パン セクシャル 診断。 【診断】パンセクシャルの特徴とあるある!バイセクシャルとの違いも

「パンセクシャル」「アライ」って知ってる?LGBT以外にも知っておくべき、たくさんの性指向

パン セクシャル 診断

全性愛(ぜんせいあい)、 パンセクシュアリティ(pansexuality)とは、ないし等の性の分類に適合しない人々も含め、あらゆる人々に恋をしたり、性的願望を抱いたりするという、全ての性的指向を内包する汎愛性の高い愛に於る形態である。 全性愛の性質を持っている人を 全性愛者(ぜんせいあいしゃ)、 パンセクシュアル(pansexual)、パンセクという。 彼等の中にはパンセクシュアルとは、的であれ、的であれ、性というものは意味の無いものであるという的立場から、性別にとらわれず特定の人間に恋をしているだけと考える人もいる。 パンセクシュアルの「」とは、に由来し、「全て」を意味する。 転じて全性愛は人を人間という種として愛する。 脚注 [ ] [] 注釈 [ ]• セクシュアリティあるいはセクシュアルの部分はそれぞれ セクシャリティ、 セクシャルとも表記。 関連項目 [ ]• (ヘテロセクシュアル)• (ホモセクシュアル)• (バイセクシュアル)• (ポリセクシュアル)• (エイセクシュアル)• (ノンセクシャル).

次の

バイセクシャルとは?バイセクシャルの意味と特徴・診断方法

パン セクシャル 診断

診断の前に…バイセクシャルとは? 地球上に存在する人間は、「男」と「女」のどちらかの性別に分けられますが、男性は女性を愛するもの、女性は男性を愛するものというように、これまで異性に対して恋愛感情を抱く事が一般的とされていました。 セクシュアリティに関する話題についての関心度が上がってきていることからも、バイセクシャルについてなんとなく理解している方も多いはず。 バイセクシャル診断の前に、ここで今一度 バイセクシャルの定義についてみていきましょう。 バイセクシャルの定義 バイセクシャルとは、 性別の垣根を超えて男女どちらにも恋愛感情を抱く人のこと。 男性が男性に恋愛感情を抱く「ゲイ」や、女性が女性に恋愛感情を抱く「レズビアン」というように、性対象が男女のどちらか一方であるケースとは異なり、バイセクシャルは 男女両方に恋愛感情を抱いたり、性対象として認識するのです。 バイセクシャルの場合、自分の性別や相手の性別に捉われず、 「ひとりの人間として」相手の魅力的な部分に本能が感じたままに恋愛感情を抱きます。 またバイセクシャルであることに物心がついた時から自覚している人もいれば、性に対して関心が強くなる思春期に自覚する人もいますし、大人になってからバイセクシャルであることを認識したなど、自覚が芽生えるのは人によって様々でもあるのです。 バイセクシャルの類義語 そしてバイセクシャルという言葉以外にも、 「パンセクシュアル」や「バイキュリアス」というように似たような類義語も存在します。 「パンセクシュアル」とは、自分の生まれ持った肉体や相手の性別に関わらず、全ての人を愛することができる人のこと。 バイセクシャルは、相手が男性なのかあるいは女性であるのか 性別を識別したうえで、恋愛感情を抱くのに対して、パンセクシャルは人に恋愛感情を抱く時に、 相手の性別を念頭に置かないといった両者の違いがあります。 バイセクシャルのもう一つの類義語である「バイキュリアス」とは、今までの恋愛対象や性対象が一般的である一方で、 自覚症状なしに同性に魅力を感じる人に対して使われる言葉です。 バイセクシャル診断 では、バイセクシャル診断15項目を紹介します。 女性同士でも肌が触れるとドキッとしてしまう• キャリアウーマンなどのカッコイイ女性に憧れる• 中性的な男性に恋愛感情を抱きやすい• 女の子らしくふわふわした女性が好き• 泣いていたり元気がない女性を見かけると抱きしめたくなる• 女性とお風呂に一緒に入った時にドキドキする• 男性用の服を持っている• 結婚願望がない• 「男の子っぽい」と言われたことがある• ボーイッシュなファッションが好き• 人によく相談されたり頼られる「姉御肌」である• 女性を大事に扱う• 男性から女性扱いされたい• 女性らしさと男らしさの両方を兼ね備えている• 性別関係なしにすべての人に恋愛感情を抱いたことがある 続いて、上記の診断項目についてそれぞれ詳しくみていきましょう。 このように意図的だったりふざけて手を繋いできた時や、ふとした瞬間に手や肩が触れ合った時にドキドキしたら、バイセクシャルであると診断できる傾向にあります。 バイセクシャルだと男性に対しても同様に、肌が触れた瞬間にドキドキしたり意識してしまうのです。 次から次へとテンポ良く仕事をこなすデキル女性の立ち振舞いや言動に、人として憧れる女性は多いでしょう。 しかしバイセクシャルと診断できる場合、カッコイイ女性に対して「自分もそうなりたい!」と尊敬や憧れというような感情よりも、 「その女性の傍にいたい」と尊敬や憧れとは違うドキドキ感やトキメキを抱いてしまっているのが特徴です。 憧れのカッコイイ女性のことを無意識のうちに目で追ってしまっていたり、頭の中から離れなかったりするのであれば、恋愛感情を抱いていると診断できるでしょう。 憧れだけの存在ではなく、特別な存在に変わっているのであればバイセクシャルの可能性があります。 バイセクシャルな女性は、男性らしい一面を持ちつつも女性ならではの細かな気遣いのできる中性的な人を恋愛対象として見る傾向があります。 特にがさつで男性的な性格をしている女性にとっては、女の子らしい女性に憧れたり、羨ましいと思ったりすることがあるのではないでしょうか? しかし、バイセクシャルな女性は女の子らしくてふわふわした女性を目にすると、 「守ってあげたい」「自分が傍にいてあげなくちゃ!」というように、男性的な思考が働きやすい診断傾向にあるのです。 日常生活を送る中で、このように男性の視点で物事を見る傾向が強い場合は、バイセクシャルの可能性があります。 そのため、男女関係なくいつもより元気がない人や泣いている女友達の姿を目にすると、傍について慰めてあげたりすることに違和感を感じることはないでしょう。 女の子らしくふわふわした女性を見ると、守ってあげたいというような男性視点に立って考えてしまう時と同様に、落ち込んでいる女性や泣いている女性を見て 思わず抱きしめて守ってあげたくなるような感情になる場合にも、バイセクシャルな診断の可能性があります。 ただ単に女友達の一人として、心配してあげたり元気づけてあげたいと思うだけでなく、男性に抱くような特別な感情を抱いているようであれば、それは恋愛感情かもしれません。 バイセクシャルでなければただの興味本位で見ているだけに、特にドキドキしたりというような感情は芽生えることがありません。 しかし、その興味本位という考えを超えて、 性的な魅力を感じてしまう場合にはバイセクシャルである診断の可能性が高いと言えるでしょう。 女性らしいファッションもするけれど、 男性用の服だけを着こなす場合もバイセクシャルな女性に見られる傾向です。 結婚適齢期を迎えて、周りの友達や同僚が既婚者になっていくと取り残された気持ちに陥ってしまったりと、どうしても結婚に対して焦りを感じてしまう女性は多いもの。 しかし、バイセクシャルな女性は 結婚に対して、こだわりを持たない人が多い傾向にあります。 結婚制度にこだわりを持っていないものの、子供が欲しくて男性と結婚し子供を授かるというようなバイセクシャルな女性も存在するのです。 しかし、中には意識的にカッコイイと言われたくて、男性っぽく振る舞ったりする女性もおり、バイセクシャルな女性は見た目が男性っぽい傾向にあるのも特徴です。 ただ、バイセクシャルでない女性の中にも、女の子らしくてフェミニンなファッションを好まないパンツスタイルが好きな女性もいますので、いつもボーイッシュなファッションをしているからという見た目だけでは判断は付きにくいです。 見た目からしてボーイッシュなバイセクシャルな女性もいますが、中には女性らしいフェミニンなファッションをしていても、 男性性を強く兼ね備えた性格をしている姉御肌な女性もバイセクシャルと診断できます。 自分の思ったことをズバッと言えるようなサバサバとした性格をしている女性は、同性からも好かれることが多く、バイセクシャルな女性から好意を持たれることも多いのです。 レディーファースト精神が根付いている外国人は多く、恋人以外に対してもレディーファーストを行います。 バイセクシャルな女性も同様に、恋愛感情を抱いている同性に対して女性を大切に扱ったり、恋愛感情がない女友達であってもレディーファーストするのが自然と身についている傾向にあるのです。 男性的な視点や考えを持つバイセクシャルな女性は、 同性を大切に扱おうとする気持ちや、女性ならではの細かな気遣いができるといった特徴があります。 また、そうしてもらいたいと望んでいるはずです。 男性に大切に扱われたいという気持ちは、バイセクシャルな女性も同様にあります。 男らしく頼もしい男性を前にすると、本能的に女性らしさが出てしまうことから、普段頼りにされることの多いバイセクシャルな女性は、 好きになった男性には大切に扱われたいという願望を持っているのです。 恋愛対象が男性の場合は、男性から大切に扱われたいという気持ちが強くなりますが、恋愛対象が女性である場合は、相手の女性のことを大切に扱いたいという気持ちが強くなります。 このことからバイセクシャルな女性は、 恋愛対象によって接し方が変わってくると同時に、こちらの診断項目からもバイセクシャルであるかどうか診断することができるのです。 このように、女性らしい一面と男性らしい一面があると自覚がある場合にはバイセクシャルな女性と診断することができるでしょう。 恋愛対象が男性だと 相手の男性好みの可愛らしい女性になることもできますし、逆に恋愛対象が女性であれば、 ヘアスタイルやファッションも女性好みに変わるといった特徴があります。 恋愛感情を抱く相手がいつも決まって異性である人もいれば、いつも仲良くしている女友達がいつの間にか特別な存在に変わっていて、恋愛対象として見ていたことを自覚した時、自分に戸惑いを感じてしまう人もいるはず。 バイセクシャルなすべての女性に共通することは、異性愛者と同様に意識的に人を好きになろうと思って好意を抱くのではなく、 無意識的だったり、直感で恋愛感情を抱いているということ。 実際に、人を好きになるのに特別な理由なんていりませんよね。 自分の心の中にあるセンサーが反応し、そのセンサーに触れた相手がたまたま女性であったり男性だっただけで、人を好きになるという行為自体は他の人と何ら変わりないのです。

次の

全性愛

パン セクシャル 診断

「バイセクシャルを自認している人の中には、実はパンセクシャルだった…という人もいるかもしれません。 そこで、パンセクシャルとの違いを含めて、バイセクシャルの簡単診断テストを作成しました。 【1】パンセクシャルという言葉を知っている人は1〜2割! パンセクシャルという言葉を聞いたことはありますか? なんとなく知っている人もいるかもしれませんが、「バイセクシャルとどう違うの?」と思っている人もいるかもしれません。 パンセクシャルを日本語で言うと「全性愛」といいます。 男性女性にあてはまらない人たちも含め、全ての人に恋をしたりすることで、その性質を持っている人のことを「全性愛者」といいます。 つまり、パンセクシャルを意味も含めて認知している割合は1〜2割程度と考えられます。 実際、バイセクシャルと思われがちにあるのが現状です。 もしかしたら自分はバイセクシャルではなくパンセクシャルだった…なんて人もいるかもしれませんね。 調査期間:2020年02月25日〜03月06日 調査対象:10〜30代男女100名 調査方法:WEBリサーチ 【2】バイセクシャルの診断テスト バイセクシャルはどのような特徴が見られるのでしょうか。 全性愛のパンセクシャルとの違いや、よく言われている特徴を5つピックアップします。 (1)相手の性別を意識する バイセクシャルの大きな特徴は「恋愛において相手の性別を意識している」ことです。 「恋愛に性別は関係ない」という考えとは異なります。 それよりかは男性的な魅力と女性的な魅力の両方に惹かれる傾向にあります。 (2)中性的な人に惹かれにくい 中性的な人に惹かれにくいというのも特徴の一つです。 もちろん中性的な人を好む人もいますが、どちらかと言えばしっかりと男性的である・女性的である人に惹かれる傾向にあります。 また、今まで男性と女性にしか惹かれたことがないので、中性的な人にはあまり惹かれないということもあるようです。 (3)男性と女性への態度が変わらない バイセクシャルの人は、男性と女性のどちらと接している時でも、態度が変わらないという傾向にあります。 パンセクシャルも同様なことが多いですね。 どちらでも平等に接し、とてもフレンドリーです。 また恋愛において、特に異性の扱いに長けています。 男性の場合はいやらしさがなく、女性に優しく接することができます。 女性の場合、男性の気持ちが理解しやすいので、距離を縮めることの得意な人が多いです。 (4)異性から性別の意識をされたい 異性から自身の性別をきちんと見てほしいと思っている人が多い傾向にあるようです。 例えば男性の場合、女性からは男性らしく見られたい。 女性の場合、男性からは女性らしく見られたい。 下心等関係なく、きっちり性別を分けたいと思うようです。 (5)さっぱりとしていて頼りになる人が多い バイセクシャルの人は、全体的にさっぱりとした性格をしており、リーダーシップがあります。 人から頼りにされることも多いでしょう。 また、自分自身に自身がある人も多く、常日頃なにかしら目標をもって行動していたり、他人と接する時でもきちんとした対応を取れます。 また、美意識も高い傾向にあるので、身嗜みにはかなり気を使います。 【3】まとめ ここまで細かくお話ししてきましたが、バイセクシャル・パンセクシャルはじめ、いくつものマイノリティは「社会」に認知してもらうために名付けられているので、あまり難しく考える必要もないと筆者は思っています。 自分の性を見つめ直すときに、参考にしていただければ幸いです。 「パンセクシャルなのかも……」と気になったら、も確認して見てくださいね。

次の