タチャンカ 歌詞。 カリンカ

タチャンカ «Тачанка»

タチャンカ 歌詞

長い間と考えられてきたが、実際には、作曲家・作家・民謡研究者のが1860年に作詞・作曲した作品である。 この歌の初演は、ラリオーノフが音楽を書いたのアマチュア劇団の芝居で、舞台上で歌われたものである。 スラヴャンスキーの合唱団のレパートリーとなってから、「カリンカ」は人気を集め始めた。 日本語詞では、の訳詞やによる詞が広く知られている。 ガマズミよ、ガマズミよ、私のガマズミよ! 庭には私のエゾイチゴが、エゾイチゴの実があるよ ああ!マツの根方に、緑色をしたその下に 私を横たわらせ眠らせておくれ アイ・リューリ、リューリ、アイ・リューリ、リューリ 私を横たわらせ眠らせておくれ ガマズミよ、ガマズミよ、私のガマズミよ! 庭には私のエゾイチゴが、エゾイチゴの実があるよ ああ!緑なす若いマツの木よ 私の上でざわめかないでおくれ アイ・リューリ、リューリ、アイ・リューリ、リューリ 私の上でざわめかないでおくれ ガマズミよ、ガマズミよ、私のガマズミよ! 庭には私のエゾイチゴが、エゾイチゴの実があるよ ああ!美しい娘さんよ、若い娘心よ どうか私を好きになっておくれ! アイ・リューリ、リューリ、アイ・リューリ、リューリ どうか私を好きになっておくれ! ガマズミよ、ガマズミよ、私のガマズミよ! 庭には私のエゾイチゴが、エゾイチゴの実があるよ 楽曲の使用 [ ]• 「カリンカ」の旋律は、で開発されたコンピューターゲーム『』のBGMとして、「」「」などと並び使用されている。 版()では、プレイ時のBGM(選択式)に使用されていた。 『』()では、「ビッグバン」ルール時のBGMに「カリンカ」の一部分が挿入されている。 英国のサッカークラブのでは、ロシアの大富豪が同チームを買収したことにちなみ、ファンが「カリンカ」を歌う。 ロシアのを売る店でも、店名をこの名前にすることを好み、にはこの名称の写真スタジオまで存在する。 脚注 [ ] [].

次の

ポーリュシカ・ポーレ «Полюшко

タチャンカ 歌詞

繰り返し 3. 繰り返し 1. アレクサンドロフ・アンサンブルの歌が 戦の道を歩んだ その聖なる記憶に我らは かつてのごとく忠実たる アレクサンドロフ・アンサンブルの歌、 満々たる河のごとき アレクサンドロフ・アンサンブルの歌、 それは永遠の歌 繰り返し: 戦の中、隊列の中、 我らは祖国に尽くす! ロシアに命ある限り 我らが歌は生き続ける! ロシアに命ある限り 我らが歌は生き続ける! 谷を渡り丘を越え 時は前へと進む アレクサンドロフの国の民が 我らの歌を歌いだす 職業は芸術家、 だが使命は戦士 歌は翼を広げ 四方の果てまで飛んで行く 歌は翼を広げ 四方の果てまで飛んで行く 繰り返し 3. 我らが歌の中、悲しみが、喜びが 燃える勝利の記憶が、 ヴォルガ河の上の光が、 宇宙の夜明けが息づく 我らが歌の中、己の信念が息づく そしていかなる時も アレクサンドロフ・アンサンブルの歌は 我らが祖国に忠実たる! アレクサンドロフ・アンサンブルの歌は 我らが祖国に忠実たる! 繰り返し 1. アレクサーンドルォフスカーヤ ペースニャ シラー ダルォーガミ ヴァイヌィー エータイ パーミャチー スヴィシェンナイ ムィ パプルェージネム ヴェルヌィ アレクサーンドルォフスカーヤ ペースニャ パルヴォードナヤ ルィカー アレクサーンドルォフスカーヤ ペースニャ エータ ペースニャ ナーヴェカー 繰り返し: イ フバユ イ フストルァユ ブーヂェム ルォーヂネ スルジーチ イ パカー ジヴァ ルァシーヤ ナーシャ ペースニャ ブーヂェッ ジーチ イ パカー ジヴァ ルァシーヤ ナーシャ ペースニャ ブーヂェッ ジーチ 2. パダリーナム イ パヴズゴールィヤム ヴルェーミャ ドヴィージェッツァ フピルョート ザペヴァーイェッ ナーシュ ペースニュ アレクサーンドルォフスキー ナルォート パプルァフェーシー アルチースティ パプルィズヴァーニユ バイツィー ルァスプルァヴリャーイェッ クルィーリャ ペースニャ イ レチーッ ヴァフシェ カンツィ ルァスプルァヴリャーイェッ クルィーリャ ペースニャ イ レチーッ ヴァフシェ カンツィ 繰り返し フナーシェイ ペースニェ ボーリ イ ルァーダスチ パーミャチ プラーミェンヌィフ パビェート スヴェート ナドヴァルゴーユ ルィコーユ イ カスミーチェスキー ルァスヴェート イ フリュブィーエ ヴルェメナー アレクサーンドルォフスカーヤ ペースニャ ナーシェイ ルォーヂネ ヴェルナー アレクサーンドルォフスカーヤ ペースニャ ナーシェイ ルォーヂネ ヴェルナー 繰り返し 労農赤軍の合唱・舞踊団としてアレクサンドル・アレクサンドロフにより1928年に創設されたロシア軍歌と踊りのアンサンブル、通称アレクサンドロフ・アンサンブル。 彼らはソ連・ロシア国内にとどまらず世界中に卓越した芸術を届け、戦時にあっては兵士と共に前線を歩み、その士気を鼓舞してきました。 これは2013年、アンサンブル創設85周年を記念して彼らのために作られた作品です。 作詞、作曲はロシア音楽界の長老であるニコライ・ドブロヌラヴォフとアレクサンドラ・パフムトワ。 2013年10月12日のコンサートで初演された際 動画1 には、ロシア歌謡界の同じく大御所である歌手ヨシフ・コブゾンがゲストとしてソリストを務め、好評により2回繰り返して歌われるという成功を収めています。 以降数々のコンサートで歌われる、彼らのレパートリーの重要な一角を占める作品となりました。 アンサンブルの築いてきた歴史、そして未来への歩みを力強く表現した、まさに彼らを体現する作品といえます。

次の

【ソ連プロパガンダアニメ】タチャンカ [ニコニコあっぷる]

タチャンカ 歌詞

タチャンカとは馬車に機関銃を載せた機動兵器です。 みんなで歌おう! 1. ティ レチ ス ダろーギ プチーツァ ズヴェり ス ダーろギ ウハヂー! ヴィーヂシ オブラコ クルビーツァ コーニ ムチャツァ フピりヂー! 鳥よ道から飛び去れ、 獣よ道を空けろ! 見えるだろう、土埃を巻き上げて 馬が先頭を駆けて行く! 襲撃し、転回し 群れなす敵をめがけ 若き機関銃手が 機関銃を連射する おおタチャンカよ、ロストフ娘よ、 我らが軍の精華よ! 騎兵軍 沿アゾフ のタチャンカは 4つの車輪で駆ける! ヴォルガを越えて、ドンを越えて、 金色の草原を駆け 若き機関銃手は 日焼けし、土埃にまみれた そして栗毛のたてがみは 怒涛の如く疾走し 風を切り、煙を抜け 嵐を、炎を巻き起こした おおタチャンカよ、キエフ娘よ、 我らが軍の精華よ! コムソモールの ウクライナの タチャンカは 4つの車輪で駆ける! 大地に戦車の轟音が響き 飛行機が輪舞する 今やブジョンヌイのタチャンカは 空の飛行兵の歌の中 しかし敵は今も夢に見るのだ、 濃密なる鉛の雨を、 戦う馬車を、 若き機関銃手を おおタチャンカよ、ポルタヴァ娘よ、 我らが軍の精華よ! 機関銃のタチャンカは 4つの車輪で駆ける! R、SH、ZH、Fはひらがなです。 トゥィ レチ ス ダろーギ プティーツァ ズヴェり ス ダーろギ ウハヂー! ヴィーヂし オブラカ クルビーッツァ コーニ ムチャツァ ふペれヂー! イ ス ナーリョータ ス パーヴァーろータ パ ツェピ ふラゴふ グストーイ ザストらチト イズ プレミョータ プーレーメッチク マラドーイ エフ タチャーンカ ろストフチャンカ ナしャ ゴるドスチ イ クらサ コナるメイスカヤ プりーアーゾふスカーヤ ターチャンカ ふシェ チェトゥィれ カリェサ! エフ ザ ヴォルガイ イー ザ ドーノム ムチャルシャ ステピユ ザラトーイ ザーガーりョルィイ ザプィリョーンヌィイ プーレーメッチク マラドーイ イー ニェスラシ ニェーウーデるじーマ ス グりーヴァイ るィじェヴァ カニャ グりーヴァ ヴェトら グりーヴァ ドゥィーマ グりーヴァ ブり イ アグニャ エフ タチャーンカ キーエふリャンカ ナしャ ゴるドスチ イ クらサ カムサーモーリスカーヤ ウクらインスカヤ ターチャンカ ふシェ チェトゥィれ カリェサ! パ ゼムリェ グらホーチュッ タンキ サーマリョトゥィ ペトリ ヴユーッ ア ブヂョンナふスコイ タチャーンケ ふ ニェーベ レッチキ パユーッ イ ふらーグ パヌィニェ スニーツァ ドじュヂ スヴィツォヴィイ イ グストーイ バエヴァヤ カレスニーツァ プーレーメッチク マラドーイ エフ タチャーンカ ポルタふチャンカ ナしャ ゴるドスチ イ クらサ プーレミョッナヤ タチャンカ ふシェ チェトゥィれ カリェサ! 2014年 12月26日 17:11.

次の