令嬢 は まったり を ご 所望 kindle。 令嬢はまったりをご所望。

令嬢はまったりをご所望。

令嬢 は まったり を ご 所望 kindle

原作未読。 イラストは表紙絵と中があまり変わりません。 中のほうが綺麗かも。 以下ネタバレ含みます。 主人公は過労で死んだのちに、小説の悪役令嬢として転生。 コーヒーを入れるのが得意だった主人公は喫茶店を開いてのんびりまったり過ごそうとしますが、美人の独り者がやってきたということで、田舎の男どもが群がって、毎日忙しくまったりできる暇がない。 そんなところに、人間に恐れられている獣人がやってきます。 この獣人さんたちがもふもふ感がいい感じで描かれていて可愛い!! で、獣人を恐れているため、喫茶店は獣人さんがいる間は主人公がのんびりまったりできる空間に。 充実していた毎日でしたが、家族の中で唯一居場所を知っている祖父が現れて……。 で終了。

次の

令嬢はまったりをご所望。

令嬢 は まったり を ご 所望 kindle

「令嬢はまったりをご所望。 ローニャが魔法を使えることを知らないために、一層世間知らずな娘だと思ったのだろうとローニャは推測します。 気まずい空気を感じ取ったためか、ボスがコーヒーのおかわりを言ってきます。 ローニャはそれを用意しながら、彼らがローニャに雇ってほしくて来店しているのかと考えます。 しかし自分には傭兵団を雇う余裕も必要もないと心のなかで思うのでした。 彼らが来るとお客が途絶えてしまう、自分はまったりできるけど、と考えるローニャ。 チーターとジャッカルはそれを承知で長居をさせてもらっていいかと聞きます。 快く承諾するローニャ。 自分も昼食を済ませようとカウンターの中へ行きます。 食事後もまだ大丈夫そうだと判断したローニャはそっと読書をすることに。 そこにジャッカルがやってきてなんで隠れて読むのかと声をかけます。 ハッとしながらお客さんの前だと失礼になると思ったためだと答えるローニャ。 ジャッカルは気にしなくていいと伝え、自分たちは仮眠を取らせてもらうといいます。 その分チップを払うと。 構わないと答えるローニャに、本を読んでていいとジャッカルはいいます。 ブランケットを持ってこようと、2階から取って降りてくると、獣人たちは元の獣の姿に戻って眠っていました。 ライオンのたてがみ、ジャッカルの耳と尻尾、チーターの肉球、口を開けて眠る狼にキュンキュンが止まらなくなるローニャ。 チーターは手で目を隠すように寝ていました。 眩しいのだろうと察するローニャ。 ドキドキしながら彼らは寝ていると元に戻ってしまうのだろうと思うのでした。 ブランケットを手放して思わず抱きつきに行こうとしてしまうと、踏みとどまって自分の立場を思い出します。 片付けをしようとテーブルに手をのばすと一斉に起き出してローニャをギロリと顔を向けだすのでした。 さすがに怖いと思ってしまうローニャ。 片付けることを伝えると、再び思い思いに眠り始めます。 窓からの日差しで寝苦しそうだと気付くローニャは、近づくとさきほどのように起こしてしまうと思い、あることを思いつきます。 以前作っておいた魔法の指輪を持ち出すと、その念力でブラインドを遠くから 下ろしていきます。 その姿をライオンは気づいて見ていました。 高価な道具に内心驚くライオン。 魔法は魔力があり、使い方を知っているものでなければ使えないものの、こうした魔法の道具があれば誰でも使えるようになるといわれているのでした。 言われているほど怖くも悪くもないと言ってもそのときは運が良かっただけだと街の人たちは答えます。 そこに隣町のマックウェイという男性がやってきます。 隣町でカフェを営む彼はローニャに自分の店で働くように何度もいいよってくるのでした。 コロンの匂いもきつかったため、ローニャは迷惑に感じていましたが、それが表に出さないよう大人の振る舞いを見せます。 彼よりも獣人たちのほうがずっと紳士的だと思うローニャ。 獣人たちが眠る横でまったりと本を読んでいたときは至福の時間だったと感じていました。 自分を護衛してくれると言っていた彼らですが、人間から恐れられていることもあり、他のお店などにも同じように言って回っているのなら誤解されるだろうとローニャは思います。 そして彼らが自分と似ているところがあると感じます。 ラーモがまだローニャの世話係だったとき、彼のコーヒーが濃かったため自分で入れ直そうとしたところ、彼は畏縮して何度も謝るのでした。 それを見たシュナイダーはローニャが普段、人に厳しくしているのかとローニャに問いかけます。 ローニャは誤解だと話しますが、シュナイダーからは苦し紛れの言い訳のように映ってしまったようでした。 ガヴィーゼラ伯爵家は国内東南の支配者として名高く、学園でもその外側のイメージで接する人間ばかりだったため、ローニャの内面を見てもらえることはほとんどなかったのでした。 ローニャも人との関わりを進んでしてこなかったため、それもあるのだろうと考えていましたが、ここでの生活をそのときと同じようにしたくはないと思います。 店の売上は減っても獣人は受け入れたいと思うのでした。 彼はローニャのためにと獣よけの護符を買ってきました。 ローニャは獣人をお客さんとしてしっかりともてなしていきたいと伝えますが、その優しさを踏みにじるのが彼らだとマックウェイは言い、自分が獣よけの護符を貼ってあげるように言います。 ちょうどそのとき、入り口のドアが開くと、ライオンの獣人が勢いよく入ってくるのでした。 無料で読む方法を簡単にまとめると• どのサービスも お試し期間中は無料でサービスを利用でき、ポイントももらえます。 漫画や漫画雑誌は有料コンテンツですが、このポイントで読むことができます。 読んだ後は無料期間内に解約すればお金はかかりません。 「もう利用したことがある」 「初回登録ではない」 という方は他に半額クーポンがもらえるサービスもあります。 特典 初回ログイン時に50%OFFクーポン 登録時に半額クーポン FODプレミアムは最大900ポイント分の漫画が読めるだけでも魅力的ですが、さらに次のようなメリットがあります。

次の

令嬢はまったりをご所望。 最新刊(次は2巻)の発売日をメールでお知らせ【コミックの発売日を通知するベルアラート】

令嬢 は まったり を ご 所望 kindle

原作未読。 イラストは表紙絵と中があまり変わりません。 中のほうが綺麗かも。 以下ネタバレ含みます。 主人公は過労で死んだのちに、小説の悪役令嬢として転生。 コーヒーを入れるのが得意だった主人公は喫茶店を開いてのんびりまったり過ごそうとしますが、美人の独り者がやってきたということで、田舎の男どもが群がって、毎日忙しくまったりできる暇がない。 そんなところに、人間に恐れられている獣人がやってきます。 この獣人さんたちがもふもふ感がいい感じで描かれていて可愛い!! で、獣人を恐れているため、喫茶店は獣人さんがいる間は主人公がのんびりまったりできる空間に。 充実していた毎日でしたが、家族の中で唯一居場所を知っている祖父が現れて……。 で終了。

次の