芸人速報。 べストな芸人たちが「ベストワン」ネタを披露する第2弾の放送が決定!(2020年7月16日)|BIGLOBEニュース

ぐるナイおもしろ荘2020優勝結果速報!今年ブレイクする芸人は?出演者も一覧まとめで紹介!【2020年1月1日放送】

芸人速報

7日に出された緊急事態宣言を受けて、東京、大阪、福岡など7都府県の映画館や劇場などには自粛要請が出されたが、 吉本興業は、これよりも前に、全国の直営劇場で行われるすべての公演を中止または延期にした。 1か月以上前のことだ。 その後、コメディアンの志村けんさんが新型コロナウイルスによる肺炎で亡くなり、 吉本でもお笑いトリオ「森三中」の黒沢かずこが感染。 「たんぽぽ」の白鳥久美子も8日に陽性反応が出るなど、終息の見通しは立たない。 イベント再開に向けた兆しが見えない中で、吉本は無料のネット配信を開始したが、出番があるのは一握りの売れっ子芸人たちだけ。 無残な悲鳴を上げている。 「1回の仕事でも稼げる大御所芸人はいいですが、若手は仕事がなくなるとまったく収入がない。 今の仕事が反映される4〜5月の給料は大変なことになる」とはお笑い関係者。 売れているタレントも多数抱えているが、それ以上に売れていない芸人も大勢抱えているのが吉本だ。 「芸人も生活していかないといけないから、誰かに金を借りるしかない。 でも、稼ぎの不安定な芸人に貸してくれるところは少ない」 と前出の関係者が言う通り、崖っ縁に立たされている芸人がどれほどいることか。 そんな芸人たちのセーフティーネットとなっているのが「吉本ファイナンス」だ。 この会社、決してシャレではなく実在する。 吉本興業の関連金融会社で、不動産や車などの高額の買い物をする際や、 東京進出する際の引っ越し費用などを「吉本ファイナンスから借りた」と公言している所属芸人も多い。 「なんとか食いつながなくては生きてゆけない若手への貸し出しを増やしているそうです」(前出の関係者) 吉本興業のホームページには「1998年設立」としっかり記載されているが、名前の割に実態はよく分かっておらず、 「取り立てがえげつない」「借金のある漫才芸人が夜逃げしたら、相方が借金を背負わされる」といった都市伝説も浮上して、ネタにする芸人もいたほどだ。 ただ、「意外に金利は良心的」だそうで、関係者によると、芸人だけでなく、吉本興業の社員も利用することができるという。 吉本ファイナンスの融資を利用して、売れない芸人はなんとかしのいでいるが、関連会社とはいえ、 借りたカネは返さねばならない。 だが、その見通しすら立たない。 「そもそもバイトをして食いつないでいる芸人は山ほどいます。 それが、コロナの影響で、バイトそのものがなくなっている状況です。 長引いたら廃業をしなければならない芸人も出てくるでしょう」とある芸能関係者。 芸人も苦しいが、実は吉本も決して楽な状況ではない。 「吉本は寄席から始まった会社ということに誇りを持っているし、実際に劇場公演をとても重視し、経営の中核に据えている。 『吉本の芸人がテレビにいっぱい出てるじゃないか』と思うかもしれませんが、テレビのギャラなんて世間が思ってるほど、 とんでもない金額ではないですからね。 ラジオだとなおさら。 それだけに、収益の柱である劇場公演で稼げないのは痛いんです」(芸能プロ関係者) 新型コロナは老舗芸能事務所の体力までもどんどん奪っている。

次の

芸人達「youtuberやるぞ!うおおおお!!!」←これwwwww: GOSSIP速報

芸人速報

7日に出された緊急事態宣言を受けて、東京、大阪、福岡など7都府県の映画館や劇場などには自粛要請が出されたが、 吉本興業は、これよりも前に、全国の直営劇場で行われるすべての公演を中止または延期にした。 1か月以上前のことだ。 その後、コメディアンの志村けんさんが新型コロナウイルスによる肺炎で亡くなり、 吉本でもお笑いトリオ「森三中」の黒沢かずこが感染。 「たんぽぽ」の白鳥久美子も8日に陽性反応が出るなど、終息の見通しは立たない。 イベント再開に向けた兆しが見えない中で、吉本は無料のネット配信を開始したが、出番があるのは一握りの売れっ子芸人たちだけ。 無残な悲鳴を上げている。 「1回の仕事でも稼げる大御所芸人はいいですが、若手は仕事がなくなるとまったく収入がない。 今の仕事が反映される4〜5月の給料は大変なことになる」とはお笑い関係者。 売れているタレントも多数抱えているが、それ以上に売れていない芸人も大勢抱えているのが吉本だ。 「芸人も生活していかないといけないから、誰かに金を借りるしかない。 でも、稼ぎの不安定な芸人に貸してくれるところは少ない」 と前出の関係者が言う通り、崖っ縁に立たされている芸人がどれほどいることか。 そんな芸人たちのセーフティーネットとなっているのが「吉本ファイナンス」だ。 この会社、決してシャレではなく実在する。 吉本興業の関連金融会社で、不動産や車などの高額の買い物をする際や、 東京進出する際の引っ越し費用などを「吉本ファイナンスから借りた」と公言している所属芸人も多い。 「なんとか食いつながなくては生きてゆけない若手への貸し出しを増やしているそうです」(前出の関係者) 吉本興業のホームページには「1998年設立」としっかり記載されているが、名前の割に実態はよく分かっておらず、 「取り立てがえげつない」「借金のある漫才芸人が夜逃げしたら、相方が借金を背負わされる」といった都市伝説も浮上して、ネタにする芸人もいたほどだ。 ただ、「意外に金利は良心的」だそうで、関係者によると、芸人だけでなく、吉本興業の社員も利用することができるという。 吉本ファイナンスの融資を利用して、売れない芸人はなんとかしのいでいるが、関連会社とはいえ、 借りたカネは返さねばならない。 だが、その見通しすら立たない。 「そもそもバイトをして食いつないでいる芸人は山ほどいます。 それが、コロナの影響で、バイトそのものがなくなっている状況です。 長引いたら廃業をしなければならない芸人も出てくるでしょう」とある芸能関係者。 芸人も苦しいが、実は吉本も決して楽な状況ではない。 「吉本は寄席から始まった会社ということに誇りを持っているし、実際に劇場公演をとても重視し、経営の中核に据えている。 『吉本の芸人がテレビにいっぱい出てるじゃないか』と思うかもしれませんが、テレビのギャラなんて世間が思ってるほど、 とんでもない金額ではないですからね。 ラジオだとなおさら。 それだけに、収益の柱である劇場公演で稼げないのは痛いんです」(芸能プロ関係者) 新型コロナは老舗芸能事務所の体力までもどんどん奪っている。

次の

【悲報】 コロナ自粛芸人が悲鳴・・・: イケイケ速報

芸人速報

拡散された悪意あるデマ そんなほんこん氏が今回、コロナの特別定額給付金について悪質なデマを引用ツイートして大量に拡散させたのであった。 この引用元のツイートはこのようなものであった。 中国人が日本に住民票置いとるだけで、一人10万円の給付金と、ビザ取得の為に作ったペーパー会社で200万自宅兼形だけの飲食店で30万と20万、子供手当で年間30万の計320万円貰えて日本楽勝過ぎるわw と宣伝しとるわ 個人では最低限の住民税と国保 会社も最低限の住民税のみ払う方法らしいわ そしてこの夏川りみおという人物が貼り付けた画像はこのようなものである。 私は中国語を読むことができない。 しかし中国語を簡単に読めてしまえる方々がツイッター上には当然おり、その方々による翻訳はこちらになる。 要するに国籍を問わずに児童手当や、コロナでの現金給付、特別定額給付金を出したことに、日本政府の公平さを感じているという日本に住む中国人の文章である。 喜びの声だ。 それが夏川りみおという人物によって捻じ曲げられたのだ。 そう、日本第一党の桜井誠を支持する夏川りみおによって。 そしてさらに吉本興業所属のお笑い芸人であるほんこん氏がさらに捻じ曲げられた悪質なデマを拡散したのである。 夏川りみおは中国語の翻訳が出回り鍵をかけてTwitterを非公開にした。 そこにコロナの特別定額給付金についてのデマを悪意と差別心をもってばら撒いた謝罪はない。 そしてデマに乗っかったほんこんも同様に、未だに拡散させたことに謝罪の一つすらないという姿勢である。 愛国心からの行動なので無罪、愛国心の賜物なのだろう。 ほんこん氏のリプ欄は案の定、デマを鵜呑みにした者たちによって混沌状態だ。 どうやらほんこん氏は『日本のミカタ』という書籍を出版したらしいが、コロナのデマをばら撒き扇動した者がはたして日本のミカタであるのか、甚だ疑問である。 ネットの声 ( ほんこんのツイートに便乗し、元ツイートがデマだと見抜けず偏見や差別を垂れ流している声ばかりなので、今回は少ないです) 問題化したくなくてたまんないんですねw 「SNSでの誹謗中傷を受けた」こと 「ボロクソ言われた」こと 「社名も散々馬鹿にされた」こと 「一旦生産を止めた」こと ここまで特に誰も否定してないんだわ どうせいつものようにパヨフレンズさんがいやがらせ電凸してるんでしょ 久兵衛しかり、ニューオータニしかり。 政府と繋がりなんて一切ないのに、こんな目にあって可愛そうだな とは思いませんか? 思わないんでしょうね。 そのお気持ちを室井さんにかけてあげれば? 本人はどう対応すべきか迷ってはるみたい 喜ぶと思いますよ 「室井さん!まだ確定したわけではありません!次の情報でるまで待ちましょう!STAYだ! STAY STAY STAY STAYYYYY!」ってww.

次の