エメ カタオモイ 歌詞。 ヒャダイン ヒャダインのカカカタ☆カタオモイ

Aimerの歌詞一覧リスト

エメ カタオモイ 歌詞

aimer(エメ)の特徴で、最大の魅力でもある深みのある歌声を際立たせる曲調で、 曲の世界観と聴く側である視聴者の距離感をより近づけさせていて、 この距離感がリピーターとなる要因の一つとなっているそうです。 Aimer「カタオモイ」 彼女の特徴的な深みのある歌声は、壮大にすることも閉鎖的にすることも可能だ。 その特長を内澤はあえてマイナー調にすることで深みを与えている。 Aimerとは、andropの曲時間8分にもおよぶ大作「Memento mori with Aimer」でも共演しているが、こちらもマイナー調寄りだ。 どちらかと言えば、本音と建て前、相手との距離感の違いなど、対比を付けるときにマイナー調を使っているように思える。 提供曲には「twoface」もあるが、こちらはメジャー調寄り。 しかし、描いている歌詞からは届かない想いへの鬱憤が見え隠れする。 引用:Music Voice 歌詞の解釈はそれぞれあると思いますが、 Music Voiceの開設を含めて、 私個人としてもハッピーな カタオモイというより 切ない カタオモイのほうがしっくりいくように感じます。 そのような点から、結婚式向き、、、、とは言えないかもしれませんが、 先に言いましたように、解釈は個々の自由ですので ハッピーエンドを迎えた カタオモイとして使用しても良いのではないでしょうか。 まとめ まだまだ未知数の aimer(エメ)ですし、 公表していない部分も多くて情報もすくなくて 謎に包まれていますが、 それだけに気になる存在になりますよね。 今後の活躍が楽しみです。

次の

ヒャダイン ヒャダインのカカカタ☆カタオモイ

エメ カタオモイ 歌詞

楽曲名「カタオモイ」とは 「カタオモイ」というタイトルを見ると 多くの人が 「片想い」 を連想するのではないでしょうか? 確かに本楽曲の歌詞にも 僕の心は君にいつも片想い 好きだよ とありますが「カタオモイ」が意味するのは、「片想い」だけではありません。 カタカナ表記なのには理由があります。 後述していく歌詞考察の中で明らかになりますが、浮かび上がってくるのは 「幸せな主人公の情景」です。 とても単なる「片想い」とは思えません。 先に考察結果を述べますが、タイトル名「カタオモイ」は 固い愛を誓った二人の「固想い」 なのです。 しかし、ここで疑問が生まれます。 なぜ歌詞に「片想い」とあるのか。 この解釈は下記の歌詞考察で述べていきます。 MVの意味・解釈 本楽曲はアルバム 「daydream」収録曲でandropの内澤崇仁さんが楽曲提供しています。 上の動画では 「カタオモイ」だけではなく 「daydream」に収録される他楽曲も視聴することができるのですが改めて豪華なアルバムであることが分かります。 ONE OK ROCK• RADWIMPS• EGOIST• androp• スキマスイッチ• 凛として時雨 と、本当に豪華ですよね。 それだけAimerさんの独特な声色と洗練された歌唱能力が評価されたということ。 では、本題の歌詞に迫っていきます。 この時点では 「片想い」とも「固想い」とも取れます。 高い声も出せずに思い通り歌えない それでもうなずきながら 一緒に歌ってくれるかな 次に伝わるのは 君と一緒に歩んでいきたい という想い。 上で「シワが増えても」とあったように、主人公は 長い年月をかけて君と一緒にいたいのです。 これは単に顔が好みとか言うような上辺だけで構成された感情ではありません。 年を取ることでどんなにお互いが崩れていったとしても、君と言う人間と一緒に人生を歩んでいきたいのです。 割れんばかりの拍手も 響き渡る歓声もいらない 君だけ 分かってよ 分かってよ ここでも改めて君に対する強い想いが綴られる。 1番は全体を通して 「君への想い」がダイレクトに伝わる内容だったと思います。 しかし 「片想い」というには、あまりに永遠を感じさせるような内容だったのではないでしょうか。 この理由や主人公を取り巻く楽曲背景は2番以降で明らかになっていきます。 ここで連想されるのは• 片想いが成立した?• 付き合うことができた? といったところでしょうが、本楽曲はそのような規模で構成された楽曲ではありませんでした。 また 「ダーリン」とある為、女性目線の楽曲であることが分かる。 では2番に続きます。 これ以降でよりはっきりと楽曲の全容が掴めてきます。

次の

カタオモイ

エメ カタオモイ 歌詞

Aimer エメ 「カタオモイ」歌詞の意味を解釈 それでは『カタオモイ』の歌詞を、タイトルとのつながりも考えながら見ていきましょう。 たとえ年老いて君の顔にしわが増えても、僕がギターを上手く弾けなくなってしまっても、僕の心は、いつでも君でいっぱいに溢れています。 高いキーが出なくなって、音程も外してばかりになって、僕の歌はお世辞にも上手なんていえません。 だけどそんな歌でも、君が並んで歌ってくれたら、その瞬間は、どんな素晴らしい場所で多くの人に聴いてもらうよりかけがえのない時間です。 告白して恋人になったり、プロポーズされて結婚したり、そんな幸せな光景が思い浮かびます。 この幸福は、言葉で表現することができないほどです。 ただ「 愛している」とだけ言葉にします。 この状況は幸せいっぱいで、 切ない 片想いという言葉とは相いれないような気がしますね。 その幸せを味わうのは、まるで豪華なフルコースを楽しんでいるかのよう。 記念日の今日は、例えるならフルコースの中のメインディッシュのような日です。 最後の日まで、あまずっぱいデザートを味わう日まで、この幸せを堪能しようと思います。 そんなフルコースには、気の利くセリフも特別なサプライズもいりません。 ただ君が一緒にいてくれたら、それが僕の願いです。 時間が過ぎれば過ぎるほど、不思議なことに、僕の気持ちはどんどん強くなるようです。 まるでずっと片想いしてるみたいに、君のことばかり想っているのです。 君と一緒にいるという夢が叶ったあとも、僕の気持ちはどんどん大きくなっていきます。 それはやっぱりちょっと悲しい。 だけど 僕の想いはこれからもずっと変わらないでしょう。 でももし君が僕を置いて先に亡くなってしまったら、君を恨むことになるでしょう。 また生まれ変わって、たとえ第一印象が最悪でも、君に恋せずにはいられないんだろうなと思います。 いつまでも君に片想いし続けているみたいです。 僕の想いが届いても、君が僕のことを嫌いでも、この気持ちが変わることはありません。 ため息のように「 愛してる」という言葉が零れ落ちました。

次の