転生 チート 小説。 チート/転生/最強 小説家になろう 作者検索

転生貴族のハーレムチート生活【1000万pv達成しました~】

転生 チート 小説

このままじゃ宇宙の藻屑じゃなか」 第六艦隊旗艦ペルガモンで悩む男が一人、第六艦隊次席参謀ジャン・ロベール・ラップ准将その人であった。 チクショウメー!キン肉マンの世界だと思って転生したら死亡フラグ満載の銀河英雄伝説の世界だし。 しかし幾ら転生者でも宇宙空間に放り出されたら死ぬのは必至、何とか作戦を変えさせようと苦労するも、第六艦隊司令ムーア中将は、原作通りの無能な石頭の上に、参謀長から分艦隊司令に至るまで、猪突猛進の馬鹿ばかりと来ては、ラップが幾ら指摘しても却下されまくりである。 その上、あまりに言い過ぎたために、原作より早く罷免され自室謹慎を言い渡される始末であった。 元はといえば、単に鳥インフルエンザに感染して死んだ訳だが、目が覚めたら三途の川で溺れているという始末、藻掻いているうちに何か手にした途端いきなり巨大な釣り針で釣り上げられたらヒャクメにご対面。 「おめでとうなの、転生券ゲットなのよ」 「はぁ?」 「貴方が、拾った籤が転生の当たり券だったのよ」 「あーーーーーーーーーーーー!」 「いきなりなんなのね?」 「ヒャクメ様?」 「知ってるのねー」 「GS美神読んでたし」 「そうなのね。 あれは作者にインスピレーションが行ったのね」 「何で、三途の川に当たり券が?」 「それは私達が説明しましょう」 「あー、キーやんにさっちゃん!」 「そうですよ」 「いかにも」 「お二人にお聞きしたいのですが、なぜ当たり券が?」 「さすがは落ち着いていますね」 「まったくだな」 「それでは私から説明しましょう。 ぶっちゃけデタントで暇なので、適当に娯楽のために転生させよう言う話を麻雀の席で私とさっちゃん、ぶっちゃん、あっちゃんで話が出ましてね」 「それは面白いと、酒が入っていたからな」 「そういうことなのですよ」 「なんか壮大な話かと思ったら、そんな理由とは」 「それでな、転生というか憑依なんや」 「憑依ですか」 「そうなのだよ、其方が籤を引いてもらって出た人物が演じているキャラに憑依転生してもらう」 「えーと、演じてる人物というのは?」 「あれなんやよ、籤で引き当てた声優が声を当てたキャラに憑依って言う話や」 「はぁ?」 「ランダム感があって良いと魔界天界とも大人気なのだよ」 「つかぬ事をお伺いしますが、私で何人目ですか?」 「まだ始まったばかりですから、貴方で4人目ですね」 「安心するがいい、一つの物語には一人の転生者しか行けないようにしてあるからな」 「というわけで、籤を引いてください」 「引くとよいぞ」 「えい、毒を食らえば皿までだ!」 「おっ田中秀幸と出たな」 「面白い選択が出ましたね」 「どれどれ、代表作はテリーマンに大豪院邪鬼にトキですか」 「キン肉マンと魁男塾と北斗の拳かよ、どれも格闘ものじゃないか」 「まあ、ランダムですから、それも一興ですよ」 「というわけで、逝ってくるとよい」 「あんじょう、きばってな」 「がんばってくださいなの」 そういわれた途端、床に穴が開いて真っ逆さまに落ちていった。 「このパターンかよーーーーーー!!」 そして俺は、金髪に生まれたんだが、12歳まで転生憑依の記憶は戻らずにジュニアハイスクール入学時にそのことを思い出したんだが、この世界、キン肉マンでも魁男塾でも北斗の拳でも無く、銀河英雄伝説の世界だった! そう金髪に生まれたが、俺はジャン・ロベール・ラップに転生憑依していたのである。 記憶が戻ったとき、何でだー!!ってその日は一日部屋に閉じこもって両親を心配させたが、考えてみれば、軍に入らなければ良いと考えがまとまり、気分が楽になった。 士官学校に入らなくても徴兵される可能性が高い以上、理工系あるいは政治系の学校へ行くべくその日から勉強に励んだんだが、どうやら色々なキャラクターの力が混じっているらしく、身体能力はテリーマンや大豪院邪鬼のがスペックが有ることが判り、トキの知識から北斗神拳も使えるようで、さらに調べたらロードス島戦記のスレインまでキャラに入っていたから、魔法が使えるという何この厨二病とか、Oretueeeeeかの世界だが、実生活で使えないスキルばかりで、唯一役に立ったのは吹き替えしたジェームス・ボンドのスパイ能力ぐらいとは、とほほだった。 後で調べたら、優秀だからと軍から直接召集令状で士官学校へ入校という、民主主義って何って事をしていた。 ちくせう、シナリオが決まっていやがった! 泣く泣く士官学校へ入校して、シナリオなのかヤンとも知り合ったが、唯一のよい点はヤン・ウェンリーが原作通りの性格でよかったわけで、それにグリーン・ワイアットの知識で本格的な英国風紅茶談義ですぐに打ちとけたことだ。 士官学校時代はごく普通に過ごしたが、ジェシカだけは好みじゃなかったので、ヤンに興味が行くように色々イベントを仕込んで見事にヤンとジェシカが付き合うことに成功した。 この辺はシナリオが無いみたいでホッとし訳だ。 出征前に結婚の約束という死亡フラグが減るしね。 士官学校ではドカベン山田太郎の能力も有ることが判ったけど、この世界、野球が廃れていたので役にたたず。 フライングボールは勝手がわからず、ドカベンの能力を利用できなかったんだよな。 士官学校では適当に過ごそうとしたが、手加減が出来かねて、学年一の身体能力でシミュレーションでヤンに負けた以外はワイドボーンも負かすぐらいで、結局士官学校を次席で卒業するという、とんでも無い事をしでかして、そのまま宇宙艦隊司令部へ配属されて、とんとん拍子に出世して、今となっては准将閣下、それでも戦争に負けないようにとロボス司令長官に散々換言した結果、フォークの野郎に嵌められて、第六次イゼルローン戦後に外へ出されて、第六艦隊次席参謀へ転籍させられたわけだ。 あの野郎、いつか潰す! そして、第六艦隊から逃げられない状態でアスターテへ来ちまった訳だ。 やばいぞ、第四艦隊が消えれば次はうちなのに・・・・・・.

次の

転生貴族のハーレムチート生活【1000万pv達成しました~】

転生 チート 小説

このままじゃ宇宙の藻屑じゃなか」 第六艦隊旗艦ペルガモンで悩む男が一人、第六艦隊次席参謀ジャン・ロベール・ラップ准将その人であった。 チクショウメー!キン肉マンの世界だと思って転生したら死亡フラグ満載の銀河英雄伝説の世界だし。 しかし幾ら転生者でも宇宙空間に放り出されたら死ぬのは必至、何とか作戦を変えさせようと苦労するも、第六艦隊司令ムーア中将は、原作通りの無能な石頭の上に、参謀長から分艦隊司令に至るまで、猪突猛進の馬鹿ばかりと来ては、ラップが幾ら指摘しても却下されまくりである。 その上、あまりに言い過ぎたために、原作より早く罷免され自室謹慎を言い渡される始末であった。 元はといえば、単に鳥インフルエンザに感染して死んだ訳だが、目が覚めたら三途の川で溺れているという始末、藻掻いているうちに何か手にした途端いきなり巨大な釣り針で釣り上げられたらヒャクメにご対面。 「おめでとうなの、転生券ゲットなのよ」 「はぁ?」 「貴方が、拾った籤が転生の当たり券だったのよ」 「あーーーーーーーーーーーー!」 「いきなりなんなのね?」 「ヒャクメ様?」 「知ってるのねー」 「GS美神読んでたし」 「そうなのね。 あれは作者にインスピレーションが行ったのね」 「何で、三途の川に当たり券が?」 「それは私達が説明しましょう」 「あー、キーやんにさっちゃん!」 「そうですよ」 「いかにも」 「お二人にお聞きしたいのですが、なぜ当たり券が?」 「さすがは落ち着いていますね」 「まったくだな」 「それでは私から説明しましょう。 ぶっちゃけデタントで暇なので、適当に娯楽のために転生させよう言う話を麻雀の席で私とさっちゃん、ぶっちゃん、あっちゃんで話が出ましてね」 「それは面白いと、酒が入っていたからな」 「そういうことなのですよ」 「なんか壮大な話かと思ったら、そんな理由とは」 「それでな、転生というか憑依なんや」 「憑依ですか」 「そうなのだよ、其方が籤を引いてもらって出た人物が演じているキャラに憑依転生してもらう」 「えーと、演じてる人物というのは?」 「あれなんやよ、籤で引き当てた声優が声を当てたキャラに憑依って言う話や」 「はぁ?」 「ランダム感があって良いと魔界天界とも大人気なのだよ」 「つかぬ事をお伺いしますが、私で何人目ですか?」 「まだ始まったばかりですから、貴方で4人目ですね」 「安心するがいい、一つの物語には一人の転生者しか行けないようにしてあるからな」 「というわけで、籤を引いてください」 「引くとよいぞ」 「えい、毒を食らえば皿までだ!」 「おっ田中秀幸と出たな」 「面白い選択が出ましたね」 「どれどれ、代表作はテリーマンに大豪院邪鬼にトキですか」 「キン肉マンと魁男塾と北斗の拳かよ、どれも格闘ものじゃないか」 「まあ、ランダムですから、それも一興ですよ」 「というわけで、逝ってくるとよい」 「あんじょう、きばってな」 「がんばってくださいなの」 そういわれた途端、床に穴が開いて真っ逆さまに落ちていった。 「このパターンかよーーーーーー!!」 そして俺は、金髪に生まれたんだが、12歳まで転生憑依の記憶は戻らずにジュニアハイスクール入学時にそのことを思い出したんだが、この世界、キン肉マンでも魁男塾でも北斗の拳でも無く、銀河英雄伝説の世界だった! そう金髪に生まれたが、俺はジャン・ロベール・ラップに転生憑依していたのである。 記憶が戻ったとき、何でだー!!ってその日は一日部屋に閉じこもって両親を心配させたが、考えてみれば、軍に入らなければ良いと考えがまとまり、気分が楽になった。 士官学校に入らなくても徴兵される可能性が高い以上、理工系あるいは政治系の学校へ行くべくその日から勉強に励んだんだが、どうやら色々なキャラクターの力が混じっているらしく、身体能力はテリーマンや大豪院邪鬼のがスペックが有ることが判り、トキの知識から北斗神拳も使えるようで、さらに調べたらロードス島戦記のスレインまでキャラに入っていたから、魔法が使えるという何この厨二病とか、Oretueeeeeかの世界だが、実生活で使えないスキルばかりで、唯一役に立ったのは吹き替えしたジェームス・ボンドのスパイ能力ぐらいとは、とほほだった。 後で調べたら、優秀だからと軍から直接召集令状で士官学校へ入校という、民主主義って何って事をしていた。 ちくせう、シナリオが決まっていやがった! 泣く泣く士官学校へ入校して、シナリオなのかヤンとも知り合ったが、唯一のよい点はヤン・ウェンリーが原作通りの性格でよかったわけで、それにグリーン・ワイアットの知識で本格的な英国風紅茶談義ですぐに打ちとけたことだ。 士官学校時代はごく普通に過ごしたが、ジェシカだけは好みじゃなかったので、ヤンに興味が行くように色々イベントを仕込んで見事にヤンとジェシカが付き合うことに成功した。 この辺はシナリオが無いみたいでホッとし訳だ。 出征前に結婚の約束という死亡フラグが減るしね。 士官学校ではドカベン山田太郎の能力も有ることが判ったけど、この世界、野球が廃れていたので役にたたず。 フライングボールは勝手がわからず、ドカベンの能力を利用できなかったんだよな。 士官学校では適当に過ごそうとしたが、手加減が出来かねて、学年一の身体能力でシミュレーションでヤンに負けた以外はワイドボーンも負かすぐらいで、結局士官学校を次席で卒業するという、とんでも無い事をしでかして、そのまま宇宙艦隊司令部へ配属されて、とんとん拍子に出世して、今となっては准将閣下、それでも戦争に負けないようにとロボス司令長官に散々換言した結果、フォークの野郎に嵌められて、第六次イゼルローン戦後に外へ出されて、第六艦隊次席参謀へ転籍させられたわけだ。 あの野郎、いつか潰す! そして、第六艦隊から逃げられない状態でアスターテへ来ちまった訳だ。 やばいぞ、第四艦隊が消えれば次はうちなのに・・・・・・.

次の

チート/転生/最強 小説家になろう 作者検索

転生 チート 小説

ゲームに心を吸われた生徒を助けるために、ポンコツ女神と取引してみました。 もらうはチートスキル。 喪うは、幸せな定年退職! ゲーム世界に転生して、サクッと魔王を倒して、見事に生徒を…… ついでに世界を救っちゃいましょう。 ってつもりで乗り込んだ んだけど、なんか、思ってるのと違う。 「おい! ちょっと待て」 スキルはチートを付けるけどレベル1からだって? なんで、それを言わない。 (聞かれなかったので) いつでも元の世界に戻れるって言ったじゃないか! なんで戻ったらレベル1になるんだよ! (戻れるとは言いましたが、レベル1にならないなんて言ってません。 あ、実は、もう一つのルールがありまして……) げ、げ、げ! 話が違う! しかも、これRPGじゃないのかよ? なんか領地系SLGっポイんですけど。 しかも、これ、確実に、あの乙女ゲーが入ってるでしょ! 騙しやがったな! (いいえ。 聞かれなかったので言わなかっただけ) 「お前は、悪徳不動産屋か!」 お約束通りの「若返り」と「チート」をもらって、果たして本当に魔王を倒せるのかってか、倒す前にやること多すぎでしょ! いまさら、恋愛とか、ちょー無理ッス。 ……………………………… 「貴族なのに、なんで庶民みたいに振る舞うの?」「こんなセリフを言う?」「『です』って喋ると敬語? why? 」 とお嘆きのあなたに、ちゃんとした貴族をやっている物語です。 もちろん、お約束は外しません。 作者が理屈っぽいため、第1章がクドいです。 理屈が面倒な方は、2章から読んで頂くことをお勧めします! 後で、興味が湧いたら読んでみてください。 少々、伏線が入っています。 エタったらごめんなさい。 アルファポリス様にて、先行公開中です。 アルファポリス様がメイン版のため、ふりがな機能があちらにしか働いていません。 あちらで「お気に入り」にしていただけると嬉しいです。 alphapolis. 砦学園都市の平和な日常を破る、宇宙最強の生命体『ワーム』 圧倒的な物量と、際限が無い自己進化する生命体にナオは、『大型シャベル』で戦いに挑む。 人々は、自給 自足が出来る都市を作りそこに住んだ。 物語は、この都市の1つ…砦学園都市から始まる。 コールドスリープから目覚めたナオが生活に馴染み始めた頃。 宇宙最強の生命体ワームが、砦学園都市に侵入してきた…。 ナオは『大型二足重機』のDLとシャベルで戦うが、圧倒的な数に対処が出来ない。 そして、都市のピンチを救ったのは、ナオでは無く、機械の翼を持つ機械人『エレクトロン』の少女…『クオリア』だった。 ドラゴンが伝承にすら存在しないそんな世界。 今年十八歳で成人を迎えた青年リュウは、何故か海辺に流れ着いた王女ジーナを元の国に帰すために冒険をしていた。 そんなさなかの事、彼らの元にリンという少年が現れる。 リンは、『自分が別の世界から来 たドラゴンだ』とリュウ達に伝えるが、二人には彼が何を言っているのかが分からない。 何故なら、ここにはドラゴンなど存在しないのだから。 旅の中、人知を超えた力を扱うリンであるが、その言動は幼く生意気。 ついにジーナの国が目前に近づくものの、そこで待ち受けていたのは魔法で作られたゾンビの大群であった。 ドラゴンがいない世界で、ドラゴンを狙う組織から、ドラゴンを守る。 そんな不思議で明るく、ちょっと悲しい物語。 霊・魔王に復讐を誓う拳銃使い・戦闘狂ショタ・訳ありメイドさんを味方にして、時には覚醒、時には修行をして最強魔王を討ち倒せ!!……という感じの物語。 元ニートな転生者だが、転生後は心機一転 一生懸命生きることを誓う。 能力は物を黒くしたり、闇属性を付与する力を持つ。 ・ギルド=ペトロギヌス メインヒロイン。 巨乳で可愛い天才魔導師。 普段はおっとりしていて、タツタや仲間には優しいが敵には容赦をしないリアリスト。 光と炎の魔術を操り、精霊と感覚を共有する力を持つ。 ・カノン=スカーレット 復讐者。 〝白絵〟に家族を殺され復讐を誓う孤高のガンマン。 計六つの特殊の銃を操る。 女顔だが男。 ・ドロシー=ローレンス メイドさん。 元〝白絵〟に使えていたメイドさん。 何やら裏があるようだが……。 元盗賊だが訳あってタツタの仲間になる。 普段は年相応におちゃらけているがスイッチが入ると殺人すら厭わない。 ・フレイチェル 小生意気な火の精霊。 生意気であるが根は優しい少女。 精霊の最高位に位置する〝八精霊〟の一人。 ・クリスティア 小悪魔な水の精霊。 タツタに一目惚れして、猛アタックを仕掛けるロリ巨乳。 精霊の最高位に位置する〝八精霊〟の一人。 あらゆることを実現する力を有する正真正銘の最強。 飄々としているが冷酷非道な人格の持ち主。 最強にして最凶の盗賊団のリーダー。 そんなヤクトには秘密があった。 それは別の世界の日本という国で過ごした前世の記憶があること。 しかしその前世では、不治の病に罹り、人生の半分以上を病院で過ごし、十九歳で死ん でしまった、というものだった。 だからこそヤクトは、今世こそ充実した人生にする、と心に決めていた。 しかし、そんな望みは打ち砕かれる。 今度は妹が不治の病に罹ってしまった。 妹の病を治す方法を見つけるため村を出ることを決意したヤクトは、その旅で様々な苦難を乗り越えながら奔走し、気が付けば世界最強へと至っていた。 空虚な前世の記憶を持つ少年が、在り来りだけど確かに充実している、そんな幸せを掴むために奔走する英雄譚が、幕を開ける。 サラリー マンを将来の夢として考えていた夢海《いの》。 彼は異常と呼ばざるを得ない世界に転生しただけでなく、唯一無二の力、異能を手に入れてしまい、望まない運命を世界から与えられ、憂鬱を感じていた。 そんな状態で十九歳になり、魔法軍士官学校に入学すると、そこには地学の教師になった友人などがいた。 なぜこのような存在するはずのない世界が生まれたのか? 使い方さえ考えれば最強になれるかも知れない力を手に入れた主人公、望月夢海と、月は一つ、四季折々、言語は全く一緒のため一見普通に見える、だがやはり異常な世界とのSF異世界転生物語が、今、開幕する! ーーー このEpisodeはSF要素薄めです。 なのでこの章だけ、ハイファンタジー扱いにします。 こちらはカクヨムにも投稿してあります。 そして目を覚まし目の前に立っていたのはなんと神様だった。 その神様曰く、ユタカの事故は実は神様のミスによって招かれたものだったらしい。 そ の償いとして異世界で能力を最強値、魔法の全適性を入手した状態で転生してもらう事になったのだ。 異世界に召喚された後、小さな小屋の老夫婦によって育てられた。 順調に成長していき魔王を倒すため、ブラックと安直に名付けた小屋に迷い込んできた魔法が使える黒いイヌと旅に出た。 旅の途中、不良な輩に絡まれている双子の女性、アイリとヒナノを助け一緒に旅をする事になった。 その後もパーティーを増やし魔王討伐の旅は続く。 最強な能力と頼れる仲間達で魔王は討伐できるのか? なんて話があってたまるか… by魔王 ーーーーーーーーーーーーーーーーー 本作品は初連載なので見るに堪えない点が多々あると思いますがご了承下さい。 死後の世界で出会った天使に、自分が今までに四十七回もの転生を繰り返していた事と、毎回十五歳の誕生日に不幸死していることを知らされる。 十五 歳で死んでしまうことが問題になっていることで、天使から持ち掛けられた提案により健太は不幸死をするたびに貯まる、通称不幸ポイントを使い、異世界で特殊なスキルを持った大貴族の息子、カイル・モールズとして、転生する。 剣士としてチートまがいのスキルと、大貴族という地位を得たことで、カイルは、十五歳の死という運命に抗いながらも、歪んだ欲望を爆発させ始め…… クズな主人公が転生ごとに変わる環境、立場、そして人々との出会いにより少しずつ成長していく成長ストーリー。 序盤はもしかしたら人によっては胸糞悪いかもしれないです。 章が変わるごとに話が別物の話になるので、一章を読まずに二章からでも入っていけます。 ただ世界観は一緒で時系列的には一章から続いていくので所々で一章の話(一章で出てきたキャラクターや出来事)が入ってきたりします。 第一章カイル・モールズ編 公爵家の子供ながら最強の剣士である主人公カイル・モールズと、平民たちとの学園内での争いを描く 学園もの 第二章 ネロ・エルドラゴ編 十五歳に起こる不幸を乗り越えるため、ヒロインと一緒に旅をする、冒険もの チート物が書きたくて書きました。 良ければブクマ、評価、感想をお願いします。 カクヨムで先行更新中。 試しになろうでも投稿してみます。 どん底から始まる、悪役令嬢の英雄譚? 魔物も悪魔も魔法でぶっ倒せ! 破滅の一歩手前で、前世の記憶を思い出した、私、我儘公爵令嬢・ルシール・ネルソン。 罪が裁かれる前に、隣国・アイ オーンへ逃げることにしたが、ステータスが驚くべき数字を叩き出していた! 名前をエイリーと変え、うまく逃亡は成功した(?)ものの、なんだかんだで、英雄視されるようになってしまう。 レベルが高いだけが取り柄の女子力低め、めんどくさいことは嫌いな、最強系主人公が送る、ツッコミ必至の異世界ファンタジー! (注)段々と『お前が言うな』という場面が増えてきます。 どうぞ、盛大にツッコミを入れてください。 人生に悲観した28歳サラリーマンの楡井原蒼真は、即死クラスの自殺を奇跡的なその悪運で何度も切り抜け生還していた。 その常軌を逸した運の強さに目を付けたとある世界の女神は、滅多に非戦闘種族の地球からスカウトしないのだがギャンブル要素として蒼真 をスカウトし、自身が管轄するヒト族の世界へと転生させた。 異世界の仲間との邂逅と絆、敵対勢力との戦闘、ダンジョンや神の隠された秘密、地球上の神話との不思議な繋がり……強さを手にした者が辿る運命を幸運と持ち前の努力で切り拓いてゆく、なろう小説系王道ファンタジー。 数々の大好きな作品の更新が止まってしまったりするのが悲しすぎて、自分で完結させれば良いと思い立ち、書き始めました。 必ず完結させますので、楽しんで頂ければ嬉しいです! かなり書き溜めてるので当分の間は毎日投稿致します! コンビニ店員のおっさんが、勇者召喚に巻き込まれて異世界に! いわゆるクラス転移というやつに巻き込まれた、冴えない三十五歳の独身男性、乙木雄一。 召喚された勇者たちは女神様からチートスキルを一つずつもらって転生するが、おっさんは巻き込まれた だけなのでチートは売り切れ、貰えなかった。 代わりとばかりに女神様は、チートスキルを作るための参考に集めていた余り物、廃棄スキルをまとめておっさんにぶち込み、強制的に異世界で送り出す。 ステータスも低く、スキルも役立たず。 でもおっさんはがんばります。 気付けばおっさんの周りには、なぜかおっさんを慕う女の子や男の娘がたくさんいて。 おっさんもまんざらじゃない気分だったり。 廃棄スキルも駆使したら、全然弱くなかったり。 そんなおっさんの異世界での、なんてことの無い物語。 鈴本清美は、極めて真面目で優秀な少女であった。 学校の人気者であり、誰もに優しく、麗しき目鼻立ちに誰もが好感を抱いていた。 だがある日から、清美を快く思わぬ者による策略によって、クラスメイトの信頼を失っていく。 ついには幼馴染にさえ見捨て られ。 最後には歩道橋から突き落とされ、転落して命を落とす。 大切なもの、信じられるものは自分だけ。 そうして清美は自分以外の全てを恨み、見下し、諦めながら死んでいった。 だが、終わりではなかった。 清美は生前やりこんでいたVRMMORPG『ラブ・トゥルーシア・オンライン』に似た異世界に転生していた。 それも人気の高いNPCであり、悪役令嬢でもある『ベルスレイア・フラウローゼス』として。 新たな人生を清美改めベルスレイアは信条に従って満喫する。 自分以外は役立たず。 自分だけが大事。 自分だけが素晴らしい。 「異世界転生するなら、ステータスはそのままで」と要求したはずなのに、ファーリには類ま れなる魔法の才能があった。 しかも身分は貴族の娘。 そのままどころか、何もかもが変わってしまった! その才能のあまり、父親の鶴の一声で『王立ハンター学園』へ通うことになったり。 入学試験では謎の金髪美少女『リグレット』と仲良くなったり。 いざ入学してみればファーリの姉で吸血鬼の『クエラ』やその友達の獣人『アンネ』とチームを結成したり。 普通の生活を望んだはずが、ファーリの毎日はにぎやかなことばかり! そうこれは、かつて南条雪穂だった少女『ファーリ』が、自分の魔法の才能と向き合いながら剣と魔法の世界『ファンタズム』で生きていく物語。 闇雲に頑張ってます! とにかく、強さを求めて、頑張ってます。 かなり、チートに成って来てます。 基本的には、戦うことは、好きだけど、争いごとは、嫌いみたいです。 結構、理屈、ぽいです、が、無頓着、ぽいです。 お読みいただきありがとうございました! 【注意】この物語は冒険者パーティー黒猫の気まぐれを改稿しているだけです。 一度読んで頂いた方 にとっては話の進行は変わりません。 途中からストーリーを変更する場合はお知らせ致します。 そこまでの進行は余り変わりませんのでご注意下さい。 元の作品を読んで頂いていない方も、一話が千六百文字から四千文字程度となっております。 短いですので読みごたえは少ないと思います。 【あらすじ】 四十一歳の男が仕事中に死んだ。 その男は元々強く出ることが出来ない性格で肉体的精神的に疲労を蓄積し死んでしまう。 何かわからないうちに転生することになった男は一からやり直す。 元々年齢を重ねていたが、転生先では前世の経験を記憶に残しているが算数はあてはまらない。 転生して初めからやり直した人生。 いつの間にか最強になっている自分。 だけども偉ぶっている立場には立ちたくないと何かを誤魔化している人生。 楽しいけれども悩みが尽きない人生をどう生きるのか。 何故か魔王や悪神のような自分と価値観が違うものと敵対するように生る主人公の人生はいかに・・・。 syosetu. 冒険者パーティー黒猫の気まぐれのIFな続編です。 syosetu. 好む人がいたが、長寿な人生でも結婚には至らなかった。 また、同じ世界に転移した女が、転生した男と出会い冒険者として活動していた。 その男に好意を向けていたが気づいていただろうが結婚には至らなかった。 長寿な人族となった男と女だが、先に女が死んだ。 そして男が死ぬときに魂となった女が迎えに来て、次の人生では結婚して一生一緒に過ごしたいと願った。 その光景を見守っていた従魔の八咫烏も願った。 次の人生でもこの男女と一緒に生活したいと。 その光景を見守っていた神達は自らの世界を平和に導いてくれた二人と一匹のため力を使った。 その者たちを違う世界に送ることはできるが、転生では出会う保証はできず、同じ場所に肉体を作り、転移させることにした。 転移した後は神の力でも声が届かないため、生命の残っていた従魔に伝言を残し、事情を説明した。 その後事情を知った二人は新たな世界を楽しむために行動する。 能力やスキルはありますが、やれるけどやりたくない主人公です。 基本チートで最強なキャラクターです。 仲間も皆チートで最強! 不定期連載の予定です。 アルファポリスにも投稿していた原作が、同作品の重複投稿で非公開になりました。 しかし修正前か修正中の片方のみの投稿は良いようで、小説家になろう、アルファポリスへ投稿をしています。 一日で二千文字の更新を目指します! 四十一歳の男が仕事中に死んだ。 その男は元々強く出ることが出来ない性格で肉体的精神的に疲労を蓄積し死んでしまう。 何かわからないうちに転生することになった男は一からやり直す。 元々年齢を重ねていたが、転生先では前世の経験を記憶に残してい るが算数はあてはまらない。 転生して初めからやり直した人生。 いつの間にか最強になっている自分。 だけども偉ぶっている立場には立ちたくないと何かを誤魔化している人生。 楽しいけれども悩みが尽きない人生をどう生きるのか。 何故か魔王や悪神のような自分と価値観が違うものと敵対するように生る主人公の人生はいかに・・・。 冒険者パーティー【黒猫】として気まぐれに生きていきます! 異世界に召喚された勇者博多優斗は、異世界に転移後すぐ、そこらの弱者にステータスを超越されていた。 ギルド登録は出来ず、挙句の果てに刑務所に打ち込まれる始末。 そこで勇者博多優斗は魔族側につき人類側と戦うことを決める。 そして邪神との交流、誓 いを立て最強スキル《閻魔》を手に入れる。 「この世界を全てぶち壊すまで、俺の、俺たちの復讐の火は消えない!」 最強のスキル《閻魔》を邪神に授かりし新魔王博多優斗の異世界復讐物語! ブクマ、レビュー、感想、などをしてくださいますと、作者のモチベがめちゃあがります。 形としては、一章ごとに、完成したらまとめる感じです。 ・毎日投稿について 基本毎日出します。 万が一出さなかった場合後日2話投稿します。 6月27日〜6月28日 まで、改修を行ったので、改修終了まで一時毎日投稿停止しました。 理系大学生であった主人公・イサマは異世界に転生する。 イサマが生まれた国は一般常識として貴族しか魔法が使えず、イサマは庶民に転生したため使えなかった。 転生前の世界に戻るため、そして何よりも魔法へ強く興味を持った彼は、前世の知識を武器に魔法 の研究を志したがそれは茨の道の始まりであった…… 果たしてイサマは常識に、権力に、そして運命に逆らえるのか。 ファンタジーでよくある魔法を、現代科学の知識によって解明していく作品です。 〈注意〉 この作品では0から研究を始めます。 所謂転生特典は知識のみです。 いきなり主人公が魔法を使えるといったことは(プロローグを除いて)ありませんし魔法はどのような現象か、なぜ主人公が魔法を使えるようになったのかといった点を重点的に扱います。 タグに(後半)とつく要素は、かなり終盤です。 サブタイ回収も後半です。 また、魔法の研究だけではなく魔法が取り巻く国家やドラマという要素も多く出てきます。 さらに、現代科学の要素だけでなく空想科学もそれなりに出てきます。 そのため、それなりに腰を据えてお楽しみください。 また、空想科学も一部出てきます) ・丁寧な描写による主人公の心情、魔法の研究といった物語が読みたい方(途中ヒューマンドラマに足を突っ込みます) ・魔法の研究だけでなく、それらを取り巻く国家などといったものを読みたい方 感想はもちろん、質問やダメ出しといった点についても歓迎しています。 基本的にお知らせがない限りはすべて返信するよう努めます。 (例外はありますが) 投稿は、七月から週四回の更新を予定しています。 誤字脱字があった場合、または日本語に問題を感じた場合、報告なしに文章を変えることがあります。 文意や展開は変更しないため読み直す必要はございません。 婚約破棄を経て世界を変えた女性がいた。 世界を恐怖によって支配し、秩序を生み出した伝説の傭兵団を設立した女性がいた。 その名はリーズレット・アルフォンス。 最強の女性として君臨していた彼女は素敵なお嫁さん生活を追い求めたが、遂にそれは叶 わなかった。 老衰で死んだ彼女は人類が愚かな歴史を繰り返す中で転生者として復活した。 転生した理由を探りながら、彼女は秘められた想いを知る。 そして、再び彼女は最強の淑女として理想の旦那様を得る為に豚を駆逐する人生を歩むのであった。 前日単1と2は短編部分です。 短編を既に読んでいる方は前日譚3からが続きとなります。

次の