ふるさと 納税 住民 税 安く ならない。 ふるさと納税で住民税が減税されたのか確認する方法、反映されていない時の対応策

ふるさと納税で住民税が安くなる?仕組みを理解して制度をうまく利用

ふるさと 納税 住民 税 安く ならない

「社会人になり初めてもらったお給料でふるさと納税してみたいけれど、わからないことだらけ…」 という方もいらっしゃるのでは? 今回は、社会人1年目の方がふるさと納税をする場合の注意点3つについて詳しく解説します。 新入社員でもふるさと納税による税金の控除は受けられる 新入社員は 前年の収入がほとんどない=非課税の範囲内、というケースも多いです。 そのため、「ふるさと納税しても控除を受けられないのでは?」と思う方も多いのではないでしょうか。 しかし結論から言いますと、新入社員でも税金の控除はしっかり受けられます。 控除が受けられるのは「寄付した年の分の所得税と住民税」から ふるさと納税による税控除が受けられるのは、所得税と住民税の2つです。 どちらも寄付した年の収入に対する税金になるので、新入社員でもしっかり控除が受けられます。 寄付した翌年の4〜5月頃に所得税から還付(お金が戻ってくる)され、住民税は翌年6月から納めることになる住民税から控除(税額が安くなる)されます。 控除上限額を超えて寄付すると、自己負担分が増えることも 基本的にはふるさと納税した金額から2,000円の自己負担分を引いた分だけ、所得税と住民税の控除が受けられます。 しかし、自己負担分が2,000円を超えてしまうケースも。 それは、「ふるさと納税した額(寄付した金額)が控除上限額を超えてしまった」場合です。 控除上限額を超えた寄付をしてしまうと、自己負担がその分増えてしまいます。 控除上限額はどうやったらわかるの? 税金の控除上限額は「寄付した年の総収入から保険などの控除を引いた額」からわかるのですが、新入社員の場合、年収の予測は難しくなります。 2年目以降は前年度の源泉徴収票などを見ればおおよその予測は簡単につきますが、新入社員にはそれがありません。 「だったら月給に12かけて、ボーナス分を少し足せばいいのでは?」 と思いがちですが、ここで注意が必要です。 社会人1年目の新入社員の場合、入社するのは4月のケースがほとんどですから1〜3月の給与はありません。 さらに、4月分の給与が貰えるのは5月で、1ヶ月遅れになります。 つまり、12月分の給与が貰えるのは来年の1月になるため、実質4月から11月までの「8ヶ月分の給与にボーナスなどを足した額」になります。 入社1年目の場合は、ボーナスもさほど期待できないケースがほとんどです。 そのため、1年目の年収は、「月給の8倍にボーナス分として少し足すぐらい」と少なめに考えておきましょう。 おおよその控除上限額は、総務省のふるさと納税ポータルサイト内にがあるので、そちらを参考になさってください。 一例として、年収200万円・独身の場合の上限額は15,000円程度になります。 ふるさと納税の税控除は自分で手続きしなければならない 新入社員の方は、年末調整の書類の準備などに慣れていないケースがほとんどかと思います。 保険など、控除の対象になるものは勤務先に書類を提出すれば問題ないものが多いでしょう。 しかし、ここで気を付けなくてはならないのが「ふるさと納税をした場合」です。 ふるさと納税による税金の控除手続きは、自分で行う必要があります。 確定申告かワンストップ特例制度、このどちらかの方法でないと、ふるさと納税による税金控除は受けられませんから気を付けましょう。 ワンストップ特例制度が簡単でオススメ! 新入社員の場合は控除されるものも少なく、寄付も少額になることがほとんどです。 そのため、ワンストップ特例制度を利用するのがいいでしょう。 ワンストップ特例制度の申請書を寄付先の自治体へ提出するだけで、ふるさと納税による税金控除が受けられます。 ただし、ワンストップ特例制度を受けるには「本来確定申告する必要がなく、ふるさと納税の寄付先が5ヶ所以内」という条件がありますので注意してくださいね。 新入社員の方もぜひふるさと納税をしてみませんか? 新入社員がふるさと納税をする場合、高額な寄付をするとお得度は下がりますが、手続きをすれば税金の控除はきちんと受けられます。 ふるさと納税には「税金控除が受けられる」「返礼品として地域の特産品がもらえる」といったメリットもありますが、最大の魅力は「寄付を通じて確実にその地域の活性化などに貢献できる」ことです。 社会人になりもらったお給料で少しでも社会貢献ができるなら、こんなに素晴らしいことはありませんよね。 簡単に控除申請ができるワンストップ特例制度を利用して、新入社員の方もぜひお気軽にふるさと納税をしてみてはいかがでしょうか? SEARCH 記事検索 記事検索 キーワード エリア 北海道 東北 関東 中部 近畿 中国 四国 九州・沖縄 カテゴリー 仕組み・制度・手続きガイド ニュース 寄付先ナビ お礼の品 使い道 地域の魅力 ( グルメ イベント 観光 自治体情報 ) おすすめのタグ• 記事を検索.

次の

ふるさと納税のメリット・デメリット|しない方がいい理由はなに?|金融Lab.

ふるさと 納税 住民 税 安く ならない

もう一度簡単にふるさと納税をおさらい ふるさと納税として寄付した金額が戻ってくる上限額が5万円の人で、3万円を寄付した場合にどのような流れになるでしょうか。 例えば、A市に住んでいる人が、B市に3万円を寄付します。 この場合、28,000円が所得税や住民税から控除されます。 確定申告した人 所得税 所得税の税率が20%の人は、28,000円の20%について所得税の還付を受けます。 この場合、28,000円の20%は5,600円ですので、5,600円は所得税から還付されます。 サラリーマンの場合は、昨年のお給料からすでに所得税が引かれていますので、確定申告することで、ふるさと納税の分が還付されるのです。 確定申告は通常は3月15日までに行いますので、確定申告した人はすでに、ふるさと納税の分が還付されていると思います。 残りは住民税が少なくなります。 住民税 住民税は1年遅れで課税されますので、 昨年の寄付は今年の住民税に反映されます。 今年の住民税は、昨年に行ったふるさと納税分が控除された額になっているのです。 例の場合、所得税から5,600円分が還付されましたので、28,000円から5,600円を差し引いた22,400円が住民税から控除されます。 実際の計算方法は少し複雑ですので、端数の関係でピッタリにはならないかもしれませんが、概ねこのようになると考えてください。 確定申告する必要のない人 サラリーマンだと、確定申告をする必要がない人も多いと思います。 この場合、ふるさと納税分は全額が住民税から控除されます。 住民税の通知が会社から配布されたときに、通知の中に寄付金税額控除額の記載がありますので、その金額が昨年中に自分のふるさと納税に関する控除額になります。 具体的な確認方法は以下のようになります。 控除額の具体的な確認方法 自分がふるさと納税した金額を確認しよう! まずは、昨年中にふるさと納税した金額がいくらなのか。 しっかりと確認しましょう。 ふるさと納税した際に、寄付した自治体から 寄付金の受領証が送付されていると思います。 その受領証を足し算して合計額を確認します。 控除額の限度額の範囲であれば、合計額から2,000円を引いた額が控除される金額になります。 通知書の確認ポイント 毎年、5月から6月にかけては、住民税の税額が決定して通知書が送付されてきますので、その中で実際に控除された額を確認することができます。 サラリーマンの場合 給与をもらっている人は会社からこのような通知書が配られると思います。 住民税の税額決定通知書といいます。 住んでいる市区町村から会社を経由して配られるものです。 画像をクリックすると大きくなります。 市区町村によって形式が多少異なりますが、概ね同じ形になります。 この場合、ふるさと納税分がいくらなのか、基本的にはこの額をみればわかります。 市区町村民税と都道府県民税を分けて記載してある場合は、その合計額がふるさと納税の控除額になります。 こういった記載がない場合は、 中断のところに小さく「税額控除額」といった記載がありますので、市区町村民税と都道府県民税の税額控除額を確認してください。 ただし、この「税額控除額」の欄にはふるさと納税分以外の控除額も加算されています。 必ず含まれているのが調整控除というもので、市町村民税と都道府県民税を合わせて、 2,500円程度は最低でも加算されています。 その他、住宅ローン控除がある人は、これも含まれていますので、正確な金額が知りたい場合はお住まいの市町村へ問い合わせるといいでしょう。 確定申告した人は所得税の還付額と住民税の合計額が、ふるさと納税に関する控除額になりますので、寄付金受領書と合わせてみてください。 自営業の人などの場合 自営業やフリーランスの人など、会社から給与をもらっていない人の場合は、納税通知書が自宅宛に送付されてくると思います。 その中にふるさと納税に関する記載がありますので、確認してみましょう。 納税通知書は市町村によって様式が異なりますが、 中に「寄付金税額控除額」といった欄があると思います。 細かいですが探してみてください。 欄が二つに分かれているのは、市区町村民税と都道府県民税を分けて記載しているからです。 この合計額がふるさと納税の控除額になります。 納税通知書をもらう人は確定申告をしている人が多いと思います。 所得税の還付額と住民税の控除額を合計した額がふるさと納税した金額を合致しているか確認してみてください。 ふるさと納税の額と所得税・住民税の控除額の合計が合わない場合の対処法• 寄付金の合計額から2,000円引いた額• 所得税と住民税の控除額の合計額 この二つが合わない場合は、何かが間違っています。 その原因には次のことが考えられます。 自分の手続きが間違っている ふるさと納税にはワンストップ特例という制度がありますので、ふるさと納税を行った先の自治体が5つまでなら、ワンストップ特例申請書を記載することで確定申告が不要となっていたはずです。 手続きをした人なら、覚えていると思います。 () 例えば、 この申請書の提出を1箇所だけ忘れていたりすると、その分が漏れてしまいます。 また、6つ以上の自治体に寄付したのに確定申告をしていなかったりすると、 ふるさと納税が丸ごと控除されないことがもあります。 この場合は、お住いの市区町村に相談してみるといいでしょう。 基本的には後からでも手続きを踏んで、控除してくれるはずです。 (場合によっては控除できないこともありますので、注意してください。 ) 限度額を超えているのかも。。 ふるさと納税は所得に応じて、その限度額が決まっていますので、限度額を超えてふるさと納税した場合には、その分は戻ってきませんので、注意してください。 限度額については、概ね表のようになります。 画像をクリックすると大きくなります。 役所のミスもありうる! 毎年、すごい勢いでふるさと納税をする人が増えています。 しかも、ふるさと納税をする人のためにワンストップ特例制度など、新しい制度もできています。 新しい制度ができて、ふるさと納税の対象者も増加していますので、 役所の事務はかなり混乱していると思います。 事務処理のミスも考えられますので、しっかりと自分で確認してみることが大切です。 自分の手続きに問題がなくて、金額が間違っている場合は、すぐに役所に連絡して訂正してもらいましょう。 確認したけど、どうにもよく分からない場合 住民税や所得税の制度はとても複雑です。 したがって、よく分からなければ通知書を手元において、お住まいの市町村へ連絡してみましょう。 通知書には問い合わせ先の電話番号が書いてあると思います。 問い合わせをするときには、昨年のふるさと納税の受領書を全て手元に揃えることや、それを合計しておくこと、さらには源泉徴収票や確定申告の控えも用意した方がいいでしょう。 書類を手元において、問い合わせをするととてもスムーズに回答を得ることができます。 役所へ問い合わせする際に気をつけること ふるさと納税した金額と所得税・住民税の控除額が異なっている場合でも、この件については、役所の職員への問い合わせだからといって、頭ごなしに話をするのはあまり良いことではないと思います。 実は、このふるさと納税については制度が複雑であるうえに、法律は結構厳しく規定されています。 本人の手続きが間違っていた場合に本来は認められないということも十分に考えられます。 こういった場合は役所が運用でうまく認めてくれることもありますので、うまく対応した方が得だと思います。 また、一度はダメでも時間をおいて何回かトライしてみてもいいと思います。 せっかくふるさと納税をしたのですから、しっかりと控除されるようにしましょう。

次の

ふるさと納税 住民税安くならないと思ったら読む記事

ふるさと 納税 住民 税 安く ならない

スポンサードリンク 住民税のふるさと納税の控除の確認方法は? ふるさと納税で適用される 税金の控除の仕組みは あなたの申告方法によって 確認する方法も違ってきます。 あなたが確定申告をして ふるさと納税で寄付をしたことを 申告しているのであれば そろそろ、指定したあなたの口座に 所得税から控除された分の金額が還付されます。 そして住民税から控除された分に関しては 住民税の決定通知に記載されることになります。 確定申告をせずに ワンストップ特例制度を利用して ふるさと納税で寄付したことを申告した場合は 所得税の還付はなく 全てが住民税から控除されることになります。 ワンストップ特例制度を利用して 申告した場合でも、住民税の決定通知にて 控除が正しくされたのかどうか確認することができます。 所得税の還付の場合は 現金が振り込まれて目に見える形で 控除されるので安心感がありますが 住民税は基本的に給料から天引きされて 支払っていく税金なのであまり控除された感覚 っていうのがないんですよね。 払いすぎているお金を返してもらう 所得税の仕組みとは違って これから支払うお金が本来の金額より 少なくなるという仕組みなので お金が返ってこないというのが住民税の控除の仕組みになります。 目に見えない控除だからふるさと納税の控除が 受けられているのかどうなのかっていうのは 実感しにくい部分なのです。 だからこそ、きちんと自分の計算通りに 控除されているのか確認するのが大切になります。 ふるさと納税で税金が きちんと控除されているのかを 確認する方法は意外と簡単なものです。 まずは、あなたが去年ふるさと納税をした 金額が全部でいくらになるのかを確認しましょう。 寄付をした自治体から 送られてくる受領書はまだ保管してありますよね? 寄付したすべての自治体の 寄付金額を合計してみましょう。 その金額が控除額の限度額の 範囲内に収まっていれば 合計金額から2,000円を 差し引いた金額が住民税から 控除されていることになります。 で、今年度分の住民税の 金額は毎年5月に決定するのですが その決定通知の中に ふるさと納税の寄付でどれだけ控除されているのかを 確認できる欄があるわけです。 サラリーマンの場合は 住民税の支払いは基本的に 会社をとおして給料から天引きされているはずです。 これを特別徴収というのですが 特別徴収をしている人の住民税決定通知は 勤めている会社に送付されるようになっています。 なのであなたの住民税の決定通知は 会社から5月か6月に渡されるはずです。 うちの会社の場合は5月分の給料明細の 封筒の中に一緒に入っているので あなたも何らかの形で5月、6月までには 手元に住民税の税額決定通知が届くはずです。 この金額がふるさと納税で 税金が控除されている金額になるわけです。 ただ、この住民税の税額決定通知は 住んでいる自治体市区町村によって 書式が違っているんですね。 親切な市区町村の場合は 寄付金税額控除という欄に ふるさと納税で控除された金額の記載があるので 見たらすぐに控除額を確認することができるのですが ほとんどの場合が「税額控除額」という欄に 記載されていることが多いです。 市町村の税額控除額と 都道府県の税額控除額を足した金額が 「ふるさと納税額-2000円」と同じ 金額だったらOKということになりますね。 (2500円程の調整控除があるので必ずピッタリにはならない) 税額控除額というのは ふるさと納税の寄付で控除された金額だけでなく 必ずみんなに含まれている 調整控除という控除の金額や 医療費控除、住宅ローン控除などの金額も 含まれているので注意してくださいね。 で、冒頭にも書いたように ふるさと納税で税金が控除される仕組みは 2種類あるので ワンストップ特例制度を選択した人の 場合は、比較的簡単に正しく控除されているか 確認することができるのですが 確定申告をした人の場合は 住民税だけでなく所得税からも控除されているので ちょっとややこしくなっちゃいます。 住民税からの控除額の計算は 住民税決定通知を見れば同じようにわかるのですが 所得税は還付額が 安くなっている金額になるので 住民税で控除された金額に 所得税で安くなった金額をたして確認する必要があります。 この計算が「ふるさと納税額-2000円」と ほぼ一緒な金額であれば正しく控除されていることになります。 住民税でふるさと納税の控除がされていない場合は? もし、上記の方法で住民税の控除額の 確認をしてもきちんと控除されていなかった なんて場合はどうしたらいいのでしょうか。 あり得なさそうで あり得る話ですよね。 ふるさと納税のワンストップ制度は 新しい制度なので間違っている可能性は 無きにしも非ずです。 ましてやここ数年で ふるさと納税の人気が高まっているので 以前と比べると ふるさと納税を利用する人も増えているので 行政側もバタバタしているはずなので。 なので、「間違いない」と 信じ込まずにきちんと確認するクセをつけましょう。 まず、自分の計算と 実際の控除額が違っている場合には 自分の手続きにミスがないかを 確認してみましょう。 例えば、ワンストップ制度は 5つの自治体までの寄付なら申請書を出せば 確定申告が不要になる制度ですが もしかして申請書の提出を 忘れちゃってたりしませんか? もしかして6つの自治体に寄付しちゃってた なんてことありませんか? こんな場合はワンストップ制度は 無効になってしまうので ふるさと納税で控除されるはずだったものが 全く控除されていない場合があります。 もしかしてふるさと納税の 限度額を超えちゃっていませんか? ふるさと納税はその年の所得で 限度額が決まるので所得が確定する前に 多く見積もってふるさと納税を してしまった場合は自己負担額が2,000円を 超えちゃう場合があります。 また、限度額ぎりぎりで ふるさと納税をした場合でも あとから確定申告で医療費控除や 住宅ローン控除などを申請してしまうと ふるさと納税の限度額もその分低くなっちゃうので 気づかないうちに限度額を超えてしまっている可能性もあります。 あなたはどうですか? 大丈夫でしょうか? もちろんお役所が間違っている 可能性もあります。 実際にこのようなニュースも 結構あるんですよ。 昨年4? 12月の寄付者のうち、確定申告せずに控除を受けられる「ワンストップ特例」申請者をパソコンに入力する際、128人が漏れていた。 出典: あなたのミスで正しく控除されていなかった場合は 税金の控除をあきらめるしかありませんが 役所のミスの場合は 追加の手続きをして控除をうけることができますし どうしても控除が受けられない場合は 寄付金を返金してもらうことができるようです。 (あくまで長崎での対応ですが) なので自分の手続きや計算に 間違いはないのに、腑に落ちない場合は 市区町村に電話して 確認してみるようにしましょう。

次の