ビットコイン いくらから始める。 ビットコイン(BTC)は現在何円?いくらから買う事が可能か

ビットコインっていくらから買えるの?購入方法とおすすめ取引所も紹介します

ビットコイン いくらから始める

仮想通貨の通貨単位について 仮想通貨にはさまざまな種類がありますが、それぞれ「通貨単位」があります。 Coincheckで取り扱っている仮想通貨は以下になり、( )内が通貨単位になります。 ビットコイン(BTC)• リップル(XRP)• リスク(LSK)• ファクトム(FCT)• ライトコイン(LTC)• ビットコインキャッシュ(BCH)• モナコイン(MONA)• ステラルーメン(XLM) なお、ビットコインには、BTCのほかに、Satoshi(サトシ)という単位もあります。 ビットコインのしくみを最初に考案した「サトシ・ナカモト」の名に由来しています。 このSatoshiは、非常に小さな単位です。 1Satoshi=0. 00000001BTCとなりますので、1億Satoshiで1BTCとなります。 Coincheckでは500円から購入可能 Coincheckの販売所では、取り扱うすべての仮想通貨において、最低購入額は「500円」となります。 また、Coincheckの取り扱う仮想通貨は、日本円のほか、ビットコイン(BTC)でも購入することができます。 その場合は、「0. 001BTC」が最低購入額となります。 仮想通貨を売却する場合も同様です。 売却して日本円に換える場合は、すべて「500円」が最低売却額となります。 仮想通貨を売却してビットコイン(BTC)に換える場合も「0. 001BTC」からになります。 仮想通貨それぞれの最低注文量は? Coincheckで取り扱っている仮想通貨の、それぞれの最低注文量について、具体的な数値を出しながら確認していきましょう。 ビットコイン(BTC) ビットコイン(BTC)は、仮想通貨に興味がない人でも、その名称ぐらいは聞いたことがあるほど高い知名度があります。 どの国家や組織にも支配されない「非中央集権」の通貨を作るという理想のもとに、ビットコイン(BTC)は開発されました。 イーサリアムクラシック(ETC) 500円=約0. 26815403ETC(1ETC=1,864. 6円)• リスク(LSK) 500円=約0. 98724480LSK(1LSK=506. 46円)• ファクトム(FCT) 500円=約0. 51205375FCT(1FCT=976. 46円)• ネム(XEM) 500円=約27. 84894731XEM(1XEM=17. 954円)• ライトコイン(LTC) 500円=約0. 05793676LTC(1LTC=8,630. 1円)• ビットコインキャッシュ(BCH) 500円=約0. 仮想通貨取引の手数料について 仮想通貨の入金には、各種手数料がかかりますので、把握しておきましょう。 Coincheckでは仮想通貨を500円から購入できますが、まずはCoincheckに開設した口座へ日本円を入金しなければなりません。 Coincheckのサイト上でアカウント登録した後に、日本円の入金が可能になります。 銀行振込で入金をする場合は、手数料が無料です。 (ただし、振込手数料はお客様負担となります) また、コンビニ入金では、30,000円未満の場合は手数料が770円、30,000円以上30万円以下の場合は手数料が1,018円となります。 コンビニ入金の1回あたりの入金上限額は30万円となります。 クイック入金では、30,000円未満の場合は手数料が770円。 30,000円以上50万円未満の場合、手数料は1,018円となります。 11%+486円」が手数料となります。 Coincheckが選ばれる理由 Coincheckは、アカウント登録から口座開設までは簡単に行えますので、気軽に仮想通貨の取引を始めることができます。 取扱通貨は、ビットコイン(BTC)やイーサリアム(ETH)、リップル(XRP)など、選択肢が豊富です。 さらに、Coincheckアプリはチャートがインジケーター(指標)も含めて見やすく、簡単に仮想通貨を取引できる機能を備えています。 仮想通貨の取引には、Coincheckの利用をぜひ検討してみてください。 商号:コインチェック株式会社• 暗号資産交換業の登録番号:関東財務局長第00014号• 加入協会:一般社団法人日本暗号資産取引業協会• 【暗号資産・暗号資産のお取引に関する重要事項】• 暗号資産は本邦通貨又は外国通貨と異なります。 秘密鍵を失った場合、保有する暗号資産を利用することができず、その価値が失われます。 暗号資産は移転記録の仕組みの破綻等により、その価値が失われる場合があります。 暗号資産の価格は変動するため、損失が生じる場合があります。 お取引の際は、取引内容を十分に理解し、自己の責任をもって行ってください。 その他の重要事項及び取引内容等につきましては、「Coincheck 暗号資産取引説明書」「Coincheck 利用規約」「Coincheck つみたて取引説明書」「Coincheckつみたて利用規約 」等の交付書面をご確認ください。 お問い合わせ:• 手数料について:• 売買等に関する最終判断はお客様ご自身で行ってください。

次の

ビットコインはいくらから始める?今からでも遅くない?買い時 いくらまで上がるか?いくらで売れる?売り時!不安要素 危険性・リスクと失敗例!リスクヘッジ【仮想通貨・暗号通貨・BTC】

ビットコイン いくらから始める

ですが 1 万円 もあれば投資の勉強、海外旅行の資金の積み立て、欲しかったハイスペックPCを買うだけの資産形成を目指すことができます。 2019年以降であってもそれは同じです。 そんな人もニュースに取り上げられている人もいましたね。 ですが一方で堅実に資産を増やしている人も多いです。 1 年間 毎月 1 万円 ずつ投資を行って、半年ほどで資産が 2 、 3 倍ほどになっている人もいます。 一つの銘柄に絞って放置をして 10 倍以上に資産が増えた人などもよく聞きます。 Be3hfcqupcWfKnk ITバブル時の3倍のスピードで相場を成長させたビットコインですが、バブル後の動きもNASDAQやゴールドの動きの共通点を指摘されています。 また、著名な人の予測によると将来的に2000万円を超えるという人から中には1BTCが1億を超えるという人もいます。 この通りに行くかは分からずとも今後、さらに大きく伸びる余地はまだまだあり、少額からでも十分にチャンスはあるのではないでしょうか。 2019年度はビットコイン価格が40万円台から一気に100万円台まであっという間に上がっています。 なぜギャンブルと思われてしまうのか 仮想通貨はギャンブルによく例えられます。 なぜギャンブルと思われてしまうのか、それは単純に「 リスクについて知らない」ただそれだけだと思います。 あとはメディアが載せている情報に偏りがあることが多いのかもしれません。 実際のところ、どれくらい仮想通貨にはリスクがあるのでしょうか。 リスクさえ分かって投資をしていれば借金は背負うことはありえません。 少なくともFXや株よりも安全だと言い切れます。 モノを買うのと同じで、 例えばAさんが1000円のDVDをAmazonで買いました。 ですが、1年後にAmazonでDVDを見ると、なんと1円で売られていました。 ですが1円になったからと言ってAさんは借金をすることはありませんでした。 単純ですね。 10万しか持っていないのに100万円分で取引して、10万円分、値下がりしたら90万円足りません。 当然、90万円は借金ですね。 「現物取引」で 借金のリスクはありません。 仮想通貨ユーザーのほとんどの人は 「現物取引」をしています 「信用取引」に関してもトレーディングに慣れていて、ある程度の天井を読めるように勉強した上で余裕資金で回せば借金を背負うことはほとんど起こりません。 とはいえ、私は仮想通貨は「 現物取引」でやることをオススメします。 変動が激しいのでもともとレバレッジがかかっているような状態だからです。 メジャーな通貨、 リップルは2017年度末の一月で約15倍跳ね上がりました。 ハッキングのリスク よく聞くハッキング(正確にはクラッキング)ですが、 今までのハッキングのほとんどはヒューマンエラー(人間のミス)が原因で起こっています。 「 取引所の管理がずさんだった」 「 基本的なところのアルゴリズムに誤りがあった」 「 取引所の内部に裏切り者がいてパソコンにウイルスを仕掛けられた」 ほとんどがこのような問題でハッキングされています。 ビットコインで使われている『ブロックチェーン』の技術そのものがハッキングされたという話は今まで一度もありません。 (2019年3月更新:マイナーコインの場合はマイニングに必要なパワーが足りずにハッキングされた事例はあります。 メジャーなものには適用されません) ビットコインで使われている『ブロックチェーン』は理論上ではハッキングできます。 ですがハッキングできたとしても大金が手に入らず、ハッキングすることがバカバカしくなるような仕組みで動いています。 更にこれからは人が介在しない分散型取引所と呼ばれるものも流行っていく見通しなので、ヒューマンエラーが取り除かれて ハッキングは減っていくかと思われます。 最初は特に何もわからないので上手に資産を管理できません。 そのことも含めて 1万円から始めることをオススメしています。 ハッキングの予防策として、 取引所を複数登録して資産を分散させたり、ハードウォレットやウォレット専用アプリケーションに保管することで ハッキングのリスクを分散させることができます。 最初からやるのは頭が混乱します。 まずは売買から入って少しずつ覚えていきましょう。 ハイリスクハイリターンの銘柄を選ぶリスク 損をする人はいきなり大きなリターンが得られそうな銘柄を選びがちです。 ICOや草コイン(知名度の低い通貨)といった一発大逆転の仮想通貨は確かに当たれば儲かります。 ですが実際のところ、ほとんどの通貨が無価値になっていっていっているのが現状です。 まさしく、 ハイリスクハイリターンですね。 ですがこのリスクも 最初はメジャーなコインを選べば回避できますね。 これからも沢山、新しい通貨は増えていきます。 メジャーなコインをある程度理解してから無名の仮想通貨について自分で詳しく調べていって納得してから買うのでも遅くありません。 1万円から小さく始めてみることが大事 仮想通貨は特にチャートの動きの激しい分野です。 1万円からの小さく始めても大きく初めても同じことを楽しめるのであれば小さく始める方が大きな失敗も避けられて、長く続けるためにも大切です。 本当に1万円で足りるの? 各取引所の取引に必要な量や金額は以下の通りです。 001 BTC 1000 円 2000 円 0. 001 BTC 1000 円 2000 円 0. 0001 BTC 100 円 200 円 0. 「逆に1万円以下でもできるんならそっちの方がよくない?」 というところですが、 自己資金が100円 のみだと送金できません。 自己資金が1000円 だけだと送金手数料だけでほとんどの資産が消えてしまい面白くないです。 ですので、後から面白くなって海外の取引所へ送金したくなったり、DAppsでゲームをやってみるところまでを考えれば 最低1万円もあれば普通に楽しむことができます。 最初から億千万を狙うよりはまずは遊び感覚で仮想通貨をもってみることを優先した方が良いと思います。 (全くの初めての人なら で販売所で1万円くらいで売買すると良さげです) 1万円でも本格的なトレーディングもできる 本格的な分析をする予定のある人も、ない人も、1万円あればどのくらいのことができるのかというと、 1万円あれば本格的にトレーディングすることもできます。 画像はbitbankという取引所で、TradingViewという世界でトップ級に使いやすいプロ向けチャート分析ツール(有料で提供してる)ものを無料で使えるようになっています。 bitbankに登録しているだけで無料で使えます。 今後、仮想通貨で売買をやっていく中で本格的なチャート分析に興味を持った際でも、1万円あればプロと同じことが楽しめるということですね。 SNSでは仮想通貨の1万円チャレンジが流行っていたくらいです。 ただし、 トレーディングは仮想通貨の売買に慣れてからでないと使いこなしにくいです。 トレーディングの経験のある人はいきなりbitbankでも良いかと思います。 本人確認ハガキが届くまで待ち時間が必要でじれったいのでまとめて登録する方がモチベーションを崩さないので良いですよ。 1万円でも長期の目線を忘れずに 2017年度末までの勢いは、「仮想通貨そのものが存続できるのかどうかわからない」その中で保有していたことによるリターンとしての大きな勢いでした。 2018年度は年中落ち込んでいましたが、逆にそれが正常だと思います。 実際、2017年度末までの保有にも、2011年頃から可能性を信じて保有していた人たちですらいます。 安倍首相が「仮想通貨の技術は将来性がある」と言及したくらいですから、仮想通貨の存在そのものは無くなる可能性がほとんどなくなりました。 ただ、小さなニュースに惑わされずに普及するまでは腰を据えて投じる心構えが大切です。 インターネットの普及にも10年を要しました。 お金、特に資産として認められたということだにゃあ なんで最初は国内の取引所 販売所 に登録しないといけないの? 仮想通貨の記事を探しているといつも取引所を見かけるのではないでしょうか。 取引所 販売所 は、日本円を仮想通貨へ換金するために利用します。 日本円を取り扱ってくれるのは、ほぼ日本の取引所 販売所 だけです。 投資の難易度を音楽グループで例えてみた 初心者の人でまだよく分かっていない中でマイナーコイン(知名度の低い通貨)を選びがちな人も少なくありません。 独断と偏見で投資の難易度とメジャー感を例えてみました。 カウントダウンTVで毎週上位で特集されてしまうバンドマン達と同じです。 いかにミリオンヒットを打ち出してくれるのかが見所です。 「 フジロックに参戦しました!」とYoutube 動画のPVの説明蘭に書かれて初期ファンが「ついにここまで来たか…」と嬉しい気持ちと寂しい気持ちの両方混じり合う頃合いです。 良い方でも Youtube 再生数で人気のPVが 10万回 くらいです。 カラオケで曲を探してもギリギリ見つからないレベルです。 小さな箱を借りて「 これからフジロックを目指します!!」宣言を始めるところですね。 もともとメジャーバンドのメンバーが一人でも入っていると速攻で草コインクラスを抜かせるポテンシャルがあります。 まずはメジャーから狙いましょう 好きで調べまくった通貨なら全部選んで正解ですが、最初はGMOコインやbitbankで取り扱われている通貨から選びましょう。 こんな人におすすめできる仮想通貨 仮想通貨をおすすめできるのはこんな人です• 仮想通貨自体が好きな人• 投資の勉強や資産形成を実践してみたい人• 余裕資金がある人(1万円以上) ブロックチェーンの話が好きな人は始めてみたらもっと関心が広がり視野も広まって楽しくなると思います!筆者もそこから入ってさらに好きになりました。 投資の勉強として仮想通貨から入るのはセンスが良いなと思います。 FXのようにマイナスにならない「現物取引」ができるから 投資額 = リスクとなって最大リスクがわかりやすいからとっつきやすいです。 余裕資金が少しでもあるのなら銀行に寝かせずに生きたお金として運用されることをお勧めします。 仮想通貨への投資は日本の「ハイパーインフレ」による予防策にもなります。 ベネゼエラ、ジンバブエやアルゼンチンなどでは 1年間 で貯金の紙幣が紙くずとなった事例があります(同じ国で複数回) 今の日本は人知れず水道局が民営化して利権が外資に渡るリスクが高まったり、年金が理論的にすでに破綻していたり、オリンピック後の景気などなど、大きなダメージを受けそうな要素を抱えています。 逃げ道の一つとして混乱前に仮想通貨投資を知っておくに越したことはないですよね。 逆に仮想通貨をおすすめできない人 しかし残念ですがこんな人には仮想通貨はおすすめできません• 全くリスクを取りたくない人• 他人のせいにする人• 余裕資金がない人 世の中に絶対の真理がないように、 仮想通貨でも絶対に相場が上がるという確証はありません。 そのリスクを背負いきれない人は向いていません。 余裕資金がない人は精神的に辛いので私からはおすすめできません。 人間は「利益を得るより損失を出すときのほうがストレスが大きい」と言われています。 吉報:1万円でも儲かります 爆睡してたので、深夜の上げにはちょっとしか乗れませんでしたが、これで月次10万円突破、ビットコイン一万円分から始めて証拠金12万円まで増えました — エルー catisjustice 1万円ぽっちでやっても儲からないからやる気でない なんて思ってる人にも吉報です。 生々しい話ですが、 1万円でも利益を出して儲かっている人はいます。 特に信用取引なんかは本気で取り組めばそれなりに成果を出せます。 もちろん難易度は低くありません。 初心者の人は信用取引は最初は無視で良いと思いますが、1万円縛りでもけっこう行ける人は行けると知っておいても良いかと思います。 例えば、 いける人は 5ヶ月で1万円を7000万円にまで増やしています。 現物取引でも儲かる たとえ1万円であっても、 信用取引で取引すると借金する可能性があります。 なので基本は現物取引をオススメします。 もし、現物取引でがっつり利益を出していきたい人は、 3年より先を見越して毎月1万円で積み立てする投資法をすることをオススメします。 積み立て投資法は仮想通貨の投資法の中で1番オススメしやすい投資法です。 「ドル・コスト平均法」と呼ばれる歴史の長い正式な投資法です。 積み立て投資法は最終的な地点が右肩上がりになってさえいれば利益がでる方法で、バウンドの激しい相場ほど効果が出ます。 手動での買い増しになりますが、毎月自分で1万円ずつ買い増ししていくのは大アリです。 3年先を見越す投資ならこれ以上、 初心者に精神的にもお財布にも優しい方法はなかなかないですね〜 積立投資についてのメリットややり方については で解説しています。 入るならできるだけ早く〜仮想通貨は早いほどリターンが大きい〜 これは本当です。 それは 市場が拡大傾向だからです。 2017年の初頭までは 2兆円 だった市場が2017年の年末には 70兆円 まで拡大しました。 おおよそ 35倍 です。 今は仮装通貨 1000 種類以上ありますが、かなり単純に考えると すべての仮想通貨に分散して投資していたら 1年間 で 35倍 に資産が増えていたことになります。 700兆円 は「ゴールド」と同じくらいの規模だそうです。 とはいえ2017年度 で仮想通貨自体は消滅することはなくなったかなという世の中の雰囲気に変わりました。 足場は固まってきた状態が今ですね。 そしてこれから 市場は拡大することはあっても縮小することは考えづらいです。 ビットコイン自体はなくなる可能性はあっても仮想通貨自体がなくなることはないと思います。 ですが市場が拡大しきってから参入すると、仮装通貨全体を見て投資がしづらくなっていくかと思われいます。 入るのであればできるだけ早い方がいいです。 そして例えば温泉旅行のための預金として毎月ビットコインを買っていき、思った以上の結果になれば海外旅行に変更したりもできますね。 何より仮想通貨について知っていくとこれからの世の中がどれだけ変わるんだろうと思い馳せることができるようになります(嬉しい?笑) せっかく貨幣の歴史的な瞬間に立ち会えているのでここまで読んでくださった読者さんには 1 万円からでも 仮想通貨の世界は面白いので始めてみて欲しいです。 1万円 からはじめるオススメの取引所 3選 これから紹介する取引所は全て 1万円以下でビットコインおよび他の通貨を売買できます。 もちろん、登録制限も受けていないですよ。 1位 GMOコイン 1位はGMOコインです。 1位にした理由はなんだかんだ一番初心者に優しい業者だからです。 GMOコインは初心者が自然に始めることができるようにサイト設計されています。 もともとGMOクリック証券として長い間、ノウハウを溜め込んできているだけあり、利用者の使いやすさのツボを抑えているんだと思います。 自分の親が0から使ってもらうと考えた時はGMOコインが良いと思いました。 「買い板」「売り板」を見ながら操作している姿が想像しにくいです。 手数料を星2個半にしているのは、販売所という簡単に売買できるところをメインにしている変わりに手数料が高くなってしまうからです。 ですが販売所の中ではダントツに手数料が安いですし、ビットコインに関しては「買い板」「売り板」を見ながら売買できるので慣れてきたら手数料を抑えることができます。 そしてビットコインのアプリケーションもとても使いやすいです。 プロの仮想通貨トレーダーの人はスマホで見るようにGMOコインを利用しています。 取引高が大きなbitFlyerのチャートを引用しているのでチャートも正確でプロにも選ばれている理由があります。 普段あまりFXや株に馴染みのない初心者の最初にベストなのはGMOコインです。 2位 bitbank bitbankはテクニカル分析の機能がダントツです。 100種類以上のテクニカル分析を行うことができます。 仮想通貨の相場の動きが読みにくくなってから仮想通貨でテクニカル分析が流行ってきました。 細かい分析を行いたい人はbitbankで間違いない思います。 ただし、プロ向けの機能が搭載されているだけあり初心者には少し扱いにくいですね。 bitbankの場合は資本金が大きいので自社の資産で回していて、利用している人の資産は全部コールドウォレットで管理しています。 自己資本金が大きいので盗まれても夜逃げされることは可能性は低いです。 ただ、急騰時にサーバーが弱いです。 改善対策をとっているので今後に期待です。 そうした点も考慮して操作性を星2つにしました。 GMOコインは確かに送金手数料が無料ですが、ビットコイン以外だとスプレッド手数料が大きいのでbitbankで売買した方がトータルではお得になります。 ちなみに、全ペアで bitbankは売買手数料がずっと無料です(ずっと期間限定サービス) 初心者はGMOコインとは別に、bitbankかLiquid by QUOINEはどちらか一方は登録しておくとメインの業者がピンチの際の避難先に便利ですよ。 3位 Liquid by QUOINE セキュリティでダントツなのはLiquid by QUOINEです。 GMOコインは扱いやすさが抜群なのに対して、Liquid by QUOINEは法人向けにもともと営業を行っていた会社だけあり、セキュリティは他の取引所より一回り意識が強いです。 まず、顧客ファーストではなくセキュリティファーストを掲げています。 ですので良くも悪くもログインに必要な作業が多かったり入出金に人を挟んでいるので時間がかかったりします。 口コミでだいたい悪い噂なされている場合はたいてい入出金が遅いところですね。 あと、サイトの操作が少しややこしいです。 2018年 9月 にリニューアルしてLiquid by QUOINE(元QUOINEX)に変わってからは使いやすくなってきました。 それでも使うには癖があるので操作性の評価は低くしました。 ただし、スマホアプリのLiquid by QUOINEライト版はかなり使いやすく改善されています。 割と直感で扱えるので今後は改善に期待です。 ブラウザは相変わらずややこしいです。 必要最小限の金額だけ計算して売買できるような特殊な処理を行っています。 ハードウォレット(個人で持てるコールドウォレット)をわざわざ買うまでもないな〜という人は保管目的で一旦、置いておくのはLiquid by QUOINEはアリです。 Liquid by QUOINEの手数料はビットコインに至っては無料なのでビットコインで短時間で売買をしたい人はLiquid by QUOINEが無難ですね。 送金手数料も一番最低限の金額しかかかりません。 手数料は安いですね。 慣れたらLiquid by QUOINEが良いです。 GMOコインと一緒に登録してみても良いかと思います。 パスワード設定をします。 任意のパスワードを入力したら「設定する」を選択します。 「ログイン画面へ」を選択します。 「メールアドレス」と「パスワード」を入力します。 そして「ログイン」します。 「口座を開設する」を選択しましょう。 あとは個人情報を入力すればハガキが届いてだいたい3日以内に登録完了できます Liquid by QUOINEの登録方法も紹介 Liquid by QUOINEは登録のみを済ませても本人確認が終わらないのでややこしいです。 そのためつまづかないようにLiquid by QUOINEでも登録方法を載せておきます。 まずは公式サイトへ移動しましょう。 「新規登録はこちらから」を選択します。 赤枠の通りに進めていきます。 名前と生年月日などを入力して下へスクロールします。 メールアドレスとパスワードを入力します。 あとは進んで行くだけですぐに登録が完了します。 ここで注意して欲しいのはLiquid by QUOINEの場合は登録後に本人確認をしないといけません。 ブラウザからであればヒトマークを選択します。 画像は違いますが本人確認のステータスを確認にビックリマークがついていると思うので選択します。 案内通りに入力していけば本人確認のハガキが送られるようになります。 仮想通貨はいくらから まとめ 「 仮想通貨はいくらから 」ということですがは 1万円 からでも十分に始めることができます。 そして、リスクは不安であればやり方次第で減らすことができます。 他の記事では紹介していますが人が介在しない分散型の取引所やハードウォレット、ペーパーウォレットなど予防策がたくさんあるのも仮装通貨ならではです。 楽しい世界なので少額からでもぜひ初めてみてください!(プッシュ) 今回紹介したGMOコイン、bitbank、Liquid by QUOINEについてもっと詳しく知りたいという人用に評判に関する記事を置いておきます。

次の

仮想通貨・ビットコインはいくらから?初心者は1000円で少額投資を始めよう!

ビットコイン いくらから始める

TradingView提供による ビットコインは2019年の4月に入り急に高騰し、4月26日現在では58万円台付近を推移しています。 ビットコインは、「サトシ・ナカモト」と名乗る人物の論文を元に開発された仮想通貨です。 仮想通貨とは、その名の通り実際には存在しない通貨を皆が仮にあるものとして考えることで存在しています。 なので、仮想通貨のビットコインに姿形はありません。 仮想通貨に似たものとしては、オンラインゲーム内の通貨があります。 ただし、ビットコインなどの仮想通貨と違う点は、オンラインゲーム内の通貨はゲームの中だけでのみ価値を有します。 また、ビットコインの最大の特徴としては特定の国や地域に縛られない民主的な通貨だということです。 ビットコインの管理は、私達ユーザーがそれぞれに管理し取引する「P2P Peer to Peer 」といった分散処理システムが用いられています。 P2Pを用いることで、特定の国や地域で管理する必要がないため特定の端末に負荷がかかるといった心配もありません。 また、世界中のいたるところで1日中24時間365日行われている取引を、参加者全員がお互いに承認し合うことで取引を正しいものにしています。 このように、ビットコインは私たちにとってとても優れた通貨となっています。 ビットコインはいくらから買える? ビットコインを購入するには、取引単位や最小単位などを把握したうえで購入しましょう。 ビットコインの取引単位 ビットコインの取引単位は、基本的に「BTC ビーティーシー 」といった単位で表されます。 また、ビットコインの取引単位は、この他にも以下の3つに分けることが可能です。 001BTC• 000001BTC• 00000001BTC このように、ビットコインは様々な取引単位で分けることができます。 00000001BTC」となっています。 0が沢山続くので分かりづらいですが、1億分の1BTCとなっています。 例えば、1ビットコインの価格が40万円だったとしたら、1 Satoshiの価格は0. 004円ということです。 このビットコインの最小単位「Satoshi(サトシ)」とは、開発者の「サトシ・ナカモト」のサトシから取って名付けられました。 また、最低取引量はシステムの都合上「1 Satoshi 」ではなく「546 Satoshi」からとされており、それ以下のビットコインは「ダスト(dust)」と呼ばれています。 「ダスト(dust)」とは、日本語に訳すと「ゴミ」といった意味で取引に使用できないビットコインということですね。 ビットコインはいくらから購入できる? 実際に仮想通貨を購入できる取引所では、ビットコインをいくらから購入できるのでしょうか? 主要取引所の最小単位を以下に紹介してみましたので、ぜひ参考にしてみてください。 取引所 取引最小単位 bitFlyer ビットフライヤー 0. 001BTC bitbank ビットバンク 0. 0001BTC Zaif ザイフ 0. 0001BTC GMOコイン 0. 0001BTC DMMビットコイン 0. 001BTC ビットコインの購入方法 ビットコインを購入するには、以下の手順で行いましょう。 1.取引所で口座開設• 2.取引所の口座へ入金• 3.ビットコイン購入 このように、3つの簡単な手順を踏むことでビットコインは購入可能です。 1.取引所で口座開設 ビットコイン購入するには、まず仮想通貨取引所で口座開設しましょう。 口座開設は、メールアドレスの登録と基本情報の登録、本人確認を行えば誰でも簡単に行えます。 本人確認も画像アップロードで行えるので、いつでもどこでも口座開設可能です。 口座開設までにかかる時間は最短10分程度となっており、すぐにビットコインなどの仮想通貨を取引することができます。 この仮想通貨の取引所は、株式投資でいうネット証券のようなものなので安心して利用されてくださいね。 特に「ビットコインはいくらから購入できる?」で紹介した主要取引所などでの口座開設がオススメです! 2.取引所の口座へ入金 次に開設した口座へお金を入金します。 初めて仮想通貨を購入する場合には、元手となる日本円を入金しましょう。 実際の入金方法は、インターネットバンキング口座からの「クイック入金」や「銀行振込」、「コンビニ入金」などがあります。 基本的には24時間365日入金可能となっていますが、銀行振込の場合は銀行側が土日祝日に営業していないので入金までのタイムラグが発生してしまいます。 「今すぐビットコインを購入したい!」といった方は、気を付けておきましょう! 3.ビットコイン購入 最後にビットコインを購入するための注文を入れましょう。 口座開設した仮想通貨取引所で希望のビットコイン数を入力し、注文を確定してください。 希望のビットコイン数を入力すれば日本円に換算されて表示されますので、金額に間違えなければそのまま購入しましょう。 以上でビットコインの購入は完了です。 ビットコイン投資とは ビットコイン投資とは、その名の通りビットコインへの投資です。 ビットコインは、2009年に誕生してからここ数年で価格が急上昇しています。 2017年12月18日 には、なんとビットコインの価格が一時期220万円を超えました。 現在は冒頭でお伝えした通りの金額に収まっていますが、それでもビットコインが誕生した当初と比べると信じられない価格ですよね。 このように、近年のビットコインの価格変動の激しさには目を見張るものがあります。 そこで、この価格変動を利用して設けるのがビットコイン投資ということです。 価格変動が激しいということは、それだけ大きな利益を得るチャンスがあるのです。 また、ビットコインを売って利益を得ることもできる「ビットコインFX」といった商品もあります。 ビットコインFXでは、FX 外国為替証拠金取引 と同じような仕組みとなっており、実際の元手の何倍もの金額で取引することが可能です。 そのためビットコインの価格が急落した場合でも、売りで取引することでお金を稼ぐチャンスがあります。 ただし、現物取引以上にハイリスク・ハイリターンとなっていますので、ビットコイン投資初心者の方は注意が必要です。 これからビットコイン投資を始めるといった方には、ビットコイン現物取引をオススメしています。 短期的に大きな利益を得たい人• 少額から投資を始めたい人• 資産を分散したい人• 土日祝日も取引したい人 このように、ビットコイン投資は様々な目的を持った方に最適なものとなっています。 短期的に大きな利益を得たい人 ビットコイン投資では、前述した通り価格変動が激しい投資商品です。 そのため短期的に大きな利益を得たい人には最適な投資商品で、特にビットコインFXではかなりのハイリターンが狙えます。 このように短期的に大きな利益を得たい人は、ぜひビットコイン投資を始めましょう! 小額から投資を始めたい人 ビットコイン投資は、小額から投資を始めることも可能です。 1ビットコインの価格はとても高額なことから、「ビットコイン投資なんて高くてできない」と思われている方も多くいらっしゃると思います。 しかし、「ビットコインはいくらから購入できる?」でもお伝えした通り、主要取引所には最小単位というものが設定されていますので、数千円程度でも購入することが可能です。 「まとまったお金がないから投資はできない」と諦めかけていた方も、これを期にビットコイン投資を始めてみてはいかがでしょうか? 資産を分散したい人 ビットコイン投資は、分散投資にも最適です。 分散投資とは、資産運用のリスクを軽減させるための方法で、ビットコイン投資もその対象のひとつとして挙げられます。 ビットコインは価格変動が激しいことから「ビットコイン投資はリスクが高いのでは?」と思われがちですが、その分将来ビットコインの価格が大幅に上昇する可能性も十分に秘めています。 これを期にビットコインへの分散投資を検討されてみてはいかがでしょうか? 土日祝日も取引したい人 ビットコイン投資は、「土日祝日も取引したい」といった方にもおすすめです。 平日しか取引できない「株式投資」や「FX」、「純金」などとは違い、ビットコイン投資は24時間365日取引可能となっています。 特に平日仕事で取引できないサラリーマンの方には、最適な投資方法なのではないでしょうか? ただし、取引所のメンテナンス時間には取引できなくなってしまいますので、注意が必要です。 ビットコイン投資の始め方 ビットコイン投資の始め方は、まず初めに取引所で口座開設を行いましょう。 口座開設の方法は、「ビットコインの購入方法」で紹介した通りです。 口座開設をしたら日本円などを入金し、ビットコインに交換しましょう。 これでビットコインへの投資は完了です。 後は自分の思ったタイミングで決済されてくださいね。 ビットコインを始めるのにおすすめの取引所 最後にビットコインを始めるのにおすすめの取引所を紹介します。 どの取引所も大手の主要取引所に絞って紹介していますので、安心・安全にビットコイン投資を始めることができます。 ぜひこちらの取引所の中からビットコイン投資を始められてみてくださいね! GMOコイン GMOコインは、GMOインターネットグループが運営する国内最大級の仮想通貨取引所です。 GMOコインの特徴は、手数料が安くてスプレッドも小さいといった魅力たっぷりの仮想通貨取引所となっています。 また、現物取引のみならずビットコインFXも追証なしで利用可能なので、安心してビットコイン投資を始めることが可能です。 DMMビットコイン DMMビットコインは、DMM. COMが運営するローラさんのCMでお馴染みの仮想通貨取引所です。 取引できる仮想通貨の種類が大変豊富で、ビットコインを含めた7種類となっています。 また、使いやすくて豊富な取引ツールも魅力的なので、ぜひ利用されてみてはいかがでしょうか? bitbank ビットバンク bitbank ビットバンク は、仮想通貨取引の安全性を第一に考えたプロ向けの仮想通貨取引所です。 ネットワークから遮断されたマルチシグのコールドウォレットを使用しているので、安心してビットコイン投資を始めることが可能となっています。 まとめ 今回は、ビットコインはいくらで買えるのか?現在何円なのか?徹底調査してみましたが、いかがでしたでしょうか? 今回の記事のポイントは.

次の