いわき 歯周病。 歯周病|いわき市の歯医者・歯科【ひかりのテラス歯科クリニック】

横浜駅西口徒歩3分の痛くない歯医者

いわき 歯周病

当歯科・矯正歯科クリニックでは医薬品医療機器等法(薬機法)において承認されていない医療機器を用いた治療「インビザライン・システムを用いた矯正治療」を、症例を選んで提供しております。 『医療広告ガイドライン』の「限定解除の4要件」を満たす事項の掲載。 イ)、未承認医薬品等であることの明示: インビザラインは薬機法上の承認を得ていません。 のシステムを、を通じて利用しています。 ハ)、国内の承認医薬品等の有無の明示: インビザラインによる矯正治療は、現在世界中で行われており、一般的にはアライナー矯正、マウスピース矯正などと呼ばれています。 マウスピース矯正のための治療装置は、国内でも様々なブランドがあり多数製作されています。 日本で『医療機器としての矯正装置』と認められるものは 1 薬事承認されている材料を使って 2 日本の国家試験をパスした歯科医師か歯科技工士が製作したもの 3 既製品であればそのものが薬事承認されていなければなりません。 製作過程については、日本国内で歯科医師が患者さんに合わせてオーダーしたものを、米アラインテクノロジー社がコスタリカにある工場においてロボットで製作します。 設計は日本国内で歯科医師が行いますが、実際に製作されるのは海外においてであり(日本の国家資格を持つ歯科医師や歯科技工士ではない)ロボットにより製作されますので薬機法の対象とはなりません(薬機法対象外)。 日本国内で製作される類似のマウスピース矯正装置のいくつかは薬事承認されております。 インビザラインは世界最大シェアで、2018年現在で全世界にて600万症例以上が治療されています。 *インビザラインは、薬機法の承認を受けておりませんので医薬品副作用被害救済制度の対象となりません。 例えば抜歯症例や中難度症例では、ワイヤー矯正などで最初に難しいところを行う等、工夫を凝らしたプログラムが必要となります。 *治療効果の明示 インビザラインは、 歯の 簡単な 凸凹デコボコのような矯正向きです。 通院がしづらい、遠隔地の方や忙(いそが)しい方 でも、頑張れるよう仕上がり具合を、 自宅からメールで報告システム。 【矯正治療を始める迄の準備】 矯正PC診断・予測シミュレーション説明 ブラケット装着の準備を丁寧に行い ブラケット装着の矯正治療当日を迎えます。

次の

スズキ歯科(いわき市/いわき駅)|EPARK歯科

いわき 歯周病

玉橋歯科医院では、 痛みを最小限に抑える診療 を心がけています。 歯医者さんは「痛い」「怖い」などといったイメージを持った方や過去の経験から苦手意識を感じている方も多くいると思います。 当院では、お口の健康に対して患者さんとともに考え、最善の治療・予防を提供し、痛みの少ない診療を心がけています。 わかりやすい説明をし、患者様が納得いくまで話し合いをして治療を進めていきますので、不安なことや疑問など、お気軽にご相談ください。 土曜日も17時まで診療していますので、平日の通院が難しい方も気軽に通いやすくなっております。 お子様からご高齢の方まで、家族で通っていただける地域密着型の歯科医院です。 歯周病は、最終的に歯が抜けてしまうだけではなく、全身の健康状態にも悪影響を及ぼします。 気になる症状がある場合は、早めに玉橋歯科医院にお越しください。 歯みがきでは落とせない歯石や着色汚れを落とすことで、虫歯や歯周病の予防に繋がります。 治療などの必要がなくても、少なくとも1年に1~2回は受診するように習慣づけましょう。

次の

歯周病|いわき市の歯医者・歯科【ひかりのテラス歯科クリニック】

いわき 歯周病

患者さんのご要望に添った治療計画を立案するために、当院は事前のカウンセリングに特に力を入れています。 痛みがある場合には、問診票の記入後すぐに応急処置を行いますので、歯科医師やスタッフまでお申し付けください。 お口の状態や治療方法についてご説明する時には、レントゲン画像や模型を用いて、視覚的に理解しやすいように努めています。 患者さんにご理解・ご納得いただいてから治療に進みますが、次の予定があって時間がない場合には、部分的な処置だけを行うこともできます。 また、この機会にお口全体をしっかりと整えたいという方には、より細かく治療計画を話し合うことも可能です。 患者さんの状況に合わせて、臨機応変にご対応いたします。 初めて来院された患者さんに対して心がけていることがあれば教えてください。 どんなことに悩まれて当院に来院されたのかをしっかりと聞き取り、できる限りご希望に添った治療計画をご提案しています。 また、最初に歯周病の有無もしっかりとチェックして、もしも保存できない歯がある場合には、その時点できちんとお伝えします。 患者さんが歯を残したい時には、なるべくご意向に添って治療を行っていますので、まずは一度、どんなことでも相談してみてください。 診療のモットーを教えてください。 患者さんのお気持ちを汲み取って、可能な限りご希望に添った治療を行うことです。 歯科医師側からの一方的な押し付けにならないよう、常に心がけています。 患者さんのお気持ちを大切に考えた診療ができるように、まずはしっかりとお話を伺うことを重視しています。 開院当初と今で変わったことを教えてください。 患者さんの年齢に合った治療を考えられるようになったことだと思います。 私は元々東京にいたこともあって、若い方を診る機会が多く、「この症状にはこの治療」という対応をしていました。 しかし、地元に帰ってきてからはご年配の方を多く診るようになり、患者さんへの負担や、寿命のことまで考えた治療を行う必要があることを数多く経験しました。 そういった経験のおかげで、患者さんの現在の年齢から、将来的にお口の中がどうなっていると良いのかを考えて治療ができるようになったと思います。 女性の患者さんへ配慮していることはありますか? 妊娠中の方に対しては、状況に合った対応を心がけています。 また、膝掛けをご用意しているので、スカートをはいている方や、寒がりの方にお渡ししています。 歯医者が苦手なお子さんのために行っている工夫があれば教えてください。 当院が初めての歯科医院というお子さんもいらっしゃるので、できるだけ痛みが出る治療は行わないようにしています。 何回かに分けて処置を進める、応急処置だけをしてもう少し成長してから改めて治療を開始するなど、お子さんのペースに合わせることを大切にしています。 今後力を入れていきたいと考えている治療について理由と共に教えてください。 これから先は、予防歯科に力を入れていきたいです。 定期的にお口の中の汚れを除去すれば、歯周病の進行を抑える、症状の再発を防止することが可能になります。 皆さまがもっと予防のために通えるように、歯科医院に対するハードルを低くする仕組み作りもできればと考えています。 スタッフ教育で力を入れている所はありますか? 仕事ができるスタッフが多いので、私のほうからあれこれと指示することは少ないです。 スタッフそれぞれが自主性を持ち、患者さんのためになると思ったことに取り組んでもらうようにしています。 先生の思う歯科医院選びのポイントを教えてください。 患者さんの話をきちんと聞いてくれる歯科医院ではないでしょうか。 歯科医師側から一方的に説明をされても不安になってしまいますので、患者さんの話を理解する姿勢があり、納得できるまで説明をしてくれる所だと、気軽に通えると思います。

次の