にぶんのいち夫婦ネタバレ 26。 『にぶんのいち夫婦』第9話(25、26、27話)のネタバレ&最新話。

にぶんのいち夫婦原作小説結末ネタバレ感想 夫・和真は浮気をしていたのか?

にぶんのいち夫婦ネタバレ 26

『にぶんのいち夫婦』前話 8 話のあらすじは・・・ 無料ポイントと無料期間で今すぐ読みたい方はこちらから。 文は和真の運転する車で優香の家へ向かうが・・・ 和真に車で優香の家まで送ってもらうと、文は優香の様子を見に行こうとする。 和真が一緒に行こうかと言ってくれるが、優香の様子がわからないため、車の中で待っていてもらうことにした。 文はインターフォンと押して、「優香」と呼びかけるが、応答はない。 留守なのかと思ったが玄関は鍵が開いていた。 「すみません!」と大声で叫んで、文は家の中へ入る。 リビングには電気がついているのに、人の気配がしなかった。 文がリビングに急いで足を踏み入れると、ガラスの破片をふんでしまう。 リビングには大量の割れたお皿が散らばっていた。 部屋の隅に、茫然と震える優香を見つける。 我を失っているのか、優香は呼びかけても文の存在に気が付かない。 優香の傍に近寄って肩に手を置いたところで、ようやく優香が振り向く。 優香は目に涙を浮かべると、「私、無価値な社会のゴミかなぁ」と震える声でつぶやいた。 文は青ざめて優香を抱きしめる。 おなかの子どものためにも逃げられないと言う優香に・・・ 「あんたにそんな酷いことを言ったのは佳樹さんね」 菜摘がリビングの入り口で仁王立ちしていた。 多恵から連絡がきた菜摘は、優香にラインをしても既読にならなかったため、部屋へ乗りこんできたのだ。 菜摘は、優香に何があったのか問いかける。 「私がグズだから・・・佳樹さんを怒らせちゃって」 震える声で話す優香を、「誰だろうが一生懸命なあんたを出来損ない扱いになんてできないんだよ」と菜摘は叫ぶ。 文は高校時代の優香を思い出した。 優香は立派な経歴の両親のことでいつも悩んでいた。 両親は優香のことを責めることはあっても、褒めてくれることはなく、真面目な優香は大きすぎる期待に応えようと必死に頑張っていた。 佳樹さんは、妊娠は病気ではないからと言って、つわりがひどくてご飯をつくりあげることができなかった優香を怒鳴ったのだという。 謝る優香の目の前で、食卓にのった皿を叩き落とした。 「できそこないのクズが!」 佳樹さんはそう言い捨て、外へご飯を食べに行ってしまった。 優香の話を聞いた菜摘は怒り出す。 佳樹さんといても幸せかどうかわからないと優香は答えるが、お腹に子どももいるため、逃げることができない。 そんな優香に「勝とう」と菜摘は言う。 菜摘は、プライドの高い子どもは見捨てられるのが一番怖いのだと言う。 菜摘は優香に、置き手紙を残して家を出ることを提案する。 佳樹さんを困らせて謝らせようというのだ。 「勝つためには、自分の弱さとも戦わなきゃ」 菜摘が優香にかけた言葉を、文はその通りだと思って聞いていた。 傷つきたくないじゃダメなんだ、と文は自分のことに置き換えて考える。 文は和真とドライブしながら話をした 優香は和真の運転する車で送ることになり、優香は多恵に連絡を入れると携帯の電源を切った。 優香は車の中で、病院でウソをついてしまったことを文に謝る。 優香は子どもができたときは嬉しかったが、佳樹さんと別れることができなくなってしまうとも感じ、子どもが足かせのように思えてしまったのだ。 また、大きくなったら佳樹さんのように自分のことを責めるかもしれないとも考えるようになってしまったのだ。 そんな優香に、「こんな優しいお母さんから意地悪な子が産まれるわけない。 きっと優香の一番の味方になってくれるよ」と文は言う。 優香を菜摘の家まで届けると、文は和真にドライブをしていきたいとお願いした。 文と和真は、夫婦の在り方について言葉を交わす。 文は和真に「愛してるけど、信用できなくなったら一生一緒にいられる自信はない」と告げる。 和真は「信頼されるように頑張る」と答えた。 無料ポイントと無料期間で今すぐ読みたい方はこちらから。 をお送りしました。 漫画を読むならeBookJapan【背表紙が見やすい!】 まるで本屋で本を捜すように背表紙で本を探せますよ。 やっぱりビジュアルって大事! 登録無料で月額料金不要。 しかも登録するだけで半額クーポンが貰える。 詳しくは上記から公式をご確認ください。

次の

にぶんのいち夫婦【第32話】ネタバレ!文のことを愛している和真。離れている時間がとても辛い|ゆりべえ NurseMaMa

にぶんのいち夫婦ネタバレ 26

分冊版の話数を知りたい方は下の表で確認してみて下さいね! マンガボックス話数 分冊版話数 分冊版1 分冊版2 分冊版2 分冊版3 分冊版3 分冊版4 分冊版4 分冊版5 分冊版5 分冊版6 分冊版6 分冊版7 分冊版7 分冊版8 分冊版8 分冊版9 分冊版9 分冊版10 分冊版10 分冊版11 分冊版11 分冊版12 分冊版12 分冊版13 分冊版13 分冊版14 分冊版14 分冊版15 分冊版15 分冊版16 分冊版16 分冊版17 分冊版17 分冊版18 分冊版18 NEW 分冊版19 2020年7月15日更新 『にぶんのいち夫婦』は黒沢明世先生・夏川ゆきの先生の大人気コミック。 誰もがうらやむイケメンな夫と結婚2年目の文 あや はとある日、夫のスマホに不穏なメールが届いていることに気が付きます。 そこから始まるドロ沼ストーリーに目が離せない方が多数続出!! 「にぶんのいち夫婦」を無料で読めるサイトランキング 電子書籍配信サイトでは、 初回登録が無料&『にぶんのいち夫婦』が無料またはお得に読めるポイントを初回でプレゼントしています!そのほか半額で読めるサイトも。 今回は月に漫画を50冊以上購入する管理人が、実際使ってみてよかったサイトをご紹介! とても多くの方が無料登録して漫画をお得に楽しんでいるので、是非チェックしてみて下さいね! ここから先は少しあらすじを解説しています。 しかし、文が女子会から帰るとスマホを握りしめて寝ている和真が。 スマホの画面には「立川さとみ」という女性からの不穏なメッセージ。 上司と飲み会に行ったはずの和真。 文はさとみという女性と和真の関係に疑問を持ってしまいます。 にぶんのいち夫婦・第2話のネタバレ感想 『さとみ』が気になる文ですが、和真を問い詰められずにモヤモヤしてしまいますが、久しぶりに記念日をゆっくり2人で過ごす予定を立てることができ、機嫌がよくなる文。 しかし、和真は文の隙を見計らって、スマホをもってお風呂へ行くのでした…。 にぶんのいち夫婦・第3話のネタバレ感想 和真をベッドで待っていた文は久しぶりの2人の時間がくる!と心待ちにしていましたが、和真は一時間以上待っても来ませんでした。 それどころか、そっとベッドに来て、寝たふりをしている文を見て安堵する和真…。 にぶんのいち夫婦・第4話のネタバレ感想 記念日当日、腕によりをかけてご馳走を作る文ですが、和真は朝まで帰ってきませんでした。 そう、和真は女性とずっと2人だったのです。 裏切られたと感じた文は大胆な行動に出て…。 にぶんのいち夫婦・第5話のネタバレ感想 家に帰ると和真のYシャツが1枚だけ洗われており、疑惑が加速します。 先に寝た和真のスマホに目が行っていまい、どうしても疑惑を晴らしたい・秘密を知りたいと思った文は…。 にぶんのいち夫婦・第6話のネタバレ感想 SNSからついに『さとみ』の姿を見ることができた文。 友達に相談するも、意見はバラバラでどうしよかと思い悩む文。 一方、文の友人・優香もプライベートで問題を抱えており…。 にぶんのいち夫婦・第7話のネタバレ感想 優香の自宅で鳴り響く不審な物音。 文たちは心配しますが、優香にお開きにしようと言われ、帰宅することに。 香住とさやかは独身や既婚について様々な意見を述べ始めますが…。 にぶんのいち夫婦・第8話のネタバレ感想 『さとみ』のことを調べる決心がついた文ですが、衝撃的な事実に気が付いてしまいます。 SNSで繰り広げられた和真とさとみのやりとり。 それを見て、不倫されていたことを受け止め、文は一人涙を流すのでした。 にぶんのいち夫婦・第9話のネタバレ感想 和真の実家に訪れた文。 2人っきりになるより気が紛れるとおもいますが、ひょんなことから体調を崩してしまい、義両親に妊娠しているのでは?と喜ばれてしまいます。 和真とは2ヶ月もレスなのにありえないと感じる文ですが…。 にぶんのいち夫婦・第10話のネタバレ感想 和真の実家に行ったことをきっかけに、ついに子供を作ろうともちかけた文。 しかし和真は何も答えてくれません。 自分の女としての身体のリミットを語る文ですが…。 にぶんのいち夫婦・第11話のネタバレ感想 妊活を始めようと頑張る文ですが、和真はプレッシャーでできなくなってしまいます。 しかし、さとみとはできているのになんで自分とはできないのだと文は自分を責めてしまうのでした。 にぶんのいち夫婦・第12話のネタバレ感想 ファミレスにて多恵達に和真のことを相談する文。 そして、婚活に対する自分の言動を改めたほうがいいと言われます。 また、子供を持ってから後悔しても遅いとアドバイスされ…。 にぶんのいち夫婦・第13話のネタバレ感想 和真に妊活を休止したいと話すとホッとしたような表情を見せる和真。 文は和真が出勤したあと、部屋の戸棚を探るとさとみらしき人物からのバレンタインのプレゼントを見つけてしまい… にぶんのいち夫婦・第14話のネタバレ感想 スイーツ店で樋口と一緒に居たところを和真に見られてしまった文。 しかし、和真も和真で実はさとみと一緒に居たのです。 にぶんのいち夫婦・第15話のネタバレ感想 樋口が挑発するような態度を取るので、和真はつい嫉妬してしまいます。 家に帰ったあとも、嫉妬は収まらない様子で文を抱きます。 しかし和真はそのあと信じられないようなことを言い出すのでした。 にぶんのいち夫婦・第16話のネタバレ感想 優香の元へ和真と一緒に向かう文。 しかし鍵は空いており、暗闇の中、部屋を進むとそこにはガタガタ震えながら怯えている優香が。 菜摘も到着し、優香から話を聞くのでした。 にぶんのいち夫婦・第17話のネタバレ感想 いたたまれなくなり、実家に帰る文は昔自分の身に起こった家族の崩壊を思い出します。 一方、同僚の樋口から『和真の不倫の証拠』がつかめそうだと言われた文は…。 にぶんのいち夫婦・第18話のネタバレ感想 旦那からモラハラを受けている様子の優香。 その話を聞いた菜摘は怒り、しばらく菜摘の家に優香を泊めることに。 文は菜摘の言葉を聞いて、自分も前に進まなくてはと思います。 にぶんのいち夫婦・第19話のネタバレ感想 前に進むと決めた文は再度自宅から浮気の証拠を探すために躍起になります。 すると本の間からなんと精力剤を発見。 和真は妊活にも協力的じゃないのに、こんなものを使ってさとみと楽しんでるのかと思い文はとてもショックを受けてしまいます。 にぶんのいち夫婦・第20話のネタバレ感想 いたたまれなくなり、実家に帰る文は昔自分の身に起こった家族の崩壊を思い出します。 一方、同僚の樋口から『和真の不倫の証拠』がつかめそうだと言われた文は…。 にぶんのいち夫婦・第21話のネタバレ感想 樋口と浮気の現場をおさえた文は再び実家へと戻ります。 文は浮気現場を見てから、和真との出会いを思い出します。 あの頃の甘い思い出に文はなんだかいたたまれない気持ちになるのでした。 にぶんのいち夫婦・第22話のネタバレ感想 恒例の女子会に参加し、近況を報告する文。 べろべろに酔った文をさやかが自宅まで送ってくれます。 しかしそこでとんでもない事実が判明してしまうのでした。 にぶんのいち夫婦・第23話のネタバレ感想 樋口とさとみを尾行したあの日、文はさとみと一緒に出てきたのが和真ではなくさとみであることに驚きます。 そして慌てた高梨は、文に事の真相を話し出すのでした…。 にぶんのいち夫婦・第24話のネタバレ感想 樋口にさやかと和真のことを相談する文。 樋口は「2人に制裁を加えて別れる手もある」と提案します。 友達と浮気した和真とはもう一緒にいられない…そう思った文は決断するのでした。 にぶんのいち夫婦・第25話のネタバレ感想 和真のいるホテルを特定した樋口は、文と高梨を連れて向かいます。 するとさやかと一緒に話をしている和真が。 文はそれを見た瞬間に許せなくなり和真に話しかけに行きます。 にぶんのいち夫婦・第26話のネタバレ感想 文に不倫の現場を押さえられて驚く和真ですが、さやかは余裕な表情。 実はさやかには最後の切り札があったのです。 ふみはそれを聞いて、またショックをうけてしまうのでした。 にぶんのいち夫婦・第27話のネタバレ感想 和真の子どもを妊娠しているのだと得意げに言うさやかですが、和真はさやかと寝た記憶がないと頭を抱えます。 それを聞いて不信に思った樋口はどんどんとさやかに突っ込んでいきます…。 にぶんのいち夫婦・第28話のネタバレ感想 和真はさやかと会った時の内容を事細かに話し出しますが、全員納得がいきません。 さやかは妊娠したといいながら、今現在もお酒の匂いがしているからです。 文はさやかを追い詰めるためにどんどん鋭い質問をしていきます。 にぶんのいち夫婦・第29話のネタバレ感想 さやかが妊娠していないことを見破った文。 そして、香住たちも合流し、香住の彼氏である健が和真に薬を盛って居たことが判明。 樋口は和真にこの2人を訴えるかと訪ねますが和真の答えは…。 にぶんのいち夫婦・第30話のネタバレ感想 香住が調査したさやかの悪事が続々と出る中、周囲にいた全員がさやかを責め立て「どうして自分は誰かの1番に慣れないのだ」とさやかは涙を流します。 そんなさやかに和真はついに決断を下します。 にぶんのいち夫婦・第31話のネタバレ感想 さやかと香住の彼氏を警察に送り届ける和真。 しかし文は自分の気持の整理がつかなくて混乱したまま。 自体は丸く収まりましたが文は和真に衝撃的なことを言います。 にぶんのいち夫婦・第32話のネタバレ感想 文から別居を提案され、孤独になる和真。 そして和真は5年前に文と初めて出会ったことを思い出します。 文を見て好みだと思いますが、文からは目をそらされてしまいます…。 にぶんのいち夫婦・第33話のネタバレ感想 文に惹かれていく若い頃の和真。 人見知りの文と段々心の距離を近づけていきますが、和真を狙っていたさやかはそれを面白く思わず、楽しそうにする和真と文を冷たい目でみはじめるのでした。 にぶんのいち夫婦・第34話のネタバレ感想 文との結婚式を目前にした和真は、街中でさやかに会います。 和真を待っていたというさやかは泣きながらやっぱり諦められないと腕にすがってくるのでした…。 さやかが企んでいることとは一体?! にぶんのいち夫婦・第35話のネタバレ感想 文との幸せな新婚生活を謳歌する和真。 帰ってくれば文の笑顔に癒やされ、初めて人を心から愛せます。 しかし、同僚は『子どもを育てるのは大変だ』と愚痴を言い出し…。 にぶんのいち夫婦・第36話のネタバレ感想 和真の同僚の和田は嫁と離婚調停中。 久々に会った和田はなんだか様子がおかしいことに和真は気が付きます。 だんだんと夫婦関係で壊れていく和田を見て、和真は心配しますが…。 『にぶんのいち夫婦』のネット上の感想 ざわざわする漫画 夫の不倫相手の人物像が実際に居そうでリアル。 どろどろストーリーですがドはまりしてしまいました笑 主人公の文の心理描写も浮気されたことのある人なら共感するんじゃないかというほどリアルです。 著者の体験談なのでは?!と思ってしまうほど笑 旦那のクズ具合に腹が立ちつつも、面白いので一気読みしてしまいました笑 毎回毎回続きが気になる 完璧な旦那なんていないんだなと思いながら読んでいます笑 今のところ文には非はないけども、こんなに一生懸命で健気な女性にこんなことが起こるなんて…と思いながら読み進めています。 旦那は身体だけの関係ならまぁまぁ魔がさしたと言えるけど、浮気相手に色々貢いでいるところが最悪。 これからどう対処していくのかが気になるところ。 私も浮気されたことがあるので(笑) 絵がとても綺麗なので、ドロドロしていてもあまり気にならないほど。 読ませ方がとてもうまい作品だなと思います。

次の

にぶんのいち夫婦原作小説結末ネタバレ感想 夫・和真は浮気をしていたのか?

にぶんのいち夫婦ネタバレ 26

『にぶんのいち夫婦』前話 8 話のあらすじは・・・ 無料ポイントと無料期間で今すぐ読みたい方はこちらから。 文は和真の運転する車で優香の家へ向かうが・・・ 和真に車で優香の家まで送ってもらうと、文は優香の様子を見に行こうとする。 和真が一緒に行こうかと言ってくれるが、優香の様子がわからないため、車の中で待っていてもらうことにした。 文はインターフォンと押して、「優香」と呼びかけるが、応答はない。 留守なのかと思ったが玄関は鍵が開いていた。 「すみません!」と大声で叫んで、文は家の中へ入る。 リビングには電気がついているのに、人の気配がしなかった。 文がリビングに急いで足を踏み入れると、ガラスの破片をふんでしまう。 リビングには大量の割れたお皿が散らばっていた。 部屋の隅に、茫然と震える優香を見つける。 我を失っているのか、優香は呼びかけても文の存在に気が付かない。 優香の傍に近寄って肩に手を置いたところで、ようやく優香が振り向く。 優香は目に涙を浮かべると、「私、無価値な社会のゴミかなぁ」と震える声でつぶやいた。 文は青ざめて優香を抱きしめる。 おなかの子どものためにも逃げられないと言う優香に・・・ 「あんたにそんな酷いことを言ったのは佳樹さんね」 菜摘がリビングの入り口で仁王立ちしていた。 多恵から連絡がきた菜摘は、優香にラインをしても既読にならなかったため、部屋へ乗りこんできたのだ。 菜摘は、優香に何があったのか問いかける。 「私がグズだから・・・佳樹さんを怒らせちゃって」 震える声で話す優香を、「誰だろうが一生懸命なあんたを出来損ない扱いになんてできないんだよ」と菜摘は叫ぶ。 文は高校時代の優香を思い出した。 優香は立派な経歴の両親のことでいつも悩んでいた。 両親は優香のことを責めることはあっても、褒めてくれることはなく、真面目な優香は大きすぎる期待に応えようと必死に頑張っていた。 佳樹さんは、妊娠は病気ではないからと言って、つわりがひどくてご飯をつくりあげることができなかった優香を怒鳴ったのだという。 謝る優香の目の前で、食卓にのった皿を叩き落とした。 「できそこないのクズが!」 佳樹さんはそう言い捨て、外へご飯を食べに行ってしまった。 優香の話を聞いた菜摘は怒り出す。 佳樹さんといても幸せかどうかわからないと優香は答えるが、お腹に子どももいるため、逃げることができない。 そんな優香に「勝とう」と菜摘は言う。 菜摘は、プライドの高い子どもは見捨てられるのが一番怖いのだと言う。 菜摘は優香に、置き手紙を残して家を出ることを提案する。 佳樹さんを困らせて謝らせようというのだ。 「勝つためには、自分の弱さとも戦わなきゃ」 菜摘が優香にかけた言葉を、文はその通りだと思って聞いていた。 傷つきたくないじゃダメなんだ、と文は自分のことに置き換えて考える。 文は和真とドライブしながら話をした 優香は和真の運転する車で送ることになり、優香は多恵に連絡を入れると携帯の電源を切った。 優香は車の中で、病院でウソをついてしまったことを文に謝る。 優香は子どもができたときは嬉しかったが、佳樹さんと別れることができなくなってしまうとも感じ、子どもが足かせのように思えてしまったのだ。 また、大きくなったら佳樹さんのように自分のことを責めるかもしれないとも考えるようになってしまったのだ。 そんな優香に、「こんな優しいお母さんから意地悪な子が産まれるわけない。 きっと優香の一番の味方になってくれるよ」と文は言う。 優香を菜摘の家まで届けると、文は和真にドライブをしていきたいとお願いした。 文と和真は、夫婦の在り方について言葉を交わす。 文は和真に「愛してるけど、信用できなくなったら一生一緒にいられる自信はない」と告げる。 和真は「信頼されるように頑張る」と答えた。 無料ポイントと無料期間で今すぐ読みたい方はこちらから。 をお送りしました。 漫画を読むならeBookJapan【背表紙が見やすい!】 まるで本屋で本を捜すように背表紙で本を探せますよ。 やっぱりビジュアルって大事! 登録無料で月額料金不要。 しかも登録するだけで半額クーポンが貰える。 詳しくは上記から公式をご確認ください。

次の