子供 風邪 薬 市販 よく 効く。 喉の痛みにおすすめの市販薬20選!内服薬と外用薬をタイプ別に紹介

市販の風邪薬は子供に危険!?薬剤師おすすめの子供用風邪薬!特に要注意な成分は?

子供 風邪 薬 市販 よく 効く

巷のお母さんが買う子供用風邪薬ランキング この子供用の鼻風邪に効くおすすめの市販薬のランキングは、小さなお子さんを持つお母さんたちが常備していると言われているものをランキングにしてみたものです。 子供が大好きなイチゴ味とピーチ味の二種類から選ぶことができる事、それと安全キャップがついているのでお子さんが誤って飲んでしまわないようになっています。 ショウキョウエキスが配合されています。 ただし対象年齢は5歳からとなっているので、小さなお子さんと言っても年齢以下の場合には使わない方がいいでしょう。 急性鼻炎の症状やアレルギー性鼻炎にも効果がある事と、対象年齢が5歳~14歳という幅広さで人気を集めているようです。 砂糖を使っていません! また、当然ですがノンカフェインなので、眠りを妨げない事も人気の要素となっているのかもしれません。 熱さましもあれば咳止めなどもありますし、鼻炎シロップまでのラインナップなので、 用途に合わせて使う事ができます。 鼻水や鼻づまりなどの症状を鎮める事ができるのが特徴です。 シロップタイプの総合感冒薬に属しますが、鼻水や鼻づまりだけではなく熱などの症状にも効くので常備するといいかもしれません。 生薬が配合されているので、できるだけ自然に治したいという方にはおすすめです。 総合感冒薬としても使う事ができるので、一つ用意しておくといいかもしれません。 総合感冒薬ですが、鼻水や鼻づまりなどの症状にも効果を発揮してくれます。 生薬や漢方が配合されていると、安心感のようなものが出てくるのは事実! 特に鼻水や鼻づまりなどの初期症状に最適なので常備しておくといいですね。 意外と隠れた人気があって、手に入れるのがちょっとむずかしいこともあるようですが、常備薬としては最適なので探してみてはいかがでしょうか。 小児用風邪薬は効き目が弱い! ランキングは人気が高いという事であって、それが確実に効果があるという事ではありません。 それはどうしてかというと、実は日本は小児用の薬については厳しく法律で配合の量などが決められているのです。 そのため、 どの薬を飲んでも効果はそれほど変わらないというのが本音です。 もちろん即効性の高いものもそれほどありませんので、もしも鼻水や鼻づまりなどの症状が出てきて心配な場合はかかりつけの医師に相談してみるのもいいですね。 カテゴリー•

次の

【コデイン非配合】市販の子供の咳止め・風邪薬の紹介|おすすめの市販薬を最速で選ぶ

子供 風邪 薬 市販 よく 効く

「普通の風邪だけど、熱が盛大にあばれまくっている・・・」そんな経験誰もがあるのではないでしょうか? インフルエンザなどはしっかりと病院で診てもらいたいところですが、普通の風邪であればいったん市販薬で様子を見ている方も多いでしょう。 そんな身近なお薬である解熱剤薬ですが、より快適で安全に使うために覚えておきたい4ポイントを今回はご紹介します。 この記事の3つのポイント 体温はかなり個人差があるため、平熱でもが35度台〜37度台と人によって変わるため、発熱の基準も異なってきますが、目安としては37. 5度を越えると発熱と考えます。 風邪であれば37. 5度付近で収まってしまうことが多いので、基本的にはこのあたりの体温では解熱剤を使わないことが多いですが、38. 5度以上の熱が2〜3時間続いて解熱の様子が見られない場合などは解熱剤を使うことが多いです。 このとき、まだ体温が36〜37度台で上がっている状況だと、解熱剤を飲んでも効果が出にくい時があります(熱が38度台を超えて登り続けている場合は、解熱剤を飲んだほうがいいことも多いですが) 普通の風邪の発熱では「熱が上がりきったてから解熱剤を使うとよい」といわれます。 風邪で解熱剤を使う時は少し意識してみると良いでしょう。 多くの市販薬の解熱剤(熱冷ましのお薬)は「15歳以上」の方向けに作られています。 これは15歳未満だと体重や体格がまだ小さかったり、子供では使用できない成分などがあるためです。 そのため、市販の解熱剤を買う時に注意したいのは「15歳未満の方は使える成分と使えない成分がある」ということです。 一方で、14歳未満の子供向けに特化した解熱剤も販売されています。 また、これらのお薬はインターネットでも購入できるようになったので、家庭の常備薬として必要に応じて活用していきましょう。 市販の解熱鎮痛成分の多くは「非ステロイド性抗炎症薬:NSAIDs」と呼ばれるグループのお薬になり、痛みや熱を下げる効果がある一方、胃腸を荒らしてしまうような副作用も有名です。 ですので、胃腸が弱い方はなるべく胃腸を荒らしにくい成分タイプを選ぶのがポイントになります。 市販薬で使われる胃腸に優しめな成分として有名なのは「アセトアミノフェン」「イブプロフェン」などがあります。 特に、アセトアミノフェンはNSAIDsとは異なり、胃に対する有害な作用がほとんどありません。 そして赤ちゃんや子どもにも使われる成分ですので、胃腸に対する副作用の弱さだけでなく、授乳中のママにも使用できる成分になっています。 アセトアミノフェン・イブプロフェンを主体としたお薬には以下のようなラインナップがあります。 5度以上の高熱になってしまった時にオススメです。 (ただし小児は使用できず、大人向きなので注意しましょう) こちらのお薬はネット販売が承認されておらず、登録販売者が販売することもできないため、薬剤師のいる薬局かドラッグストアで購入しましょう。 水分は「こまめ」に「多く」飲みましょう 高熱時に最も注意したいのは「脱水症状」です。 発汗などにより水分が抜けやすい他、高熱時は胃腸が崩れて下痢や嘔吐になり、それによっても大量に水分を失われがちです。 こういった状況下では、水分とミネラルが不足して脱水症の症状が出てきやすくなります。 特に、乳幼児や小児は少しの水分不足で脱水症状を起こしやすくなっているので注意が必要です。 風邪の発熱自体で命が奪われることはまれですが、脱水症状がひどくなると生命の危機につながることも少なくありません。 発熱時の水分補給は2〜30分おきに「こまめ」にしっかりととることです また、ミネラル摂取のために、スポーツドリンクなどを摂ってもよいでしょう。 そのほか、1日1本であれば栄養ドリンクなどで栄養素を補給してもよいでしょう。 不要に体を温める必要はないけど、衣類はこまめに着替えて冷えすぎないようにしましょう 発熱時は毛布などで体を温める必要はないですが、汗をかいてびしょぬれになった服をずっと着ていると、体に負担がかかったり、熱をさましすぎることがあるので、汗をよくかいて服が濡れているときはこまめな着替えをオススメします。 おわりに 風邪対策のお薬は日常生活においてとても身近なお薬のひとつですが、年齢やライフスタイルに合わせて選び方に工夫をすることができます。 ぜひ今回の記事なども参考にしていただいて、自分の生活と自分の体にあったお薬を生活のサポーターとしてみつけていってくださいね。 服用していて違和感を感じた時は、お早めに医療機関 婦人科・内科がおすすめです を受診してくださいね。

次の

風邪に効く市販薬!4つの症状別のおすすめ最強市販薬はコレ!

子供 風邪 薬 市販 よく 効く

薬を飲むタイミングは? 薬は処方薬、市販薬問わず、自然治癒できるに越したことはありません。 発熱や風邪の諸症状は、ウイルスなどから体を守るために発している合図です。 例えば発熱はつらいですが、高熱によって、体内の細菌やウイルスを死滅させることができます。 そうはいっても、ひどくなった風邪の症状はつらいものです。 風邪薬は治すためというより、症状をやわらげる為に服用します。 その間にしっかり休んで、免疫力を高めて風邪を治すように考えるといいでしょう。 解熱剤を飲む体温の目安は? 子供が熱を出していても、痛みや寒気などの症状をうったえることがなければ、慌てて薬を使う必要はありません。 目安として、 38~38. 年齢にもよりますが、薬を飲むことによって、子供が(場合によっては親も)安心できることも重要な役割の1つです。 急な発熱に備えて、すぐに飲める市販薬を用意しておくと親も安心できます。 安全な成分をつかった薬を選ぶ 大人であっても市販薬の安全性が問題になっています。 子供にはなおさら 副作用の少ない安全な薬を飲ませてあげたいですよね。 副作用は、処方薬、市販薬どんな薬にも存在しますが、必要最低限の成分が配合された薬を選ぶことで、リスクを減らすことができるでしょう。 子供にも安心な成分アセトアミノフェン アセトアミノフェンは、病院でも副作用の少ない薬として処方されることの多い成分です。 熱を下げる効果と頭痛などの痛みを抑えるはたらきがあります。 熱がなく、頭痛だけという場合や、熱だけ下げるという場合にも使うことができます。 成分が多すぎる薬の副作用リスク 小児用の風邪薬には、アセトアミノフェンのほかにも様々な成分があります。 副作用は、飲んだ直後には問題なくても、後々症状が現れる場合もあります。 市販薬に限らず、処方薬にも副作用のない薬はありません。 ですが、成分が多すぎる薬はなるべくさけたほうが安心です。 「小児に解熱剤は使ってはいけない」という意見がありますが、多くはアセトアミノフェン以外の成分を使った薬に対して言われることです。 子供の年齢ごとに飲める市販薬 極力シンプルな成分で配合された市販薬を紹介していきます。 薬によって年齢の制限があるので、子供にあった薬を探しておきましょう。 2歳未満の乳幼児も飲むことが認められている市販薬がありますが、やむをえない場合をのぞき基本的には病院を受診するようにしましょう。 キッズバファリンシロップS• 種類:シロップ• 症状:熱、痛み• 眠くなる成分:あり キッズバファリンシロップSは3か月から飲める風邪薬です。 熱を下げたり、全身の痛みをやわらげる効果があります。 赤ちゃんは生後、6週間~8週間で大人と同じように痛みを感じているといわれています。 キッズバファリンシロップSは いちご味の甘いシロップなので、小さい子供でも飲みやすいです。 飲む量を調整することで、6歳まで服用できます。 同じメーカーのライオンには、他にもいくつか風邪薬がありますが、この薬がもっともシンプルな成分で構成されていて、副作用のリスクが低いといえます。 ジフェンヒドラミン塩酸塩という 眠くなる成分が含まれていることも特徴です。 大人であれば眠くなる成分は、生活に支障をきたすのでマイナス要因ですが、乳幼児にとって寝ることはとても大切です。 含量は少ないので過度な期待はできませんが、風邪の症状をおさえるだけでなく、寝つきをよくすることもできるでしょう。 また、乳幼児は大人の不安な気持ちを敏感に感じて、大泣きしてしまったりします。 薬を飲むことで、親も一緒に安心して眠ることが一番大事なことかもしれません。 アセトアミノフェン ・・・ 300mg• 効能・効果 かぜの諸症状(発熱、悪寒、頭痛、鼻みず、鼻づまり、くしゃみ、のどの痛み、関節の痛み、筋肉の痛み)の緩和 用法・容量 年齢 1回量 3才以上7才未満 10mL 1才以上3才未満 7. 5mL 6ヵ月〜1才未満 6mL 3ヵ月〜6ヵ月未満 5mL 3ヶ月未満 服用できません• 種類:粉の薬• 症状:熱、痛み• 眠くなる成分:あり アンパンマンのパッケージが魅力の ムヒのこども解熱鎮痛顆粒。 1歳から10歳まで飲むことができます。 適用年齢の幅が広いので、兄弟、姉妹で利用することもできますね。 成分のアセトアミノフェンは、痛みをおさえて熱を下げます。 ビタミンCは回復力を高めます。 副作用はどれもきわめて少ない部類です。 グリシンには、睡眠作用がありますので、乳幼児が寝付けない場合にも効果的です。 粉を子供が嫌がる場合 弱点は粉の薬であることです。 薬はいちごの味つけがしてあります。 それでも嫌がる場合、ヨーグルトやプリンに混ぜて飲む方法が有効です。 ココアなどの濃い味と混ぜると子供も気づかないうちに服用できます。 どうしても粉を嫌がるようであれば、上でご紹介した キッズバファリンシロップSの方がいいかもしれません。 成分(1日量3包中)• アセトアミノフェン 450mg• アスコルビン酸(ビタミンC)150mg• グリシン 450mg 効果・効能 1)悪寒・発熱時の解熱 2)頭痛・歯痛・抜歯後の疼痛・咽喉痛・耳痛・関節痛・神経痛・腰痛・筋肉痛・肩こり痛・打撲痛・骨折痛・ねんざ痛・月経痛(生理痛)・外傷痛の鎮痛 用法・用量 1日3回、食後なるべく30分以内に服用してください。 最小限の成分だけ配合されている、この ムヒのこども解熱鎮痛顆粒の方がおすすめです。 種類:錠剤• 症状:熱、痛み• フルーツ味で飲みやすい工夫がされています。 成分は大人用のバファリンAとまったく異なります。 大人用に含まれるアスピリンが配合されていないため、アスピリン喘息のリスクも少なく安心して服用できます。 3歳から服用可能ですが、錠剤なのでもう少し大きくなってから服用するといいと思います。 7歳以上でも服用できますが、1回あたりの錠剤数が多くなるので、7歳以上は次に紹介する「バファリンルナJ」の方がおすすめです。 せきや鼻水は薬で止めるより、睡眠でしっかりと抵抗力をつける方が効果的な場合もあります。 症状が続く場合は、耳鼻科で診察してもらいましょう。 成分(1錠中)• 効能・効果 1)悪寒・発熱時の解熱 2)歯痛・抜歯後の疼痛・頭痛・打撲痛・咽喉痛・耳痛・関節痛・神経痛・腰痛・ 筋肉痛・肩こり痛・骨折痛・ねんざ痛・月経痛(生理痛)・外傷痛の鎮痛 用法・用量 年齢 1回量 11才以上~15才未満 6錠 7才以上~11才未満 4錠 3才以上~7才未満 3錠 3才未満 服用しないこと• 種類:錠剤• 症状:熱、痛み• 眠くなる成分:なし 小中学生向けの薬が バファリンルナJです。 水なしでも飲めるチュアブルなので「かんで服用」できます。 味もフルーツ味で飲みやすいです。 年齢に応じて1回の服用量が変わり、アセトアミノフェンの摂取量も増えるので、中学生まで対応可能です。 生理痛向けの薬? メーカーの説明やパッケージには、生理痛に対する効果を大きくうたっていますが、生理痛だけでなく、全身の痛みに有効です。 女の子だけでなく男の子が服用して問題ありません。 1つの薬で、頭痛、生理痛などさまざまな症状に対応できますので、家に常備しておくと安心できます。 眠くなる成分を含まないので、授業や勉強に影響を与えません。 15歳以上が飲んでも問題はありませんが、大人向けに比べると成分量が少ないです。 15歳以上になったら、大人向けの薬を飲むといいでしょう。 参考: 成分 1錠中• 効能・効果 1 月経痛(生理痛)・頭痛・腰痛・肩こり痛・筋肉痛・関節痛・打撲痛・骨折痛・ねんざ痛・歯痛・抜歯後の疼痛・神経痛・耳痛・外傷痛・咽喉痛の鎮痛 2 悪寒・発熱時の解熱 用法・用量 なるべく空腹時を避け、かみくだくか、口の中で溶かして服用してください。 また、服用間隔は4時間以上おいてください。 1日3回まで 年齢 1回量 11才以上~15才未満 2錠 7才以上~11才未満 1錠.

次の