テキサス チェーンソー ビギニング。 テキサス・チェーンソー:ビギニング

映画「テキサスチェーンソービギニング 」ネタバレあらすじと結末・感想|起承転結でわかりやすく解説!

テキサス チェーンソー ビギニング

The Texas Chainsaw Massacre.The Beginning(2006)ジョナサン・リーベスマン レザーフェイス出生のひみつ うーむ、「黒の怨」のジョナサン・リーベスマンと、製作がマイケル・ベイかぁ・・・。 うーむうーむ、ね、寝るかも!!という先入観はやっぱりあった、ありました。 しかし、ホラー界のアイドル、 レザーフェイスが出るというのに、「見ない。 」という選択はありえないよねぇ。 たとえ万一監督がウーヴェ・ポルちゃんなんかで、製作がマイケル・ベイ、プロデューサーがブラッカイマー、生き残る主役はトム・クルーズ!とか言われても、アタイ泣きながら見るもんね!!それが愛ってもんなのよ。 我ながら美しい心がけ。 だから今まで見てなかったのは、単に忙しかっただけです。 忙しさも一段落したので、やっと見ることができました!!イエーーーイ! 感想・・・うん、悪くない・・・悪くないです、それはそれはネッコリとバッちくてナマナマしくてネチョネチョしててドッピュりしてて、画面からもわわわわ~~~~んと、ハンパない悪臭のごときものも迫ってくる。 オバケ屋敷で「出るど出るど」とビクビクしてる時に、後ろから「ワっ!!!」って脅かされるみたいな卑怯さもあるし、痛い描写はキリキリメキメキズブズブと痛くて、いやホンマにイヤーンだったです!!!何度も再生を止めて深呼吸するほど不快指数MAX。 スポンサーリンク だって、ロープで縛られたりつるされるぐらいなら、まだ生活観もあって平常心でOKだけど、 あの鉄でガチンと手足と首を固定されちゃあもうダメだよね!! あの瞬間、思わずエリックに憑依して(感情移入ともいう)ああーーーーー!!エリックピーーーーンチ!!絶体絶命!!腕を開きにされるだけでは飽きたらず、生きたまま顔の皮まで剥がされちゃうのか?!しかも恋人の目の前でなんて恥ずかしいっと目を覆う!!! ・・・・まあ実際は、エリックの皮剥がしはまぬがれないものの、それは息の根が止まってから行われるので、むちゃくちゃほっと(がっかりとも言う!)しますけど。 んでもってその剥きたてホヤホヤで、フレッシュにデベロ~~ンとしたたる顔面を、チクチク縫って、トーマス青年(レザーフェイス)その場で装着!!! 思わず 「に、2~3日干しとけよ!!」とムンク顔で叫んじゃったのは、私だけじゃないと思う!! ちなみに、屠殺部屋の一角にちゃんとミシンが置かれてる!ギャハハ!! そんなふうに、想像力を刺激され、ビックリ箱にビビらされ、職人技の血糊はホレホレと正面から見せられても上手にグロく、観てる最中は面白いと思うし、直後はああコワかった!!とか思うんですけど・・・・、何かこう数日経過した後味に、フレーバーくささだけ残ったんですよ・・・。 今回、題名で、ビギニングと言い張ってるだけあって、いくつかのなれそめが明らかになりました。 レザーフェイスの出生とか、ホイト保安官の誕生とか。 でも、何が明らかになったところで、「やっぱりそんなことだろうと思ったよ!」ぐらいのモンでしかないような・・・・。 つーか、明らかになった部分に驚きが一切ないので、せっかくの一家のカリスマも毒気も、薄れちゃったんじゃない?みたいな・・・・。 いや、冒頭の出産シーンなんかはすごく好き!!好きなんですけど、でもあれも、別にフツーのデキゴトだよね?職場で産気づいて出産。 まー、お母さんが死んだので、ブサイクな赤ちゃんがポイっとゴミ箱に捨てられちゃうなんてことがフツーにあっちゃイカンけど、それ以外はびっくりするほどのこともない。 アタイの知人も、トイレや車で産んじゃいましたよ、普通、普通。 えとえと、・・・・ちっともビックリしませんケド・・・・。 じゃなくて、そこだけやってちゃイカンやろ、どうせ描くならヒューイット家での、レザーフェイスの成長ぶりもキッチリ描かな。 ・・・・という話かも・・・・。 なんかコレ、つい派手なスプラッタ描写にはぐらかされるけど、よく見りゃホイト保安官を除いて、他のどのキャラにも、生理的に訴えてくるような狂気がなくないかな? 調理道具に、あえてチェーンソーをチョイスしてるだけが、いけにえ一家の異常じゃないよね。 ただ手に入る食料が主に「人肉」だから「人肉」を食ってるだけだったって、そりゃ単なる「生きてこそ」なのでは・・・。 <コラ! つーか、人肉を食うのに「理由」があるなんて気に食わんのよ!!やっぱ、理不尽でナンボやろ。 レザーフェイスも、お面だけかぶって安心してる場合じゃないよ!思わずアタイが「うへ~~っ!」となるような行動が伴わなきゃ、それただのコスプレじゃん。 ブツブツ。 まぁでも、ちょっと考えてみれば、その分を補って余りあるほど、ホイト保安官が狂ってるから、これで丁度なのかもしんないです。 狂った保安官というより、 万年ハートマンのリー・アーメイのいつも通り? どっちにしろ、もしこの映画にR・リー・アーメイが出てなかったら、案外お涙ちょうだい映画になってたかもって思えるぐらいの影響力なのはまぎれもない。 うおお敬礼!! それにしても、昨今、いろんな技術やテクニックはすごく進んでると思うんですけど、進んだのとひきかえに、ホラーからもザリザリした泥くささとかアクみたいなものによる薄汚い不快感が消えつつあって寂しいなあ。 あっちにハミだしたりこっちがヘコんだりの、不完全さによる愛らしさが好きだったので、昨今のノッペリとした画面から、なにがなんでも面白みをほじくり出そうというテンションがみなぎってこない・・・・・。 もちろん、面白くなくはないんですけど、それなりのワク内に収まってるちゅーか、それ以上ハメを外さないちゅーか、なんかやけにつるりとした、行儀のいいスプラッタホラーのような印象のせいで、いまいちいけにえファンとして萌えきれないのよね~。 やっぱ、せっかくいけにえネタなんだったら、私は、私は、もっとぶっとんだ、おおらかで新鮮なデタラメが観たいよ!! (2007. 4月).

次の

映画「テキサスチェーンソービギニング 」ネタバレあらすじと結末・感想|起承転結でわかりやすく解説!

テキサス チェーンソー ビギニング

ヒューイット家の女性ルダ・メイが拾って育て、トーマスはヒューイット家の一員に。 テキサス州でヒューイット家に襲われた。 生き残りはなし。 【起】 - テキサスチェーンソービギニングのあらすじ1 アメリカ・テキサス州。 〔1939年8月〕 リー精肉所では、食肉用の牛が屠殺され、品質検査を経たのちに食肉として処理されていました。 検査を終えた肉は、検査済みのスタンプを押され、出荷されます。 精肉所に勤務する肥満女性・スローンは、アルコール中毒者でもありました。 座って作業をしているうちに産気づいたスローンは、勤務中にトイレに行きたいと主任に訴えて、直後にその場でお産します。 スローンは出産のときに亡くなりました。 生まれたものの、先天的に奇形児だった赤ん坊は、そのままごみ捨て場に捨てられます。 リー精肉所の裏では、ルダ・メイというメガネをかけた女性が、ごみあさりをしていました。 メイはごみ捨て場に赤ん坊が捨てられているのを見つけると、そのまま連れ帰ります。 メイには子どもがおらず、赤ん坊を育てるのがあこがれだったようです。 連れ帰った赤ん坊を見て、チャーリーは「醜い顔だ」と言いました。 それでも赤ん坊はトーマス・ヒューイットという名前をつけられ、ヒューイット家で育てられます。 ヒューイット家は2階建ての、大きな白い屋敷でした。 トーマスは長じるにつれ、変性疾患で顔面が変形し、ますます奇形の度合いがひどくなりました。 本人もそれを気にするようになり、顔には布を巻いて隠しています。 幼少のころから、トーマスは動物を殺し、その手足をもぎたがりました。 12歳になってから、トーマスはリー精肉所で働き始めます。 顔が醜くても、精肉所で働くことはできるからです。 奇しくもトーマスの父は精肉所の主任でしたが、双方ともに親子だとは知りませんでした。 1965年以降、ベトナム戦争が激化しても、まだトーマスは働いていました。 ・トーマス…いわゆる「レザーフェイス」。 先天的疾患により顔が奇形。 主任殺害後、チェーンソーを手に入れる。 ・チャーリー…トーマスの叔父にあたる。 ヒューイット家でいちばん発言権がありそう。 あとでホイト保安官の制服とパトカーを手に入れる。 ・ルダ・メイ…トーマスを拾って、母親のように育てた女性。 チャーリーの姉。 ・モンティ…トーマスの祖父で、ルダ・メイやチャーリーの父親。 メガネをかけている。 〔1969年7月〕 30歳を目前に控えたトーマスの身に、大きな転機が訪れました。 テキサス州衛生局が監査をして、リー精肉所は閉鎖に追い込まれたのです。 トーマスはもう働く必要がないと言われても、そこで作業を続けました。 閉鎖した精肉場で痛罵されたトーマスは、主任をハンマーで殴って殺します。 その後、職場で見つけたチェーンソーを持ち、トーマスは家に帰りました。 …同じ頃。 若者4人がドライブ旅行に出ていました。 エリックとディーンの兄弟と、それぞれの恋人の4人です。 ・エリック…黒髪の若い男性。 ディーンの兄で、クリッシーの恋人。 ベトナム戦争は経験済みで、2回目となる今回も行くつもり。 クリッシーに旅行中、プロポーズする。 ・クリッシー…黒髪の若い女性。 エリックの恋人。 本作品の主人公的役割。 ・ディーン…金髪の若い男性。 エリックの弟で、ベイリーの恋人。 ベトナム戦争へは行きたくないし、戦争へ行きたがるエリックに対しても少し反感を抱いている。 ・ベイリー…金髪の若い女性。 ディーンの恋人。 クリッシーとも仲がよい。 (金髪同士、黒髪同士でカップルなので、見分けがつきやすい) お互いにモーテルを取り、プールで遊びながら、エリックはクリッシーにオモチャの指輪をプレゼントし、プロポーズしました。 【承】 - テキサスチェーンソービギニングのあらすじ2 指輪がオモチャであるのは、わざとです。 戦争から戻ってきたら、改めてきちんとプロポーズするから、それまで待っておいてくれという意味でした。 ディーンとベイリーは、部屋でいちゃいちゃしています。 エリックとは対照的に、ディーンはベトナムで戦争に参加するのは嫌でした。 人を殺したくないと思っているのです。 ディーンは徴兵のカードを持っていながら、できれば拒否したいと思っていました。 それをいつ兄のエリックに告げるか、悩んでいます。 ドライブ旅行の途中、4人の車の背後にバイク集団が現れ、攻撃してきました。 幅寄せしてきたり、車を足で叩いたり、ミラーを壊したりして、やがてバイク集団は去っていきます。 その頃。 ヒューイット家の屋敷にホイト保安官がやってくると、精肉所の主任をトーマスが殺したとして逮捕しようとします。 ホイト保安官はこの地域では最後の保安官で、来週ミシガンへ引っ越すと告げます。 トーマスの叔父・チャーリーが助手席に乗り、2人はトーマスを探しました。 やがて車道前方に、チェーンソーを持って歩くトーマスの姿を見つけたホイト保安官は、トーマスを逮捕しようと車を降り、拳銃を持って近づきます。 ところが背後から、パトカーにあった猟銃をチャーリーがぶっ放し、ホイト保安官を射殺しました。 ホイト保安官の遺体とトーマスをパトカーに乗せると、チャーリーは家に帰ります。 ヒューイット家はその日、夕食としてホイト保安官を食べます。 保安官の制服を気に入ったチャーリーは、ホイト保安官の制服を着ると「これからは俺のことをホイト保安官と呼べ」と家族に言い、保安官になりすましました。 若者4人は雑貨店に立ち寄り、女性2人はトイレに行こうとします。 ところが店の裏口に、先ほどのバイカーが沢山いるのを見つけて、女性2人は店を出ました。 店内にはアレックスとホールデンのカップルがいます。 車中、思い詰めた弟のディーンは徴兵カードをライターであぶりかけ、兄のエリックに制止されます。 ディーンはエリックに、戦争に行きたくないと訴えました。 その話をしている最中に、銃を持ったバイカーの女性・アレックスが追ってきます。 銃で反撃しようと考えたエリックは前方不注意になり、牛を撥ねて車は横転しました。 派手に転がったので、助手席のクリッシーは車外から飛ばされ、草むらに落ちます。 エリック、ディーン、ベイリーは車内で負傷しました。 バイカーの女性・アレックスが銃を持ち、近づいてきます。 そこへ保安官の制服を着たチャーリーが、パトカーでやってきました。 チャーリーはアレックを見ると、いきなり射殺します。 いくら保安官とはいえ射殺したことに、クリッシーたちは違和感を覚えました。 しかしパトカーに乗り、保安官の制服を着ているので、チャーリーを保安官だと思い込みます。 不審に思ったクリッシーは植え込みに隠れ、エリックたちもクリッシーの存在は黙っていました。 チャーリーは事情聴取のために、クリッシー以外の3人を連れて行こうとします。 徴兵カードが燃えかけなのを見つけたチャーリーは怒り、ディーンはどちらだと聞きました。 燃やしたのがディーンだと気付いたのです。 エリックが弟をかばい、自分だと名乗り出ました。 チャーリーは3人をパトカーの後部座席に乗せると、助手席にアレックスの遺体を乗せ、モンティ叔父にレッカー移動を頼みます。 【転】 - テキサスチェーンソービギニングのあらすじ3 クリッシーは現場に残り、壊れた車に乗り込んでレッカー移動されることで、ついていきました。 チャーリーは屋敷に3人を連れていくと、エリックとディーン兄弟は納屋に両手を縛って吊るし、ベイリーは台所の机の脚に両腕を拘束して、床に寝かせました。 エリックとディーンは顔が泥や血で汚れているために、水をかけられます。 それはちょうど、これから牛を屠殺する準備のようでした。 チャーリーはエリックとディーンに、自分が朝鮮戦争に駆り出された時のことを話します。 チャーリーは戦争で捕虜(POW)にされたのですが、捕虜には殆ど食べ物を与えられませんでした。 捕虜の中には、明らかに死ぬのを待つしかない重傷の者がいました。 チャーリーたちは仲間を食べて生きるしか、術がありませんでした。 (その時に人肉を食べた経験で、ヒューイット家は人肉を食べる家族になったらしい) チャーリーは、ディーンがどちらなのかを見抜いていました。 弟・ディーンの縄をほどくと、腕立て20回を要求し、やりとげれば解放してやると言います。 ディーンは腕立て伏せを始めますが、その背中にチャーリーは容赦なくムチを振るいました。 それでもディーンはやりとげ、チャーリーは宣言したとおりディーンを解放します。 解放されたところで、満身創痍のディーンは身体が弱り、動くこともままなりませんでした。 そのまま納屋で倒れます。 ヒューイットの屋敷の近くでレッカーされた車から脱出したクリッシーは、どうしようと悩んでいました。 そこへちょうどバイカーのホールデンが通りかかったので、クリッシーは「恋人があの屋敷に拉致されている」と言います。 (アレックスとホールデンのカップルは、雑貨店内で一緒にいたので、クリッシーは彼らがカップルだと知っていた) ホールデンを味方につけ、クリッシーは対策を練ります。 日傘をさした肥満女性のティー・レディーが現れると、メイと優雅にお茶を始めました。 その床にはベイリーが拘束されていますが、2人ともベイリーの存在は無視してお茶を飲んでいます。 納屋のエリックは拘束を解き、弟・ディーンを連れて移動します。 牧場の横の柵で弟・ディーンを置くと、エリックはベイリーを助けるために屋敷へ入っていきました。 クリッシーとホールデンも屋敷に向かいます。 エリックは台所へ投石をし、包丁を持って脅しつつベイリーを助けました。 ティー・レディーは机と壁の間に挟まれて、身動きができません。 拘束を解かれたベイリーは先に移動し、レッカー車のエンジンをかけようとしました。 しかしトーマスに巨大フックで攻撃され、車から降ろされます。 牧場の柵のところにいたディーンも動き始めますが、敷地内に設置されたトラバサミの罠にかかりました。 弟・ディーンの悲鳴を聞いてエリックが動きを止めたので、エリックは捕まります。 エリックは地下のボイラー室へ連れて行かれ、机に拘束されました。 トーマスが兄・エリックの顔を観察し、皮を剥ごうと考えています。 ベイリーは磔にされていました。 ディーンはトラバサミの罠を外したものの、重傷を負って再び牧場の柵のところへ移動します。 クリッシーはディーンを見つけて駆け寄り、他のメンバーがまだ館の中にいると聞かされました。 開いた窓から入ります。 【結】 - テキサスチェーンソービギニングのあらすじ4 クリッシーが声をかけて連れてきた、バイカーの恋人・ホールデンは正面の扉から入ります。 ホールデンは恋人・アレックスの居場所を聞きつつ、出てきた車椅子の男性・モンティ叔父に発砲しました。 その発砲音で来客に気づいたトーマスが移動すると、ホールデンにチェーンソーを振るいかかります。 ホールデンは銃を持っていた腕をチェーンソーで切られ、さらにずだずだにされました。 クリッシーはその隙に地下室に入り、恋人のエリックを見つけましたが、エリックは鉄の輪で拘束されたうえに、両腕をぐじゃぐじゃにされていました。 「腕の感覚がない」と訴えるエリックに、むごくてクリッシーは真相を話すことができません。 トーマスが戻ってきたので、クリッシーは奥に隠れます。 トーマスはエリックの腹にもチェーンソーを突き刺して殺すと、頭部の皮膚を剥いで(顔も、頭髪部分も)紐をつけ、つけていた黒いマスクを外すと、エリックの顔の皮膚をかぶります。 クリッシーが部屋から出て逃げようとすると、ベイリーの声が聞こえました。 クリッシーは2階へ移動します。 クリッシーはベイリーを見つけますが、その手前にメイ、モンティ叔父、チャーリー、トーマスがいるのでうかつに動けません。 ケガをしたモンティ叔父が苦しんでおり、チャーリーはトーマスに命じて、叔父の両足を切断させました。 「ケガの治療」と、「片足だけだとバランスが悪いから」という理由で、モンティ叔父は両膝の下をチェーンソーで切られます。 一同の注意がモンティ叔父に向いているあいだに、クリッシーはベイリーを助けようとしますが、チャーリーに見つかりました。 クリッシーも捕まります。 クリッシーは気絶し、朦朧としながら、ヒューイット家が食事を作るのを見ました。 目覚めるとクリッシーは、椅子に拘束されていました。 夕食の席には、ヒューイット家の人物が顔を揃えています。 クリッシーのほかに、ディーンとベイリーも座らされていました。 ディーンは机の上に顔を乗せて死んでいるようで(注:実は死んでいなかった、あとで逆襲する)、ベイリーは歯を抜かれています。 トーマスがハサミを持つと、ベイリーの首に突き立てました。 ベイリーは死亡します。 クリッシーもトーマスに運ばれそうになりますが、隠していたナイフで太ももを刺すと、クリッシーは逃げ出します。 怒ったトーマスはチェーンソーを持って追いかけてきました。 夕食の席では、ディーンは死んだものと思い、油断しています。 ディーンは生きており、こっそり縄を解いたあと、チャーリーに殴りかかりました。 逃げたクリッシーは、リー精肉所の跡地へ行きました。 主任の死体を見ます。 通報しようとした時に物音がしました。 見ると、トーマスが追ってきています。 見つかって殺されそうになった時、追いついたディーンがクリッシーをかばいました。 ディーンはチェーンソーで殺されます。 クリッシーは外に車を見つけ、エンジンをかけて逃走しました。 前方にパトカーを見つけて近づきますが、後部座席にトーマスがおり、チェーンソーで殺されます。 クリッシーの乗る車は2台のパトカーに派手にぶつかり、警官たちも死亡しました。 そんななか、ひとりだけ無事なトーマスは、ゆうゆうと現場をあとにします…。 〝1969年から1973年の間に、ヒューイットの一家は テキサス州全土で33人を殺害。 今もなお、彼らの恐るべき殺人は、 米国史上、最も残虐な犯罪として、こう呼ばれている。 『テキサス・チェーンソー大虐殺』〟.

次の

テキサス・チェーンソー ビギニング

テキサス チェーンソー ビギニング

ヒューイット家の女性ルダ・メイが拾って育て、トーマスはヒューイット家の一員に。 テキサス州でヒューイット家に襲われた。 生き残りはなし。 〔1939年8月〕 リー精肉所では、食肉用の牛が屠殺され、品質検査を経たのちに食肉として処理されていました。 検査を終えた肉は、検査済みのスタンプを押され、出荷されます。 精肉所に勤務する肥満女性・スローンは、アルコール中毒者でもありました。 座って作業をしているうちに産気づいたスローンは、勤務中にトイレに行きたいと主任に訴えて、直後にその場でお産します。 スローンは出産のときに亡くなりました。 生まれたものの、先天的に奇形児だった赤ん坊は、そのままごみ捨て場に捨てられます。 リー精肉所の裏では、ルダ・メイというメガネをかけた女性が、ごみあさりをしていました。 メイはごみ捨て場に赤ん坊が捨てられているのを見つけると、そのまま連れ帰ります。 メイには子どもがおらず、赤ん坊を育てるのがあこがれだったようです。 連れ帰った赤ん坊を見て、チャーリーは「醜い顔だ」と言いました。 それでも赤ん坊はトーマス・ヒューイットという名前をつけられ、ヒューイット家で育てられます。 ヒューイット家は2階建ての、大きな白い屋敷でした。 トーマスは長じるにつれ、変性疾患で顔面が変形し、ますます奇形の度合いがひどくなりました。 本人もそれを気にするようになり、顔には布を巻いて隠しています。 幼少のころから、トーマスは動物を殺し、その手足をもぎたがりました。 12歳になってから、トーマスはリー精肉所で働き始めます。 顔が醜くても、精肉所で働くことはできるからです。 奇しくもトーマスの父は精肉所の主任でしたが、双方ともに親子だとは知りませんでした。 1965年以降、ベトナム戦争が激化しても、まだトーマスは働いていました。 ・トーマス…いわゆる「レザーフェイス」。 先天的疾患により顔が奇形。 主任殺害後、チェーンソーを手に入れる。 ・チャーリー…トーマスの叔父にあたる。 ヒューイット家でいちばん発言権がありそう。 あとでホイト保安官の制服とパトカーを手に入れる。 ・ルダ・メイ…トーマスを拾って、母親のように育てた女性。 チャーリーの姉。 ・モンティ…トーマスの祖父で、ルダ・メイやチャーリーの父親。 メガネをかけている。 〔1969年7月〕 30歳を目前に控えたトーマスの身に、大きな転機が訪れました。 テキサス州衛生局が監査をして、リー精肉所は閉鎖に追い込まれたのです。 トーマスはもう働く必要がないと言われても、そこで作業を続けました。 閉鎖した精肉場で痛罵されたトーマスは、主任をハンマーで殴って殺します。 その後、職場で見つけたチェーンソーを持ち、トーマスは家に帰りました。 …同じ頃。 若者4人がドライブ旅行に出ていました。 エリックとディーンの兄弟と、それぞれの恋人の4人です。 ・エリック…黒髪の若い男性。 ディーンの兄で、クリッシーの恋人。 ベトナム戦争は経験済みで、2回目となる今回も行くつもり。 クリッシーに旅行中、プロポーズする。 ・クリッシー…黒髪の若い女性。 エリックの恋人。 本作品の主人公的役割。 ・ディーン…金髪の若い男性。 エリックの弟で、ベイリーの恋人。 ベトナム戦争へは行きたくないし、戦争へ行きたがるエリックに対しても少し反感を抱いている。 ・ベイリー…金髪の若い女性。 ディーンの恋人。 クリッシーとも仲がよい。 (金髪同士、黒髪同士でカップルなので、見分けがつきやすい) お互いにモーテルを取り、プールで遊びながら、エリックはクリッシーにオモチャの指輪をプレゼントし、プロポーズしました。

次の