ビット コイン キャッシュ 半減 期。 半減期控える仮想通貨が急騰 ビットコインキャッシュ・SVの高騰理由に2つのポイント

仮想通貨の半減期(ブロック報酬減)をカウントダウンタイマーで確認しよう!

ビット コイン キャッシュ 半減 期

ビットコインキャッシュの半減期、迫る。 ビットコインの半減期との違いは? 2020-04-03 16:01[ ] 日本時間で4月8日の夜にBCHが半減期を迎えると予想されている。 半減期はPoW通貨におけるマイナーの売りが半分になることから価格の上昇要因とされるが、一方で報酬が突然半分になることから、コストが合わなくなったマイナーが一時的に撤退することによりハッシュレートが急低下するリスクなどが指摘されている。 それ以外にも空調代、マシン等の減価償却、土地代、人件費などを要するしマシンの稼働率の問題もあるので実際の事業としてのコストはもっと高いだろうが、BCHの価格がこのコストを割り込めば、別の事情がない限りマイナーはマシンの電源を切ることを選択する可能性がある。 これを見ると、従来の主力だったS9では電気代が5-7円KWhでなんとかコストスレスレの状況で、このまま報酬が半分になればS9勢は一斉にマイニングを停止する恐れがある。 次の世代のマシンならば何とか対応できそうだが、最新のS19の集荷は5月になるらしい。 BCH相場は年初から半減期を織り込んで2倍以上に値を上げていたが、その後の暴落で上げ幅を掃き出してしまった結果、このままではコスト割れするマイナーが続出する可能性がある訳だ。 BTCも似たような状況にあり、5月14日頃と予想される半減期の予行演習としても注目される。 もしかすると一時的にまだ半減期を迎えていないBTCにシフトする可能性もあろう。 一方で、BTCとは異なる事情もある。 BTCはDifficulty調整が14日に1回(2016ブロック毎)であるため、そのタイムラグが承認遅延や混乱を招く可能性があるとされている。 マイナーがいなくなるとブロックチェーンは続かないからだ。 しかしBCHは紆余曲折を経てブロック生成と同じ10分毎に難易度を調整している。 その結果、上図に見られるように市場価格に応じてHash RateとDifficultyが柔軟に調整している様子が観察される。 従って、BCHの半減期は比較的スムースにDifficultyとHash Rateが調整(低下)することで上手く乗り切り、その後は売り圧力の低下を織り込んでいくというのがメインシナリオだが、前述のようにHash Rateの急低下により市場が混乱する可能性もゼロではない。 また、8日のBCHに続き10日頃に半減期を迎えるBSVにも注意が必要だ。 因みに上記はBTCとLTCの過去2回の半減期の前後30日の相場推移だ。 一見して、半減期の前後にはっきりした傾向は見て取れない。 但し、半減期(T-0)直後にハッシュレートが低下、価格が急落するといった事態には陥っていないようだ。 いずれにせよ、5月のBTCの予行演習としても注目したい。

次の

ビットコイン半減期と価格から考えるトレード戦術【2021年は暴騰?】

ビット コイン キャッシュ 半減 期

近頃、各種メディアで、 半減期という言葉が連発されていますね👀 なぜここまで話題になっているかというと、 2020年5月にBitcoinが半減期を迎えるためです👏 そもそも 半減期ってなに??? という方もいるでしょう。 ビットコインは取引のデータ(トランザクション) をブロックチェーンに記録し、不正なく改ざんでき ないようにするために記録係が必要となります👀 銀行を利用した取引ならば、銀行の機械で記帳したりデータの管理を行ってくれたりしますが、仮想通貨は銀行のように特定の誰かが管理をするわけではありません😯 そこでビットコインの取引が行われた際にブロックチェーンへデータを繋いでいく マイナーという人がいます🔨 ビットコインをマイニングするマイナーたちの例え画像 マイナーは、自身のコンピューターを使って膨大な量のデータを計算し、データのかたまりであるブロックをつなぐ作業を行っていきます。 ビットコインは発行できる 上限枚数が決まっていて、その枚数は 2,100万枚。 2019年11月1日時点では、すでに1,800万枚が発行されており、 今後新規発行される枚数は300万枚を切っていることがわかります。 今後、マイニングによって新規発行されるビットコインは約300万枚を切っているということは、ずっと同じペースで発行されているとすぐに上限枚数へ到達してしまいます。 すると市場に出回るビットコインの数が多くなり価格と需要とのバランスが崩れてしまいかねません🤔 これを防ぐために行われるのが、 半減期という措置です。 半減期は、ビットコインのマイニングでもらえるマイニング報酬を半分にする、つまり マイナーがもらえるビットコインの枚数を半分にするということです。 ビットコインがマイニングによって新規発行される枚数を、少しずつ抑えていこうという試みが半減期なのですね👏 さて、なぜ、上限発行枚数や半減期を設けるのかといえば、 インフレーションのコントロールのため。 無尽蔵に貨幣を発行すれば、かつての軍票や現在のベネズエラのように 貨幣の価値は暴落し、ハイパーインフレーションを招来することになります😦 そこで、ビットコインは上限発行枚数を2100万枚と定めることによって、これを回避しようとしました。 法定通貨は中央政府が流通量をコントロールできるが、ビットコインは 中央政府が発行するわけではない以上、コードによって発行上限枚数を定める必要があるのです👋 ビットコインの 電子採掘場では、掘り当てたときの採掘量を 半減期というやり方でコントロールして、ビットコインという貨幣そのものの 希少性を保つことにしたのです🙌 投稿ナビゲーション.

次の

ビットコインキャッシュ「半減期」を迎え、マイナーの採算性は大幅下落

ビット コイン キャッシュ 半減 期

半減期とは? 半減期とは、マイニングの報酬が 半分に減る期間のことです。 具体的には、新規発行の 通貨発行量が半分になるということです。 【詳細な解説】そもそもマイニングとは? マイニングとは 通貨の取引記録を処理する作業のことです。 取引記録の処理とは、 ブロックチェーンに新しい取引データを記載した ブロックを追加する作業のことです。 マイニング作業に成功すると、報酬として 新規発行の通貨がもらえるのです。 ビットコインキャッシュ(BCH)の半減期 ビットコインキャッシュには、半減期が 4年に1度訪れます。 ビットコインキャッシュは2017年に生まれた通貨なので、まだ半減期を迎えたことはありません。 現在のビットコインキャッシュの新規通貨の発行量は 12. 5BTCなので、次回の半減期で新規通貨の発行量は 6. 25BTCになります。 ビットコインキャッシュは、ビットコインと下記 3つの共通点があります。 半減期が起きる時期は、 通貨が発行上限に近づく時期であることを意味します。 よって、ユーザーは通貨の 希少性が以前よりも高まっていると考えるので、半減期前は通貨の購入者が増え、 価格が上がりやすくなるのです。 一方で半減期には、マイニング成功者の報酬が半分に減るので、マイニングをする人が減ります。 結果として、マイニングの競争率が下がり、セキュリティも低下しやすいと考えられています。 【2020年4月8日・9日頃or 2021年8月】ビットコインキャッシュ(BCH)の半減期が到来! ビットコインキャッシュの半減期は、 4年に1度のサイクルで起こります。 次回のビットコインキャッシュ半減期は、下記 2つの時期が予想されています。 通貨の種類 ライトコイン(LTC) ビットコイン(BTC) モナコイン(MONA) リスクコイン LSK ジーキャッシュ(ZEC) 半減期 基本は4年に1回 2019年8月7日 2020年6月 2020年7月 3年に1回 2019年10月 1年に1回 2020年10月 半減期の経験 2回 2回 1回 2回 0回 新規発行通貨の量 12. 5LTC 12. 5BTC 25MONA 12. 5LSK 50ZEC ビットコインキャッシュ BCH の将来性 ビットコインキャッシュは、 取引処理が速く、 取引手数料が安い通貨です。 定期的にハードフォーク(分裂)を繰り返しているので、今後一層、ユーザーに便利な通貨となることが期待できます。 について気になる人は以下の記事をチェックしてみてくださいね。 まとめ.

次の