ブレア ウィッチ ゲーム 考察。 【ネタバレ注意】Blair Witch(ブレアウィッチ)の考察レビュー【Steam】

『ブレア・ウィッチ・プロジェクト』ゲーム化 ─ 伝説のホラー映画、狂気ホラーの名手によって復活

ブレア ウィッチ ゲーム 考察

本作のストーリーは,ブラックヒルズの森で行方不明になった,少年 ピーターを探す地元の捜索隊のメンバーとして,心に傷を負った元警官の主人公 エリスが,救助犬の バレットとともに森の奥深くへと入って行くというものだ。 木々に吊るされた気味の悪いオブジェクトや,廃墟に残った無数の子供の手形など,映画の場面が再現されている。 魔女のような得体の知れない存在は,飽くまでファジーに描かれていた原作映画とは異なり,本作ではその真相により迫っていくことになるようだ。 ところどころにminiDV風の小型カセットがあり,それを自前のハンディカムで再生したり,暗闇に向かって吠えるバレットを頼りに謎を解き明かしていくことになる。 本作では,インタフェースと字幕が日本語化されているのが嬉しいところだが,当初のローカライズのクオリティが低くかったようで,ローンチ初日にプレイした人の中にはがっかりした人も少なくないようだ。 Inc. and Bloober Team NA. All other copyrights and trademarks are the property of their respective owners. All Rights Reserved. Inc. and Bloober Team NA. All other copyrights and trademarks are the property of their respective owners. All Rights Reserved.

次の

伝説のホラー映画『ブレア・ウィッチ・プロジェクト』のゲーム化が正式発表。『Layers of Fear』開発元が魔女が住む森の恐怖を描く

ブレア ウィッチ ゲーム 考察

を閉じるのが怖い I'm ed to 開いているのも怖い I'm ed to th 『ブレアウィッチプロジェクト』 (The )とは、に開されたのである。 概要 6万という低予算、かつ少人数で。 全行収入は 1億、では 2億万という、では異例の大となった。 『』と呼ばれる、に見せかけた手法でされている。 本作以後が起こり、 『』『 パラ・ビ』などが世に送り出される事となった。 の失踪事件を題材とし、本当に事件が起きたように演出する為、や番組において、捜索願や関係者のが開された。 また本作における肝となる 「ブの」について書かれた書籍が大し、によって構築された観に基づいた本作は、様々なの対として取り上げられた。 撮にはを多用しており、画面がよく揺れる。 慣れている人でも画面酔いしやすい為、視聴の際には注意が必要。 敢えて台本を用意せず、3名には撮の詳細を伏せたまま「こういう行動をしろ」という示が個別に出された。 これは食料品や小具を届けるにメモとして同封されており、先の見えない不安と焦燥から、彼らの演技はかなり的なものになっている。 そして 撮されたからやを作るという手法が取られた。 を受けて、に続編『 ブ2』が開。 ただしこちらはではなく、前作を踏襲したとなっている。 評価は その後、正当な続編として『 ブ・』が開。 背景 ブレアウィッチの伝説 4年、州キッツビルにブの町が設立。 69年、から渡してきた ・ケドが入植。 5年、数名のが「あいつはで、自分達の血を抜き取る為にに連れ込もうとした」と訴え出る。 裁判でケドは有罪となり、厳の・ズの深くで、された上に木につけられて放置される。 その後は発見されず、死体はに食われたものとみなされた。 ところが1年後、ケドを告発した住民、更に町のの半分が失踪する。 残された住民はの呪いを恐れて出し、ブの町はとなった。 4年、新たな町・キッツビルが築かれる。 1年後の5年、当時10歳の ・トールがに落ちてとなった。 わせた11人の撃者は「い女の手に捕まれて引きずり込まれた」と言している。 死体は発見されなかった。 6年、当時8歳の ・ウィーパーがとなり、捜索隊が出されるが、のうち5名が戻らなかった。 数週間後、彼らは手足を縛られて繋がれ、を抜き取られた死体となって、コ・で発見される。 だが死体を発見した救助隊が人手を集めて戻ってきた時、は跡形もなく消え失せていた。 別の捜索隊によって発見・生還したは「体が宙に浮いた女の人に会った」と言した。 ラスティン・パー事件 10年から11年にかけ、8人のがとなる。 、38歳の ラスン・パーという男が食料品店を訪れ、人々に 「ついにやり遂げた」とった。 で隠遁生活をしていたパーのにが踏み込むと、地下の貯蔵庫で7人のを発見。 がめいたやり方で殺され、を抜き取られていた。 されたパーは 「に住む年老いた女のためにやった」と供述、有罪判決を受けて絞首刑に処される。 事件現場となったは住民によってされ、焼失した。 誘拐されたものの生還した、 ・ブロディはこう言している。 あいつはに「を向いて立て」と言った。 悲鳴がして、そっちを見るとあいつがの額にで模様を刻んでいた。 「聞こえるか?あののが聞こえるか?」 あいつはそう言って、何日か後にを殺して、を全部取り出した。 それからの死体を運び出して戻って来ると、 「悲しむ事はない。 すぐ別の子を連れて来るから」 そう言ったんだ。 あらすじ 「ブレアウィッチプロジェクト」。 モンリー科の、ヘザー 、、の三人は、 州キッツビルを訪問する。 現地の「・ズの」に伝わるの「ブ・」のを撮するのが的だった。 地元住民にする様子をで撮した後、彼らは・ズのを訪れる。 速テントをり、の中で撮をする三人だったが、徐々に不可解な出来事が起き始め……そして三人は消息を絶った。 失踪から1年後、の中で彼らが撮したと思われるが発見される。 が入ったバッグは築年の小屋の土台の下に埋まっており、更にには不可解なが記録されていた。 3年にわたるの調が終了後、彼らのは返却されたを再構成して化、事件を周知してが解かれる事を望む。 しかしそこには、恐ろしいものが映っていた。 「ブレアウィッチ2」 「ブレア・ウィッチ・プロジェクト」の大により、な町だったビルは客によって繁盛していた。 心を病み、危険なを持つ町の住民は客相手に「ブ・・ト」というを。 一癖も二癖もある4人を連れて、・ズのに向かうが …… 「ブレア・ウィッチ」 事件から20年後。 失踪したヘザーの・は、でと思われる人物のを見る。 「ヘザーは生きているのではないか?」 そう考えたは、者と面会。 したのは地元民の2人で、の中で木の根元に埋もれていたテープを見つけたとった。 はを集め、キッツビルへと向かう。 者の案内によってに入り、やを使って調を進めるが、次々と怪奇現が起きる。 互いに不審を抱く彼らは、やがて例外なく「」の恐怖に捕らわれていくのであった。 その他 バーキッツビル7 『ブ2』の序章として放映された作品。 ラスン・パー事件の秘密に迫る。 ラスン・パー事件にを持った男は一の生還者である・ブロディに不審を抱いた。 院に収監されていたが残した言葉を手掛かりとし、パーの最後の懺悔を聞いたら関係者に取材した結果、事件のはではないかと推測する。 しかし…… Blair Witch のoober によるジカル。 はになったを探す捜索隊・として、でブのを探索。 同行する救助の反応や、所々で見つかるを再生することで、少しずつがになる。 は対応だが、チ時点でがしているなどの不具合が報じられた。 その後により訳が修正され、この問題は解消している。 「Lay of 」のが手掛けているだけあって、演出やのは高く、おおむね評価は良い。 作中で登場する「 文」の形をしたは 「メン」という名前がついている。 何らかのに関わっているようだが詳細は不明。 本作の徴としてたびたび登場し、化もされた。 にされた 『The Br』は本作と設定が酷似しており、「ではないのか」「いモン勝ちでは」「どちらが先にしたのか」などのを巻き起こした。 なお本作の邦題は 『ー・・』である。 身も蓋もないとはこのこと。 本作以後、……もといモックが大量に世に放たれ、玉石混交の玉抜き状態となった。 『~』というは、大体そっち系である。 が、一部に 物好きな熱狂的ながいるとか何とか。 本作の流の一つとされるのが、の 『食人族』である。 地で消息を絶った探検隊の遺留品からが発見され、そこに記録されていた事件がになるという内容。 こうした「遺留品から発見されたが開された」という体のを 「・フッテージ」と称する。 更にその流をたどると、の作品などにおける、いわゆる 「」と言えるかも知れない。 関連動画 関連商品 DVD 書籍 関連項目•

次の

ホラーゲーム『Blair Witch』の発売記念に、原作となった映画『ブレア・ウィッチ・プロジェクト』を紹介

ブレア ウィッチ ゲーム 考察

映画「ブレアウィッチ・プロジェクト」の結末について。 知恵袋でいくつか回答を見ても納得がいかなかったので質問させていただきます。 まず ・この映画自体はフィクション ・映画の中の世界ではブレアウィッチの「伝説」は実際にある(これはノンフィクション) ということは分かっています。 ・最後のシーン 家の中でジョシュの声が聞こえる・マイクが壁に向かって立っている、というシーンがありますが、これは実際魔女の呪いか何かにかけられているのでしょうか。 これについては「3人は森の中でタイムスリップをしていた」との説も見掛けますが。 これもすべて奇妙な出来事、として片づけていいのでしょうか。 あとこの映画の2作目や書籍などありますが、どれを見るのが一番真相に近づけますか?疑問ばかりですが回答お願いします。 どうもすっきりしないので・・・ この映画はそんな「真相を究明する」ような映画ではありません。 ただ「3人の学生が森で行方不明になり、ビデオテープが発見された」 そして、そのビデオに写っていたものとは?!・・・という映画です。 結局実体は何も写ってなく、この3人のその後や背景など、観た人がそれぞれ好きなように解釈して下さいってヤツです。 結末に至るまではとてもよく出来ていて、観ている側も3人と同じように恐怖や不安を抱くことが出来るし、リーダーである女性の言動に腹が立ったりして夢中になれるのですが、あの結末はなんとも・・・・。 「結局何も写っていませんでした」って、ここまで引っ張ってアリ?って感じですよね。 でも、後に似たような映画でクローバーフィールドってありましたが、実体を見せればいいってものでもないようで(笑) ラストは2人が演技しているのではなく、魔女の仕業ということだと思います。 遺跡の中から発掘というのも、1年で自然に深く埋まったのではなく、大昔のインディアンの埋葬以来掘り返した形跡は一切ないのに、どういうわけかわずか1年前のビデオテープが出現した。 という、魔女の存在を決定づけるかのような「おまけ」ですね。 いずれにしても、ウリは「リアルで怖かったでしょ~?」ってことです。 低予算のハンディカメラだからこそ成功した内容ですよね。

次の