オロナイン 湿疹。 オロナイン公式サイト|大塚製薬

陰部のかゆみにオロナインを使ってはいけない理由

オロナイン 湿疹

オロナインにはどんな効果がある? オロナインは少し硬めのクリームで薬っぽさは感じません。 香りについては好き嫌いがあると思いますが、強い香りではないと思います。 塗ることで効果があるとされている症状には吹出物・ニキビ・軽度の火傷・しもやけ・ひび・あかぎれ・すり傷・水虫など。 オロナインが吹出物やニキビに効くのはその有効成分にクロルヘキシジングルコン酸塩液が配合されているからで、この成分は殺菌消毒薬です。 病院の器具の消毒薬としても使われています。 ニキビの原因はアクネ菌やマラセチア菌なので、殺菌して菌の増殖を抑え症状を落ち着かせる効果があります。 ただ、ニキビを治す薬ではなくて殺菌消毒薬なのでオロナインを塗ってニキビが絶対治る!というものではありません。 あとは、止血作用の成分とオリブ油、ステアリルアルコール、グリセリン、サラシミツロウ、ワセリン、この辺りは油剤と保湿作用です。 オロナインを塗るとベタベタまではいきませんがモッタリとしているのは油剤がたっぷり入っているからですね。 乾燥には充分すぎるほどの油剤が入っています。 手荒れや手湿疹にオロナインを塗って治るのか? この記事を見ている人はおそらくこの部分が知りたいのだと思いますけど、 手荒れは乾燥による手荒れであればちょっと期待できる、酷い炎症が出ている手荒れと手湿疹は期待できない、というのが自分の経験。 少し言葉を濁してますけど、薬や保湿剤は治る・治らないというのはハッキリ言えない、 色々あるので… 乾燥による手荒れにはちょっと期待ができると言ったのは、オリブ油、ステアリルアルコール、グリセリン、サラシミツロウ、ワセリンが入っているから。 この中で保湿作用があるものはグリセリンのみ。 保湿力はあまり高くなくて化粧品などにもよく含まれています。 保湿力だけで見ればグリセリンはヒアルロン酸やコラーゲンよりも保湿力は低いです。 残りは油剤です。 油分なので肌にはほぼ浸透しませんが、皮膚からの水分蒸発を防いでくれます。 冬になると手がカサカサするよね~という人にはオロナインでもカサつきを抑えることはできますが、乾燥で皮膚がガチガチに硬くなってパックリ割れている人が保湿を求めてオロナインを塗ってもあれ?ってなるかもしれません。 酷い炎症が出ている手荒れと手湿疹には期待できないと言ったのは、オロナインの注意書きにも「湿疹、ただれ、かぶれ、虫刺されには使用してはいけない」と記載されているから。 酷い手荒れや手湿疹になるとただれやかぶれのように炎症が強く出て、このような症状にはおすすめされていません。 オロナインには止血作用があるけど、これはひび・あかぎれなんかに有効です。 ですが、炎症を抑えるという作用ではないんですね。 症状がほんのり赤いとかだったら塗っても大丈夫なんですが、皮膚が腫れるほど炎症が強く出てたりジュクジュクしてたりするものには、ただれやかぶれに入ってしまうので注意が必要ということです。 こちらの記事にも書いていますが、 炎症を起こしている手に塗ると痒みが出る事があります。 炎症が出ている時の皮膚って過敏性が高まっています。 この場合はオロナインだけじゃなくても化粧水とか石鹸とか食品とか携帯とか何触っても痒みが出ます。 もう手を掻きむしりたくて何やっても手の痒みのことしか考えられない時ってありますよね。 こんな時に炎症を抑える効果のないオロナインを塗っても痒みが強くなるだけです。 オロナイン水で乾燥が治る? オロナイン水も一時期流行りましたね。 オロナイン水というのはオロナインを化粧水や精製水で溶かしたものです。 オロナインを直接肌に塗るより、水分を加えた方が伸びが良く塗りやすいということから広まりました。 吹出物やニキビ、乾燥にも効果があるとされ、洗顔後のスキンケアとしても多くの人に取り入れられています。 オロナイン水は保湿効果があり乾燥肌も治ると言われていますが、オロナインにはオリブ油、ステアリルアルコール、グリセリン、サラシミツロウ、ワセリンが入っているから。 ただし、上でも書いているようにグリセリンは水分を引き寄せる性質があるけど保湿としての力はそんなに強くありません。 オリブ油などの油剤が肌からの水分蒸発を逃がさないよう働くので、塗った後はしっとりもっちりした肌になると思います。 これで乾燥が改善する人というのはもともと軽度で皮膚に修復する力があった人です。 オロナイン水を使うくらいならヒアルロン酸やセラミドが配合されたものの方が効果はあります。 しっとりもっちりするのは油分のおかげ、それは皮膚の表面だけで肌が保湿されている訳ではありません。 オロナイン水が流行ったことで、オロナインは保湿剤がわりになると現在でも使用している人は多くいます。 10代から30代にオロナイン皮膚症と言われる皮膚疾患が急増し、酷い乾燥や炎症が症状として出ています。 オロナイン皮膚症はオロナインの成分によるものという結論づけがされ、保湿剤がわり使うべきではないと言われています。 オロナイン以外に肌の乾燥を治すものはある? オロナインで手荒れや手湿疹が治ってくれれば良かったのですがそう簡単にはいきません。 手荒れや手湿疹による乾燥や炎症を治すには皮膚科に行くっていうのが一番の方法ですが、皆が皆病院に行ける訳ではありません。 忙しい人もいれば面倒だと思う人もいます。 手荒れや手湿疹は刺激を避けることと、保湿を行うことが治療の近道なんですが、この保湿というのにはセラミドを使った方が良いです。 セラミドはCMなんかでもよく目にしたりしますね。 病院で処方されるヒルドイドや尿素などの保湿剤よりももっと保湿力のある成分です。 病院でもセラミドを処方してくれればいいのですが高価な物なので保険適用ではないそうです。 セラミドはもともと皮膚の中にも存在していますが、手荒れや手湿疹の人ってセラミドが体質的に少ない傾向にあるのが分かっています。 セラミドが少ないと何がいけないのかというと、皮膚の中で水分を蓄えられないんです。 皮膚の中に水分が少なければ肌の乾燥は勿論、ハウスダスト・雑菌・洗剤などの刺激物質ありとあらゆるものがカサついてすき間のできた皮膚から侵入してきます。 手荒れや手湿疹の人の手がすぐ痒くなったり赤みが出たりカサつくのはこういう理由があるからです。 少なくなったセラミドは外部から補うことである程度は回復するので、オロナインで手荒れ・手湿疹治そうとするよりはセラミドの保湿剤を使った方がよっぽど現実的かなと思います。 セラミドなんか使ったことないし、どれがいいか分からないという人は がおすすめ。 ロベクチンは抗がん剤や放射線治療を行っている人の副作用である酷い肌荒れの保湿・ケアをするために作られたクリームなんだ。 刺激となる成分を徹底的に排除しているから、赤みや痒みのある手にも使える。 ロベクチンは保湿クリームとしては正直少し高いなと思う。 だけど、アトピー肌にも使えるくらい成分にこだわって作られているから、手荒れや手湿疹のケアにはおすすめできるクリームです。 酷い手荒れや手湿疹になると痒みや炎症で症状が悪化することがあるので無理に塗らないようにしましょう。

次の

ウソ!?アトピーにオロナインを使ってはいけない理由

オロナイン 湿疹

べとつく場合は、タオル、ガーゼ等で拭きとってください。 きず口を消毒し、化膿を防ぎます。 化膿を防ぎます。 殺菌作用により化膿を防ぎます。 なお、じゅくじゅくした湿潤性の水虫には適当ではありません。 ご家庭ばかりでなく、外出や旅行のときの携帯薬としても使用できます。 成分・分量 本剤は殺菌作用を有するクロルヘキシジングルコン酸塩を配合した親水性軟膏です。 1g中にクロルヘキシジングルコン酸塩液(20%)を10mg含有します。 なお、添加物としてラウロマクロゴール、ポリソルベート80、硫酸Al/K、マクロゴール、グリセリン、オリブ油、ステアリルアルコール、サラシミツロウ、ワセリン、自己乳化型ステアリン酸グリセリル、香料、精製水を含有します。 用法及び用量 【用法・用量】 患部の状態に応じて適宜ガーゼ・脱脂綿等に塗布して使用するか又は清潔な手指にて直接患部に応用します。 【用法・用量に関する注意】 (1)小児に使用させる場合には、保護者の指導監督のもとに使用させてください。 (2)目に入らないように注意してください。 万一、目に入った場合には、すぐに水又はぬるま湯で洗ってください。 なお、症状が重い場合には、眼科医の診療を受けてください。 (3)本剤は外用にのみ使用してください。 (4)患部やその周囲の汚れを落としてから使用してください。 剤型・形状 軟膏 使用上の注意点 次の部位には使用しないでください。 (1)湿疹(ただれ、かぶれ) (2)化粧下 (3)虫さされ 使用上の相談点 1.次の人は使用前に医師、薬剤師又は登録販売者に相談してください。 (1)医師の治療を受けている人 (2)薬などによりアレルギー症状(例えば発疹・発赤、かゆみ、かぶれ等)を起こしたことがある人 (3)患部が広範囲の人 (4)湿潤やただれのひどい人 (5)深い傷やひどいやけどの人 2.使用後、次の症状があらわれた場合は副作用の可能性があるので、直ちに使用を中止し、この添付文書を持って医師、薬剤師又は登録販売者に相談してください。 関係部位…症状 皮膚…発疹・発赤、かゆみ、はれ、乾燥、ひびわれ 3.5~6日間使用しても症状がよくならない場合は使用を中止し、この添付文書を持って医師、薬剤師又は登録販売者に相談してください。 保管および取扱上の注意点 (1)直射日光の当たらない涼しい所に密栓して保管してください。 (2)小児の手の届かない所に保管してください。 (3)他の容器に入れ替えないでください。 (誤用の原因になったり品質が変わります。 ) (4)外箱及び容器に表示の使用期限をすぎた製品は使用しないでください。 (5)瓶容器はガラス製ですので、強い衝撃はさけてください。 容器が破損し、けがをするおそれがあります。

次の

乾燥肌による湿疹にオロナインを使う人が・・いずれ湿疹が悪化します!

オロナイン 湿疹

オロナインよりも皮膚炎に有効な薬とは まず、皮膚炎とはどのような状況かというと、 皮膚が外の物質に触れることによって生じる皮膚の炎症です。 例えば、植物、金属のアクセサリー、靴の素材などが炎症の原因になることもあります。 オロナインの有効成分は「クロルヘキシジングルコン酸塩」という、殺菌作用がある成分で、マウスウォッシュにも配合されているものがあり、医療でも広く使われている成分なのですが、皮膚が炎症を起こしている場合には、炎症を抑える必要があるため、殺菌だけでは不十分ということになります。 炎症を抑えるには抗炎症作用がある薬品を使わないことには、かゆみやただれを治療することができないというのがポイントです。 抗炎症作用がある市販薬 まず、市販薬でも抗炎症作用を持っている薬にはステロイドが含まれており、 逆に炎症を抑えるとなるとステロイドを除外するのは、非常に難しいことになります。 皮膚炎の炎症を抑えるのに、ステロイドは非常に効果的なのですが、他の免疫細胞まで働かなくしてしまうので、長期間の使用は避けて、効果が出ないようなら皮膚科を受診しましょう。 また、市販薬を選ぶ際には、第2類医薬品と第3類医薬品の違いも理解しておく必要があります。 ・ 第2類医薬品 副作用、相互作用などの項目で安全性上、注意を要するもの。 またこの中で、より注意を要するものは指定第2類医薬品となっています。 第 2類医薬品には、主なかぜ薬や解熱剤、鎮痛剤など日常生活で必要性の高い製品が多くあります。 専門家からの情報提供は努力義務となっています。 ・ 第3類医薬品 副作用、相互作用などの項目で、第1類医薬品や第2類医薬品に相当するもの以外の一般用医薬品。 引用元・ 第2類医薬品または指定第2類医薬品と書かれているものは、副作用が出るリスクが第3類医薬品よりも高いことを覚えておきましょう。 (指定第2類医薬品は特に注意が必要です) オイラックスデキサS軟膏 出典: こちらは指定第2類医薬品に分類されているので市販薬の中では効果が強いものとなります。 「デキサメタゾン酢酸エステル」というステロイドが入っており、ステロイドの強さを表す5段階評価では、一番下のweak(弱い)に分類されているものです。 特徴としましては、抗炎症作用と殺菌作用の両方があり、湿っている皮膚炎にも乾燥している皮膚炎にも利用することができます。 エンクロン軟膏EX 出典: こちらは第2類医薬品なので、医薬品の分類の中ではオイラックスよりも1つ下のランク(リスクが低い)となります。 ただ、「プレドニゾロン吉草酸エステル酢酸エステル」というステロイドが入っており、 ステロイドの強さを表す5段階評価では3番目に強いstrong(強力)に分類されているので、効果は高いでしょう。 その他にも、クロタミトンというかゆみを抑える成分が入っているのと、無香料で無着色なので添加物による害が少ない軟膏です。 レスタミンコーワパウダークリーム 出典: スポンサーリンク 第3類医薬品なので、上の2つよりもリスクが低いですが、即効性ではやや負けます。 また、ステロイドが入っていないので、安心して使うことができる点でポイントが高いです。 しかし、 配合されている「グリチルレチン酸」という成分はステロイドほどではありませんが強力なので、ステロイドが入っていないからといって、塗りすぎには注意してください。 ステロイドの表記はかなり曖昧 上の「レスタミンコーワ」にはステロイドは入っていませんが、例えノンステロイドと記載されていても、少量のステロイドが入っていることがあるので、購入する前には良く確認する必要があります。 また、表記の仕方も統一されていないため、1つのステロイド成分にいくつもの呼び名があるというのも珍しくありませんから、市販薬を使う際には薬剤師さんの説明をよく聞いて選ぶと安全でしょう。 市販の外用薬を使用して皮膚に異常が出た際には、皮膚科に全成分が分かるもの(箱や説明書)を持っていくと診察がスムーズにいきます。 オロナインで皮膚炎が治らない理由と軟膏について オロナインの有効成分である「クロルヘキシジングルコン酸塩液」には、殺菌作用がありますが炎症を抑える抗炎症作用がないため、皮膚炎を治すことはできません。 オロナインの公式サイトにも、 次の部位には使用しないでください。 湿疹(ただれ、かぶれ) 2. 化粧下 3. 虫さされ 引用元・ と書かれており、皮膚炎で炎症が起きているとただれてきますから、使用はすすめられていないですね。 オロナインが皮膚炎の治療に効果的ではないのと同様に、ワセリンも抗炎症作用がありませんから、単体では皮膚炎を治すことはできません。 軟膏(なんこう)とクリームの違い 市販されている外用薬には、主に軟膏(なんこう)とクリームと書かれているものがあり、選ぶ際に迷うことがあると思います。 オロナインの正式名称は「オロナインH軟膏」なので軟膏ですね。 しかし、この2つには明確な違いがあるので、覚えておくと自分にあった商品を選ぶのに役立つでしょう。 軟膏とクリームの違いは、このように定義されています。 軟膏とクリームの違いはクリームには水が含まれていて、油ときれいに混ざっていることです。 軟膏には水が含まれていません。 クリームが軟膏に比べて塗りやすく、べたつかないのも水が含まれているからです。 〈中略〉 クリームも軟膏に比べ吸収されやくなっています。 そのため、クリームの方が早く効果が出ますが、軟膏に比べ汗で流れやすい欠点もあります。 〈中略〉 薬の名前に『~軟膏』と書いてあっても、クリームであることもあります。 引用元・ ポイントとなるのは、軟膏よりもクリームが吸収されやすいということ、クリームはベタつきがないので塗りやすい、さらに、軟膏という名称で売られていても実際にはクリームである可能性があるということです。 もし、同じ製品名で軟膏とクリームがある場合は、塗りやすさを重視するならクリームの方がベタつかないのでいいですが、軟膏の方が汗によって落ちにくいため、塗る部分や時期によって使い分けるといいでしょう。 ステロイドを使う際の注意点 ステロイドは炎症とともに、免疫細胞の働きそのものを止めてしまうので、長期間の使用は厳禁です。 市販の外用薬の説明書にも書かれていると思いますが、ステロイド剤を長期間使用すると副作用が出る可能性があります。 ステロイド剤を含んだ外用剤の長期連用の目安は約2週間です。 漫然と長期連用すると副作用があらわれるおそれがありますので、症状がよくなった場合は使用を中止し、症状がよくならない場合は皮膚科を受診するようにしてください。 一般にステロイド成分は強力な抗炎症作用をもっていますので、通常数日から2週間程度で効果があらわれます。 引用元・ ポイントなるのは、症状が良くなったら使用を中止するということですね。 免疫細胞の働きを抑制している期間が長ければ長いほど、他の細菌に感染するリスクが高まるので、使いっぱなしはよくないのです。 ステロイドを使い続けると効果が半減する ステロイドも塗り続けていると、肌に耐性ができてしまい効きづらくなってしまうことがあります。 これは、 使い続けているうちに体に抵抗力がついてしまい、効果が半減するということで、ステロイドも肌にとっては異物ですから、ウイルスと同じように体が防御体制に入ってしまうと、浸透するのをガードしてしまうので、効きにくくなるのです 人間には意識することなく、身の回りの環境に適応しようとする環境適応能力があるので、ステロイドに限らず薬品を常用していると、皮膚に塗っている状態に慣れようとしてしまい、本来の効果を下げるだけではなく、皮膚そのものの免疫細胞が正常に働かなくなるので注意が必要となります。 オロナインのようなステロイドを含まない軟膏であっても、何も症状がないのに塗り続けると、肌の免疫力を下げてしまうので注意が必要です。 市販されているステロイドが入った外用薬を使用する場合は、長期間の利用は避けて、効果が出ないようなら皮膚科を受診しましょう。 参考: カテゴリー•

次の