衛星 劇場。 野田秀樹『シネマ歌舞伎「野田版 桜の森の満開の下」』が衛星劇場で放送

野田秀樹『シネマ歌舞伎「野田版 桜の森の満開の下」』が衛星劇場で放送

衛星 劇場

お問い合わせに関する個人情報の取り扱いについて YOUテレビ株式会社 個人情報保護管理者 経営推進部長 YOUテレビ株式会社 (以下、「当社」といいます) では、皆様からご提供いただきました個人情報については、当社が定める 「個人情報保護方針について」 に従い、以下の通りお取り扱いさせていただきます。 1.個人情報の利用目的について 当サイトよりご入力いただきました個人情報は、下記の利用目的により使用し、必要な範囲を超えて利用することはありません。 お問い合せ内容に関する回答を行うため サービスに関する資料送付及び加入申込書の送付を行うため サービスに関する情報、キャンペーン及びイベントに関する情報の提供を行うため 2.個人情報の第三者提供について 法令に基づく場合及び本人ならびに公衆の生命・健康・財産を脅かす可能性がある場合等を除き、 ご本人の同意を得ることなく第三者に提供することはありません。 3.個人情報の委託について 個人情報を第三者に委託する場合は、当社の厳正な管理の下で行います。 その場合は当社の責任で適切な委託先を選定し、個人情報の取扱いに関する契約を締結した上で委託します。 必ずご入力くださいますようお願いいたします。 ご入力いただけない場合は、お問い合わせ内容へのご回答、及び当社のサービスやお知らせ等のご案内ができませんので、あらかじめご了承ください。 5.本人が容易に認識できない方法による個人情報の取得について 当社では、Cookie(クッキー)等の本人が容易に認識できない方法による個人情報の取得は行なっておりません。 6.開示等の求めに応じる手続きについて ご入力いただいた個人情報について、開示や訂正・削除、または個人情報の利用停止等の請求を、下記の受付窓口にて承りますのでお問い合わせください。 YOUテレビ株式会社 経営推進部内 個人情報に関する問合せ受付窓口 〒230-0051 横浜市鶴見区鶴見中央4-33-5 TG鶴見ビル8階 電話:045-503-6220 FAX:045-503-0004 受付時間:10:00~17:00(土、日、祝祭日、年末年始等の休業日を除く).

次の

衛星劇場

衛星 劇場

この項目では、衛星放送チャンネルとしての衛星劇場について説明しています。 運営会社の株式会社衛星劇場については「」をご覧ください。 衛星劇場 衛星劇場HD あなたのテレビライフを豊かにする。 基本情報 運営(番組供給)事業者 株式会社 旧チャンネル名 衛星劇場(初代)( - 1997年9月30日) シネマジャパネスク(1997年10月1日 - 1998年9月30日) 放送(配信)開始 HD放送(配信)開始 ジャンル 映画 放送内容 日本映画、松竹歌舞伎、韓国映画・ドラマ アナログ放送(CS、放送終了) 放送事業者 株式会社衛星劇場 チャンネル番号 J-9ch 放送開始 放送終了 衛星基幹放送(東経110度CS放送) 放送事業者 松竹ブロードキャスティング株式会社 チャンネル番号 Ch. 219(HD) CS1-ND10 放送開始 HD放送開始 放送事業者 株式会社 チャンネル番号 Ch. 628(HD) 放送開始 (標準画質) 放送事業者 松竹ブロードキャスティング株式会社 チャンネル番号 Ch. 310 放送開始 放送終了 その他(再送信・配信) 240,290(HD) 628(HD) 504(HD) 特記事項: スカパー! プレミアムサービスのみ成人映画放送対応。 スカパー! では放送していない。 衛星劇場(えいせいげきじょう)は、のチャンネルで、及びである株式会社運営の専門チャンネル。 CS()、を通して全国に配信。 概要 [ ]• 主に監督作品や『』シリーズや『』シリーズなど新旧のを中心に・・・といったタイトルを月120本以上放送。 松竹製作の映画に関しては新作はもちろん、戦前の作品までラインナップしており他のチャンネルでは見ることの出来ない貴重な作品を頻繁に放送している。 また洋画やテレビドラマに関しても他のチャンネルにはない作品を放送することで差別化を図っている。 2000年代後半以降はアジア圏の作品も積極的に放送している。 10月1日よりにてHD放送を開始。 10月1日より、にて16:9の画角情報を付加し、フルサイズのSD放送を開始。 5月31日、にてSD放送を終了、18年間のスカパー!プレミアムサービスの標準画質放送を幕を閉じた。 12月1日に、スカパー! プレミアムサービスの衛星一般放送事業者がからに変更。 9月26日より、スカパー! での放送を標準画質からハイビジョン画質に変更。 より、BSデジタル放送で「BS松竹東急」(仮称)が放送開始予定。 放送枠 [ ]• 衛星ロードショー(新作特番あり)• 寅さん・浜ちゃんウィークエンドロードショー• シリーズ全48作品()• シリーズ(・)• の軌跡• 若き日のKAWASHIMA 初期作品集• ニッポン歌謡映画パラダイス• メモリーズ・オブ・• 銀幕の美女シリーズ• 女賭博師シリーズ• 爆笑喜劇オン・パレード• 懐かしシネマアワー• 日本映画名作劇場• リクエストアワー• 衛星デフシアター(日本語字幕放送) 月ごとに、新作映画公開に合わせた特別企画や、監督特集などの特別枠を編成している。 情熱のコリアンムービーシアター• 韓国ドラマシリーズ• 韓流名画館• 韓流短編ドラマ名作劇場• 韓国ドラマアンコール放送• 韓国情報番組• (韓国放送日が2016年12月14日の第209回から) アジア系• 中国ドラマシリーズ• 傑作劇場• 名作劇場• 傑作劇場• 衛星洋画シアター• 大林宣彦のいつか見た映画館• 西部劇クラシックス• 幻の西部劇シリーズ(テレビドラマ)• スペシャル• スペシャル• ご存じ「」シリーズ特番• レッツ! Vシネマ 舞台系、その他• アート・アニメーションの世界• 衛星ドキュメンタリー• 特選歌舞伎• 演劇招待席• アワー• 衛星落語招待席• 自主制作番組• Invitation Movie• シネマ紀行• ムービー・ナビ!• 日本映画プロデューサー列伝• 番組案内(15分、無料放送)• ムービー・フェスティバル 成人向け• エロチックナイトシリーズ• 傑作選• また、スカパー! では視聴できない。 代わりに「エンジェルナイト」と言うタイトルで、R-15指定相当の映画やVシネマが放送されている。 グループチャンネル [ ] 松竹ブロードキャスティング運営• (テレビドラマ中心。 時代劇、作品、韓国・台湾などのドラマなども放送) かつて存在したチャンネル• (・・などといった日本の伝統芸能を放送していた) 脚注 [ ].

次の

イ・ジュニョク×ナム・ジヒョン共演!ドラマ「365:運命をさかのぼる1年」8月7日より衛星劇場にて日本初放送

衛星 劇場

概要 [ ] 当初は民放で放送していたアニメなど他局の再放送が中心で、のアニメ専門局が普及するまでは貴重な再放送枠であった。 以降、商業ベースには乗りにくい(乗らなかった)国内製作アニメも新作として(但し、NHKによる製作又は製作会社からの 放送権購入の扱い)放送するようになった。 また、他ではほとんど見られる機会がなかった、海外製作作品を積極的に放送したのも特色の一つであった。 に枠が縮小されて以降は、新作中心の構成となっている。 また、姉妹関係にある番組として「」がある。 日曜は「」(1990年4月8日 - 1994年3月13日)として放送され、主に新作枠として使われた。 放送分までのはスタジオ、VTR(1作品目と3作品目のみ)であったが、同年放送分からはオープニングアニメーションとスタジオも16:9(は)サイズでの放送になった。 NHKの衛星放送チャンネル数再編により2011年3月27日放送分を以って21年の歴史に幕を降ろした。 なおアニメ番組枠としての名称はのに引き継がれた。 放送時間帯 [ ]• - …月 - 土曜 18:00 - 18:57(19:00)• 1993年 - 1994年…月 - 金曜 18:00 - 18:57 以上は帯で2作品放送。 他局のTV作品の再放送および海外製作作品で、新作は放送されなかった。 1994年 - 4月3日…月 - 金曜 18:00 - 18:57• 1998年 - …月 - 木曜 18:00 - 18:55• 1998年 - 4月2日…月 - 金曜 18:00 - 18:55• 1999年4月5日 - 4月3日…月 - 木曜 18:00 - 18:55 以上は各曜日2作品ずつ、週当り10(8)作品放送。 新作、他局の再放送、、海外で製作された作品などが放送されていたが帯番組時代はスタジオパートのみ地方局での収録がしばしば行われていた。 2003年4月5日 - …土曜 8:05 - 9:25• 2005年4月2日 - …土曜 8:05 - 9:28 以上は3作品放映。 8時台の前半が新作(基本的に自局制作以外)または海外で製作された作品、8時台の後半が他局の再放送、9時台が自局制作の新作またはOVAである。 2008年4月3日 - 2009年…木曜 23:00 - 23:59 新作が深夜帯に放送されるのはNHKでは初である(再放送を除く)。 また、本放送時点から字幕放送に対応するのも初である(その後の地上波放送時に対応する場合が大半だった)。 2009年4月5日 - …日曜 23:00 - 24:20• 2010年4月4日 - …日曜 23:00 - 23:50 2009年4月改編により日曜深夜に移動。 終了時間は2作品放送時が23:50、3作品放送時が24:20に変更された。 NHK地上波との関係• 1993年4月3日、土曜18時枠終了。 1993年4月10日からでアニメ放送開始。 1999年4月2日、金曜18時枠終了。 1999年4月9日からでアニメ放送開始。 2003年4月5日、放送枠縮小。 2003年4月からNHK教育テレビ()でアニメ放送枠拡大。 2008年3月29日、土曜午前枠終了。 2008年4月5日からNHK教育テレビでアニメ放送開始。 ナビゲーター [ ]• 作品の放送前後に通称「ナビゲーター」(2005年3月までの呼称は「おねえさん」)と呼ばれる案内役がおたよりやイラストを紹介するコーナーやアニメ作品の主題歌を歌うコーナーがあり、スタジオにゲストとして原作者や声優が来た時にはトークの聞き手になるなど重要な役割を果たした。 また、2000年4月3日から2003年4月3日にかけては、お姉さんが登場するスタジオとしてが用いられていた。 2002年までの帯時間帯の時代は2人が曜日毎に交代で担当していた。 2003年4月5日からは枠縮小(この同年4月から夕方から朝に枠を移した)に伴い1人になったが、2005年4月2日より毎回男女2人で担当する形式に変更された。 同年9月3日〜11月5日はかかずゆみが産休のため松本彩乃 現: が代理を務めた。 生放送と間違えられやすいが「衛星アニメ劇場」は収録放送であり且つ2本録りである。 [ ]• 本編内ではたまに台本のセリフを少々噛んだりとちったりしても割とそのまま流れることがあるが『』(2007年配信分)にゲスト出演した吉田の話によると「本当にタイトルを忘れたり詰まった時は撮り直している」とのことである。 2007年4月7日からスタジオ放送も16:9に変わったのに合わせて、スタジオ内のセットが家をイメージとしたセット(後ろには窓がある)に一新された。 以後、放送分(この週から以後2本録り)のオープニングは2人が立って挨拶・番組紹介(8時台後半アニメ終了からは座って進行)をしているが、翌週以降からは座って進行という形に戻した。 2007年から『』終了後にMCコーナーの時間が設けられた。 2008年はアニメの新番組を紹介した(前週で「彩雲国物語」が終了したため)。 当番組の木曜夜23時移行も兼ねて告知された。 2008年は第80回中継のため9時00分までの短縮版で放送された。 この週で朝として最後の放送になった。 2008年3月29日はBS春休みアニメ特選(『』)と『』放送のため休止した。 歴代おねえさん [ ]• (4月6日 - 1993年4月3日)• (1991年4月6日 - 1994年4月1日)• (1993年4月5日 - 1994年4月1日)• (1994年4月4日 - 3月29日)• (1994年4月4日 - 1996年3月29日)• (1996年4月1日 - 4月2日)• (1996年4月1日 - 1999年4月2日)• (1999年4月5日 - )• (1999年4月5日 - 2002年)• (2002年4月1日 - 2003年4月3日)• (2002年4月1日 - 2003年4月3日)• (2003年4月5日 - )• (2004年4月3日 - 2005年) 歴代ナビゲーター [ ]• (2005年4月2日 - 2008年3月29日)• (現 )(2005年4月2日 - 2008年3月29日) 放送分(収録1本目)は未出演。 冒頭で「吉田さんはお休みです」とかかずが言ったのみで詳しい理由は説明されなかった。 しかし、次の2本目の収録ではとのゲストトーク以外では普通に出演していた。 これは収録の日の吉田のスケジュールの都合で1本だけの出演になり、収録の前半だけ出演したということであった。 (2005年 - 、かかずゆみの産休中の代理)• (2008年4月3日 - 2009年3月26日)• (2008年4月3日 - 2009年3月26日) 番組初期から続いたナビゲーター(おねえさん)の出演は2009年3月26日放送分をもって終了した。 2009年4月5日放送分以降はアニメーションキャラクター「いわしくん」(声:)と「LOW FATくん」が登場し、冒頭の放送ラインナップやミニコーナー、エンディングの進行を行った。 ゲスト [ ] 番組では、新作アニメに出演している声優等がゲストトークとして出演する事があった(まれに旧作アニメのゲスト出演あり)。 1994~2002年度の週10(8)作品日替わり放送時代• 衛星アニメ劇場の枠内で放送された特番、及び新作枠の前後または番組終了まで出演。 2003~2007年度の土曜朝枠(3作品放送)時代• 基本的に2本目のアニメ(旧作枠)が終わったときに出演。 2本録りで2週連続出演のパターンとなっていた(1週目は2・3本目のアニメ終了後、2週目は2本目終了後のみ出演)。 また、定期的にゲストトークの総集編(3人)もダイジェスト(25分)で放送する場合もあった。 太字の放送日は特番を意味する。 1995年• 3月24日・3月31日 野上ゆかな(現:ゆかな)・宮崎一成・佐久間レイ・小桜エツ子・津久井教生 (『あずきちゃん』野山あずさ・小笠原勇之助・榊原ヨーコ・野山だいず・坂口まこと役)• 6月30日 グミ(現:)(『カードキャプターさくら』一期主題歌歌手)• 7月28日 (同:木之本桜役)• 8月25日 丹下桜・(同:木之本桜・ケルベロス役)• 12月24日 宮崎一成・(『カードキャプターさくら』山崎貴史役・『マドレーヌ』マドレーヌ役)• 12月29日 宮崎一成・(『カードキャプターさくら』山崎貴史・三原千春役) 2000年• 3月21日 (『カードキャプターさくら』大道寺知世役) 2001年• 3月13日 (『だぁ! 』ワンニャー役)• 8月28日 ・(同:光月未夢・西遠寺彷徨役) 2002年• 3月5日 (『だぁ! 』小西綾役)• 3月12日 (同:天地ななみ役)• 3月19日 (同:黒須三太役)• 3月26日 (同:原作者) 2005年• 5月28日・6月4日 (『』逢沢歩役)• 6月11日・6月18日 (『』グレタ役、『』本田吾郎役)• 7月9日・7月16日 (『今日からマ王! 』村田健(ムラケン)役)• 9月3日・9月10日 (『絶対少年』谷川希紗役)• 10月1日・10月8日 (『絶対少年』真壁正樹(マッキー)役)• 10月29日・11月5日 (『今日からマ王! 』ヨザック役) 2006年• 1月7日・1月14日 (『今日からマ王! 』渋谷勝利役)• 4月29日・5月6日 (『』日向棗(なつめ)役)• 5月27日・6月3日 (『』篠原遊馬役)• 6月24日・7月1日 (『』紅秀麗役)• 7月8日・7月15日 (『』ナオ役)• 8月5日・8月12日 (『彩雲国物語』李絳攸役)• 9月30日・10月7日 (『機動警察パトレイバー』後藤喜一役)• 10月28日・11月4日 (『彩雲国物語』紅 黎深役)• 11月25日・12月2日 (『』ユート役) 2007年• 1月6日・1月13日 (『彩雲国物語』香鈴役)• 2月3日・2月10日 (『彩雲国物語』浪 燕青役)• 3月3日・3月10日 (『シルクロード少年 ユート』春麗役)• 4月28日・5月5日 (『彩雲国物語』杜影月役)• 6月9日・6月16日 (『彩雲国物語』紫 劉輝役)• 6月23日 彩雲国物語ゲストトーク(伊藤健太郎・仙台エリ・浪川大輔)• 7月7日・7月14日 (『』キートン役)• 8月18日・8月25日 (『彩雲国物語』茈 静蘭役)• 9月15日・9月22日 (『』バルサ役)• 10月27日・11月3日 (『』モリー(エバ・ウェイ)役)• 11月24日・12月1日 (『彩雲国物語』タンタン 榛蘇芳 役)• 12月8日 ・・・(彩雲国物語の世界(1) 「秀麗の本命は誰だ!? 12月15日 ・緑川光・森川智之・檜山修之(彩雲国物語の世界(2) 「彩雲国名言アワード2007」) 12月8日と15日放送分の司会はと、ナレーターは(で録画) 2008年• 1月5日・1月12日 (『彩雲国物語』陸清雅役) 『』の後に行われたスペシャルインタビュー(『』のアフレコ現場にて)。 かかずが単独で前半では2008年1月5日から始まった『メジャー』第4シーズンの見所などを、後半では『』の陸清雅について伺った。 1月19日 彩雲国物語 ゲストトークスペシャル(関智一・緑川光・勝杏里)• 2月2日・2月9日 (『』ビリー・キムラ役)• 3月1日・3月8日 (『彩雲国物語』監督)• 5月8日・5月15日 (『』アリソン・ウィッティングトン(少女時代)、リリア・シュルツ役)• 6月5日・6月12日 (『今日からマ王! 』ヴォルフラム役)• 8月7日・8月14日 (『アリソンとリリア』トレイズ役)• 9月4日・9月22日 (『アリソンとリリア』フィオナ役)• 10月9日・10月16日 (『今日からマ王! 』コンラッド、『アリソンとリリア』トラヴァス役)• 11月6日・11月13日 (『』ファン・ヒューリック役)• 12月4日・12月11日 (『』ジュスラン・タイタニア役) 2009年• 1月29日・2月12日 (『今日からマ王! 』監督)• 3月12日・3月19日 (『タイタニア』原作),(『タイタニア』監督) 放送された作品 [ ] 複数回放送されているものあるいは複数年度にまたがって放送されているものについては初放送の年度に含めた。 また編成や制作の都合により全話放送されないまま打ち切りになった作品もある。 作品タイトルの太字は当衛星アニメ劇場が初放送の国内制作作品(新作)を意味する。 2作品帯放送時代 [ ] 1990年度• 衛星こども劇場から継続、4月2日 - 4月8日• 衛星こども劇場から継続、4月2日 - 4月8日• 第26話まで、4月9日 - 5月16日• 衛星こども劇場から継続、4月9日 - 4月23日• 衛星こども劇場から継続、第77話まで、4月24日 - 5月30日• 5月17日 - 6月2日• 6月1日 - 6月30日• 第26話まで、6月4日 - 7月3日• 7月2日 - 7月17日• 7月4日 - 8月7日• 第20話まで、7月23日 - 8月14日• 8月8日 - 9月21日• 8月15日 - 9月14日• 9月17日 - 11月28日• 第22話まで、11月10日 - 12月11日• 3話ずつ放送、11月29日 - 12月19日• 12月12日 - 1991年2月22日• 12月20日 - 1991年1月10日• ブラックスター• 1991年1月11日 - 1月29日• 1991年1月30日 - 2月28日• 1991年2月23日 - 3月9日• 1991年3月1日 - 4月2日• 1991年3月25日 - 4月6日 1991年度• 第27話から、4月3日 - 5月3日• 第27話から第52話まで、4月9日 - 5月10日• 5月6日 - 7月15日• 5月13日 - 5月17日• 5月22日 - 7月1日• 7月2日 - 7月17日• 7月16日 - 8月20日• 7月18日 - 8月26日• 8月21日 - 9月5日• 8月27日 - 10月2日• 9月6日 - 10月14日• 10月3日 - 11月8日• ポールポジション• 10月15日 - 11月1日• 11月4日 - 12月9日• 11月11日 - 12月13日• 12月10日 - 1992年1月20日• 12月14日 - 1992年1月24日• 1992年1月21日 - 3月9日• 1992年1月27日 - 2月12日• 1992年2月13日 - 3月2日• 1992年3月3日 - 3月19日• 35話まで、1992年3月10日 - 4月28日• 1992年3月20日 - 5月29日 1992年度• 4月29日 - 6月4日• 6月1日 - 6月17日• 6月5日 - 7月10日• 6月18日 - 8月28日• 7月13日 - 8月17日• 8月18日 - 10月28日• 8月31日 - 10月2日• 10月5日 - 10月21日• 10月22日 - 12月18日、1993年1月11日 - 1月21日• 10月29日 - 11月13日• ブラックスター• 11月16日 - 12月2日• 36話から、12月3日 - 12月18日、1993年1月11日 - 1月28日• 1993年1月22日 - 3月8日• 1993年1月29日 - 2月27日• 1993年3月1日 - 4月8日• 1993年3月9日 - 4月2日• 1994年4月3日 - 7月2日 1993年度• 4月9日 - 5月14日• 5月17日 - 11月15日• 7月5日 - 8月10日• 8月11日 - 9月15日• 9月16日 - 11月29日• 第26話まで、11月16日 - 12月23日• 11月30日 - 12月24日、1994年1月6日 - 1月17日• (OVA)• 1994年1月1日 - 1月17日• 第25話まで、1994年1月18日 - 2月21日• 第53回76話まで、1994年1月18日 - 3月31日• 第28話まで、1994年2月22日 - 3月31日 週10(8)作品日替わり放送時代 [ ] 1994年度• 月曜日• 火曜日• 水曜日• 木曜日• 金曜日• 第21話から 、、• 1995年度• 月曜日• 第26話から 、• 火曜日• 水曜日• 木曜日• 金曜日• 1996年度• 1997年度• (第1作)• (18話で一旦打ち切り、翌1998~99年度に全39話予定から26話に短縮の上放送)• 1998年度• 1999年度• (2002年度に再放送)• (1992年フランス制作のアニメシリーズ) 2000年度• 2001年度• 2002年度• (20話まで放送)• 月曜後半枠最後の作品。 2003年3月の春休みアニメ劇場で21・23・24話を放送して打ち切りとなった。 (20話まで放送)• 木曜後半枠最後の作品。 2003年3月の春休みアニメ劇場で残り21~26話を放送して終了した。 土曜朝枠(3作品放送) [ ] 2003年度• (初期OVAシリーズ)• 機動警察パトレイバー(TVシリーズ)• 2007年度まで放送)• 2007年度• 木曜深夜枠(2作品放送) [ ] 2008年度• 今日からマ王! (シーズン1)• 2010年度• (第2シリーズ)• (シーズン2)• 関連項目 [ ]• 外部リンク [ ]• (リンク切れ、インターネット・アーカイブ)• (確定番組表データベース) 土曜18時台 前番組 番組名 次番組.

次の