胃 カメラ 喉 の 痛み。 喉の違和感の原因は胃カメラでわかるの?内視鏡検査の受診料は?

喉に違和感 異物感がある時は何科を受診?胃カメラで原因がわかる?

胃 カメラ 喉 の 痛み

そもそも、胃カメラ検査とは? 胃カメラ検査とは、内視鏡を使って上部消化管(食道から胃、十二指腸まで)の内部を目視で確認し、病変の有無をチェックする検査方法です。 胃部に病変が発見された際には生検を行い良性・悪性の診断を行うことや、がんなどの疾患が見つかった場合もスムーズに治療へと移行できる点で、胃バリウム検査や胃ABC検査とは性質が異なります。 人間ドックの中での位置づけ 胃カメラ検査(上部消化管検査)は人間ドックの検査項目に含まれることが一般的で、通常は胃カメラ検査か胃バリウム検査のどちらかが実施されます。 胃がんリスクを注視して、検査項目に胃カメラ検査を標準設定している医療機関もあれば、受診者が胃バリウム検査を胃カメラ検査へと変更、または胃カメラ検査自体を追加するなど、オプションとして選択ができるよう設定している医療機関もあります。 胃カメラ検査の仕組み 胃カメラ検査は、胃内視鏡という先端にカメラ(スコープ)のついたチューブを、口または鼻から上部消化管へ挿入して行う検査です。 チューブを体内に挿入し、カメラを通して食道、胃、十二指腸に異常がないかを観察します。 カメラで内部をくまなく撮影するほか、検査中にTVモニターで状態を確認しながら病変の発見につなげます。 検査自体は大体10分程度で終了することが多いです。 発見されたポリープや病変が良性か悪性かを診断する場合は生体検査を行うため、後日検査結果の確認が必要です。 同じ胃部検査でも、胃バリウム検査が胃全体の形を画像にすることで狭窄箇所を発見したり、粘膜へのバリウム付着具合で異常を発見するのに対し、胃カメラ検査は内視鏡で内部を直接確認するため、ポリープやがんを疑う病変そのものを確認できるのが特徴です。 疑わしい病変が見つかった際には、胃の内部に直接挿入している内視鏡には鉗子(かんし)と呼ばれる器具を用いてその場で採取することができます。 一度の検査で病変の悪性・良性の判断まで行えることが、内視鏡検査の特徴です。 胃カメラの種類 胃内視鏡には、口からチューブを通す「経口内視鏡」と鼻からチューブを通す「経鼻内視鏡」とがあります。 経口内視鏡は直径10mmほど、経鼻内視鏡は直径5mmほどです。 経鼻内視鏡はチューブが細いため検査時の苦痛は軽減されやすいですが、経口内視鏡に比べると画像精度がやや劣り、細部を拡大して観察することは難しいです。 早期がんなど細微な病変を観察するには、挿入時の苦しさは強めでも経口内視鏡の方が得意といえます。 どちらの内視鏡で受診するかは、今の健康上状況を含めて事前に医師へ相談するとよいでしょう。 また、医療機関によっては経口内視鏡のみ、もしくは経鼻内視鏡のみと胃内視鏡の種類を限定していることもあります。 検査コースの内容をよく確認してからの受診するよう、注意してください。 苦痛を軽減する工夫や取り組み 近年は胃内視鏡の苦痛軽減のため、検査時に麻酔や鎮静剤を使用する医療機関も増えてきました。 鎮静剤の使用 鎮静剤を使用すると眠ったような状態で受診ができるので、胃内視鏡による不快感や違和感を感じることなく検査を終えることができます。 ただし、鎮静剤を使用すると検査終了後に30分〜1時間ほど、ベッドで横になって休憩をとる必要があります。 検査にかかる時間が通常よりも長くなるため、検査当日は時間に余裕を持ったスケジュールで臨むことになります。 ほかにも、自動車や自転車での来院ができなくなるなど、移動手段に制限がかかります。 基本的に徒歩か公共交通機関を利用する必要がありますので、受診する医療機関の場所も考慮しましょう。 はじめから鎮静剤の使用が前提とされているケースや、別途料金を払いオプションで追加するケースなど、鎮静剤使用の設定は医療機関によってさまざまです。 使用を希望する際には、別に費用が発生するかどうかも併せてチェックが必要です。 麻酔の使用 鎮静剤は点滴でウトウトと眠ったような状態にしますが、麻酔の場合はゼリーやスプレーで表面だけを痺れさせる「表面麻酔」を使用することが一般的です。 表面麻酔は手術で使用するような全身麻酔ではなく、歯科で治療に使用する麻酔と同じ種類と考えましょう。 部分的に感覚を鈍くさせる麻酔なので、検査中の意識もあり、身体への負担が少なくて済みます。 ただし、気を付けなければいけないのは、麻酔によるアナフィラキシーショックです。 ショック症状が起こると呼吸困難や血圧低下など、非常に危険な状態となります。 使用に際しては必ず事前に意思確認がありますので、不安なことはすべて医師に相談しましょう。 鎮静剤と同じく、はじめから麻酔の使用が検査内容に含まれているケースと、別途料金を払ってオプションで追加するケースがあります。 また、静脈麻酔と書かれている場合は、麻酔ではなく鎮静剤のことを指します。 不明点があれば事前に医療機関へ問い合わせておくと安心です。 検査中の胃の張りについて 胃カメラ検査中には、内視鏡から胃の中に空気が入ることがあるため、人によっては胃やお腹が張ったような感覚になります。 検査後にゲップやガスが出れば症状は自然に和らぎますが、検査中から苦しさや、場合によっては痛みがあらわれることもあるかもしれません。 胃やお腹の張りを軽減するため、「炭酸ガス(二酸化炭素)送気装置」を導入している医療機関もあります。 この装置は二酸化炭素の性質を利用して、検査終了時に膨満感や不快感を軽減させる働きがあります。 内視鏡受診者の苦痛軽減のために医療機関が導入している設備なので、装置を使うことに対して別途費用負担は発生しません。 受診する医療機関によっては導入していないこともありますので、検診コースの検討ポイントの一つにするとよいでしょう。 苦痛を減らすコツの紹介 胃カメラ検査は喉の奥にチューブがあたって「オエッ」となりやすいのが難点です。 喉に力が入るとチューブの刺激がより強く感じられます。 喉や首、肩の力を抜き、なるべく緊張せずに検査を受けられると苦しさが軽減されます。 経口内視鏡での検査であれば、口を大きく開けてゆっくりと鼻呼吸を行いましょう。 経鼻内視鏡では口呼吸ができるので、静かにゆっくりと腹式呼吸を維持しましょう。 とにかくできるだけリラックスすることが大切です。 鎮静剤や麻酔以外にも、専用のマウスピースを使うことで嘔吐感を防ぐこともできます。 医療機関によってどのような苦痛軽減の取り組みを実施しているかを確認しましょう。

次の

胃カメラ後の喉の痛みはどのくらいで治るでしょうか?

胃 カメラ 喉 の 痛み

先日、会社の健康診断で胃にポリープが出来たため、再検査とのことでした。 再検査の際、人生初の胃カメラを経験することに。 ちょうど1か月前に大腸内視鏡検査も行っているため、それに比べたら 胃カメラは大したことないと聞いてため、余裕かまして検査に向かいましたら、 いやー、びっくりするほどしんどかったです。。 実はちょっと怖かったので、鼻からの胃カメラというのもできなくはなかったのですが、 話がとんとん進み、口から胃カメラを飲むことになってしまいました。。 んで、今回、胃カメラを人生初めて飲んだ体験談として、 のどの痛みと胃カメラを飲むコツについて、それぞれご紹介します。 胃カメラ後に喉の痛みはやばい?? 人生初の胃カメラは本当にしんどかったです。 なにがしんどいかって吐き気がひどかった。。 喉に胃カメラが通過すると嘔吐反射が起こり、その吐き気がなによりつらかったです。 あ、ちなみに鎮静剤は注射しないで検査に臨みました。 最初の胃の検査までは順調でしたが、その後の十二指腸を検査したあたりから、 嘔吐反射が強くなり、パニックを起こしてしまいました。 パニック起こしますと呼吸の仕方も忘れてしまい、呼吸困難に陥りました。 その後、何度か嘔吐を繰り返し、看護師さんが背中をさすって落ち着かせたこともあり、 なんとか落ち着きを取り戻し、検査を終了しました。 胃カメラを引き抜く際に、激しい嘔吐があったため、喉も傷付いたのか、 検査後から喉がジリジリと痛くなりました。 胃カメラ後は、口をゆすぎましたが、その際に少量ですが、血も交じってました。 やっぱり、喉傷付けたと思い、不安が強くなります。 食事するにも喉は痛いわ、ほうっておいても喉は痛むわで、 なんだかふんだりけったりでした。 ちなみに喉の痛みは風邪をひいたときの痛みに似てます。 それから 3日経ちまして、喉の痛みも引きました。 スポンサードリンク 2日目くらいから痛みがかなり和らぎ、3日でほぼ痛みなしって感じです。 ちなみに調べてみたところ、胃カメラで喉を傷めるのはよくあるそうです。 そのため、喉の痛みはそんなに気にしないでもよさそうです。 ただ、5日以上喉の痛みが続くようでしたら、一度、医師に診てもらったほうがよいでしょう。 胃カメラ後の食事っていいものなの? んで、以外に気になるのは、胃カメラ後の食事ですが、これはとくに食事制限はないようです。 ただし、胃はカラッポなので、胃カメラ後は、うどんなどの軽めな食事から入った方が、胃もたれなどを起こしにくいので、オススメです。 ちなみに私は、ものすごくお腹がすいており、ガツンとから揚げ定食食べました。。 美味しかったですが、ちょっと胃もたれしましたので、 次回はうどんなどの軽めなものにするようこころかけます。 検査後は意外と思考ができない状況になりがちですので、検査前にどこでなにを食べるかを事前に決めておくとよいでしょう。 胃カメラを飲むコツで呼吸は? 今回、胃カメラを飲むうえで、教訓として得たもののひとつとして、胃カメラを飲んだ時の呼吸です。 普段なにげなくしている呼吸も口にものがはいっていると、ついパニックになってしまい、呼吸困難に陥ってしまいました。 そうなると、ほんと検査どころではなくなります。 私も今回、それで最後の方は医師に怒られてしまいましたし。。。 んで、呼吸のコツですが、口で胃カメラを飲んでいた場合は、 常に鼻で呼吸する。 口で呼吸をしようとすると吐き気が催すらしいので、しないこと。 私の場合、口で呼吸しようとしてから吐き気が強くなったので、ここはきをつけたほうがよさそうです。 胃カメラで辛いのは、喉を通り過ぎるときが一番つらいです。 ここさえ乗り切れば、 比較的楽にはなります。 なによりパニックを起こさないように注意しましょう。 まとめ 胃カメラを飲んだ後の痛みは基本的に3日もあれば大体治ります。 それ以降痛みが続くようでしたら、再度、病院にいきましょう。 食事はなにとっても大丈夫ですが、軽めのものが胃に負担が少なく胃もたれしにくいです。 事前にどこで食べるか決めておくとよいでしょう。 呼吸は鼻からのみでするように心がけます。 口からしようとすると吐き気強くなりますので、気を付けましょう。 私は次回、鎮静剤打つか鼻からのやつにします。。。 最近の投稿• 人気記事• 最近のコメント• に 管理人 より• に 管理人 より• に Shin N より• に ささき より• に 管理人 より アーカイブ• カテゴリー•

次の

胃カメラ後の喉の痛み

胃 カメラ 喉 の 痛み

実際の痛みは唾を飲み込むと痛む程度のものだそうです。 この検査でこのような症状がおこる頻度は少なくないとも言われています。 また咽頭反射という言葉があります。 口をあけて指を奥の方にいれると吐き気がする。 戻しそうになるその状態が咽頭反射によるものであり、その反射自体も高齢になっていくと弱くなるとされています。 胃カメラを受ける年齢はいまだ若い方も少なくありません。 痛みのない胃カメラをうける為にはいくつかの注意点があります。 その内容には、楽な服装で検査をうけることやできる限りリラックスした状態で受けられるようにBGMなども有用とされています。 そして麻酔用のゼリーを使う際のポイントとしては、首を後ろに反らし天井を見上げるような姿勢になり、なおできる限り喉の奥の方で留めておくようにするイメージが使われます。 一般的な時間は5分から10分が良いとされていますが、咽頭反射が強いとされている方はとくに奥の方で、しかも長めで麻酔をすることがポイントです。 麻酔がうまくできれば痛みをやわらげる効果も期待できるでしょう。 その他で大切なポイントとされることは、カメラを飲み込む動作がうまくできるように練習しておくことだと言われています。 食物を飲み込む動作をする際に通常、食道の入り口は開きますが、えずいた時には逆に入り口は閉じてしまっています。 そのような時には、無理してカメラを挿入してもうまく入らないと言われていますし、粘膜を傷つける可能性もでてきます。 また、仰向けで寝ている状態で検査をうける際に唾を飲み込まないことも大切です。 唾が気管の中に入ってしまうとムセがおこり、検査をすすめることはさらに難しくなります。 キシロカインなどの喉の麻酔が嫌で、鎮痛剤をうつことで代用されている方もおられるでしょう。 しかし一般的なやり方としては咽頭麻酔をすることが前提です。 なお鎮痛剤の量も少なめからかなり多めの量にわかれるようです。 また施設によってはゼリー状の麻酔薬は使用せずにスプレー式の麻酔薬を使っておられるところもあるようですし、患者の状態にあわせた使い方をされているようです。 たとえば妊婦さんや、検査後にすぐに帰りたいとされる方には喉の麻酔のみでされることもあるようです。 入院施設がないクリニックなどではこのような処置のもとで検査されているところも少なくありません。 カメラを挿入する医師の手技はとても大切なポイントですので熟知する必要があります。 国立がん研究センター中央病院で習得した技術!.

次の