エースバーン ふいうち とびひざげり 両方。 【ソードシールド】ポケモン交換 募集掲示板 コメント一覧【ポケモン剣盾】

【ポケモン剣盾】エースバーンが使用率BIG6を覆す! トゲキッスを抜いて4位にランクイン

エースバーン ふいうち とびひざげり 両方

前回を書いた後、「鎧の孤島」の解禁により 新教え技による環境変動や 新キョダイ枠による盛り上がりや、なにより ガラルへの参戦を許可された歴戦の猛者ポケモンたちが流入して一気に環境は変わりました。 新規参入枠をちらちら見ていると気になったポケモンが、 キュワワーである。 キュワワーの特性 ヒーリングシフトは 回復技に限り優先度が+3になるという破格の性能を持っている。 ドレインキッス、ギガドレインにも作用するため フェアリーか草を弱点とする隣のポケモンを優先度3、つまりいたずらごころ関連やこのゆびとまれの上から弱点保険を起動することができる。 Sさえ抜いていればねこだましの上も取れてしまう。 キュワワーと並べて保険を起動する相手はガラル環境のドラゴン最強と言っても過言ではない ドラパルトに決定。 脇を固めるメンバーには環境に増えまくっているガオガエンにめっぽう強い 水ウーラオス、フィールドを書き換えたり水やバンドリにあまりに強い ゴリランダーを選抜。 さらに、後半のS操作と相手のゴリランダーに強い ファイアロー、フェアリーその他構築全般が苦手な枠を圧倒的器用さでケアする エースバーンを入れて構築完成。 ドラキュワワーである。 ガラルの猛者と初めて対面するアローラの謎生命体、戸惑うはずである。 9割がたキュワワーと先発し可能な限り暴れるエース。 保険起動+ダイジェットが決まると手が付けられなくなり、「ダイマックスで3回動くだけで降参終了」というケースが数回あったレベル、本当に強い。 主な動きはキュワワーの項で説明するが とにかくキュワワーに足を向けて寝られないレベルでお世話になる。 ダイジェットが使いたかったので自然と物理型に、特に不自由もなく数値上でも物理のほうが強いので何の問題もなかったと思う。 まもるを一時はがねのつばさにして使っていたこともあったがフェアリー筆頭の キッスはダイスチルでは落ちないし相手の保険を起動してピンチということも多かったのでまもるが最安定と感じた。 保険起動後の一致技はかなりの威力になる。 ダイホロウでHBサマヨールを1発など陽気でも破壊力は十分。 とりあえず2回殴ってれば大体の相手が崩れていくしダイマックス後も保険能力上昇は維持されるので引き続き痛打を与え続けられるのが魅力。 教え技が何ももらえずにさみしいとの話題もありましたが ポルターガイストを渡さなくて本当によかった、そう思わせる強さでした。 本構築のすべてといっても過言ではないアローラの怪物、キュワワー。 優先度+3でドレインキッスと隣回復のフラワーヒールを撃てるだけでなく、 サイドチェンジと トリックルームで構築全体を動かすという超絶司令塔役を完遂する。 まず ドレインキッス。 これは言わずもがなドラパルトに撃つのだが優先度3というのが本当に凶悪でそれ以外にも便利なシーンは多い。 ねこだましの上から一撃入れる、襷で耐えた相手を削る、ファイアローのはやてのつばさを上からつぶす、悪ウーラオスにそこそこ痛打を与えるなどC79しかないのに大活躍である。 そして同じくらい凶悪なのが サイドチェンジ。 ドラパルトとの横の補完関係が抜群で初手で飛んでくるダイアークやダイドラグーンを受けることが可能。 雨をはじめ上を取られそうなときには サイドチェンジからダイジェットを積んでから保険起動という順でより安全に動くことができる。 さらに トリックルームまでできるのがあまりにも偉い。 ガチトリパ相手にする際非常に便利で初手で保険を起動しつつ1体ドラパルトが葬り、2ターン目で安心して動こうとするところを ドラパルトのダイウォールとセットでひっくり返すことができる。 またエルフーンが見えた際も安心でおいかぜにあわせてトリルを決めれば裏から出てくるメンバーも含め一気に試合の主導権を握れる。 最後にフラワーヒールだが上記3つでもあまりに偉いのに 優先度+3で隣のHPの半分を回復するという涙が出るくらいありがたい技。 特にやることがないときはこれを押してればいい安心感がすごい。 これまでもキュワワーを用いたダブル構築はあったがダイマックスとの相性がとにかく良く、ドラパルトというダイマックスの申し子みたいなドラゴンタイプが出てきたことが過去とは圧倒的に違う高性能を実現している感。 キュワワー、とにかく見た目も楽しいし今使ってほしいポケモン1位です。 悪と水で個性がかなり変わりそうだけど今回は水のパターン。 非常に増えてきているガオガエンを安全にワンパンできる優秀な用心棒。 すいりゅうれんだは必ず急所に当たるという性能のため威嚇も壁も怖くなく、これを確実に当てきることで相手に大ダメージを入れることが可能。 道具はいろいろ試したのだがとにかく上記のすいりゅうれんだを当てきれば良いという性質に気づいてから うしおのおこうに落ち着いた。 アクアジェットはまもるを貫通する特性との相性が良く、終盤ミリ耐えした相手がまもることを許さず上から倒せるのが偉い、個人的には必須レベルとすら感じる便利さだった。 ポリゴン2やなんだかんだ多いカビゴン、またよびみずがいるときのガエンへの打点として優れる一致 インファイトも頼りになる。 弱点がわかりやすいため集中されるケースも多いので最後は みきりとしている。 ちなみに努力値配分、後述のエースバーンもそうなのだが ウーラオスはSを伸ばさずに倒す相手を見据えて後は耐久に回したほうが強いと感じた。 S97は確かにミミッキュより早いのだが ダブルでミミッキュとウーラオスがタイマンするシーンは頻出ではないはず。 今回はガエン対応を主業務にしている、いざとなればおいかぜもトリルもあるという構築なのでかなりHに割いてみたがこれが正解だった。 H203-B120は優秀でドラパルトのダイドラグーンが絡んでくればそう簡単には落ちない。 とにかくすいりゅうれんだが強いのでこれをしっかりと相手にうちこむ!連撃なのに動きには一撃感のある水ウーラオス、素敵です。 もはやその性能の高さは言うまでもないがこの構築でも グラススライダーを軸に構築全体のバランスをとってくれている。 グラススライダーはその性能そのものが高すぎる且つ キョダイコランダが何を元技にしても 威力が160になるという要素があるため、これ1つあれば草打点で行いたいことの大体が満たされてしまう。 恐ろしいゴリラだ… 「絶対ラプラス通す」風の構築との対戦以外では基本後ろに控え、グラススライダーで後半戦を制していく。 個人的にゴリランダーはチョッキが使いやすいのですべて攻撃技。 とにかく便利な ねこだましと通りが良い悪打点で効果も便利な はたきおとす。 最後の枠は自由度があるのでグラスハンマーなど効果力を入れたりドラムアタックなどS操作もあり。 今回は地面技が構築内になかったので 10まんばりきにしている、なかなか便利だった。 どんな構築にもすんなり入り、入ったら水とバンドリにかなりのにらみを利かせるゴリランダー。 今後も環境の中心にいるんだろうなあという存在です。 先発でダイマックスさせるケースはほぼないのでダイジェット用の飛行技は採用しない形になった。 また、 ふいうちが先制をとれる上に高火力なことやその他のわざを当てたい相手のSを考えた際に、 Sを振り切る必要は全くないのではと閃き。 12振るだけでドリュウズを抜けるならもはやそれでよくないか?とHに大きく振っている。 今回は特に「 基本的には後半に登場」という部分がこの耐久振りとの相性をさらに良くしている。 後半ともなるとキュワワーがトリルで盤面を作っていたり、同じく後半出てきがちな隣のアローがおいかぜを放ったりするのでHAエースバーンがより動きやすくなっている。 今回マスターボール帯で10数戦回して S155が理由で困ったケースはなく、むしろミリ耐えして勝ちを拾えたことも多かったので実はエースバーンは基本耐久に振ったほうが強いのでは、、、とちょっと思ったり。 技については特に語ることもないくらいには強いので割愛ですが今回は 晴れて困るケースはあれど利するケースはないのでキョダイ個体に。 めっちゃかっこいいからキョダイマックスさせたいけど実はこの構築では1回もしませんでした。 この構築は 基本前半と後半に動きが分かれることが多い。 前半は言わずもがなドラキュワワーの時間で後半がその2体の両方ないし1体が倒された後である。 相手が明確にS操作を軸に動いてくる場合はトリルを使ってキュワワーが盤面を整えることになるがそうでなくS操作の無い流れのまま後半戦に入ることもある。 その際、欲しくなる おいかぜ役がこのファイアローである。 エルフーンと違い 攻撃技も先制にできるはやてのつばさは後半戦で相手に圧力をかけていける。 また、同じく後半にひょっこり現れてグラススライダーをしてくる 相手のゴリランダーにファイアローそのものが強いのも優秀。 攻撃技は反動が無くはやてのつばさの効能を持続させる新技 ダブルウイングと威嚇も鉄壁も怖くない オーバーヒートを採用した。 オーバーヒートは高威力のおかげで いじっぱり個体でもダイマックスアイアントやHナットレイを十分倒すことが可能。 最後の1枠は自由枠となるが今回 きりばらいを入れてみた。 飛行技のため先制対象でありフィールドや壁を取り払うことができる。 グラススライダーやオーロラベールを上から解除することで相手の計画を崩すことができるのが後半のツメとの相性が良い。 持ち物は好みでオボンやラムなどもよさそう。 余談ですが今回アローの夢個体を探したらどこにも1匹もおらず 自分はカロスで何をしていたんだと絶望しました。 上から殴られそうなときはサイドチェンジからダイジェット、もしくはまもるからトリックルームでSを確保してからドレインキッスで保険発動。 トリパに対しては保険を発動して相手の片側(殴れるなら当然トリル役を優先で)をダイマックス技で倒し、2ターン目にキュワワーでトリルを返し、サイドチェンジなどを使いながら殴っていく。 上記のような気になることがなければとにかく優先度+3でドラパルトにドレインキッス!あとは暴れるだけだ! 相手にフェアリーアタッカーが2体以上いて流石にドラパルトを出しにくい 先発:アロー エースバーンorゴリランダー 裏 :残りから2体 マジカルシャイン2発体制など、何をどうやってもドラパルトがダメそうなときはおいかぜ+高火力で勝負。 ドラパルト以外のメンバーをダイマックスさせる貴重なパターンなので思いっきり楽しむ姿勢で。 とにかく保険起動後のドラパルトとキュワワーの補助性能の相性が抜群で、多少の相性不利も突破できる強さがありました。 今回の構築では新技やウーラオスなども使うことができ、新環境をガッツリ楽しめたので満足感がすごいです。 尚、一度だけ同じく「キュワワー+ドラゴン」の並びと当たり興奮する私。 なんだろうこの「ついに出逢ってしまった」感。 まだまだ新しい戦術が出てきそうな新環境、引き続き楽しみなシーズンになりそうです。 なんかラブコメみたいでいい。 一つは初手ドラキュワワーでキュワワーがサイドチェンジ、ドラパルトがダイマックスしてダイジェットをグドラに入れるところからスタートします。 グドラがダイドラグーンをキュワワーに当ててくれればダメージ0でダイジェットで次ターンドラパルトがキングドラの上を取れるのでダイドラグーンで倒せます。 もう一つは隣がペリッパーなどすいすいに更においかぜを乗せてくるパターン、この時はドラパルトをダイマックスさせてダイウォールを貼りつつキュワワーでトリックルーム を決めてしまいます、2ターン目にドレインキッスで保険を発動させれば上から一撃でグドラを倒せます。 注意は保険起動してない時のダイドラグーンではグドラを1撃で倒せない点です、S操作を安全に決めながら対処してみて下さい!.

次の

【ポケモン剣盾】シザリガーの育成論と対策【受け不可能な超火力!常時攻撃2段階UP】

エースバーン ふいうち とびひざげり 両方

使用パーティ 選出画面で時間切れになると、パーティの上から3匹が自動で選択されます。 念のために、先発にコータスが来るように並べています。 コータス 性格:ひかえめ 特性:ひでり 努力値:H252 C252 B6 持ち物: あついいわ 技:ふんえん、ステルスロック、こうそくスピン、じばく 前シーズンから使い続けているコータス。 先発でカバルドンと対面するのは何度も見た光景です。 ステルスロック対策の こうそくスピンが役に立ちます。 コータスの育成論はこちらです。 ウインディ 性格:ようき 特性:いかく 努力値:H158 A148 S204 持ち物: じゃくてんほけん 技:フレアドライブ、おにび、ワイルドボルト、インファイト 具体的な敵はギャラドスが・ドリュウズ・バンギラス。 素早さは最速ドリュウズ抜きです。 相手がダイマックスしてくると、フレアドライブやワイルドボルトの反動ダメージも大きくなるので、攻撃時はダイマックスして戦いたいです。 ウインディの育成論はこちら。 リザードン キョダイマックス 性格:おくびょう 特性:サンパワー 努力値:C252 S252 B6 持ち物: こだわりメガネ 技:かえんほうしゃ、ぼうふう、ソーラービーム、オーバーヒート 信頼と実績のリザードン。 シーズン2からずっと使っています。 晴れ状態のオーバーヒートで、相手のヒートロトムを一撃で倒した瞬間が最高に気持ちよかったです。 天気の取り合いになるこのパーティで、雨にされた後、ダイマックスが切れても、必中ぼうふうを撃てるのも強みです。 リザードンの育成論はこちら。 エースバーン 性格:ようき 特性:もうか 努力値:H60 A252 S198 持ち物: きあいのタスキ 技:かえんボール、カウンター、とびひざげり、ふいうち カウンター要員として採用。 ウオノラゴンやパッチラゴンと戦います。 他のポケモンで相手をできない物理型を相手しますが、そのような相手が複数いるときは突破する手段がなくなってしまい、ピンチです。 エースバーンの育成論はこちら。 マルヤクデ 性格:いじっぱり 特性:しろいけむり 努力値:H110 A252 B4 D4 S140 持ち物:とつげきチョッキ 技:ほのおのムチ、はたきおとす、パワーウィップ、きゅうけつ ラプラスやアシレーヌ、ミロカロスと、殴り合うことができます。 ラプラスとお互いにダイマックスを使って天気を取り合う場面がありました。 素早さは無補正4振りミロカロス抜きです。 ラプラスは相手の調整によって素早さ関係が変わりますが、あまり素早さに努力値を多く振ると、耐久や攻撃が低くなってしまうので、悩みどころです。 マルヤクデの育成論はこちら。 キュウコン 性格:おくびょう 特性:ひでり 努力値:H6 C252 S252 持ち物:いのちのたま 技:ソーラービーム、おんねん、おきみやげ、オーバーヒート 強力な水タイプが増えた今シーズン。 晴れ要員の2体目として採用しました。 ラプラス・ミロカロス・アシレーヌはこちらより素早さが低いため、先制でおきみやげを使って退場すれば、相手のダイマックス技は不発になり、晴れのままリザードンにつなげることができます。 おんねんをうまく使って相手のPPを枯らし、ダイマックスされても天気を取られないという戦術を考えたのですが、結局最後まで使う機会はありませんでした。 キュウコンの育成論はこちら。 今シーズンの感想 前半はキョダイマックスラプラスが大量にいましたが、時間が経つにつれ、数が減ってきた印象です。 代わりにアシレーヌが増えた気がします。 対ラプラス ラプラスを相手にするには2通りの方法がありました。 1つは、オーロラベールを張られる前に、リザードン のサンパワー眼鏡ソーラービームで大ダメージを与える方法。 もう1つは、 チョッキマルヤクデでダイマックスして耐えて、相手のオーロラベールとダイマックスを枯らす方法です。 そこそこうまくいったと思いますが、ダイマックス終了時に雨で終わるか、晴れで終わるかでその後の展開に大きな影響がありました。 対アシレーヌ 最初はそこまで気にしていなかったんですが、 きあいのタスキ持ちが結構いるんですね。 タスキで耐えられて反撃を受けることがたびたびありました。 基本的にはチョッキマルヤクデで対応できていたと思います。 対トゲキッス 弱点保険 or わるだくみ+ ダイジェットが厄介です。 一度能力が上がってしまうと止められなくなるので、不利な対面を作らないように慎重に行動する必要があります。 特殊に強いマルヤクデが、ひこうタイプを抜群で受けてしまうのが残念です。 対パッチラゴン&ウオノラゴン 一匹だけならエースバーンで倒せるのですが、両方選出された場合には、非常に苦しくなります。 晴れ状態でリザードンの ダイジェットをウオノラゴンに当てることと、エースバーンの カウンターをパッチラゴンに当てることでしか、勝つ道は無いでしょうか。 あとは、コータスの ふんえんでウオノラゴンをやけどさせるぐらいです。 3割ですが。 対戦結果 通算成績は87勝70敗。 勝率は5割5分4厘。 最終順位は、 7130位! 前回の8554位を超え、目標にしていた8000位を突破しました! 来シーズンは、5000位以内を目指します! おまけ 今シーズン戦った統一パ 今シーズン当たったのは氷統一と毒統一! 久しぶりにランクバトルで統一パと戦えたのが嬉しかったです。 前回の記事はこちら.

次の

想い出はパール!友情はダイヤモンド!!

エースバーン ふいうち とびひざげり 両方

というサイト様が使用率ランキングを発表しました。 集計方法は自力だそうです。 なんというかあまり変わり映えはしませんが細かいところでは変化しています。 では見て行きましょう。 使用率自体の変化もほぼないのでしばらく続きそうです。 物理受けアーマーガア自体はそこまで厄介なポケモンではないのですが、 アタッカーアーマーガアが流行り始めてから、 両方の型を考慮する必要が出てきたためかなり厄介なポケモンに。 とはいえロトムにめちゃくちゃ弱いのは相変わらず。 ・トゲキッス どんどん出世してきています。 単純にステータスが高い上に、てんのめぐみが強すぎるせいで 受けパーティーがほぼ壊滅している。 トゲキッスより素早さの遅いポケモンはハメ殺されがち。 隙を与えると悪巧みしてダイジェット。 3縦の完成。 個人的にはきょううんキッスのほうが強いんですけど てんのめぐみという存在が強すぎるため薄れがち。 ごくまれにはりきり型もいるため怖すぎる。 技範囲も意外と広く、キッス1匹でほとんどのポケモンを見ることができる。 以上が使用率上昇の原因だと思っています。 バンギラスなら問答無用で受けられる。 ・サザンドラ こちらは使用率が低下。 トゲキッスのせいじゃないか・・・? ただし火力は高く、ロトムにも強いので 使用率はまだ高め。 ・ロトム 個人的には1パーティーに1台は必須レベルだと思っています。 こいつの使用率が80%超えても違和感ないぐらいだと思う。 -アーマーガアに強い -相性補完しやすい -補助技も優秀 -ボルトチェンジが使える -耐久、火力両方が上の下レベル ふゆうで浮いているため、フィールドの恩恵を受けられないのだけが欠点。 ・エースバーン 突然増えましたエースバーン。 リベロ追加されたら間違いなくベスト3には入るでしょう。 御三家なだけあって技範囲は広い。 耐久もそこそこある。 特性がもうかで、みがわりを自然と搭載できるため、補助技への対抗策にもなる。 そしてドラパルトにも強く出れるふいうち。 メイン火力のかえんボール。 格闘技のとびひざげり。 すばやさ種族値も119とめちゃくちゃ早い。 このポケモンはランキング上位勢ほとんどに対面で勝てます。 それが使用率アップの原因でしょう。 命中不安定技が多いのが怖いところ。 ・サニーゴ オワコン・・・ですかね・・・。 ちょうはつ1個で50ダメージ量産マシーンとなるのがつらいところ。 ちょうはつなしならゲーム崩壊レベルで強いので 使うならちょうはつを考慮しないほうがいい。 まとめ シーズン2もずっとこんな感じになると思います。 シーズン2一番の変更点である、 キョダイマックスはあまり環境に変化をもたらさないと思います。 キョダイマックス技は環境に刺さるレベルで強い技はなく、 育成に対するハードルも少し高いですしね。 まぁおうかんと大量のアメが必須になるだけですが つまりトップ3対策を始めましょう、ということですね。

次の