水 商売 お金 借りる。 水商売は持続化給付金を貰えるか?無料相談

水商売でも確実にお金を借りる方法|キャバ嬢・ホステス向けカードローン|お金の借り方学校|まねぶー先生と学ぶ、今すぐ使える借入方法まとめ

水 商売 お金 借りる

この記事の目次• クラブやキャバクラ、ラウンジ、スナックなどいわゆる水商売と呼ばれる職業に就いている方がカードローンを利用する時、気を付けておきたい事はあるのでしょうか? また、スムーズに審査を通過するコツはあるのでしょうか? 審査の仕組みを知って対応するとハードルはずっと低くなるはずです。 カードローン審査は水商売の方でも通過できます! お客様や世間の人気、都合によって収入が左右される職業だというイメージが付きまといがちな水商売ですが、水商売を職業としているとカードローンを利用する事は難しいのでしょうか? 結論から言えば、水商売の方だからカードローンを利用しにくいという事はありません。 各金融機関の審査基準を見てみても、職業を理由に融資を制限するなどという事は表記されていません。 カードローン商品を提供する金融機関では、単に収入の良し悪しだけを判断の材料にしている訳ではなく、確実に返済できる安定性が申込人にあるかどうかを重要視しています。 カードローンの審査に通るか通らないかは申し込みをする人の職業に左右されるのではなく、申し込みをする人のこれまでの信用情報、属性情報によるのだということを理解していれば審査に対して過度にナーバスになる事もないでしょう。 とは言え、やはり安定性を誇る公務員や国家資格を必要とする医師や弁護士などといった職業と比較して、水商売は景気や人気に影響されやすい職業であるというイメージを持たれがちである事は否めません。 カードローンの審査を通過するために知っておきたいこと、また気を付けることで審査に通過しやすくなるポイントは、いくつかあるのだということを覚えておくと良いでしょう。 水商売の方がカードローンを利用する前に知っておきたいこと こんな話があります。 水商売を職業としている女性が急な出費のためカードローンを利用しようと思い、あちこちの金融機関のカードローン審査に申し込みをしました。 ところが結局どこからも融資を受ける事ができず、彼女は自分が水商売をしているからカードローンの審査を通過する事ができなかったのだと思い込んでいました。 これは職業が水商売であったことが問題なのではなく、あちこちの金融機関に立て続けにカードローンの申し込みをしたことが原因だと思われます。 同時期、または短期間の内に複数の金融機関に申し込みをすれば、その申し込み履歴は信用情報機関に記録されることになります。 信用情報は多くの金融機関で共有されていますから、あちこちでカードローンの審査の申し込みをすれば資金繰りに困っている人とみなされて、返済能力に疑問を持たれても不思議はないでしょう。 そして、審査落ちをしてしまえばその情報を得た他の金融機関が申込人にどのような印象を抱くかは容易に想像できます。 焦ってやみくもにカードローンの審査に申し込みをしてしまったために、本来なら通過していたかもしれない審査に落ちてしまったのは審査のしくみをよく理解していなかったからでしょう。 そこで、カードローンを利用する前に知っておきたいことはいくつかあります。 中でも大切なのは、自分の社会的信用度をきちんと把握することです。 所属している勤務先や雇用形態、年収や勤続年数、家族構成や居住形態などは、審査に際して大切な属性情報となります。 そしてその大切な属性情報を偽りなく申告すること、これを必ず守りましょう。 ではどう申告すればいい?審査に通りやすくなるコツとは? 水商売を職業としている方がカードローンの審査に通るためのコツというのはあるのでしょうか? キャバクラやクラブで働くという事は恥ずかしい事でもやましい事でもありませんし、水商売をしているからといって審査に通らないということもありません。 ですが、審査に際して必要な属性情報を嘘や偽りのない範囲で良く見せる工夫ができれば、カードローン審査通貨の可能性を高めることができるでしょう。 例えば勤務先を伝える時には、勤めているお店の名前ではなく、親元が会社組織であるならばその企業名を伝える方が印象は良くなるでしょう。 これは虚偽の申告にはなりません。 但し、在籍確認がありますので、電話番号はお店の電話番号を伝えておく方がスムーズに運ぶでしょう。 お店にはカードローンの審査に申し込んだ旨伝えておけばさらに安心です。 また、これは水商売だけに限らずどのような職業にも共通して言えることなのですが、勤続年数が長いほど有利になります。 浮き沈みが激しく一つのお店に長くとどまっている事が難しい業界であるからこそ、一つのお店で長く働くことは信用につながります。 そして、いつ提出を求められても良い様に給与明細は必ず保管しておく事です。 手書きの給与明細の場合は社印が押されていないと認められないので注意が必要ですが、給与明細に会社名や申込人の本名、生年月日などが記載されていれば、それで在籍確認が済む場合もあります。 最期に、職業が水商売だとカードローンの審査を通過できないのではないかと 身分偽造会社を利用する人がいますが、れっきとした違法行為であり、実際に逮捕されてしまった例もありますので絶対に利用しないで下さい。 同じカテゴリーの最新の記事• お金を借りることができる年齢は? 毎日生活していくためには未成年者であっても、高齢者であってもお金が必要です。 キャッシングカードなどがあれば簡単にお金を借りて期日までに返済すれば、問題はありません。 大抵の消... 1・旦那に内緒でお金を借りるには? 旦那が一生懸命に働いて稼いでいる給料だけではお金が足りない時に、消費者金融などでお金を借りることができれば問題は解決できます。 夫婦でお金のことが原因で喧嘩をしたり、言い合いになってし... 銀行カードローン保証会社一覧表 銀行 商品名 保証会社 三菱UFJ銀行 バンクイック アコム 株... クラブやキャバクラ、ラウンジ、スナックなどいわゆる水商売と呼ばれる職業に就いている方がカードローンを利用する時、気を付けておきたい事はあるのでしょうか? また、スムーズに審査を通過するコツはあるのでしょうか? 審査の仕組みを知っ... 簡単な手続きで金融機関より融資を受けられるのがカードローンです。 軽い気持ちで利用したことがある方もいるでしょう。 しかし、延滞等が無くても、カードローンの申込みや利用履歴等の個人情報が、信用情報機関という機関に記録されているこ... カードローンを契約するためには、一定期間以上の勤続年数があることや安定した収入があることが必須要件となっていることが多く、一般的な家庭において、家計を管理することが多い主婦がカードローン契約をすることは一般的に難しいこととみなされています。... カードローンは気軽に契約して利用できる、とイメージする人は大勢いると考えられますが、あくまでも融資契約の一種であるため、利用の際には金融機関の審査を通過する必要があります。 審査基準や提出しなければならない書類などは各金融機関によって... バンクイック SMBCモビット アイフル カードローンに申し込めるのは、安定した収入のある正社員だけだと思っていませんか? 実はそんなことはなく、きちんと定期的に収入があると証明できれば、フリーターでもカードローンに申し込む... 「あれ、いつの間にこんなに使ったのだろう!?」 身に覚えのないわけではない残高を見て、誰もが経験したことがある瞬間でしょう。 このように、便利なカードローンの最大の欠点は使いすぎてしまうことです。 ここでは、この使いすぎに... ローン契約の一種であるカードローンは、ほぼすべての金融機関・商品において、申し込み要件に「継続的かつ安定的な収入があること」という申し込み要件が設定されています。 正社員と比較すると、「継続的かつ安定的な収入」があるとは言い難いフリー... インラインフレーム.

次の

夜の仕事でもお金は借りれるの?ホストやキャバ嬢など水商売でもカードローンの審査に通るか?

水 商売 お金 借りる

水商売の方が消費者金融カードローンの審査に通過しにくい理由 キャバ嬢やホステス、ホストなど水商売の方(夜職)は、昼間の仕事をしている方よりも稼いでいる場合が多いですね。 ではなぜ、夜職(夜の職業)は高収入なのにカードローン審査に通過しにくいと言われているのでしょう? 水商売の方がカードローン審査に不利になる理由についてお話していきたいと思います。 「水商売」だから 「水商売」という言葉は、今現在はキャバクラやスナック、バーなどで、いわゆる夜のお仕事をしている方を指す言葉として使われていますが、元々は「先の見通しが立ちにくく、人気や世間の嗜好に依存した不確定な職業」を表すためにつくられたものでした。 つまり、「水商売=流水のように収入も不確定な職業」と言うことになるのです。 収入が流水のように不確定な状態であれば、カードローンの審査に通過するのは難しいと言えますね。 しかし、実際は、昼間の仕事をしている方よりも夜職の方が稼いでいる場合が多く、最近は消費者金融の審査にも柔軟性が出てきているため、「水商売」と言う理由だけで審査落ちになることはありません。 ただし「水商売」であるために、審査が慎重になるということはあるでしょう。 水商売(夜職)は収入が不安定だから 水商売(夜職)と言っても、ホストやホステス、バーテンダー、風俗嬢など、職業は様々ですね。 さらに、以下のように、夜の職業の方の雇用形態も様々となっています。 ・お店を経営している経営者 ・時給制の労働者 ・月給制の労働者 ・日給制で、日雇いの労働者 ・完全歩合制の労働者 ・時給制(日給制)の基本給+客数によるバックがつく労働者(逆にノルマを達成できないと罰金があることも) ・売上の〇%が報酬という、自由出勤の個人事業主 夜職でも店を経営している方は自営業のくくりになりますね。 自営業の場合、収入が高かったとしても不安定さがあるとカードローン審査の通過が難しくなります。 また、日給制の日雇いなどになると明日どうなるかわからないため、収入に安定性があるとは言えませんね。 歩合制の場合もそうで、その人個人の売り上げによって給料が左右するため、毎月安定した収入が得られるとは限りません。 また、基本給にバックがつく場合は高収入が期待できますが、ノルマを達成できないと罰金となる場合もあるため、必ずしも基本給以上を毎月貰えるとは限りません。 さらに、時給制でも、出勤日や出勤時間が決まっている場合と、自由出勤になっている場合があります。 出勤日が決まっている夜職の場合は毎月ある程度の決まった額を受け取ることが予想されますが、自由出勤の場合はどれくらい出勤できるかによって収入に違いが出てきてしまいます。 人気のあるホストやホステス、キャバ嬢になると、売り上げの〇%を報酬として渡される場合もあります。 この場合、かなりの高額を受け取ることになると思うのですが、時給制や月給制の労働者とは違い、「個人事業主」と言う扱いになってしまうのです。 つまり、自営業の方と同じくくりになってしまうため、他の自営業の方同様、カードローンの申し込みをしても通常よりも審査が慎重に進められることとなるのです。 このように、水商売(夜職)の場合、収入が不安定になる可能性が高いのです。 カードローン会社では申し込み条件として「安定した収入がある方」と定めているため、不安定さが見える水商売の方はカードローン審査の通過が難しくなってしまうのです。 水商売(夜の職業)は離職率が高いから キャバ嬢やホステス、ホストなど水商売(夜の職業)の場合、定年まで同じお店で働き続けると言うケースが少ないのではないでしょうか。 高収入を目指し店を転々としたり、職種自体を変えてしまうという方も多いですね。 さらに若いうちは高所得でいられたとしても、いつまでもそのまま高収入を得られるとは限りません。 歩合制の場合は特に、人気が落ちてしまうと収入は減少していってしまいます。 このように、キャバ嬢やホステスなど水商売(夜職)は、他の職業よりも離職率が高く、将来的にずっと安定した収入が得られるという保証がない為、カードローン会社からは「今後の収入に不安が残る」と考えられ、審査に不利になってしまうことがあるのです。 水商売(夜の職業)は在籍確認が難しい カードローン会社は申し込みを受け付けると、申し込み者の勤務先へ在籍確認の電話をかけます。 もし在籍確認がとれないと、融資を受けることが出来なくなってしまうため、在籍確認がとれるか否かは重要になってくるのです。 しかし、以下のような理由からキャバ嬢やホステス、ホストなど水商売の方は在籍確認がとりにくいのです。 そのため、水商売(夜職)の方はカードローン審査に通過しにくいと言われています。 そのため、消費者金融会社が昼間に在籍確認をしても、勤務先のお店が営業していないために在籍確認がとれなくなってしまうのです。 ただし、夜間でも在籍確認の電話が可能なやなどの消費者金融であれば審査通過の可能性も高まります。 また、在籍確認がとれなくても、社名の入った書類の提出で対応してもらえる場合もあります。 また、お店では源氏名や通称で呼びあっていることから、お互いに本名を知らなかったり、把握できていないことも多いのではないでしょうか。 そのため、本名で在籍確認をしても、勤務先からは「そのようなものはおりません」と返答されてしまうことがあるのです。 これでは在籍確認がとれなくなってしまいます。 ただ、のように源氏名で在籍確認を行ってくれる消費者金融もあります。 そして、店名は把握できていても、雇用している会社の正式名称は把握できていないという方も多いのです。 これでは在籍確認が取れません。 これらのような理由から在籍確認がとりづらいため、水商売の方はカードローン審査に不利となってしまうことが多いのです。 キャバ嬢やホステスなど水商売の方は収入証明書が発行できない 水商売で特に人気がある方の場合、売り上げの〇%を報酬として渡されているケースもあります。 この場合は、夜職でも個人事業主と同じ雇用形態となるため、個人で確定申告を行わなくてはなりません。 この確定申告の手続きを怠っている場合、収入証明書と言う公的な書類を発行することが出来ないのです。 すると、借り入れ申し込みをしたときに収入証明書を提出するようお願いされても用意することが出来ず、審査に落ちてしまいます。 自分の雇用形態についてしっかりと把握し、するべき確定申告は毎年きちんと行うことが大切です。 以下をご覧ください。 これらのような理由から、「水商売はカードローン審査に通過しづらい」と言われているのです。 しかし、実際は水商売の方でもカードローンでお金を借りている方はたくさんいらっしゃいます。 例えば、時給制で毎月一定額をもらっているという場合は、安定していると考えられるため、審査通過の可能性が高まりますし、個人事業主として報酬を受け取っている方でも、これまでの報酬が常に一定額以上になっていて、きちんと確定申告をしているという場合は、収入を証明する公的書類も提出できるため、審査に不利になるとは考えにくいですね。 時給制や歩合制の場合でも、これまでの給料にそれほど大きな変動がなく、勤続年数も長く、今後も同じように働き続けるということがわかれば、審査通過の可能性も高くなると言えるでしょう。 実際のところは、「水商売だから」「夜の職業だから」ではなく、「水商売で収入が不安定な場合」に、審査通過が難しくなると考えるといいかもしれませんね。 カードローンの審査に通過したい場合は、まずは長期的に働き収入を安定させ、安定しているということを示すことが出来るようにしておきましょう。 水商売でも即日お金を借りられる消費者金融カードローン一覧 銀行カードローンは審査に時間がかかるため、水商売ではなくても即日でお金を借りることはできませんし、審査も厳しいので除外です。 キャバ嬢やホステス、ホストなど水商売の方、夜職の方が即日でお金を借りるのにおすすめなのは、大手消費者金融のカードローンです。 そこで、水商売の方でも借り入れができるのかどうか、即日融資が可能な大手消費者金融へ電話をかけて確認してみました。 結果からお話すると、キャバ嬢やホステス、ホストなど水商売の方、夜の職業の方でも大手消費者金融のカードローンでお金を借りることができますし、もちろん即日融資を受けることも可能です。 では、それぞれの消費者金融とお話した内容を詳しく紹介したいと思います。 プロミス プロミスでは、初めて契約した方に対し「借り入れ日の翌日から30日間無利息」というサービスを提供しています。 消費者金融の中では上限金利も低めになっているため、嬉しいですね。 そんなプロミスに、水商売でも利用できるのかどうかを電話で確認してみました。 私:「水商売でも申し込みできますか?」 プロミス:「どのような職業でも、きちんと働き安定した収入があり、年齢が基準の範囲内(20歳以上69歳以下)であれば、申し込みは可能です。 しかし借りれるかどうかについては、その後の審査によるものなので、今はお答えできません」 私:「収入を証明する書類は必要ですか?」 プロミス:「借入希望額が50万円を超える場合や、審査の結果50万円以上の借り入れが可能となった場合、また他社様の借入があり借入総額が100万円を超える場合に、収入証明書をご提出していただいています。 それ以外は基本的には本人確認書類のみで対応できるのですが、審査状況によっては必要となることもございます。 どうなるかは申し込んでいただいて審査をしてみないことにはお答えできません」 私:「勤務先へ在籍確認の電話もありますか?」 プロミス:「はい、ございます。 しかしプロミスの名前は伏せて、個人名でかけさせていただくのでご心配ないかと・・・」 私:「本名で呼び出しますよね?」 プロミス:「あ、もしお店では源氏名で通っているという場合は、まずは電話をかけ源氏名でご本人様を呼び出していただき、ご本人様に代わってから本名の確認をして在籍確認を行うという方法もとれます。 ただ、この場合ご本人様が電話に出られないと確認が取れなくなってしまうので、必ず電話に出ていただく必要がございます」 私:「在籍確認は夜でも可能ですか?」 プロミス:「土日も22時まで営業しておりますので、その時間までであれば、在籍確認の電話を行うことは可能です」 もし審査が不安だという夜職の方は、なるべく借入希望額を少なめにしておくと収入証明書の提出も不要となるので安心ですね。 在籍確認についても、自分が勤務中の時に電話をかけてもらうと本名で呼び出してもらうことがないため安心です。 電話に出たのは男性スタッフの方でしたが、とても親切な対応をしていただけましたし、一つ一つの質問に丁寧に回答してくださったのでとても好印象を受けました。 水商売だから、夜の職業だからと避けるような雰囲気もありませんでしたし、借り入れに関して何か困ったことがあっても、いつでも相談に乗ってくれそうな雰囲気です。 私:「水商売でも申し込みできますか?」 アイフル:「毎月定期的にお仕事をされていて、毎月収入がある方であれば、お申込みいただくことは可能です」 私:「収入を証明する書類が必要ですか?」 アイフル:「収入証明書が必要かどうかという点については、お申込みいただき、審査を行うことで判断することになりますので、今の段階ではわかりかねます」 私:「在籍確認の電話もありますか?」 アイフル:「はい。 審査状況によっては勤務先へ電話をかけさせていただきます」 私:「本名で呼び出しますか?」 アイフル:「いえ、夜のお仕事をされている方の場合は、源氏名などでも対応することが出来ます」 私:「在籍確認は夜でも可能ですか?」 アイフル:「当社は夜9時まで営業しておりますので、営業時間内であれば可能となります」 アイフルでも水商売だから、夜職だからといってお金を借りられないということはないようです。 ただし、水商売だと言ったからなのか、その後積極的に「このお電話でお申込みできますよ」などと言う言葉はありませんでした。 むしろすぐに電話を切りたいような雰囲気で、私が質問したことに簡単な返答で終了させているようにも感じられたのです。 また、では言ってくれた「お申し込みお待ちしております」と言う言葉もありませんでした。 その雰囲気から、水商売の方、夜職の方へは積極的な融資を行っていないのかな?と感じてしまいました。 電話に出てくれたのは女性の方でしたが、他社の男性スタッフよりも冷たい印象を受けてしまいました。 ただし、アイフルは大手消費者金融で利便性も十分となっていますし、在籍確認も源氏名で行ってくれるので安心ですね。 金利(実質年率) 3. 0%~18. 0% 限度額 1万円~800万円 私:「水商売でも申し込みできますか?」 アコム:「あー・・・・えーと、そうですね、どのようなお仕事内容になりますか?」 私:「あの、ちょっと夜のお仕事をしてまして・・・」 アコム:「あ、こちらでも、キャバクラですとか、ホストの方もご利用されていますので、お申し込みは可能となっております」 私:「収入を証明する書類は必要ですか?」 アコム:「申し込み時ではなく、ご契約いただけたときに必要となることがあるのですが、これは貸金業の法律によるものでして、借入額50万円を超えた場合、他社から借り入れがある場合はその総額が100万円を超える場合に必要となってきます」 私:「では、10万円程度の少額借り入れであれば、収入証明書は必要ないですか?」 アコム:「そうですね。 基本的にはそのようになります」 私:「在籍確認の電話もありますか?」 アコム:「はい。 お申し込みをいただくと勤務先へお電話をかけさせていただいております」 私:「確認は本名で行いますよね?」 アコム:「あー・・・そうですね。 基本的には本名での確認をさせていただいております」 私:「在籍確認は夜でも可能ですか?」 アコム:「在籍確認を何時に行いますという約束はできないのですが、もし営業時間が夜になってしまうとか、夜しか確認がとれない場合はこちらの営業時間内であれば夜間での在籍確認も可能となります」 アコムでは男性スタッフの方が電話に出てくれたのですが、男性ならではの威圧感なども一切なく、とても穏やかな口調で話してくれました。 しかし、「水商売」と言う言葉を出すと、「あー・・・」と言葉に詰まってしまっていました。 その後、水商売、夜の職業の中でもどのような仕事になるのかを聞いてきたので、仕事内容によっては申し込みできなくなる方もいるのかもしれません。 ただし、キャバクラやホストの方でもお金を借りているとのことでしたので、このような水商売の方であれば利用可能なようです。 しかし、アコムの場合は在籍確認は本名で行われるようで、それ以外の対応策なども出してはくれなかったので、アコムへ申し込む場合は、勤務先に本名で在籍確認があるということを伝えておいた方がいいかもしれませんね。 金利(実質年率) 3. 0%~18. 0% 限度額 1万円~800万円 無利息サービス 30日間無利息 私:「水商売でも申し込みできますか?」 レイクALSA:「はい。 こちらでも水商売をされている方もたくさんご利用されていますので、ご安心ください。 ただ、借りれるかどうかについては、審査次第となりますので、まずはお申し込みいただかないとご利用いただけるかどうかということは、今の段階では判断できません」 私:「収入を証明する書類は必要ですか?」 レイクALSA:「これも審査次第となります。 審査によっては必要となることもありますし、ご用意いただかなくても大丈夫な場合もございます」 私:「在籍確認の電話もありますか?」 レイクALSA:「はい、基本的にはさせていただいておりますが、お申し込みいただいた方全員に対して行っているわけではございません。 こちらも審査の状況によってどうするかを判断することになっていきます」 私:「在籍確認は本名で行いますよね?」 レイクALSA:「そうですね。 ご本人様かどうか、本当に在籍しているかどうかを確認するためにはやはり本名でなければできませんので」 私:「在籍確認は夜でも可能ですか?」 レイクALSA:「はい、こちらは夜9時まで営業しておりますので、その営業時間内であれば、夜の勤務先が営業している時間に電話をかけることは可能です」 レイクALSAでも、男性スタッフが対応してくださいましたが、水商売だと言っても、それほど避けるような雰囲気はありませんでした。 水商売の方もたくさんレイクALSAを利用してお金を借りているようですので、安心ですね。 しかし、最後に「水商売と言うのは具体的にどのようなお仕事をなさっているのか教えていただけますか」と聞かれてしまいました。 今回は「まだ検討中ですので、実際に申し込むことを決めたときにお話しさせていただきます」と言って電話を切ってしまいましたが、やはり水商売の中でも、利用可能な場合と利用不可となる場合があるのかもしれませんね。 金利(実質年率) 4. 5%~18. 0% 限度額 1万円~500万円 無利息サービス 30日間無利息・5万円まで180日間無利息 私:「水商売でも申し込みできますか?」 SMBCモビット:「もちろんどのようなご職業でも、お仕事をされていて毎月ご収入のある方であれば、お申し込みいただくことができます」 私:「収入を証明する書類は必要ですか?」 SMBCモビット:「審査の段階では必要ないのですが、その後の審査によっては必要となることがございます」 私:「申し込み時点で収入証明書を提出した方が審査通過の可能性が高まるということはありますか?」 SMBCモビット:「いえ、審査によっては不要となる場合もございますので、まずはお申し込みいただき、必要に応じて提出していただければと思います」 私:「在籍確認の電話もありますか?」 SMBCモビット:「はい。 基本的にはさせていただいておりますが、勤務先へお電話をしてほしくないということであれば、その方向で審査を進めていくことも可能です。 ただ、審査の状況によっては勤務先へ電話をしなければならなくなる場合もございます」 私:「在籍確認は本名で行いますよね?」 SMBCモビット:「そうですね。 ご本人様の本名で呼び出させていただくことになります。 もし勤務先への電話が難しいということでしたら、あらかじめ在籍確認をする日時を指定することも出来ます。 ご本人様がいらっしゃる時間をご指定していただき、その時間にこちらも電話をかけますので、すぐにご本人様が電話口に出てもらうことが出来れば、それで在籍確認終了となります」 私:「在籍確認は夜でも可能ですか?」 SMBCモビット:「はい、朝9時~夜9時まで営業しておりますので、その時間内であれば、電話は可能です」 SMBCモビットも男性スタッフの方が電話に出てくれました。 親切かつ丁寧な印象で、安心して質問をすることが出来ましたし、水商売だからと言って審査に不都合な点があるということもないようでしたので、安心して申し込むことができると思います。 在籍確認についても、時間指定ができるということは大きなメリットだと思います。 他社では「在籍確認と言うのは、突然電話をかけて本当に在籍しているかどうかを確認したい」「不正のないよう、日時指定はできない」などとの回答でしたが、SMBCモビットであれば、いつ電話が来るかがわかっているので確実に自分が電話に出ることが出来そうですね。 さらに、電話連絡をナシにする申込方法(WEB完結申し込み)も用意されているので、安心です。 金利(実質年率) 3. 0%~18. 0% 限度額 1万円~800万円 WEB完結申し込み 電話連絡なし・郵便物なし・カードなし 水商売の方が消費者金融カードローンの審査に通過するためのコツ 大手消費者金融では水商売(夜の職業)でも申し込みは可能だということはわかりましたが、実際に審査に通過できるかどうかと言うのは、申し込み内容や条件、個人信用情報の記録などによって決まってきます。 もちろん、消費者金融で定めている基準を満たしていないと判断されると審査落ちとなってしまうことも十分考えられるのです。 消費者金融はたくさんあるので、1つの会社で審査落ちとなってしまっても、また別の会社に申し込むこともできますし、その消費者金融の基準を満たすことが出来ればお金を借りることもできます。 しかし、「審査落ち」と言う事実はCICやJICCなどのに記録されてしまいますし、その情報は全ての消費者金融会社で共有できるようになるのです。 すると、2つ目の消費者金融会社でも個人信用情報の記録を確認し、通常よりも厳しい目で慎重な審査を行うことになります。 つまり、1つの消費者金融の審査に落ちると、次のカードローン審査に落ちてしまう危険性が高くなってしまうのです。 そのため、スムーズに審査通過するため、以下のような注意点を守るようにしましょう。 これは水商売に限らず、不安定な職業についている方全てに言えることですので、自営業など水商売ではないけれどそれに近い働き方をしているという方も参考にしてください。 では、一つずつ見ていきましょう。 水商売(夜の職業)の方が職業を記入する際のコツ 消費者金融の申込では職業と勤務先を記載します。 キャバ嬢やホステスなど水商売だから必ず審査に落ちるわけないことを説明してきましたが、もし、勤務先のお店が法人で経営している場合は、勤務先にその法人名を記入し、職業はアミューズメント施設勤務とかエンターテイメント企業勤務と記載・申告すると良いでしょう(虚偽申告でなないので)。 そして、昼間は会社勤務をしていて、夜間にアルバイトで水商売をしている場合は、昼間の勤務先と、夜間の勤務先の両方を記載・申告することもおすすめです。 借入希望額は少なめに お金を借りられるならできる限り多い方が嬉しいと思うかもしれませんが、収入が不安定な夜の職業の場合、審査が厳しくなる傾向にあるため、可能な限り借り入れ希望額を少なめにして申し込んだ方が安全です。 借入希望額が少ないと在籍確認が省かれることもありますし、比較的柔軟な審査になるため、審査通過の可能性を高めることができます。 必要な手続きを怠らないこと お給料ではなく報酬としてお金を受け取っている水商売の方、夜の職業は、確定申告など必要な手続きをきちんと済ませておきましょう。 確定申告をしていないと、後から突然収入証明書の提出を依頼されたときに慌ててしまいます。 どんな書類提出を依頼されてもすぐに用意できるよう、必要な手続きは怠らないようにしましょう。 誤字脱字、間違いに注意 即日でお金を借りるためには時間が勝負です。 今は「24時間振込可能」や「24時間ATM出金可能」などと言う消費者金融も多くありますが、何時に申し込んでも即日融資が可能なわけではありません。 どの消費者金融にも申し込み受付可能時間が決められているのです。 その時間内に申し込みをしないと受け付けてもらえませんし、受付時間ギリギリに申し込んだとしても審査に時間がかかってしまうと、審査結果の回答は翌日になってしまいます。 そのため、審査時間も考慮して、タイムリミットの1時間前には申し込みを済ませておいた方がいいでしょう。 ただし、タイムリミット1時間前に申し込みをしても、誤字脱字、申し込み内容に誤りなどがあると不要な確認作業によって審査に時間がかかってしまいます。 場合によっては申し込み書の書き直しとなってしまうかもしれません。 それによってタイムリミットを過ぎてしまうということも考えられます。 タイムリミットを過ぎてしまうと、申し込み受け付けは可能でも、審査結果の回答が翌営業日となってしまうため、即日融資が不可となってしまうでしょう。 スピーディーな審査を目指すためには、無駄な時間を省くためにも申し込み内容に間違いがないか誤字脱字などもチェックしてから申し込むことが大切です。 嘘の申告はダメ 消費者金融カードローンの審査に通過するために、キャバ嬢やホステスなど水商売なのにパートやアルバイトと申告したり、収入を多めに記入したくなりますね。 他社の借り入れについても書かなければわからないのでは?と思うかもしれません。 しかし消費者金融では個人信用情報をチェックしたり在籍確認をするなど、様々な手段でその人の申告内容の信憑性をチェックしていますので、嘘は簡単にバレてしまうでしょう。 この場合、バレることでもちろんその会社から借り入れはできなくなりますが、さらに審査落ちの情報は個人信用情報に記録されてしまうので、他社へ申し込んだ場合も「審査落ち」の記録によってさらに審査に不利な状況となってしまいます。 最終的にはどの金融機関からも借り入れができなくなってしまうかもしれないので、そうならないためにも、嘘の申告は絶対にやめましょう。 申し込みは正直に正確に行うことが大切です。 在籍確認は確実に 在籍確認がとれないと審査に通過することが出来なくなってしまいます。 カードローンの在籍確認があるということを伝えておくとよりスムーズですが、借り入れのことを知られたくない場合は「クレジットカードの在籍確認がある」と伝えてもいいかもしれませんね。 クレジットカードも、申し込みをするとカードローン同様在籍確認が行われるため、不審に思われることはないでしょう。 また、消費者金融会社によっては、源氏名での呼び出しをしてくれたり、在籍確認の日時を指定できるようにしてくれたり、別の書類提出で対応してくれることもあるため、不安な場合は相談してみるといいでしょう。 アリバイ会社はダメ 世間には、勤務先を隠しておくことなどを目的としたアリバイ会社が多数存在しています。 アリバイ会社は、いわゆるペーパーカンパニーで事業実態がなく、無職や水商売の方、夜職の方など本当の勤務先を知られたくない方のために、その会社に勤めているかのように見せかけてくれる会社のことを言います。 アリバイ会社に依頼すると、在籍確認の電話に応対してくれたり、架空の給与明細や源泉徴収書を提供してくれたり、申込者が架空の会社に存在しているように偽装してくれます。 勤務先を知られたくない気持ちや、水商売をしていることが与信審査に影響することを心配する気持ちは理解できますが、消費者金融の申し込みにあたって、アリバイ会社を利用するのは絶対に避けましょう。 消費者金融の申し込みに、アリバイ会社を利用すると、契約違反・利用規則違反になり、詐欺罪の対象となります。 実際に、詐欺事件として刑事事件化されるケースもあるようです。 また、刑事事件を問われなくても、消費者金融から損害賠償請求を求められたり、支払残高を一括返済させられるケースも多いようです。 万が一、任意整理や自己破産など債務整理をすることになった場合でも、虚偽の申告によって契約した借金については免責されずない可能性があります。 さらに、アリバイ会社に申し込んだ個人情報が流出する危険性もあります。 たとえ借りたお金の返済は順調であっても、アリバイ会社を利用するとリスクが高いので絶対に避けましょう.

次の

水商売だとお金を借りるのが難しい?夜のお仕事をする女性のカードローン活用方法

水 商売 お金 借りる

生活費を手に入れるための確実な方法とは? キャバ嬢というのは、大きく稼ぐときは信じられない金額を稼ぐことができます。 決して会社員が味わうことができない月収を手にできるのは、キャバ嬢の大きな強みと言えるでしょう。 キャバ嬢の弱みは収入の不安定さ 一方で弱みもあります。 それは毎月の収入が安定しないところ。 給与形態はキャバクラによってさまざまですが、やはりお客さんからの指名や稼働日数によって毎月の給料は増減します。 先月は100万円稼げていたのに、今月は30万円に減ってしまったということも実際には起こっているわけです。 また、たくさんのお給料を長期間にわたって確保するのは容易ではありません。 あなたがキャバ嬢であれば、それは痛いほどわかるはず。 人気を保つ努力をしても、お客さんがつかないことがあります。 若い子が入ってきて、お客さんが流れてしまうことだってあります。 キャバ嬢はお金がかかる 水商売、とりわけキャバ嬢というのはお金がかかる仕事です。 お店から支給される場合もありますが、ドレスやお化粧は自分で買わないといけません。 ヘアメイクだってキレイに保つ必要があります。 見た目や内面をキレイな状態にキープするためには、お金がかかります。 それはもう大変です。 少しでも不調などがあると、お客さんが離れることもありますし、お店をクビになる可能性だってあります。 お金の悩みは仕事にも影響を及ぼしますから、きちんと管理をして「借りるときは借りる!」と割り切る気持ちも必要です。 カードローンは上手に活用すれば怖くない こうのような不安定なキャバクラだからこそ、自分自身の生活資金はしっかり確保しなければいけません。 キャバ嬢がもっとも身近にお金を借りることができるのはカードローンです。 知人や家族、恋人にお金を借りる人も多いですが、それが高額だったり何度も続いたりすると信用を失うことになります。 カードローンというと、プロミスやアイフルなどが有名です。 CMでもよく目にしますよね。 とはいえ、カードローンに良くないイメージを持っている人が多いのも事実です。 もっとも多いのが「返済が遅れると恐い取り立てがあるのでは?」という不安です。 最初に言ってしまうと、取り立てはありません。 返済が遅れると催促の電話はありますが、それはオペレーターからの丁寧な電話なので心配無用。 インターネットからも24時間いつでも申し込みができるので、日中は寝ていることが多いキャバ嬢にとって便利な存在です。 キャバクラ嬢でもお金を借りられるのか? もしあなた自身がキャバ嬢としてキャバクラで働いているのであれば、少なからず「お金を借りるのはむずかしいのでは?」と考えているかもしれません。 結論からいうと、キャバ嬢であってもカードローンやキャッシングでお金を借りることは可能です。 職種は関係なし!キャバ嬢でも審査に影響はない そもそもカードローンやキャッシングは「どんな職種の仕事をしているか?」ということを、審査条件にはしていません。 実際には正社員や公務員が有利なのは言うまでもありませんが、キャバ嬢だからといって審査に落ちるなんてことはないのです。 カードローンで見られるのは「年収」 職種や勤務先は、審査に少なからず関係してきます。 ですから、キャバ嬢が必ず借りられるとは限りません。 カードローンの審査でもっとも重要視されるのは「年収」です。 会社員や公務員は毎月一定額の収入がもらえますから、安定感はあります。 しかしどうでしょう。 年収ベースで見たときに、キャバ嬢のほうが断然多いというケースはたくさんあるはずです。 申し込みをするときに申告するのは「年収」なので、金額が一定基準を満たせばキャバ嬢も問題なく借りられます。 在籍確認は希望があれば相談可! カードローンは、電話による職場への在籍確認があります。 キャバ嬢であればお店に確認の電話が入ります。 もちろん、相手は会社名ではなく個人名を名乗って電話をかけてくれるのでお店にバレる心配はありませんが、気分は良くないですよね。 一番おすすめのプロミスは、在籍確認の電話に要望があれば相談ができます。 つまり、相談すればあなたの希望する対応をしてもらうことができます。 ですから、「在籍確認の電話がイヤだから申し込みはやめておこう」とあきらめる必要はありませんよ。 女性に嬉しい「レディースローン」ってなに? キャバ嬢や水商売をする人にとって、カードローンの申し込みは不安も多いと思います。 なかでも心理的なハードルになっているのが、オペレーターとのやりとりではないでしょうか。 「恐い男性が電話に出るのでは?」「あまり仕事のことを聞かれたくない」そう考えている人も多いハズ。 そんな気持ちを抱えている人は、ぜひレディースローンを活用してほしいと思います。 これは申し込み〜借り入れまで、 すべて女性スタッフが対応してくるというサービスです。 なかでも、女性向けの「プロミスレディースキャッシング」はとても配慮が行き届いていて、女性にかなり支持されています。 お金を借りるのは初めて、という人はまずプロミスレディースキャッシングを試してみるといいかもしれません。

次の