慈しむ 類語。 慈しむの類語・関連語・連想語: 連想類語辞典

「仁愛」の意味は?使い方・類語を解説 | 言葉手帳

慈しむ 類語

「慈しむ」の意味とは? 「慈しむ」の読み方• 「慈しむ」の英語 解釈• 「慈しむ」の使い方• 「慈しむ」を使った例文・短文 解釈• 「慈しむ」の類語や類義の表現 「慈しむ」の意味とは? 「慈しむ」の意味は、 「目下の者・弱者に愛情を注いで可愛がること」や 「他者・動物などを可愛がって大事にすること」になります。 「慈しむ」の 「慈」の漢字は、仏教用語の 「慈悲」にも使われていて、 「慈 マイトリー 」と 「悲 カルナー 」に分けてそれぞれの意味を考えることができます。 「慈 マイトリー 」とは他者に愛を注いで楽を与えること、 「悲 カルナー 」とは他者の苦悩に共感して苦を取り除くことを意味しています。 「慈しむ」の現代における意味は、 「可愛がること・大事にすること・大切にすること・情けをかけること・労わること」などになりますが、 「慈しむ」の語源は平安時代の 「うつくしむ」という古語にあるとされています。 「うつくしむ」が 「いつく 斎く 」と混じり合っていく過程で、語形が変化していき、中世末ごろには 「いつくしむ 慈しむ 」の言葉が生まれたと推測されています。 「慈しむ」の英語 解釈 「慈しむ」の英語とその意味の解釈は、以下のようになります。 「慈しむ」の使い方 「慈しむ」の使い方は、 「自分よりも目下の相手・弱い者 動物 などに愛情を注いで可愛がる場合」に使うという使い方になります。 「慈しむ」という言葉には 「対象となる人物・動植物などを可愛がる」という意味のニュアンスがあるので、基本的に 「目上の人 優位にある人 が目下の人 劣位・弱い立場にある人 に対して使うという使い方」になります。 「慈しむ」の言葉は、 「人・動植物を大事 大切 にして可愛がる」という意味があるので、 「困っている人を慈しむ心を忘れてはいけない」や 「親に慈しまれながら大切に育てられた子供が、本当の悪人になってしまうことは極めて稀です」などの文章において、 「慈しむ」の言葉を使うことができます。

次の

『慈しむ』ってあまり良い言葉じゃないんですか?私は、慈しむという言葉が好き...

慈しむ 類語

スポンサーリンク 慈しむの意味 慈しむ(いつくしむ)は 「可愛がり、大切にする」という意味の言葉です。 「我が子のように慈しむ」で「我が子のように可愛がり、大切にする」という意味になります。 「慈しむ」はもともと「うつくしむ」という言葉で、これが「斎く(いつく)」という言葉と混ざってできた言葉です。 「うつくしむ」は「可愛がる」、「斎く」は「大切に祭る」や「神に仕えるように大切に世話をする」という意味の言葉。 語源をみると目上の人に対しても使えそうですが、「慈しむ」は目下のものに対して使う言葉で、目上の人に対しては使わないので注意しましょう。 ちなみに「慈しむ」は「愛しむ」とも書きます。 ちゃんと両方に変換できます。 慈しむの使い方• 慈しむように子猫をなでる。 慈しみ、育て上げた我が子。 他人を思いやり、 慈しむ心を育てる。 というように使います。

次の

「思いやり」の類語関・連語・連想語・意味と使い方・例文|熟語

慈しむ 類語

「慈しむ」の意味とは? 「慈しむ」の読み方• 「慈しむ」の英語 解釈• 「慈しむ」の使い方• 「慈しむ」を使った例文・短文 解釈• 「慈しむ」の類語や類義の表現 「慈しむ」の意味とは? 「慈しむ」の意味は、 「目下の者・弱者に愛情を注いで可愛がること」や 「他者・動物などを可愛がって大事にすること」になります。 「慈しむ」の 「慈」の漢字は、仏教用語の 「慈悲」にも使われていて、 「慈 マイトリー 」と 「悲 カルナー 」に分けてそれぞれの意味を考えることができます。 「慈 マイトリー 」とは他者に愛を注いで楽を与えること、 「悲 カルナー 」とは他者の苦悩に共感して苦を取り除くことを意味しています。 「慈しむ」の現代における意味は、 「可愛がること・大事にすること・大切にすること・情けをかけること・労わること」などになりますが、 「慈しむ」の語源は平安時代の 「うつくしむ」という古語にあるとされています。 「うつくしむ」が 「いつく 斎く 」と混じり合っていく過程で、語形が変化していき、中世末ごろには 「いつくしむ 慈しむ 」の言葉が生まれたと推測されています。 「慈しむ」の英語 解釈 「慈しむ」の英語とその意味の解釈は、以下のようになります。 「慈しむ」の使い方 「慈しむ」の使い方は、 「自分よりも目下の相手・弱い者 動物 などに愛情を注いで可愛がる場合」に使うという使い方になります。 「慈しむ」という言葉には 「対象となる人物・動植物などを可愛がる」という意味のニュアンスがあるので、基本的に 「目上の人 優位にある人 が目下の人 劣位・弱い立場にある人 に対して使うという使い方」になります。 「慈しむ」の言葉は、 「人・動植物を大事 大切 にして可愛がる」という意味があるので、 「困っている人を慈しむ心を忘れてはいけない」や 「親に慈しまれながら大切に育てられた子供が、本当の悪人になってしまうことは極めて稀です」などの文章において、 「慈しむ」の言葉を使うことができます。

次の