プラチナ 光。 フレッツ光が安くなる詐欺に注意!光回線の電話勧誘は全部断るべき|やさしくねっと.

悪い評判は本当?プラチナ光(テレマーカー)の5つのデメリットとおすすめしない理由

プラチナ 光

プラチナ光とは プラチナ光は、NTT東日本・NTT西日本から光回線を借り受け提供される光コラボによるインターネット接続サービスの1つです。 サービス開始は2015年3月。 提供元の株式会社テレ・マーカーは北海道に本社があり、光コラボの他、ITコンサルティング・ネット広告・パソコンをはじめとした各種IT機器の提供などなど幅広く事業展開しています。 プラチナ光の料金 プラチナ光の月額料金は以下の通りです。 その他、ひかり電話などのオプションを付与する場合は別途費用が追加となります。 以下、光コラボとしては一般的なプロバイダー契約がセットになったプランに関して、プラチナ光と他光回線サービスの月額料金を比較してみましょう。 サービス名 戸建住宅タイプ 集合住宅タイプ プラチナ光 4,800円 3,800円 ビッグローブ光 4,980円 3,980円 ぷらら光 4,800円 3,600円 OCN光 5,100円 3,600円 SoftBank光 5,200円 3,800円 ドコモ光 5,200円 4,000円 auひかり 5,100円 3,800円 ご覧の通りプラチナ光は、他光回線サービスと比較しても若干ではありますが月額料金が安くなると言えます。 次にプラチナ光を導入する際に必要な初期費用は以下の通りです。 工事内容は建物により異なるとは言え、一般的な光コラボでは契約事務手数料・標準的な工事費用を記載しているものです。 それが申し込みのときまでわからないのは不安ですね。 最後に解約期違約金 違約金・解約金 について。 プラチナ光の回線契約には24ヵ月の最低利用期間が設けられており、仮に2年以内に解約すると20,000円の違約金 解約金 が請求されることになります。 プラチナ光ではキャンペーンを行っているのか 他社光回線サービスでは、工事費無料やキャッシュバックといったキャンペーンが展開されていることが多いです。 一方で残念ながらプラチナ光では同様のキャンペーン情報が見当たりません。 申し込む時期などによっては、今後キャンペーンが展開される可能性がないわけではありませんが、期待しない方がよいでしょう。 ちなみに、他社光回線サービスでは、以下のような高額キャッシュバックを実施するキャンペーンを展開しています。 項目 キャッシュバック額 備考 ビッグローブ光のキャッシュバックキャンペーン 25,000円 公式サイト経由での申し込み NURO光のキャッシュバックキャンペーン 43,000円 公式特設キャンペーンサイト経由での申し込み auひかりのキャッシュバックキャンペーン 10,000円 対象プロバイダ au one net ドコモ光のキャッシュバックキャンペーン dポイントが5,000円~10,000円分 現金ではなくdポイントプレゼント ソフトバンク光のキャッシュバックキャンペーン 最大24,000円 公式サイト経由での申し込み プラチナ光では、上記のようなキャンペーンが見当たらないので、結果的にその分だけ損ということになります。 加えてプラチナ光には、スマホの契約とセットにした月額料金の割引がありません。 他社光回線の中には、大手携帯キャリアや格安SIMと契約をセットにして、スマホの月額料金を割り引くいわゆる「セット割」を展開しているサービスが多いです。 たとえば大手携帯キャリアとセットにした場合、500〜1,000円スマホの月額料金を割り引くことが可能です。 このようなセット割がない分、プラチナ光はお得でない、ということになります。 プラチナ光の評判 プラチナ光は、光コラボとしてはマイナーなサービスであるためか、インターネット上に実際にこのサービスを利用しているユーザーの口コミや評判は見当たりませんでした。 ただプラチナ光契約者以外の方々からは「サービスの料金が公式に記載されておらずわかりにくい。 不親切。 」といった評判が複数聞かれます。 料金について公式サイトにはっきり大きく記載する他社光回線サービスと比べて、この点で評判を落としてしまうのは仕方ないですね。 またプラチナ光では、少ない評判の中でも電話勧誘については目立っています。 具体的な内容は次の段落で紹介しますね。 プラチナ光の勧誘電話について プラチナ光では、営業マン役のオペレーターからの勧誘電話が積極的に行われているようです。 ただし「電話がしつこい」とか「家族が訳も分からず契約させられた」といったような、勧誘電話に関する悪い評判が目立つのは否めません。 また「フレッツ光より安くなりますよ」と案内する割には、なぜ安くなるかという説明が「分かりにくかった」と訴えるユーザーもいます。 仮にプラチナ光の電話勧誘を受けても、すぐに契約してしまわずにこの記事を参考にするなどして、本当にお得か検討してみるのがおすすめです。 訳の分からない状態のまま契約してしまうとあとで後悔することになります。 プラチナ光は結局おすすめなのか 料金が公式サイトに掲載されていなかったり、プラチナ光を運営する株式会社テレ・マーカーがマイナーでプロバイダーとしての実績も未知数だったりすることから、安心して使えるサービスとは言い難いですね。 また他光回線サービスでは、高額なキャッシュバックやスマホとのセット割でより安くなる上に、通信速度に関する評判がよいサービスも多いです。 たとえばキャッシュバックで5万円もらえるなら、その分だけ単純にプラチナ光よりお得ということになります。 通信速度をはじめとした通信品質に特別よい評判があるわけでもなく、料金設定が分かり辛い上にオトクでないプラチナ光はあまりおすすめできません。 キャッシュバックなどのキャンペーンの条件がよかったり、スマホのセット割があったり、はたまた通信速度の評判がよい他サービスをえらぶことをおすすめします。

次の

プラチナチタン触媒

プラチナ 光

みなさんプラチナ光ってご存知ですか? プラチナ光とは 株式会社テレ・マーカーが企画する光回線になります。 ここではそのプラチナ光について詳しく書いていこうと思います。 他にはADSLやIDSN、CATV ケーブルテレビ があります。 光回線 従来のインターネット回線と比べて通信毒度が非常に速いが、料金が高いというデメリットも。 しかし現在では光回線の普及により様々なサービスやプランが登場し、お求めやすい料金になりました。 ADSL 光回線の 通っていない地域で利用されることの多い回線です。 それまでの回線と比較すると速度は非常に速く、 ブロードバンド時代と呼ばれていました。 光回線の普及で役目を終えつつあります。 電話回線を利用して接続する通信方式でした。 IDSN ADSLよりさらに前に普及していた通信方式で、こちらも 電話回線を用いていましたが ADSLより 速度が遅いという特徴があります。 CATV ケーブルテレビ 光ファイバーを利用した回線である光回線と違って、同軸ケーブルというケーブルを利用してインターネット通信を行います。 光回線と比較すると 回線速度が速いとは言えませんが、テレビサービスが充実しているため テレビとセットで利用される方が多いです。 料金も非常に安価です。 フレッツ光 NTT西日本、東日本が提供する インターネットサービス。 フレッツ光とは別に プロバイダというサービスを用いることで初めてインターネットに接続できる。 光コラボレーション こちらも大きく見るとNTTが提供するサービスで間違いはないのですが、各事業者がフレッツ光のサービスを借り、 プロバイダとセットでユーザーに提供することでスムーズに光回線を利用することのできるサービスになります。 各事業者がそれぞれ キャッシュバックやセット割、安価で提供することによって新規顧客の獲得に勤しんでいますが、 前述した テレ・マーカーはこの枠組みに位置し、非常に安い料金で光回線の提供を行っています。 その他にも企業独自で光回線を所有し、提供している事業者もあります。 それぞれ特色も様々で、 自社のスタイルに合ったサービスを選ぶことが推奨されます。 大元のNTT側には営業を行わなくても利用者を増やせるという メリットがあります。 肝心の私たち消費者にはどのようなメリットがあるのでしょうか。 まず一つ目は様々な企業の中から 光回線が選べるようになるという点です。 同一の光回線を使用しているとはいえ、その中身は様々です。 場合によっては今現在より大幅に ネット使用料が安くなることも。 そして二つ目は 価格競争による安価でサービスの提供ができるという点です。 こちらが一番のメリットと言っても過言ではないかもしれません。 様々な企業が参入しており、新規顧客獲得のために さまざまなプランを打ち出しています。 こちらは一概に費用面だけの話ではなく、ポイントを貯めることで 豪華賞品と交換できる企業や自社が打ち出すサービスと同時に契約することで お得なセット割引を受けられるプランなどが存在します。 もちろん月々の料金は大事ですがそれだけで決めるのではなく、その他 オプションにも注目してみるのもいいかもしれませんね。 貯まったポイントで豪華な料理を食べる! …なんてこともできちゃうかもしれません。 多くの光コラボレーション事業者が存在しますが、その中から最適な企業、プランを選択することが大切になってきます。 そしてさらにもう一つ忘れてはならないメリットがあります。 それは プロバイダ一体型の光コラボを選択することができるという点です。 まず第一前提として、プロバイダと契約しなければインターネットは使えません。 「光回線」と「プロバイダ」をどちらも用いて初めてインターネットに接続することができます。 ですので、今まで別途契約が必要だった「光回線」と「プロバイダ」をセットで提供している 光コラボレーション企業が おすすめです。 さらに現在フレッツ光を利用していて、回線タイプを変更せずに切り替える場合は工事不要で従来の設備・機器は そのまま切り替えることができます。 そして今現在フレッツ光を利用している方はプラチナ光に 転用することで今までよりも月額料金がさらに安くなります。 また、 毎月のポイントを貯めることで、 カタログギフトと交換できるのでよりお得になっています。 転用ってご存知ですか? とは言ってもほとんどそのままの意味なので察しがついてる人も多いかもしれません。 光コラボレーションに乗り換える際にフレッツ光の設備をそのまま使いまわすことができるので、基本的に工事不要で乗り換えることができます。 これはNTTのフレッツ光から テレ・マーカーのプラチナ光に乗り換える際にももちろん 適用されます。 工事が必要ないのはもちろん、 違約金がかからないといったメリットもあります。 転用する際に プロバイダとセットのプランを選択することで2回必要だった契約も1回にまとめられるので余計な手間も省けます。 新規に敷設する場合や回線タイプを変更する場合には、別途工事費が必要なので注意が必要です。 また、転用する際にはNTT西日本、東日本の窓口にて「 転用承諾番号」が必要なので忘れずに受け取るようにしてください。 どうですか? 今まで 独占市場で選択の幅がなかった光回線が、光コラボレーションによって 自由に選択できるようになったのは良いことですよね。 しかし、その反面様々なプランや企業が参入してきてしまうためきちんと調査してから選択しなくてはなりません。 ・月々の料金が今までより安い ・プロバイダ一体型、もしくは以前ご利用のものを引き継ぐことができる ・ポイントやセット料金などのお得なプラン ・NTT西日本、東日本のフレッツ光をご利用の方は転用可能かどうか 等の情報を参考に 光コラボレーション事業者を選択するのがお勧めです。 また、先ほども話した通り、 テレ・マーカーにはカタログギフトセットというプランがあり ポイントを貯めることで道産商品と交換することができます。 いつも通りインターネットを 利用しているだけなのにいつの間にか素敵な道産商品と交換できちゃうのはとてもお得な話だと思います。 最後に、自身の生活スタイルに合った回線を選ぶことが推奨されますが、たくさんの光コラボレーション事業者があるだけではなく、各事業者から多種多様なプランが打ち出されている現状ですからどうしてもすべては吟味できない… なんてこともあるかもしれません。 そんな場合は各事業者の サポートセンターに話を聞いてみるのがお勧めです。 テレ・マーカーで言いますと、平日の9時~18時は サポートセンターが稼働していますので一度お話だけでも聞いてみると良いかもしれませんね。

次の

プラチナ光の速度測定結果(実測値)

プラチナ 光

3 さてまずは、プラチナ光についてのお話をしていきたいと思います! テレマーカーが運営 プラチナ光は、(株)テレマーカーという会社が運営しているインターネット回線です。 回線はフレッツ光を使用している光コラボレーションになります。 なお、プラチナ光を運営している光コラボレーション事業部内にコールセンターがあり、ここから勧誘電話を行っているようですね。 大きな会社ということで信頼性はありそうかなといった印象もありますが…実はここが落とし穴。 口コミ紹介の所でご紹介していきますが、とにかく テレマーカーの会社からの勧誘がかなりあるそうで、不満の声が多々上がっていました。 そういったところもユーザー離れにつながってしまうかもしれませんね…! この記事の後半でも口コミ・評判等の所でその不満の声をバッチリご紹介しています。 今回この記事ではそのあたりもしっかりご説明していきますが、基本的には回線だけを契約する、という選択肢は無しでいいと思います。 20,000円はかなり大きい額ですし、初期費用として工事費がかかったりしてるのに更にこの金額を払うってなったら、ちょっとバカバカしいですよね…。 引っ越しが多い方等は、3年契約だと厳しいかな?と思いますので、そういった方は最低契約数が無いプランを選ぶか、プラチナ光意外の縛りの少ない回線を選ぶ方が断然お得です! 「違約金払う事になってしまった…」「辞めたいけど違約金払いたくないからやめられない…」なんてことにならない様にする為にも、事前にどんな回線なのかバッチリチェックしていきましょう! 料金は? 次に、プラチナ光の料金についてお話したいきたいと思います。 契約のプランや最低契約年数、違約金等はどうなっているのでしょうか? ファミリータイプ マンションタイプ 基本料金 4,800円 3,800円 工事費 新規のみ 18,000円 事務手数料 1,800円~3,000円 契約期間 3年 解約金 20,000円 基本料金:3,800円~ プラチナ光は回線の契約の形が様々で、基本は光コラボレーションですが、回線のみの契約も可能となっています。 今回は全てのプランを網羅してご紹介いきたいと思います。 ホームタイプ マンションタイプ 料金 4,800円 5,400円 3,800円 4,400円 最低契約年数 3年 こちらがいわゆる「光コラボ」の定番プランになっており、 3年契約をするかしないかを選ぶ事が出来ます。 プラチナ光で契約するならば プラチナネットプランが一番お得なプランになっています。 3年契約をしなかった場合は契約期間の縛りはありませんが、料金が上記の表の の中の料金になるので、3年契約の料金と比べると割高になってしまいます。 3年契約をすれば、平均的な光コラボの月額料金で使う事が出来ますが、3年以内に解約をしてしまうと20,000円の違約金がかかってしまいますのでご注意を! 「回線のみ」プラン 次は、プロバイダーを選んで契約する形になる「回線のみ」のプランです。 ホームタイプ マンションタイプ NTT東日本 4,000円 3,000円 NTT西日本 3,000円 2,700円 こちらの場合はメリットとしてプロバイダーを自由に選ぶ事が出来ますが、結果として月額料金が高くなってしまうというデメリットもあります。 フレッツ光の回線を使ってプロバイダーを選びたい!という事であればよいですが、あまりお得なプランとは言えません。 2段階定額プラン 2種類 プラチナ光では、あまりインターネットを使わないという方向けの2段階定額プランがあります。 それ以降は従量課金が適用され、最大で1,780円が追加になるとの事。 料金としてはパッと見安そうに見えますが、動画等を視聴される事が多い方や、ネットゲームをされる方等にはこのプランはかなり不向きのプランです。 毎日の様にPCを使う方ならば、一番メインとなっている「プラチナプラン」を選ばれる方が良いでしょう。 ちなみに、こちらの2段階定額プランは、 ファミリータイプ 戸建て のみのプランになっています。 マンションタイプは適用外となっていますのでご注意を。 …という事で、基本の料金プラン等を全てお話させて頂きましたが、プラチナ光をもし契約するのであれば「プラチナネットプラン」一択!といった所になります。 ほかのプランは料金的にも実用的ではありませんし、内容もあまりオススメできるプランではありません。 転用の場合は工事費はかかりませんが、初期費用が掛かってきます。 ちなみに、プラチナ光は工事費無料等のサービスは行っていませんので、18,000円全て初期費用としてかかってくる事になっています。 他社光回線では、工事費無料!等のサービスを行っている所もありますので、他社の光回線ともしっかり比較される事をオススメします。 初期費用:3,000円 プラチナ光では、契約事務手数料として3,000円かかります。 これは新規・転用ともに事務手数料としてかかってくるそうなので、こちらも頭に入れておくと良いでしょう。 違約金:20,000円 プラチナ光の最大のデメリットといっても過言ではないのが、この違約金。 違約金は、契約期間内に解約をしてしまうと支払う事になってしまうお金のことなのですが… プラチナ光では、一番お得となっているプランの最低契約年数が3年となっていますので、期間内に解約をしてしまった場合、20,000円を支払う形になってしまいます。 お引越し等が多い方は、こういった最低契約年数の縛りが無いプランを選ばれる方が断然良いのですが、プラチナ光の契約縛り無しのプランの月額はかなり高額になってきてしまいますので、あまり実用的なプランとは言えません。 そういった場合は、他社で契約縛り無しの回線を探すか、もしくは2年契約の所を選ぶようにする方がお得に使えるかもしれません! キャッシュバックは無し プラチナ光では、キャッシュバックキャンペーン等は行っておりません。 他社では「工事費無料!」だったり、「最大5万円キャッシュバック」だったりを行っているところもあるので、それに比べてしまうとキャッシュバックも無く工事費もかかってしまう光ギガは、ちょっとお得とは言いづらいかもしれませんね…。 ちなみに、参考までに他社でキャッシュバックを行っている光回線をご紹介しますね。 キャッシュバック金額 契約年数 auひかり 52,000円 3年 NURO光 35,000円 2年 ソフトバンク光 33,000円 2年 この様に、他社の光回線ではかなり高額なキャッシュバックキャンペーンを行っています。 こういったところも合わせて検討してみると良いかもしれませんね! スマホ割なし プラチナ光では、大手キャリアのスマホとのセット割引や、格安SIM等とのセット割引も一切ありません。 こういった所も、ユーザーにとっては残念なポイントの一つですよね…。 ちなみに、他社のスマホ割引のシステムを見てみましょう。 セット割対象キャリア 割引額 プラチナ光 ー ー auひかり auスマホ 月額から500円~2,000円 NURO光 ソフトバンク 月額から1,000円 ドコモ光 ドコモ 月額から100円~1,600円 この様に、大手キャリアのスマホを使っている人にとっては、月額からかなり割引されるようなシステムを持っている会社がいっぱいあります。 オプション名 使用できるプラン 金額 リモートサポートサービス ファミリー/マンション 500円 プラチナ光TV伝送サービス ファミリー 600円 24時間365日出張修理オプション ファミリー/マンション 3,000円/2,000円 コンシェルジュサービス ファミリー/マンション 500円 ファミリータイプとマンションタイプで料金が違うのが「出張修理オプション」で、ファミリータイプが3,000円、マンションタイプが2,000円となっています。 回線のプランでは、必ず入らなければならないオプションというのは無いので、入りたいものがあれば…といった形のオプションですね。 申し込み窓口:電話受付 プラチナ光は、申し込みは電話受付のみとなっています。 連絡先はコチラ! 「プラチナ光」受付窓口 0570-200-577 受付時間:平日 9:00〜18:00(休業日:土・日・祝日・年末年始) プラチナ光では違約金が20,000円かかってしまいますので、契約した月と年数はしっかり確認してから解約される事をオススメ致します。 しっかり、契約更新月に電話をかけて解約する様にしてくださいね! 速さは? では次に、プラチナ光の回線の速さについてのお話をしていきたいと思います。 1ギガ プラチナ光は、光コラボレーションの一つなので、回線自体は「フレッツ光」を使っています。 フレッツ光の回線の最大速度は1ギガとなっています。 そこに、プロバイダーや地域、場所との相性が重なって速度がどれだけ出るか、という所なのですが… プラチナ光では、プロバイダーの詳細などもHPには書かれていませんし、そのプロバイダーがどういった接続方法を使っているのかも書かれていません。 そういった所もユーザーにとっては不安ですよね…。 ここ最近では「IPv6」という接続方法を使っているプロバイダーが多いのですが、それを使っているという情報もありません。 「IPv6」は、回線が混む時間帯でもなるべく速度が遅くならない様にする為の最新接続方法なのですが、それが無い場合は回線の速度は正直期待できないかもしれません…。 冒頭でもお話しました、「悪質な勧誘」等に困っている方の声も見つけましたので、是非参考にしていただけたらと思います。 テレマーカーでは自社で営業部を持っているので、直接勧誘の電話を沢山かけているそうです。 テレマーカーという会社の営業トークは「安くなる」の一点突破。 馬鹿の一つ覚えかな。 その裏にある契約内容と他者比較見せろ。 — ひとりごと testhoitot4qi 安くなるの一点突破。 さすがにそれではユーザーも納得しないでしょう 笑 契約内容をしっかり言えないのは、デメリットの方が多いプランをオススメしているから、という事です。 こういった所からも信用がなくなってしまいますね…。 テレマーカーあと何回断ったら電話してこんくなる?いい加減対応するのもめんどい。 — すちゃん szk0911 コチラの方は、勧誘の電話がしつこすぎて困っている様ですね…。 何度断ってもかけてくるという行動は、ユーザーからするとただの「悪印象」になってしまいます。 あまりしつこすぎると本当にげんなりしてしまいますね…。 プラチナ光の営業電話がしつこい。 契約すれば料金が今より安くなるらしいが、かなり怪しい。 ソフトバンク光やドコモ光など携帯会社ならネットとスマホのセットでお得なのは理解できるが、プラチナ光はただ料金が安くなるだけ。 なぜ安くなるのかがイマイチよく分からないから不信感だけしかない。 — 堀竜童 Ryjkk コチラの方が言っている様に、プラチナ光ではスマホとのセット割引などもありませんし、ただ「フレッツ光から変えると安くなるよ」という一点張りで営業してくる様です。 家族の方を対象として悪質な勧誘に引っかかってしまったという被害のお話です。 いつの間にかプラチナ光、契約になってる😣母が電話勧誘で説明理解して申込んだとは思えない。 いつも適当に「ハイハイハイハイ」って言うのが、都合良く解釈されたんだろうか。 とにかく腹立たしい💢去年も固定電話の謎のオプションを解約するのにモメた。 今回もモメそうだな…。 — きなこ ruuuuuk1001 高齢の方を相手に、固定電話のオプションをつけさせて勝手に契約になっていると。 これは酷い話ですね…。 オプションは解約するのにしっかり申請を出さないと、気づかないまま料金だけ支払い続ける…何てことにもなりかねません。 もし万が一この様に家族の方が契約してしまったという場合は、素早く解約できるように対処を行いましょう。 またプラチナ光では、電話で新規契約の受け付けをする形になりますので、営業電話でそのまま契約につながってしまいます。 家族の方にもしっかり注意喚起をした方がいいかもしれませんね…。 テレマーカー、みんな気をつけてテレマーカー。 高齢の父が被害にあいました。 訪問販売でNTTの代理店といわれて父は契約してるとこと同じと思ったらしい。 契約者本人がネットがわからないと言うてても契約させられてしまうからほんと気をつけて。 — AmiYokoyamaViolinist amiartiere 次はコチラ。 やはりこちらも高齢の方を対象とした悪質なセールス。 訪問販売で契約を行ってしまった様ですね…。 NTTの代理店と言われればそれは間違いではありません。 同じフレッツ光の回線を使ったサービスなので、同じ回線を使っているので完全に嘘でもない…そこの穴をついて契約させてくるなんて本当に酷い話ですね…。 高齢の方がご自宅にいらっしゃる場合は、本当に気を付ける様に伝えてこういったセールスに惑わされない様にしていただきたいですね…! 【!】口コミ自体が本当に少ない…! 調べていて思ったのですが… プラチナ光自体の口コミが本当に少なかったです。 ユーザー自体も少ないし、知名度も低い…といった印象。 しかも、そんな数少ない口コミの中で、良い印象の事を書いている人はほぼゼロでした。 それも酷い話ですよね…; 得に、悪質なセールス・勧誘の電話についての苦情はかなり上がっていた様に見えました。 こういった所から、信用できる会社ではないのかな?という所がうかがえます。 プラチナ光をオススメされた方は、思い留まってもう一度考え直してみた方がよさそうです…。 更に、悪質なセールス等が多いという所もだいぶマイナスポイントになるのではないでしょうか。 メリットと言われる程のメリットがないのも残念なポイント。 プラチナ光を契約するくらいなら、他社光回線を使う方が断然お得!という結果になりました。 他社光回線と比較 では最後に、他社の光回線と比較していきたいと思います。 フレッツ光と比較 まずは、フレッツ光と比較していきたいと思います。 ホームタイプ マンションタイプ プラチナ光 4,800円 3,800円 フレッツ光 4,700円+プロバイダ代 3,050円+プロバイダ代 こう見てみると、プロバイダー代を足したとしても、プラチナ光とフレッツ光で差がない事がわかります。 こうなってくると、特にプラチナ光にわざわざ変えるメリットというのはあまり無い様に思えます。 何かキャッシュバックや、お得なサービスがあるのであれば別ですが、プラチナ光にはそういったところも何もありません。 フレッツ光を現在使われていて他の回線に乗り換えたいのであれば、プラチナ光ではなく、ほかの光回線の方が断然お得に使う事が出来ますよ! auひかりと比較 今回は、キャッシュバック額が一番高いと言われているauひかりと比べてみましょう。 ホームタイプ マンションタイプ キャッシュバック プラチナ光 4,800円 3,800円 ー auひかり 5,100円 3,800円 最大52,000円 こう見てみると、この値段だけでもauひかりの方が確実に安い上に、キャッシュバックもかなり高額なのでauひかりの方がお得だという事がわかります。 更に、ご自身や家族でauのスマホを持っていれば持っているだけ、更に上乗せで割引されていきますので、かなりお得に光回線を使う事が出来ます。 しかもキャッシュバック額も多い!となったら、差は歴然。 プラチナ光よりも52,000円お得• プラチナ光よりも口コミが良く速い 長年提供し続けていて口コミも高評価な大人気回線のauひかり。 料金も安く速度も速く、キャッシュバックも高額でお得です。 NTTの回線ではないのでフレッツ光から乗り換える際には工事が入りますが、その分速度も速いですし、フレッツ光の違約金もKDDIから還元してもらうことができます。 デメリットとしては、ホームの場合工事費が無料になるまで5年もかかるという部分がありますが、光回線はずっと使い続けるものですし、快適に使い続けられる内容にもなっています。 (マンションタイプは年契約なし。 工事費は2年使えば無料となります。 ) auのスマホを使っているなら是非同じauの光回線を選びましょう。 まとめ 今回はプラチナ光についてお話させて頂きましたが、いかがでしたでしょうか? プラチナ光のデメリットをまとめると…• スマホとのセット割が無い• 契約縛り無しのプランは月額が高い• 悪質なセールスをしている• キャッシュバックがない• 違約金が高い この様な形になりました。 メリットというメリットが見つからず、この様にデメリットがかなりズラっと並んでしまうのは、ちょっと残念…という感じですよね。 回線会社もプランが様々なので、それぞれメリット・デメリットがあるとは思うのですが…プラチナ光はほぼメリットがないので、当サイトでは オススメできません。 プラチナ光を契約する前に、他社光回線としっかり比較をしてから、検討してみてくださいね!.

次の