもかなり割高じゃ。 じゃから割引がしっかり利用できる場合に限り、おすすめと言えるかもしれん。 サポートがしっかりしとるのは間違いないので無難な選択じゃが、最良の選択とは言えん気がするのぅ・・・ シニア向けスマホに格安スマホ(SIMフリー端末)はおすすめか? 最近何かと話題の格安スマホ。 とにかく料金が安い!というのが魅力なので気になっている方もいるでしょう。 では、シニア向けスマホとしても格安スマホはおすすめなのか?というと・・・ ハッキリ言って、基本的におすすめしません。 料金プランも大手キャリア以上に複雑ですし、何より実店舗を持っている業者(MVNO)が少なく、いざという時のサポートに不安があるためです。 そのため大半の格安スマホはシニア向けスマホとしてはおすすめできません。 いろんなサイトでシニア向けにも格安スマホはおすすめ!と無責任に紹介してる場合が多いですが、ハッキリ言ってそんなことはありません。 ただ安くなるから・・・という理由だけで適当に選んでしまえば「思ったのと違った!」なんてことになりかねないので注意が必要です。 ただし、ごく一部のMVNOは料金プランも分かりやすく実店舗でのサポートも行っており、そんなMVNOに関して言えばシニアにもおすすめ。 それが当サイトでものランキングでも上位に掲載してるTSUTAYAのスマホTONEと、ワイモバイルです。 TONEモバイルは子供・シニア向けに適したスマホを提供 画面サイズ 5. 93インチ OS Android 8. 9mm TONE e19は低価格ながら充分なスペックを持ったスマホ。 ディスプレイも5. 93インチと十分な大きさで端末自体も軽いのが特徴。 バッテリーも十分な容量があるので電池持ちも悪くありません。 見た目のデザインもちょっとiPhoneを意識したようなデザインになっており、いかにも子供・シニア向け!という感じがしないのも魅力ですね。 また、e19は子供・シニア向けスマホに最適な機能が豊富なのも特徴です。 専用アプリのTONEファミリーを使えば居場所の確認やインストールできるアプリの制限、Webフィルタリングの設定が簡単に行えるほか、家族間で端末を遠隔操作できる家族サポート機能など、他の端末では見られない機能が盛り沢山。 さらに特殊詐欺対策機能の「あんしん電話」やカメラで撮影するだけで初期設定ができる「らくらく初期設定」など、シニア層がスマホを使う上でまさしく「かゆいところに手が届く」とサービスも付属しています。 また、設定を弄ったら以前のように使えなくなってしまった・・・といったありがちなトラブルも「置くだけサポート」機能で解決できるようになっています。 こうした機能が備わっているのでシニア向けのスマホとしても最適と言えるでしょう。 また、TONEモバイルはオプションを使わなければ月額1,000円(税込1,080円)での利用も可能。 これは1年目限定といった制限ではなく、2年目以降も料金は変わりません。 基本料金の中にはIP電話基本料金・データ通信無制限(5~600Mbps)、各種サポート(電話サポート・店頭サポート)が付属します。 なので例えば通話はLINEの無料通話ですべてカバー、ネットは大して使わないという場合、SMSオプションの100円を含めて月額1,210円で使えます。 大手キャリアと比較するとかなり低価格でスマホを利用でき、またシニア層にも適した機能をしっかり用意しているのでおすすめです。 TONEモバイルは全国の「TSUTAYA」「カメラのキタムラ」に窓口が存在し、サポートを受けることができるんじゃ。 近所のTSUTAYAやカメラのキタムラにトーンモバイルの窓口があればいつでもサポートが受けられる。 ここが他の格安スマホと違って安心できる点じゃな。 (ただ、窓口が無い店舗や定休日がある場合もあるのでその点は注意) TONEモバイルのサービスについては以下のページに詳細をまとめています。 併せてご覧ください。 ワイモバイルは分かり易い料金プランとしっかりしたサポートが特徴 画面サイズ 5. 0インチ OS Android8. 通話やメール、LINEや検索といったよく使う機能も使いやすく、何か操作で困ったときも「押すだけサポート」機能があるのでワンクリックでサポートに繋がるのも嬉しいところ。 はじめてスマホを使うという方にも安心しておすすめできる端末と言って良いでしょう。 ワイモバイルは購入できる端末の種類が多いですし、シニア向けスマホじゃちょっと物足りない・・・という方は別のスマホを購入するのも一つの手段。 例えばiPhone6sやiPhone7も4~5万円ほどの価格で購入できるので意外とお得。 せっかくならiPhoneを使ってみたい!という方もいるでしょうし、選択肢として検討してみても良いでしょう。 サポート面を考えてもワイモバイルは実店舗が多いのが魅力じゃな。 店舗数はTONEモバイルよりも多い。 何かあれば店舗に足を運んで直接サポートが受けられるので安心感があるのう。 また、ワイモバイルの料金プランはCMでおなじみのワンキュッパ(1,980円)。 10分間までは何度でもかけ放題&データ通信容量3GBがこの金額で使えるので、月々の負担は少なめに済ますことができます。 ワイモバイルの料金プラン(スマホプラン)は以下の通り。 プラン内容 月額料金 スマホプランS 10分かけ放題 +3GB(4GB) 1,980円 (7ヶ月目以降2,680円) スマホプランM 10分かけ放題 +9GB(12GB) 2,980円 (7ヶ月目以降3,680円) スマホプランL 10分かけ放題 +14GB(17GB) 3,980円 (7ヶ月目以降4,680円) おそらくシニア層の方であればスマホプランSで十分納まるはずなので、比較的安く毎月の料金を抑えられるはずです。 ワイモバイルの詳細については以下のページでまとめていますので参考にどうぞ。 2年間に支払う料金合計で大手キャリアと格安スマホを比較してみた さて、大手キャリアと格安スマホ、それぞれのシニア向けスマホを見てきたわけですが、ここでは実際どの程度の料金がかかるのか?比較してみましょう。 それぞれのシニア向けスマホを最低限の料金プランで2年間利用した場合、合計の出費がいくらになるかを以下に一覧でまとめてみました。 端末代金 月額料金 2年間で支払う総額 ドコモ 5,192円 124,608円 ソフトバンク 2,088円 (2年目3,088円) 62,112円 au 2,091円 (2年目3,091円) 62,184円 TONEモバイル 19,800円 1,210円 48,840円 ワイモバイル 3,078円 (7ヶ月目以降:3,848円) 87,732円 こうして比較してみると、やはり大手キャリアのシニア向けスマホはトータルの出費が高いのが目につきます。 端末代金が分割になっているのでまとまった出費はありませんが、月額料金が割高でどうしても割高になってしまいます。 それに対し、やはり安いのは格安スマホ。 特にTONEモバイルの安さが光りますね。 TONEモバイルは月額料金を大きく抑えることが可能なので、トータルで見た時の出費は大手キャリアよりはるかに安く済みます。 意外と割高になってしまうのはワイモバイル。 これは7ヶ月目以降の月額料金が上がってしまうためで、トータルで見ると大手キャリアとあまり変わりません(ただし、家族割りを提要出来れば1万円以上総額を下げられます)。 こうして比較してみると、やはりTONEモバイルはお得感があります。 まとめ というわけで大手キャリアと格安スマホのシニア向けスマホ比較してきました。 無難に選ぶなら大手キャリアももちろん悪くありませんが、シニア層向けの機能や料金的な面も考えるとやはりTONEモバイルがおすすめです。 これからスマホを利用しようと考えている方は是非参考にしてください。

次の

初めてのスマホの選び方・注意点|ドコモ・au・ソフトバンク

簡単 スマホ au

毎月使ったデータ容量に合わせて お支払いいただく お手軽なプランです。 1回の通話が5分を超えた場合、5分超過分につき20円/30秒の通話料が別途かかります。 対象外通話は、国内通話料が別途かかります。 途中解約などの場合、契約解除料(1,000円)がかかります(更新期間<2年契約N満了月の当月、翌月、翌々月の3カ月間>を除く)。 *13G向け料金プランにご加入中のauケー タイ 3G KDDIに登録されている直近のご購入 機種かつ、au取扱店でお客さまが購入された機種 が対象です。 別途利用料がかかります。 途中解約などの場合、契約解除料(1,000円)がかかります(更新期間<2年契約N満了月の当月、翌月、翌々月の3カ月間>を除く)。 対象外通話は、国内通話料が別途かかります。 *2:3G向け料金プランにご加入中のauケータイ 3G KDDIに登録されている直近のご購入機種かつ、au取扱店でお客さまが購入された機種 が対象です。 お申し込み不要 スマホを購入したその日から 最大3カ月間の無料サポート! 注9)3G向け料金プランにご加入中でKDDIに登録されている直近のご購入機種(au取扱店でお客さまが購入された機種)が対象。 AQUOS K SHF31)も対象。 注10)スマートフォンは含みません。 注11)機種変更と同時にLTE NETもしくは5G NETのご加入が必要です。 注12)持ち込みは対象外となります。 注13)(機種変更の方)端末のご購入を伴う機種変更・解約・一時休止およびLTE NETもしくは5G NETの解約などを行った場合は、対象外。 お乗り換えの方) 端末のご購入を伴う機種変更・解約・一時休止およびの適用が外れた場合は、対象外。 *1:高音質通話サービス「4G au VoLTE」に非対応の機種が対象です。 *2:3G向け料金プランにご加入中の機種が対象です。 *3:KDDIに登録されている直近のご購入機種が16ヵ月目以上ご利用されている必要があります。 電話番号とプラン名が分かる請求書 WEB請求書の場合、印刷したもの 、ご利用中の携帯電話本体をご持参ください。 また、対象外サービスの場合、割引は受けられません。 予め対象であることをご確認の上、ご来店ください。 (3Gとりかえ割(スマホ)の場合)• 【3Gとりかえ割(スマホ)】• 【3Gとりかえ割プラス】• 【共有ご注意事項】• 店舗により異なる場合がありますので、店頭にてご確認ください。 *1:高音質通話サービス「4G au VoLTE」に非対応の機種が対象です。 *2:3G向け料金プランにご加入中の機種が対象です。 *3:KDDIに登録されている直近のご購入機種が16ヵ月目以上ご利用されている必要があります。 電話番号とプラン名が分かる請求書 WEB請求書の場合、印刷したもの 、ご利用中の携帯電話本体をご持参ください。 また、対象外サービスの場合、割引は受けられません。 予め対象であることをご確認の上、ご来店ください。 (3Gとりかえ割(スマホ)の場合)• 【3Gとりかえ割(スマホ)】• 【3Gとりかえ割プラス】• 【共有ご注意事項】• 店舗により異なる場合がありますので、店頭にてご確認ください。 *1:3G向け料金プランにご加入中の機種が対象です。 *2:KDDIに登録されている直近のご購入機種が16ヵ月目以上ご利用されている必要があります。 *3:高音質通話サービス「4G au VoLTE」に非対応の機種が対象です。 電話番号とプラン名が分かる請求書(WEB請求書の場合、印刷したもの)、ご利用中の携帯電話本体をご持参ください。 また、対象外サービスの場合、割引は受けられません。 あらかじめ対象であることをご確認の上、ご来店ください。

次の

いつでも孫に会える!シニアも簡単に楽しめるおすすめテレビ電話3種

簡単 スマホ au

auが発表した2019年夏モデルの中に、シニア向けスマホがあったのでチェックしてみます。 au「AQUOS sense2 かんたん」 出典:auHP 「AQUOS sense2 かんたん」は、シャープ製のAndroidスマートフォン。 スマホ初心者にも使いやすいように工夫されたスマホです。 ベースとなっているのは、2018年11月9日に発売された「AQUOS sense2 SHV43」。 出典:auHP これに、大きなアイコンで操作しやすいホームアプリ「AQUOSかんたんホーム」や、画面の色の視認性を高める「はっきりビュー」、「フォントサイズ(特大)」「S-Shoin一括シンプル切替」といった機能がプラスされたモデルです。 撮影モードを自動でセレクト 屋内のうす暗い場所でも明るくクッキリとした写真が撮れます。 たとえば料理や夕景なども手軽に撮影できそう。 また、ぴったりのモードを AI が自動でセレクトしてくれるので、おまかせでぴったりの色合いで撮影できます。 「AQUOS sense2 かんたん」のスペック メインカメラ:約 1,200 万画素、 サブカメラ: 約 800 万画素。 4mm。 重さは約155g。 色はブライトシルバー、ミントグリーン、クリアホワイトの3色。

次の