ニュース エブリー 食 レポ。 日テレeveryでハードキャッスルが新キャスター

news every きょう一日を分かりやすく キャスト あらすじ

ニュース エブリー 食 レポ

日本テレビ『news every. 』(月〜金 後3:50〜)の、カルチャー&スポーツの新キャスターに、山梨放送のアナウンサーとして4年間活躍した後、フリーのキャスターに転進した、ハードキャッスル エリザベス(27)の起用が決定した。 ハードキャッスルキャスターは、9月30日から出演し、カルチャー担当として「カルスポっ!」や「きょうコレ」などのコーナーを担当する。 ハードキャッスルキャスターは、東京都港区出身。 成城大学を卒業し、山梨放送のアナウンサーとして4年間活躍した後、フリーのキャスターに転進しキャリアを積み重ねてきた。 イギリス人の父を持ち、幼少期に香港に在住したこともある国際派だが、特技は甲州弁、趣味は温泉巡りという日本育ちのキャラクター。 ハードキャッスルキャスターは「普段から一視聴者として楽しんでいたnews every. の一員に加わることができ、とてもうれしいです。 カルチャー担当として、見ている方に明るく、ときにはほっとする情報を提供していきたいです」と意気込み。 「また、山梨や海外での経験からそれぞれの立場に立つ、親近感のあるキャスターとなりたいと思います。 視聴者の夕方の時間をさらに有意義なものにできるよう、頑張ります! よろしくお願いします」と呼びかけている。 統括プロデューサー・大野伸氏は「ハードキャッスルさんは日本テレビ系列の山梨放送時代から地域の皆様に愛されてきた人気アナでした。 さらにゴールデンタイムの全国放送のバラエティ番組にも出演するなどして存在感を増している注目株でした」と紹介。 「国際的な感覚を持ちながら、同時にネイティブな日本語力で趣味は温泉と話す日本的なキャラクター、そして明るさが魅力です。 news every. に新しいパワーを吹き込んで、視聴者を元気にしてくれるだろうと考え起用を決めました。 ハードキャッスルさんの登場をぜひご期待下さい」とコメントを寄せている。

次の

【実食レポ】1780円でステーキ&ハンバーグ食べ放題「すてーき亭」

ニュース エブリー 食 レポ

井上貴美さんが 『1周回って知らない話』に報道番組のグルメコーナーの 美女リポーター軍団の一人として出演されるそうです。 実はCMなどにも多数出演されている美女, 井上貴美さんについて 気になったので調べてまとめてみました。 スポンサードリンク 井上貴美さん プロフィール 出典: 生年月日:1985年2月13日(33歳) 出身:愛知県名古屋市 身長:165. 業界では かなりの人気者だったそうですよ! その後2009年からオスカープロモーションに移り 「ひみつの嵐ちゃん」「さんまのスーパーからくりTV」のアシスタントを務めたり モデル業以外にもドラマやCMなどで幅広く活動されています。 2015年より日本テレビ系 news every. 特集コーナーリポーターとして出演中です。 スリーサイズからすると、すごくメリハリのあるナイスバディですよね。 さすが 元レースクイーン! 趣味が運動系が多いので、きっと食レポで美味しいものを食べるけれど 運動もきちんとやって美しさを保たれているんでしょうね~。 ブログには仲間とウォーキング部を立ち上げたと以前書かれていたのですが 現在はどうなんでしょう??? 井上貴美さん 結婚してるの? 現在33歳の井上さん、結婚や彼氏の情報は調べましたが出てきませんでした。 これだけ美人なのでさぞモテるのでしょうが、一人でニューヨークに旅行にいったり、 女子会などされて 結構充実してるみたいなので、 現在はフリー?なのかなぁと思います。 またわかり次第、追記しますね。 着付けが特技ということで、ニューヨーク旅行の際には 着物でブロードウェイ観劇を 楽しんだそうです。 こんな美人が着物着てたら 目立って仕方ないですよね。

次の

坂田陽子アナの年齢や結婚相手の夫(旦那)や子供や経歴など

ニュース エブリー 食 レポ

2010年に始まったnews every. は 2020年でちょうど10年を迎えます。 階段を踏みしめるように1年1年進んで参りましたが、 ここまで番組が続いているのは、ひとえに皆様のおかげです。 新加入のメンバーも、 番組開始からいるオリジナルメンバーも 「視聴者の皆さまに伝わるか」を一番の目標に掲げ 気持ちを一つにしてまいりました。 時にはご満足いただけない日もあるかもしれませんが、 反省と共に改善を重ねてまいりました。 これからも皆さまのために出演者総出で番組を作って参ります。 それは皆さまの地元のevery. キャスターも同じ気持ちです。 「ミンナが生きやすく」 2020年までの数年もこの初心を忘れずにお伝えします。 今後もチャンネルを合わせていただければ幸いです。 皆さまのお越しを心よりお待ちしております。 「木原さぁん、そらジロー!」の陣内です。 こうして、スタジオの外にいる2人呼びかけて、早いもので7年が経ちました。 多くの方がこの呼びかけに親しみを覚えて下さっているようで、 いろいろな場所でモノマネを披露していただくようになりました。 それだけ、news every. がみなさんに浸透してきた現れだとも感じております。 毎回呼びかける度に、 みなさんと一緒にニュースを見ていることを実感できているんです。 ありがたいですね!! 日々、いろいろなニュースが飛び込んできます。 1つ1つのニュースに真摯に向き合いながら、 これからも丁寧に伝えていきたいと思っています。 さあ、きょうも元気に「木原さぁん、そらジロー、みなさぁん!」 張り切って参りましょう!!• インターネットの情報に触れる中で、 「え?これって本当?どういうこと?」とその先が知りたくなることがあります。 「カフェイン中毒で死亡例って?」「ワンオペ育児とは?」 「トイレの三角折りは本当に汚いの?」…とインターネットで話題になっている中で、 もっと知りたいことを取り上げる「MOTTO」のコーナー。 少しでも皆様の疑問にお答えできたらと取材しお届けしています。 日々、様々なニュースが飛び込んできますが、 皆様とともに、時に驚き、時に悲しみ、時に喜び…、 一つ一つの情報を一緒に感じることができるのが、 生放送のニュース番組ならではの良さと感じます。 every. 「news every. 今回は16時台のニュース解説を担当させていただくことになりました。 私の記者としての原点は、95年に起きた阪神淡路大震災です。 生まれ故郷神戸の惨状に、愕然としながら取材に駆け回りました。 被災地のみなさんから、 人間の生きる力、仲間を助け合う素晴らしさ、 そして命の尊さを教えて頂きました。 声にならない声を伝える事が、 私の取材信条となりました。 「みんなが、生きやすく」。 1つのニュースでも、角度を変えれば、 違った風景が広がっていることがあります。 様々な角度からニュースを取材し、 視聴者の方々の判断材料を、少しでも多く提供したいと思っています。 ラクロス元日本代表選手で、根っからの関西人です。 体育会系キャスターとして、毎日元気にニュースをお届けいたします。 チームevery. の一員として、 共演者のみなさんと よりよい番組にしていけるよう、頑張ります。 どうぞよろしくお願いいたします。 毎週木曜日の16時台ニュース解説を担当させて頂くことになりました。 日本テレビに入社以来、報道一筋で走り続けて早くも二十ウン年(?)が過ぎました。 アメリカ同時多発テロやBSE狂牛病問題の取材で全米各地を飛び回り、 福島第一原発事故をきっかけに原子力やエネルギー行政の取材にも深く関わってきました。 一見難しそうに見えるニュースは、可能な限り解きほぐして分かりやすく、 みんなが盛り上がっている話題のニュースには、さらに付加価値をつけて、 世界で起きている様々な出来事は、私たちの日常にぐっと引き寄せてお伝えするー。 2019年4月より、朝の番組「ZIP! 」を卒業し、 news every. にスポーツキャスターとして新加入しました、平松修造です! 「カルスポっ!」の「スポっ!」担当です。 普段、news every. のほかには 野球・サッカー・ボクシング・MotoGP・駅伝と 実は5種目の実況を担当しています! かく言う私ですが、 中高大と10年間打ち込んできた陸上競技・走り高跳びでは、 全国大会に出たことなど1度もなく、県大会でも毎年予選落ち。 どこにでもいる、「普通の」競技者でした。 だからこそ、スポーツが苦手な人・興味がない人にも 「楽しい!」と感じてもらえるような伝え方を日々心掛けています。 分かりやすく・楽しく・パワフルに!お届けします! ちなみに! 小西さん・中島さんと同じく私も…関西人です。 こんにちは、渡辺裕太です! 番組でもこの挨拶からはじまる4時台の中継コーナーを2014年1月から担当させて頂いてます。 様々なニュースをお伝えするevery. の中で、 僕が担当するコーナーでは明るく楽しい場所にしか行きませんので、 正確に新鮮にお伝えすることはもちろんなのですが、 生中継ならではのハラハラドキドキ感も 楽しみながらやっていきたいと思っています。 そこは暑いのか寒いのか、 いい匂いなのかちょっと臭かったりするのか、 その場所に行ったからこそ分かることをお伝えして、 見てくださる方も一緒にその現場にいるかのように 思ってもらえたら嬉しいです。 それとスタジオの皆さんとの会話も存分に楽しみながら、 時に一方的に突っ込まれるところもありますが それもうまく対応出来るよう 一生懸命頑張っていきたいと思います!• お天気キャスターの木原実です。 1986年の秋から夕方の天気コーナーを担当してきました。 news every. では必ずスタジオの外から天気予報をお伝えしています。 これは私が天気を担当してからずっとかわらないスタイルです。 実際に町を歩き、仕事をなさっている視聴者の皆さんと 同じ環境で風に吹かれ雨に降られて放送することで、 心に届く天気予報に少しでも近づけられればと スタッフ一同雨にも負けず冬の寒さにも負けずにがんばっています。 また日本は季節の変化に富んだすばらしい国土を持つと同時に 台風や集中豪雨、大雪など、風水害にもたびたび見舞われる、 良くも悪くも自然の力を大きく受ける国です。 地震もまた例外ではありません。 日々の天気の変化や季節の移り変わりをしっかりお伝えすると共に 自然災害への備えも忘れることなく放送していきたいと思います。

次の