モバイル ホット スポット 切れる。 テザリングがすぐに切れる問題が解決(iPhone・Android)

モバイルホットスポットモードをオフにする時間を変更する方法

モバイル ホット スポット 切れる

Windows 10の機能の一つであるモバイルホットスポットについて設定方法の手順をレビューしてみたいと思います。 有線LANで接続されたWindows 10のパソコンをモバイルホットスポットに設定すると、パソコンがWi-Fiのアクセスポイント化した状態になります。 Windows 10のパソコンを経由して、スマホ・タブレットやノートパソコンなど、Wi-Fi機能を搭載した機器のインターネット接続(Wi-Fi接続)が可能になります。 逆デザリングと呼んでいる方もいます。 本レビューでは、モバイルホットスポットの設定手順~簡単な切り換え方法までをご紹介します。 設定自体は難しくありません。 一度設定してしまえば、パソコンのモバイルホットスポット機能を簡単にオン・オフすることもできます。 Windows 10のモバイルホットスポット機能とは 現在発売されているスマートフォンの多くで、「テザリング」を行うことが出来ます。 スマートフォン側の設定を行うことでスマートフォンがルーター代わりとなり、無線LAN経由でパソコンやタブレットなどとインターネット回線へ接続できるようになります。 同様な機能として、Windows 10にも「モバイルホットスポット」という機能が実装されました。 Anniversary Update以降のアップデートを導入し、無線LAN機能を搭載したWindows 10パソコンにて、簡単な設定でスマートフォンと同様にパソコンがルーター代わりとなり、他のパソコンやタブレット、スマートフォンなどを接続すると、インターネット回線へアクセスできるようになります。 ホテルなど有線LANポートが1つしかない(無線LAN環境なし)ような場所で、有線LAN接続できるパソコンが1台あるだけでネット環境を快適にすることが出来ます。 モバイルホットスポット設定画面へ移動 「スタートボタン」-「設定」をクリックすると、Windowsの設定画面が開きます。 そして、「Windowsの設定画面」の「ネットワークとインターネット」をクリックします。 「ネットワークとインターネット」を開く方法としては、検索テキストボックスに「モバイル」と入力し、検索結果から「モバイルホットスポットの設定の変更 システム設定」をクリックしても良いです。 モバイルホットスポットがオフになっていたら、トグルボタンで「インターネット接続を他のデバイスと共有します」をオンにします。 続けて、「インターネット接続を共有する」の項目は、2つあります。 1つ目の「インターネット接続を共有する」で、共有するインターネット接続を選択します。 本レビューでは、無線LANルーターに有線LANで接続されている状態です。 そして、2つ目の「インターネット接続を共有する」で、スマホをWi-Fi接続したい場合はWi-Fiを選択、スマホをBluetooth接続したい場合はBluetoothを選択します。 表示されている無線LANアクセスポイントの「ネットワーク名」と「ネットワークパスワード」を使って、スマホをパソコン経由でWi-Fi接続します。 編集ボタンをクリックすると、変更も可能です。 例えば、「ネットワーク パスワード」を変更する場合は、8文字以上を入力して保存ボタンをクリックしてください。 念の為、変更前のネットワーク名とパスワードは、忘れないように控えておくことをお勧めします。 「ネットワークとインターネット」画面の左メニューにある「モバイルホットスポット」 「インターネット接続を他のデバイスと共有します」と「インターネット接続を共有する」の項目 「ネットワーク名」と「ネットワークパスワード」 インターネットに接続してみよう 設定が終わったら、スマホをパソコンのモバイルホットスポット機能を使って、Wi-Fi接続してみましょう。 例として、Android(バージョン9)のスマホで設定の説明を行います。 機種やAndroidのバージョンによって画面が多少異なりますので、手順の参考にしてください。 設定画面 Wi-Fiの項目 接続可能なWi-Fiの一覧(パソコンのモバイルホットスポット機能で設定した「ネットワーク名」をタップ) パスワードの入力画面 Wi-Fi接続完了 接続状態の確認 接続状態の確認は、設定画面のWi-Fiでパソコンのネットワーク名が表示されます。 パソコンでは、モバイルホットスポットに接続している他のデバイスが表示されます。 基本的にWi-Fi機能付きのデバイスであれば接続可能です。 同時に接続可能なデバイス数は8台までとなります。 上手く繋がらない時は、セキュリティ対策ソフトウェアやファイヤーウォールの設定を確認してみてください。 スマホ設定画面のWi-Fi(ネットワーク名が表示) パソコンのモバイルホットスポット画面(接続されているデバイスが表示) 便利なモバイルホットスポット機能/簡単な切り換え方法 最後にモバイルホットスポットの簡単な切り換え方法をお伝えします。 タスクバー右端の吹き出しアイコン「アクションセンターアイコン」をクリックして、画面横に表示されたクイックアクションにある「モバイルホットスポットアイコン」をクリックします。 そうすると、モバイルホットスポットのトグルボタンをオン・オフに切り替えできます。 また、アクションセンターにモバイルホットスポットアイコンが表示されない場合は、追加することもできます。 追加する方法は、左下のWindowsアイコンより「設定」を開き、システムの中の「通知とアクション」から「クイックアクションの編集」をクリックしてモバイルホットスポットをクイックアクションに追加しましょう。 1度設定してしまえば、パソコンのモバイルホットスポット機能を簡単にオン・オフ可能です。 設定方法は難しくありませんので、是非この機会に手順を覚えてみてはいかがでしょうか。 Wi-Fi機能を搭載している機器であれば、SIM無しのスマホやタブレット、ノートパソコンなど、気軽にインターネット接続が可能となり、様々なシーンで役に立つと思います。

次の

【解決】モバイルホットスポットが自動的オフになって使えない!消えてオンにできない(Windows10)

モバイル ホット スポット 切れる

Windows 10の機能の一つであるモバイルホットスポットについて設定方法の手順をレビューしてみたいと思います。 有線LANで接続されたWindows 10のパソコンをモバイルホットスポットに設定すると、パソコンがWi-Fiのアクセスポイント化した状態になります。 Windows 10のパソコンを経由して、スマホ・タブレットやノートパソコンなど、Wi-Fi機能を搭載した機器のインターネット接続(Wi-Fi接続)が可能になります。 逆デザリングと呼んでいる方もいます。 本レビューでは、モバイルホットスポットの設定手順~簡単な切り換え方法までをご紹介します。 設定自体は難しくありません。 一度設定してしまえば、パソコンのモバイルホットスポット機能を簡単にオン・オフすることもできます。 Windows 10のモバイルホットスポット機能とは 現在発売されているスマートフォンの多くで、「テザリング」を行うことが出来ます。 スマートフォン側の設定を行うことでスマートフォンがルーター代わりとなり、無線LAN経由でパソコンやタブレットなどとインターネット回線へ接続できるようになります。 同様な機能として、Windows 10にも「モバイルホットスポット」という機能が実装されました。 Anniversary Update以降のアップデートを導入し、無線LAN機能を搭載したWindows 10パソコンにて、簡単な設定でスマートフォンと同様にパソコンがルーター代わりとなり、他のパソコンやタブレット、スマートフォンなどを接続すると、インターネット回線へアクセスできるようになります。 ホテルなど有線LANポートが1つしかない(無線LAN環境なし)ような場所で、有線LAN接続できるパソコンが1台あるだけでネット環境を快適にすることが出来ます。 モバイルホットスポット設定画面へ移動 「スタートボタン」-「設定」をクリックすると、Windowsの設定画面が開きます。 そして、「Windowsの設定画面」の「ネットワークとインターネット」をクリックします。 「ネットワークとインターネット」を開く方法としては、検索テキストボックスに「モバイル」と入力し、検索結果から「モバイルホットスポットの設定の変更 システム設定」をクリックしても良いです。 モバイルホットスポットがオフになっていたら、トグルボタンで「インターネット接続を他のデバイスと共有します」をオンにします。 続けて、「インターネット接続を共有する」の項目は、2つあります。 1つ目の「インターネット接続を共有する」で、共有するインターネット接続を選択します。 本レビューでは、無線LANルーターに有線LANで接続されている状態です。 そして、2つ目の「インターネット接続を共有する」で、スマホをWi-Fi接続したい場合はWi-Fiを選択、スマホをBluetooth接続したい場合はBluetoothを選択します。 表示されている無線LANアクセスポイントの「ネットワーク名」と「ネットワークパスワード」を使って、スマホをパソコン経由でWi-Fi接続します。 編集ボタンをクリックすると、変更も可能です。 例えば、「ネットワーク パスワード」を変更する場合は、8文字以上を入力して保存ボタンをクリックしてください。 念の為、変更前のネットワーク名とパスワードは、忘れないように控えておくことをお勧めします。 「ネットワークとインターネット」画面の左メニューにある「モバイルホットスポット」 「インターネット接続を他のデバイスと共有します」と「インターネット接続を共有する」の項目 「ネットワーク名」と「ネットワークパスワード」 インターネットに接続してみよう 設定が終わったら、スマホをパソコンのモバイルホットスポット機能を使って、Wi-Fi接続してみましょう。 例として、Android(バージョン9)のスマホで設定の説明を行います。 機種やAndroidのバージョンによって画面が多少異なりますので、手順の参考にしてください。 設定画面 Wi-Fiの項目 接続可能なWi-Fiの一覧(パソコンのモバイルホットスポット機能で設定した「ネットワーク名」をタップ) パスワードの入力画面 Wi-Fi接続完了 接続状態の確認 接続状態の確認は、設定画面のWi-Fiでパソコンのネットワーク名が表示されます。 パソコンでは、モバイルホットスポットに接続している他のデバイスが表示されます。 基本的にWi-Fi機能付きのデバイスであれば接続可能です。 同時に接続可能なデバイス数は8台までとなります。 上手く繋がらない時は、セキュリティ対策ソフトウェアやファイヤーウォールの設定を確認してみてください。 スマホ設定画面のWi-Fi(ネットワーク名が表示) パソコンのモバイルホットスポット画面(接続されているデバイスが表示) 便利なモバイルホットスポット機能/簡単な切り換え方法 最後にモバイルホットスポットの簡単な切り換え方法をお伝えします。 タスクバー右端の吹き出しアイコン「アクションセンターアイコン」をクリックして、画面横に表示されたクイックアクションにある「モバイルホットスポットアイコン」をクリックします。 そうすると、モバイルホットスポットのトグルボタンをオン・オフに切り替えできます。 また、アクションセンターにモバイルホットスポットアイコンが表示されない場合は、追加することもできます。 追加する方法は、左下のWindowsアイコンより「設定」を開き、システムの中の「通知とアクション」から「クイックアクションの編集」をクリックしてモバイルホットスポットをクイックアクションに追加しましょう。 1度設定してしまえば、パソコンのモバイルホットスポット機能を簡単にオン・オフ可能です。 設定方法は難しくありませんので、是非この機会に手順を覚えてみてはいかがでしょうか。 Wi-Fi機能を搭載している機器であれば、SIM無しのスマホやタブレット、ノートパソコンなど、気軽にインターネット接続が可能となり、様々なシーンで役に立つと思います。

次の

Windows10のホットスポットが自動的にオフになる現象

モバイル ホット スポット 切れる

マイクロソフト コミュニティをご利用いただき、ありがとうございます。 Windows 10 の モバイル ホットスポットが 10 分程で自動的に OFF になるのですね。 Windows 10 はスリープなどもしておらず、特に何も操作してない状態でも OFF になってしまう状況ですか? まずは以下のようなことを行って変化があるか試してみてはいかがでしょうか。 スタート ボタンを右クリックし、 [コントロール パネル] をクリック 2. 右上の検索ボックスに「トラブル」と入力して検索し、 [トラブルシューティング] をクリック 3. 「コンピューターの問題のトラブルシューティング」画面が開いたら、 [ネットワークとインターネット] をクリック 4. ・ 試しても変化が見られないようであれば、環境に沿ったアドバイスが寄せられやすくなるよう、以下の点も書いてみてください。 ・モバイル ホットスポットに接続している端末はどのようなものか。 例 iPhone7、Android スマートフォン、タブレットなど。 ・モバイル ホットスポットとしている Windows 10 端末 ノート PC、デスクトップ PC など 、メーカー名・型番 返信お待ちしています。 ------------------------------------------- 藤田 香 — Microsoft Support 問題が未解決の場合は、その旨お知らせください。 引き続き、解決に向けて手助けをさせていただきます。 問題の解決に役立った場合は、その返信を回答としてマークしてください。

次の