戸田真琴 デビュー。 「結婚ができない」のは恥ずかしいことですか? 戸田真琴と考える

処女のままデビュー、戸田真琴がAVの仕事を通して考えたこと

戸田真琴 デビュー

戸田真琴をインタビューしたのは5月のこと。 まだデビュー作のサンプルもあがっておらず、「処女でAVデビュー」という以外、前情報がない状態での取材だったが、大変可愛らしく、表情も豊かで、しかも頭の回転が早くて話も面白い女の子なので、いっぺんで好意を持った。 特に映画が好きだという話題で、好きな監督として「や」なんて名前があがったところで、心を打ち抜かれた。 いや、今でこそ映画をほとんど見なくなった僕だが、10代の頃は片手に名画座に通い、この辺りの映画をずいぶん見倒したのだ。 彼女の所属するのレーベル名「青春時代」そのままに、甘酸っぱい思い出も蘇ったりして。 しかしサブカル好きの今どきの女の子だと、やってのはなかなか出てこない名前じゃないだろうか。 もうそこでグッと来る。 とにかく、もっと色々なことを話したいと思わせてくれる魅力的な女の子だった。 その後も、やBlogなどもチェックして、書き込まれる誠実な文章と愛らしい自撮り画像に、すっかりハマり、「個人的に今一番可愛いAV女優」としてプッシュしていた。 そして昨日、満を持してデビュー作『「私、Hがしてみたいんです」 戸田真琴 19歳 処女 SOD専属AVデビュー』 が発売され、僕の元にもサンプルDVDが届いた。 期待に胸を膨らませて再生。 いや、実はAV本編を見ないで、AV女優として推していたことに若干の罪悪感を感じていたということもあったのだ。 いくら可愛くても、それだけじゃAV女優としての評価は出来ないのだから。 なにしろこの時点では、裸もろくに見てないのだ。 再生して、少し慌てた。 あれ……、可愛くない……。 前髪を揃えたおかっぱ、と、パッケージ写真や取材時と髪型が違うせいもあるのだが、妙にやぼったい。 おばさんくさいといってもいいくらいだ。 まぁ、角度によっても可愛く見える瞬間もあるのだが、今のAV女優のレベルから見ると、お世辞にも高いランクには入れるわけにはいかない。 「困ったなー」と僕は思った。 「今一番可愛いAV女優は戸田真琴ちゃん!」なんて推しておいて、やっぱり撤回、なんて言えない。 しかし、インタビューの時に会った彼女は確かに可愛かったんだけどなぁ……と、頭をかきながら、彼女の処女喪失である最初のカラミを見ていたのだ。 まぁ、反応のリアルさ、初々しさはあるし、身体つきは綺麗なので、作品として、それほど悪いわけではない。 ただ、こっちの期待が大きすぎただけだ。 続いて、インタビューの時に本人が「監督さんに絶賛されたんです」と言っていたオナニーシーンを経て(確かに生々しくてよい)、二回目のカラミだ。 目を疑った。 あの可愛い戸田真琴ちゃんがいるのだ。 髪を後ろで結んで、見慣れた髪型になったというせいもあるのだろうけれど、明らかに顔が違う。 最初のカラミの時の野暮ったさ、重さがなくなって、すっきりとした表情になっている。 驚いた。 まるで別人だ。 そのカラミ、そして三回目のカラミは、慣れて余裕も出来たからか、笑顔も交えて、しっかりとセックスを楽しんでいる。 処女を失うだけで、女の子というのは、こんなに顔が変わってしまうのか、と驚いた。 インタビューの時に、彼女は処女でありながらAVに出演した理由を「自分の凝り固まった価値観を、壊して欲しいなって思ったんです」と答えていた。 処女ではなくても、AVに出演する理由として「新しい自分になりたい」と答える子は多い。 変身願望がその根底にはあるのだろう。 戸田真琴は自身のBlogで、AVデビューについて、そしてデビュー作について丁寧に語っている。 とても誠実な文章なので、ぜひ読んでもらいたい。 ここでは、デビュー作を見た彼女自身の言葉で、最初のカラミが終わってからの「変身」について語られている。 まず、しゃべり方が今と全然違う… 各紙のインタビューを読んでくださった方々はご存知だと思いますが… 戸田真琴、一言で言うと「こじらせ処女」でした。 「結婚するまでHしてはいけない」と言われたことを頑なに守り、人との深い交流も避けて、恐る恐る生きてきました。 もちろん男性とお付き合いしたこともありません。 …なんというか、どういうふうに生きてきた人間であるのか、というのが、こんなにしゃべり方や表情や態度に出るんですね。 客観視したことがなかったので、純粋に驚きました。 ) 過去の自分を否定するつもりはありませんが、 (自分なりに、一生懸命生きてきたと思うので。 ) 隙もない、他人を信じない、自分以外の意見は受け入れない、愛想も良くする気がない… そんな女の子が映っていました。 セーラー服に着替えて髪を結んだ戸田、なんだかさっきまでと全然顔つきが違います。 なんか…凛々しくなった? さっきと比べると… なんか、可愛くなった…? (中略) 表情とか肌ツヤとか、目の輝きとか、声とか、なにもかもが違うんです。 だけど、「処女を喪失する」という決意で、AVに出演してみて… あくまで私にとっての話ですが、 とても見える世界が変わったんです。 人と抱き合って、自分以外の体温に触れて、 人それぞれ色も形も違う、「正解」のない素のままの身体を見せあって。 鏡で見えない部分まで。 鏡で見ているのとは違う、自分の崩れた表情まで見せて。 平常じゃない呼吸とか、言葉にならない声とか、そんな「1人では知れない自分の姿」を、たくさん知って。 なんだか今初めて、他人に対して心から、繋がりを持とうと思えます。 つまらない見栄をはらないで、弱いところや綺麗じゃないところ、可愛くないところも隠さないで…素直に誰かと話してみたいと思います。 私はこのお仕事を始めて、素直に笑えるようになりました。 やってくる色々な出来事を、新鮮に楽しめるようになりました。 他人の価値観や、新しい世界を、はね除けないでちゃんと懐に迎え入れたいと思うようになりました。 彼女にとって、この撮影は単に処女を捨てたというだけではなくて、インタビューで語っていた通りに「凝り固まった価値観」からの解放でもあったのだろう。 一人の女の子の決定的な変化をとらえた貴重な作品としても、面白く見られるはずだ。 というわけで、「推し撤回」にならなくてよかった(笑)。 「個人的に今一番可愛いAV女優は戸田真琴ちゃん!」ということで、ひとつ。 あと昨夜のデビュー作発売記念ツイキャスが大変可愛らしかったので、からぜひ。 rioysd.

次の

Twitterをやめます。|戸田真琴|note

戸田真琴 デビュー

GALLERY9 2020. 6 - 2020. まこにゃんのおひるねパフェやふわふわのラテなど、癒し度満点のコラボメニューをご用意してお待ちしてます。 店内では、デビュー4周年を記念した撮り下ろし新作写真集ZINE『PINK MAZE』の販売や、チェキや生写真他オリジナルグッズの販売・展示、そして写真集未使用カットを使った写真展も展開いたします。 インスタ映えを狙ってみては!?まこりん書き下ろしの旗付き。 (食用花は入荷のたびに変わります。 かわいいまこにゃんのお顔と、はちみつの優しい甘さでリラックス間違いなし。 かわいいまこにゃんのお顔は2種類!ランダムです。 (食用花は入荷のたびに変わります。 雲の上で楽しそうに遊ぶまこにゃんと、甘酸っぱいパフェで至福の時間をお過ごしください。 随時cafe9 twitterでお知らせ致しますが、急遽変更となることもございますので事前にお電話での確認をお勧め致します。 またメニューにより提供できない時間帯や、ご提供の順番が前後することがございます。 予めご了承ください。 席数は通常の半分にしておりますので、席数が少なくなっております。 時間帯によってはご来場できない場合がございます。 また、大人数でのご来店はお控えください。

次の

処女のままデビュー、戸田真琴がAVの仕事を通して考えたこと

戸田真琴 デビュー

「結婚」とは、何だろうか。 結婚は幸せの象徴で、ステータスで、憧れ。 ある程度の期間をともに過ごした恋人同士の男女は、結婚をする。 そのように思うこと自体はまったく悪いことではないし、素敵なものだ。 けれど、一つひとつの言葉を裏返して見たとき、ときとして「結婚できない人は幸せではない」「劣っている」「結婚しなければ、好きな人と一緒にいることはできない」という排他的な考えに至ってしまう可能性がある。 戸田真琴自身も、偶然電車内で目にした広告の言葉から「結婚できない人は、かわいそうなんだろうか?」と考えるようになったという。 それは何故だろう? 性を考えるコラム連載第6弾は「結婚」について。 あらゆる愛のあり方を肯定できる世の中になりますように、と、願いを込めてお届けする。 結婚が「できない」のは恥ずかしいことなの? 「結婚できない人をゼロに。 」 このキャッチコピーを電車内で目にしたとき、なぜだか自分のことを責められているような気がした。 毎日ドア付近に立って流れていく街並みを眺めることに癒されていたのを、目線の高さに貼られた広告シールに遮られたようで苛立っていたのもあるし、その頃の私はまだまだ結婚なんて考えたこともない年齢で、「できない」かどうかも本当は測りようがなかったのだけれど……それでも、なんだかすごく、「結婚できない人はかわいそうだから、私たちが手助けをしましょう」という主張がこの広告には含まれているように見えて、ぎくっとしたのでした。 わたしも、適齢期と言われる年齢になったときに結婚につながる恋愛をじょうずにできていなかったら、そのときは「かわいそう」だと思われてしまうのだろうか。 そんな嫌な感情でいっぱいになって、とても困ってしまったのです。 戸田真琴(とだ まこと) 2016年にSODクリエイトからデビュー。 その後、趣味の映画鑑賞をベースにコラム等を執筆、現在はTV Bros. で『肯定のフィロソフィー』を連載中。 ミスiD2018、スカパーアダルト放送大賞2019女優賞を受賞。 愛称はまこりん。 初のエッセイ『あなたの孤独は美しい』を2019年12月に発売。 それはとある結婚相談所の広告で、もちろん結婚を望んでいる人たちに向けたサービスなので、実のところそんなに突飛なコピーというわけではなかったのかもしれません。 きっとよく考えたら、「結婚『したい』のにもかかわらず『できない』」人、という意味での言葉選びだと予想はついたし、そういう意味でなら別に特別おかしい表現じゃない。 だけれど、そもそもこのコピーを除いても、巷でよく目にする「結婚」にまつわる言葉選びには排他的な目線が混じっていることが多いように感じます。 「結婚できない人」という言葉はよく見かけるけれど、「独身ではいられない人」という言葉遣いはほとんど見たことがないし、結婚をしないことがあきらかにマイナスイメージ前提で語られていることにはみなさんもお気づきだと思います。 あなたは、結婚という言葉を聞くときどんなふうに感じますか? その印象には、結婚制度を知っただけの幼い頃に抱いていた気持ちと、どんなふうに差がありますか。 今回は、「結婚」について一緒に考えていきたいと思います。 書籍情報 『あなたの孤独は美しい』 2019年12月12日(木)発売 著者:戸田真琴 価格:1,650円(税込) 発行:竹書房• プロフィール 戸田真琴(とだ まこと) 2016年にSODクリエイトからデビュー。 その後、趣味の映画鑑賞をベースにコラム等を執筆、現在はTV Bros. で『肯定のフィロソフィー』を連載中。 ミスiD2018、スカパーアダルト放送大賞2019女優賞を受賞。 愛称はまこりん。 初のエッセイ『あなたの孤独は美しい』を2019年12月に発売。

次の