ダイエット酵素。 【酵素×ダイエット】酵素でなぜ痩せる?消化酵素と代謝酵素の関係に迫る!|うちみがき

酵素ダイエットのダイエット効果!正しいやり方と口コミでの評判サプリ2019

ダイエット酵素

「〇〇酵素の広告掲載をご依頼させて頂きたくご連絡いたしました。 」 酵素ドリンクに限ったことではありませんが、ダイエットのサイトを運営していたら上記のようなメールが頻繁に届きます。 多くのダイエットサイトで酵素ドリンクのステマが行われているのはこのためです。 実は酵素ドリンクは「稼ぎやすい案件」として界隈では有名で、多くのサイト運営者があの手この手で宣伝しています。 では酵素ドリンクは実際に痩せるのでしょうか? きちんとダイエット効果が認められているのなら私自身全力で宣伝しますし、確定的なものでなくても少しでも医学的根拠、検証データがあれば控えめに紹介くらいはします。 しかし酵素ドリンクは少しでも生理学や栄養学の知識があれば簡単に論破できる、 インチキダイエット商品なのです。 知識がなくても酵素についてきちんと調べれば分かるかと思います。 そもそも酵素で痩せるのなら医者は肥満患者に薦めますし、ボクサーはみな酵素ドリンクを飲むはずです。 今回はなぜ酵素ダイエットが痩せないのかについて、知識がない人でも分かるように詳しく解説していきます。 本気で痩せたいと思っているなら、「楽して痩せる」という趣旨のダイエット商品からいち早く脱却しましょう。 酵素ダイエットの仕組み2• 酵素ドリンクは低カロリーで栄養が豊富• 食品をこれに置き換えることで摂取カロリーを減らせる• 栄養も摂取できるので空腹も感じにくい 「酵素」や「代謝」などの目に見えないもの、 専門知識ない人には理解が難しい仕組みをもってこられたら信じてしまう気持ちも分かります。 置き換えダイエット自体は健康的なダイエットですが、 酵素ドリンクはむしろ酵素ドリンクには不向きな食品とも言えます。 ではこのあたりのことを詳しく説明していきましょう。 酵素ダイエットの2つの落とし穴 酵素ダイエットで言われている2つの仕組みについて、 その真偽を述べていきます。 酵素ドリンクで代謝が上がらない理由 これについては色々とツッコミどころがあります。 酵素を摂取しても体内の酵素は増えない• 酵素はたんぱく質の一種• 酵素を摂ってもアミノ酸に分解されて体内のあらゆる反応に使われるだけ• 酵素を摂取して「代謝が本当に上がるのか」「どれくらい上がるのか」などのデータが存在しない• これらを摂取しても体内で分解されて違う物資になるので、 体内のコラーゲンやグルコサミンが増えないというのは昔から明らかになっていることです。 そもそも酵素云々は置いといて、 「コップ一杯分の飲み物で代謝が上がる」ということに疑問を持ちましょう。 ダイエットにおいて 「〇〇をすると代謝アップ」という文言は手軽に使われますが、 人間の代謝はそんな簡単に増減するものではないのです。 酵素ダイエットに限らず代謝アップを謳ったダイエット法は例外なくインチキであると、自信を持って断言できます。 代謝アップダイエットの代表例• 体温を上げる• 温かいもの飲む• サウナなどで体を温める• 姿勢を良くする• 特定の食品を食べる• 肺活量を上げる• 有酸素運動をする• (ダイエット中に代謝を上げるのは非現実的ということです) ダイエットにおいて「代謝」という言葉は、 専門知識がない人を簡単に信用させる便利な言葉なので色んなところで多用されています。 今後はダイエットにおいて代謝という言葉が出てきた時点で疑うようにしましょう。 酵素ドリンクの栄養について 続いて「酵素ダイエットが栄養豊富なので置き換えダイエットに適している」ということについて、間違っている点を指摘していきます。 これに関しては実際に栄養成分を確認すれば分かるでしょう。 酵素ドリンクでまともな栄養は補給できないということが。 酵素ドリンクの販売ページやステマブログにはよく 「酵素ドリンクは低カロリーだけど栄養豊富」と記載されているのですが、 何をもって栄養豊富と言っているのでしょうか? いろんな酵素ドリンクの栄養成分を確認しましたが、 いずれも炭水化物、タンパク質、脂質の三大栄養素に加え、 ビタミン、ミネラル、食物繊維など、 重要な栄養素がほとんど含まれていません。 これだけ栄養が乏しければ低カロリーなのは当然です。 こんなドリンクに対して「低カロリー」を売りにしている時点で、 かなり酷い商品だというのがわかりますね。 「水が低カロリーなのでダイエットに効果的」 と言っているのと何ら変わりません。 食事を置き換えれば摂取カロリーが減るので痩せるとは思いますが、 栄養不足による健康や美容面の支障やリバウンドのリスクは大きいでしょう。 置き換えダイエット自体は数あるダイエット法のなかでも、 健康かつ確実に痩せることができるので非常にオススメです。 しかしそれはきちんと栄養を考えて正しい方法で行う場合に限られます。 たとえば真っ当な置き換えダイエットの例として、 食事の半分をプロテインで置き換えた場合を見てみましょう。 カロリーを大幅に減らしているにも関わらず、 ダイエットにおいて重要な栄養素である たんぱく質を多く摂ることができます。 炭水化物は日本人は摂りすぎている傾向にあるので、 これを適度に減らせるのも健康的なダイエットに繋がります。 以上のようにカロリーを減らしつつ重要な栄養素をしっかり摂るのが理想的な置き換えダイエットです。 これに対し、酵素ドリンクで置き換えた場合の例を見てみましょう。 酵素ドリンクは栄養素の比率で見るとオレンジジュース200mlと似ています。 これだけの栄養で健康や美容を維持したり食欲を抑えたりするのは無理があるので、 絶対辞めましょう。 置き換えダイエットについてより詳しく説明しているので、 興味があればこちらもご覧ください。 酵素ドリンクで痩せた口コミが多い理由 しかし酵素ドリンクにまともな効果がないということが頭では分かったとしても、 いくつか疑問も残るかと思います。 何故痩せたという口コミが多いのか?• 何故色んな酵素ドリンクが販売され流行になっているのか?• 何故多くのサイトで酵素ダイエットを勧めているのか?• 何故酵素ドリンクはあんなに高いのか? これらの答えは、 酵素ドリンクのビジネスモデルにあります。 酵素ドリンクはかなり高額で売られていますが、 原価はめちゃくちゃ安いです。 ではその差額はどこに行っているのかというと、 それを宣伝する芸能人やサイトで口コミを広げているアフィリエイターです。 サイトから酵素ドリンクが1本売れるごとに何千円もの報酬を受け取ることができ、 これだけで月に100万円を超える収入を得ている人もいます。 酵素ドリンクを宣伝しているサイトがたくさんあるのは、 裏にこんな事情があったのです。 サイト名が「酵素ダイエット〇〇」とか、 URLが「酵素ドリンク〇〇」とかのものはたくさんあると思いますが、 これらは酵素ドリンクを売る前提で作られているものです。 ただ酵素ドリンクを売るという目的ありきのコンテンツなので、 酵素の効果や口コミなどは当然信頼に値するものではありません。 実は、私の元にもよく、 「弊社の酵素ドリンクの宣伝をして下さい」という依頼が頻繁にきます。 例えば、私は運動と食事によるカロリーの管理で3ヶ月で10Kg痩せましたが、 この結果だけを使い、「この酵素ドリンクで痩せました」と言うだけで、 購入してくれる人も多くいるでしょうね。 ただ、こんなインチキ商品を宣伝したくないというのもありますし、 少しでも知識がある人には簡単に論破されてしまい信用を失ってしまうので絶対にやりませんが。 ダイエットしたい人の中には、 「多くの人が痩せてるのなら効果があるに違いない」 ときちんと情報を吟味せずに判断を下してしまう人も少なくありません。 これが酵素ドリンクが流行っている理由でもあり、 酵素ドリンクで荒稼ぎすることができる理由でもあります。 消費者や業者、宣伝などのバランスが見事に成り立っていて、 長年続いておりビジネスとしては上手いなとは思うものの、 酵素ドリンク自体はとてもじゃないですが人にはおすすめできないですね。 酵素ダイエットというのは、 このように闇の深いものでもあるのです。 あとがき 酵素ダイエットにおける闇について述べてきました。 酵素ドリンクにかぎらず、 ダイエット食品、健康・美容食品というものは、 このような闇を抱えたものが多くあります。 他に有名なダイエットサプリでいえば「カロリミット」についても同様で、 これも詳しくまとめました。 ダイエットにおいて難しい理論を並び立てて商品を売るのは、 大抵が信用なりません。 ダイエットの理論はそんなに複雑なものではなく、 痩せるかどうかは「消費カロリーと摂取カロリーの関係」で完結しますからね。 肥満の人に対し医者は食事療法や運動療法を薦めるのは、 それが最適だからです。 痩せる薬、痩せるサプリメントなんてこの世に存在しないのです。 もし真っ当なダイエットをしたいのであれば、 ネット上の誤った知識やステマに惑わされないためにも、 まずは正しい知識を身につけることが大事です。 なのでぜひこちらの記事もご覧ください。

次の

酵素ダイエットの落とし穴!これだけは知っておこう!

ダイエット酵素

今後もリピート もう1年位飲み続けていますが 健康管理目的なら続けやすいしおすすめです。 ただ1年飲んでもそこまで体重に変化が無かった事と、値段が高いという点が欠点です。 ダイエットするなら食事制限も必要だし運動もしたほうが良いと思います。 その上でこのサプリを飲むならダイエット効果は出るんじゃないかと…。 (48歳女性) 1年以上も「まるっと超熟生酵素」を飲み続けているという口コミでは「健康管理目的ならおすすめ」として「ダイエットするなら食事制限や運動は必要」と口コミしています。 あくまでダイエットのサポートをしてくれるサプリという扱いで続けたほうが良いでしょう。 「まるっと超熟生酵素」の口コミから判明した効果について 「まるっと超熟生酵素」に期待できる効果は3つ 出典: 「まるっと超熟生酵素」には生酵素が使われていますが、酵素を発酵・熟成するのは180年前より続く由緒ある酒造で、 3年以上の月日をかけて自然発酵・熟成させた栄養価の高い高純度の生酵素を使用しています。 ですので体の酵素を補いながら栄養補給を行うことができるんですね。 従来のダイエットで起こりがちな栄養不足を解消できるためダイエットサポートには最適なサプリと言えます。 「まるっと超熟生酵素」を実際に試してみた パッケージの様子を画像で紹介 「まるっと超熟生酵素」を実際に購入して試してみることにしました。 パッケージは上記画像のような感じで、ファスナー付きの袋に60粒入っています。 見た目もインスタ映えしますね(笑) 「まるっと超熟生酵素」の中身 「まるっと超熟生酵素」は特殊低温カプセル製法なのでお薬のようなカプセルタイプを想像していましたが実際は黒く濁ったサプリとなっていて、サプリ本体の中身を見ることができませんでした。 すこし艶のあるサプリで喉越しがよく飲みやすいサプリですね。 「まるっと超熟生酵素」を1ヶ月飲み続けてみた感想 「まるっと超熟生酵素」を1ヶ月間夕食後に必ず飲むようにして1ヶ月過ごしてみましたが、病弱な私でも体の調子がよくちょっとずつ体重が減っていくようになりました。 1ヶ月で合計2kg減らすことができたのでサプリの効果が出ているのでしょう。 ただその後飲まなくなった途端に体重が1kg近く戻っていますので、ある程度は飲み続けて将来的には適度なトレーニングや食事管理も必要になるので、やはり飲むだけでは長く続かないという印象でした。 ダイエットサポートとしては最適だと私も考えています。 「まるっと超熟生酵素」の効果的な飲み方 1日2粒を夕食後に毎日欠かさず飲む!.

次の

ファスティングダイエットの効果とやり方 半日から1週間まで~正しいダイエット法とは

ダイエット酵素

Contents• 消化酵素と代謝酵素を簡単に解説 酵素の種類は大きく分けると、『潜在酵素』と『食物酵素』があります。 簡単に言うと、 『潜在酵素』は体内にある酵素で、『食物酵素』は食物内にある酵素ですね。 中でも、『潜在酵素』についてはさらに2つに分けられて、 『消化酵素』と『代謝酵素』として、それぞれ違う役割を持っています。 今回の主役である 『消化酵素』と『代謝酵素』は、体内にある『潜在酵素』の一種であり、それぞれが人間の体内になくてはならない存在です。 息を吸う、病気を自然に治す、身体を動かす、まだまだ他にもたくさん例はありますが、これらはすべて『潜在酵素(消化酵素、代謝酵素)』が関わっています。 しかしながら、そんな人体になくてはならない『潜在酵素(消化酵素、代謝酵素)』ですが、 体外から補うことができません。 つまり、『食物酵素』は『潜在酵素』になりえないというわけです。 したがって、 『潜在酵素(消化酵素、代謝酵素)』は体内になくてはならない存在である上に、その生成は体内環境によって左右されるという、まさに 人体の寿命そのものを具現化した物質であるというわけです。 関連記事: 酵素がダイエットに関係してくるワケ 代謝酵素が新陳代謝やデトックスなどに影響している 酵素がダイエットに関わってくる理由に、潜在酵素のうちの代謝酵素の存在があります。 代謝酵素は、体内に入ってきた栄養素を各細胞に届ける役割や、体内に溜まった不要物(毒素)を排出する役割などを持ち、体内での様々な物質の運搬に深く関わる酵素です。 それはつまり、代謝酵素を体内に多く生成させることができれば、体内循環の巡りもよくなり、結果として 新陳代謝の向上と毒素の排出(デトックス)が期待出来るというわけです。 したがって、 代謝酵素が体内に多く排出されることが新陳代謝の向上やデトックスにつながる=ダイエットに貢献するというわけです。 代謝酵素を増やすにはデトックスが不可欠 先ほど代謝酵素がデトックスに影響していると書きましたが、実は 代謝酵素を増やすためにもデトックスが関係しているのです。 それはつまり、 体内での消化酵素の発生量が少なくなっていくということにつながります。 [st-kaiwa1]潜在酵素には代謝酵素と消化酵素がありますが、実は体内で潜在酵素を出す際に、代謝酵素と消化酵素がそれぞれが同じ量排出されるというわけではありません。 まず優先されるのが消化酵素で、消化酵素を出す必要がなくなってくると代謝酵素の排出が優先されます。 代謝酵素を活性化させる方法 [st-kaiwa3]ふむふむ、代謝酵素がダイエットに貢献するっていうのはわかった。 まず優先されるのが消化酵素で、消化酵素を出す必要がなくなってくると代謝酵素の排出が優先されます。 消化酵素が不必要に分泌されなくなると、その分代謝酵素が多く分泌されます。 その結果、代謝酵素が体内で活発に働くようになるというわけです。 酵素が活性化しやすい体内環境を整える これは代謝酵素だけでなく消化酵素も活性化させることにつながることなのですが、 潜在酵素が活発に活動しやすい体内環境を整えるという方法があります。 潜在酵素は体外からの補給ができないため、体内での発生のみが潜在酵素の生きる道。 そんな潜在酵素が円滑に分泌できるよう、 私たち人間側が体調管理等気をつけ、体内を潜在酵素の住み良い天国にするのです。 すると、潜在酵素である代謝酵素及び消化酵素は、ストレスなく体内で仕事ができるというわけです。 [st-kaiwa1]会社も周りの人間関係で地獄にも天国にもなるもんね。 代謝酵素はそれこそ人間が生きるために使われるわけですから、消費することに無駄なんてありません。 ですが、 消化酵素は人間が摂る食事によって、消化酵素の消費量が多くも少なくもなります。 それは 『添加物・砂糖・油など』です! 『添加物・砂糖・油など』はダイエットにおいても避けるべきものですが、酵素にとっても『添加物・砂糖・油など』は困ったちゃんなのですね。 『添加物・砂糖・油など』は、私たちにとって 「おいしい」と錯覚させてしまったり、便利な食べ物には欠かさず添加されているものです。 しかしながら、 その便利さと引き換えに、私たち人間の体内酵素を無駄遣いさせているというわけです。 ファスティング(断食)を行う 『消化酵素の消費量を減らす』というのであれば、一番効果的なのは 『ファスティング(断食)』を行うことでしょう。 ファスティング中は基本的に固形物を食しませんから、消化酵素も固形物を分解するといった作業をする必要がなくなり、消化酵素自体の分泌量も減ります。 まさに、消化酵素の節約ですよね。 ちょっと身体が重いなと感じた時や、だるいなと感じた時、消化酵素の分泌量が多くなっている可能性があります。 そんな時は是非ファスティングを試みてください。 正しいファスティングはダイエットだけでなく、体調管理法としても優れていますよ! 酵素が活性化しやすい環境を作る方法 悪玉菌が住みにくい環境を作る 酵素が活性化しやすい環境とは、 善玉菌の多い状態の環境のことを指します。 酵素の生成及び育成には、腸の中の腸内細菌が深く関わっています。 そして、腸内細菌を大きく分けると善玉菌と悪玉菌に分けられます。 中でも、 酵素の生成及び育成に加担している腸内細菌のほとんどが善玉菌であり、善玉菌が多い腸内環境は人体の健康維持に貢献するとされています。 そんな善玉菌ですが、私たちの見えない腸内環境において、悪玉菌との勢力争いを日夜繰り広げています。 悪玉菌は文字どおり人に害を与える腸内細菌として知られています。 そんな 悪玉菌の勢力が強まると、腸内環境はバランスを崩し、やがて人体の体調に影響が出始めます。 それは酵素にとっても同じで、 悪玉菌が多くなると、酵素の生成及び育成に悪影響を及ぼします。 ですから、体内酵素を活性化させるためには、何としても善玉菌を勢力争いの勝者としなければいけません。 『善玉菌を勢力争いの勝者とする』 そのためには、 悪玉菌が住みにくい環境を作り、善玉菌が住みやすい環境を作る必要があります。 ですが、だからと言って『消化されないからよくない』というわけではありません。 なぜなら、 食物繊維には、他の体内で消化されず積もった食べカスなどの腐敗の元(ゴミ)を絡め取り、一緒に体外に排泄してくれるという役目を果たしてくれるからです。 この役目は非常に重要で、 食物繊維は現代において6番目の栄養素として、五大栄養素に次ぐものとされています。 食物繊維が体内のゴミを体外に排泄すれば、腸内はいつも清潔でいられます。 ちなみに 善玉菌は綺麗な腸内が大好きで、反対に悪玉菌はゴミ腸内が大好きです。 この特徴から、 食物繊維を積極的に摂り体内のゴミをなくしていくことは、善玉菌が活動しやすくなる布石となるわけです。 善玉菌は腸内で食物繊維やオリゴ糖を餌にして、乳酸や酢酸などの酸を出し、腸内を酸性に傾かせます。 この 酸性の環境こそが善玉菌の好む環境だったりします。 [st-kaiwa1]善玉菌は自分の好きな環境を作るために食物繊維やオリゴ糖を欲してるわけです。 悪玉菌が増えると便秘やガス溜まりを引き起こします。 また、 オリゴ糖は酵素が苦手な砂糖とは違い、消化がされにくい(難消化性)性質があるため、消化酵素が頑張って消化をするということ自体がほとんどありません。 そういう性質から、 オリゴ糖は糖質制限ダイエットの時やファスティング時にも食すことのできる貴重な甘味料として、ダイエット中の甘いもの摂取として人気です。 あとは言わずもがなですね。 善玉菌のエサですからね。 自然と善玉菌が増える環境になることは、なんとなくでもわかっていただけることでしょう。 ちなみにオリゴ糖の摂取方法ですが、 カイテキオリゴがオススメです。 赤ちゃんでも大丈夫な安心安全設計、かつ、口コミでも日本一のオリゴ糖食品です。 身体を温める 酵素は熱に弱いと言われていますが、 実は50度前後という体温より少し高い温度で最も活性化します。 私たちが風邪を引いた際に熱を出すのは、酵素(特に代謝酵素)を活性化させて治癒を行うためなのですね。 一般的に 内臓の温度が1度上がると免疫力が30%上昇し、基礎代謝も10〜12%上がると言われていますが、これはもしかすると酵素の働きが関係しているのでしょうか?そう考えると辻褄が合うので、私も納得できます。 私たち人間にとって冷え性が大敵と言われるのは、 体が冷えて冷たい!というよりも酵素自体の働きが関係しているのかもしれません。 オススメ記事: まとめ いかがでしたでしょうか? 酵素ダイエットなどが最近話題だったりしますが、 実際には酵素は酵素でも『代謝酵素』が深く関わっていたというわけです。 そして、その『代謝酵素』をより活性化させるには、 『消化酵素』を無駄遣いしないことと、 善玉菌優勢の腸内環境を整えることが大切なのだという話でした。 なんと言いますか、 ダイエットというよりもデトックスですね。 体内の毒素や食べカスを排出するということは、体重が減少するということに直結する。 それが結果として、ダイエットサポートになるのです。 『添加物・砂糖・油』を取らない、ファスティング(断食)する、食物繊維やオリゴ糖や発酵食品を摂る、体を温める・・・ このどれもが酵素云々に限らず、しばしば 『健康・美容法』としてあげられているものばかりです。 ですので、今回の記事を読んで『酵素』についてよくわかった方もそうでない方も、とにかく 『身体に良い』と言われることはすべて実践してみると良いと思います。 その 『身体に良いこと』はすべてどこかで『酵素』と繋がっているはずなのですから。 では、今回の記事のまとめに入らさせていただきます。 酵素をダイエットの味方につけるなら、代謝酵素を活性化させることを重視する。 代謝酵素を活性化させるためには、同じ潜在酵素である消化酵素の無駄遣いを減らすか、潜在酵素そのものを活発化させる。 以上です。 最後までお付き合いいただきありがとうございました!.

次の