シチズン 体温計 電池 交換。 電子体温計 CT422 シチズンシステムズ 電子体温計 【通販モノタロウ】 CT422〜

CT422:電子体温計:健康機器:シチズン・システムズ株式会社

シチズン 体温計 電池 交換

風邪かもしれない、熱を測ってみようと思って久しぶりに体温計を取り出してみたら、電源がつかない…という経験をしたことはありませんか。 最たる原因は電池切れです。 体温計の多くは、電池がなくなる前に表示が薄くなったり、電池交換マークがついたりと電池切れのサインを出していますが、それを見過ごしてしまうこともあるでしょう。 体調がすぐれないときに、さらにイライラを増やすような事態は避けたいものです。 こんなトラブルを未然に防ぐために、また起こってしまったときにあわてないために、対処法を簡単にまとめました。 体温計の電池が切れた時 体温計の電池が切れた時、選択肢は二つ。 電池を交換するか、新しい体温計を買うかです。 誤飲防止のため電池が交換できないタイプのものもありますが、多くの体温計は電池を交換することができます。 まずは、あらかじめ自分の体温計が電池交換できるタイプなのかどうか、交換できるならどの電池なのかを確認しておきましょう。 この記事では、電池が交換できるパターンについて説明します。 体温計の電池の寿命 脇で測るタイプの体温計は、電池寿命が数年と長いことが多いです。 一方、婦人体温計のようなモニターが大きいタイプや高性能な製品は、シンプルな普通の体温計に比べて電池の寿命が短いことがあります。 製品を購入したら、まず取扱説明書に書いてある電池寿命の目安をチェックしましょう。 また、購入時に入っている電池はテスト用の電池のため、比較的早く電池が切れてしまうことがあります。 買ってすぐ動作が確認できても、電池は早めに購入しておくとよいでしょう。 また、後述の通り体温計を開けるときに、ドライバーが必要な場合があります。 これも、家にあるかどうかあわせて確かめておきましょう。 電池切れは突然起こるわけではない なお体温計の電池は、突然切れるわけではありません。 体温計に、電池交換のマークが表示されたり、体温表示の数字が薄くなるなど、なんらかのサインが出るのが通例です。 電池の交換のサインが出たら、すみやかに交換用の電池を用意しましょう。 電池の型番を確認する方法 体温計の電池はボタン電池のことがほとんどです。 普段よく使う単3や単4電池などとは異なって、平べったい形状をしています。 電池が切れたり切れそうになったら、取扱説明書で電池の型番を確認しましょう。 もし、取扱説明書を捨ててしまった場合は、インターネットで体温計のメーカーと型番を入力し、検索してみましょう。 メーカーのサイトで電池の型番を知ることができます。 型番がわかったら番号を控えてお店に買いに行きましょう。 電池にもよりますが、コンビニでも購入ができます。 もし、電池の型番が分からない時は、体温計本体から電池を取り出してみましょう。 SR、LR、CRというアルファベットと数字2~4桁が書いてあったら、それが電池の型番です。 もしわからない場合は、家電量販店の売り場スタッフに尋ねてみても良いでしょう。 電池交換の方法 では、電池交換の方法を説明します。 まず電池カバーを外しましょう。 スライドさせるタイプ、コインで回すタイプ、ドライバーが必要なタイプなど、体温計の機種によって違います。 カバーを外すとボタン電池が見えます。 次にボタンを取り出します。 ボタンを取り出す時は、つまようじなどのとがったものを使って外します。 この時、針金や針、ピンセットなどの金属は使わないでください。 つまようじなどの、折れにくい先がとがった棒を使って取り出すようにしてください。 ボタンを取り出したら、新しいボタンを向きに注意しながらセットしてください。 カバーを元通りつけたら完成です。 電池を交換しても使えない場合 電池を交換しても使えない場合は、体温計本体が寿命を迎えていたり、故障している可能性があります。 長期間利用している体温計は買い替えを考えましょう。 体温計が保証期間内の場合は、無料交換や修理をしてもらえますので、買ったお店やメーカーのサポートに連絡することをおすすめします。 保証期間は体温計によって異なりますので、保証書を確認してみてください。 まとめ 体温計を購入すると同時に電池も準備しておき、交換サインが出たら早めに取り替える。 これだけで、電池切れトラブルは回避できます。 体調も悪いし、熱も測れない…そんな「泣きっ面に蜂」状態を避けるためにも、早めの準備を心がけておきましょう。

次の

体温計の電池寿命は?何年使える?オムロン・テルモ・シチズンを調査

シチズン 体温計 電池 交換

風邪かもしれない、熱を測ってみようと思って久しぶりに体温計を取り出してみたら、電源がつかない…という経験をしたことはありませんか。 最たる原因は電池切れです。 体温計の多くは、電池がなくなる前に表示が薄くなったり、電池交換マークがついたりと電池切れのサインを出していますが、それを見過ごしてしまうこともあるでしょう。 体調がすぐれないときに、さらにイライラを増やすような事態は避けたいものです。 こんなトラブルを未然に防ぐために、また起こってしまったときにあわてないために、対処法を簡単にまとめました。 体温計の電池が切れた時 体温計の電池が切れた時、選択肢は二つ。 電池を交換するか、新しい体温計を買うかです。 誤飲防止のため電池が交換できないタイプのものもありますが、多くの体温計は電池を交換することができます。 まずは、あらかじめ自分の体温計が電池交換できるタイプなのかどうか、交換できるならどの電池なのかを確認しておきましょう。 この記事では、電池が交換できるパターンについて説明します。 体温計の電池の寿命 脇で測るタイプの体温計は、電池寿命が数年と長いことが多いです。 一方、婦人体温計のようなモニターが大きいタイプや高性能な製品は、シンプルな普通の体温計に比べて電池の寿命が短いことがあります。 製品を購入したら、まず取扱説明書に書いてある電池寿命の目安をチェックしましょう。 また、購入時に入っている電池はテスト用の電池のため、比較的早く電池が切れてしまうことがあります。 買ってすぐ動作が確認できても、電池は早めに購入しておくとよいでしょう。 また、後述の通り体温計を開けるときに、ドライバーが必要な場合があります。 これも、家にあるかどうかあわせて確かめておきましょう。 電池切れは突然起こるわけではない なお体温計の電池は、突然切れるわけではありません。 体温計に、電池交換のマークが表示されたり、体温表示の数字が薄くなるなど、なんらかのサインが出るのが通例です。 電池の交換のサインが出たら、すみやかに交換用の電池を用意しましょう。 電池の型番を確認する方法 体温計の電池はボタン電池のことがほとんどです。 普段よく使う単3や単4電池などとは異なって、平べったい形状をしています。 電池が切れたり切れそうになったら、取扱説明書で電池の型番を確認しましょう。 もし、取扱説明書を捨ててしまった場合は、インターネットで体温計のメーカーと型番を入力し、検索してみましょう。 メーカーのサイトで電池の型番を知ることができます。 型番がわかったら番号を控えてお店に買いに行きましょう。 電池にもよりますが、コンビニでも購入ができます。 もし、電池の型番が分からない時は、体温計本体から電池を取り出してみましょう。 SR、LR、CRというアルファベットと数字2~4桁が書いてあったら、それが電池の型番です。 もしわからない場合は、家電量販店の売り場スタッフに尋ねてみても良いでしょう。 電池交換の方法 では、電池交換の方法を説明します。 まず電池カバーを外しましょう。 スライドさせるタイプ、コインで回すタイプ、ドライバーが必要なタイプなど、体温計の機種によって違います。 カバーを外すとボタン電池が見えます。 次にボタンを取り出します。 ボタンを取り出す時は、つまようじなどのとがったものを使って外します。 この時、針金や針、ピンセットなどの金属は使わないでください。 つまようじなどの、折れにくい先がとがった棒を使って取り出すようにしてください。 ボタンを取り出したら、新しいボタンを向きに注意しながらセットしてください。 カバーを元通りつけたら完成です。 電池を交換しても使えない場合 電池を交換しても使えない場合は、体温計本体が寿命を迎えていたり、故障している可能性があります。 長期間利用している体温計は買い替えを考えましょう。 体温計が保証期間内の場合は、無料交換や修理をしてもらえますので、買ったお店やメーカーのサポートに連絡することをおすすめします。 保証期間は体温計によって異なりますので、保証書を確認してみてください。 まとめ 体温計を購入すると同時に電池も準備しておき、交換サインが出たら早めに取り替える。 これだけで、電池切れトラブルは回避できます。 体調も悪いし、熱も測れない…そんな「泣きっ面に蜂」状態を避けるためにも、早めの準備を心がけておきましょう。

次の

体温計の電池が交換できない!?そこに隠されたボタン電池誤飲事故の背景とは。

シチズン 体温計 電池 交換

風邪かもしれない、熱を測ってみようと思って久しぶりに体温計を取り出してみたら、電源がつかない…という経験をしたことはありませんか。 最たる原因は電池切れです。 体温計の多くは、電池がなくなる前に表示が薄くなったり、電池交換マークがついたりと電池切れのサインを出していますが、それを見過ごしてしまうこともあるでしょう。 体調がすぐれないときに、さらにイライラを増やすような事態は避けたいものです。 こんなトラブルを未然に防ぐために、また起こってしまったときにあわてないために、対処法を簡単にまとめました。 体温計の電池が切れた時 体温計の電池が切れた時、選択肢は二つ。 電池を交換するか、新しい体温計を買うかです。 誤飲防止のため電池が交換できないタイプのものもありますが、多くの体温計は電池を交換することができます。 まずは、あらかじめ自分の体温計が電池交換できるタイプなのかどうか、交換できるならどの電池なのかを確認しておきましょう。 この記事では、電池が交換できるパターンについて説明します。 体温計の電池の寿命 脇で測るタイプの体温計は、電池寿命が数年と長いことが多いです。 一方、婦人体温計のようなモニターが大きいタイプや高性能な製品は、シンプルな普通の体温計に比べて電池の寿命が短いことがあります。 製品を購入したら、まず取扱説明書に書いてある電池寿命の目安をチェックしましょう。 また、購入時に入っている電池はテスト用の電池のため、比較的早く電池が切れてしまうことがあります。 買ってすぐ動作が確認できても、電池は早めに購入しておくとよいでしょう。 また、後述の通り体温計を開けるときに、ドライバーが必要な場合があります。 これも、家にあるかどうかあわせて確かめておきましょう。 電池切れは突然起こるわけではない なお体温計の電池は、突然切れるわけではありません。 体温計に、電池交換のマークが表示されたり、体温表示の数字が薄くなるなど、なんらかのサインが出るのが通例です。 電池の交換のサインが出たら、すみやかに交換用の電池を用意しましょう。 電池の型番を確認する方法 体温計の電池はボタン電池のことがほとんどです。 普段よく使う単3や単4電池などとは異なって、平べったい形状をしています。 電池が切れたり切れそうになったら、取扱説明書で電池の型番を確認しましょう。 もし、取扱説明書を捨ててしまった場合は、インターネットで体温計のメーカーと型番を入力し、検索してみましょう。 メーカーのサイトで電池の型番を知ることができます。 型番がわかったら番号を控えてお店に買いに行きましょう。 電池にもよりますが、コンビニでも購入ができます。 もし、電池の型番が分からない時は、体温計本体から電池を取り出してみましょう。 SR、LR、CRというアルファベットと数字2~4桁が書いてあったら、それが電池の型番です。 もしわからない場合は、家電量販店の売り場スタッフに尋ねてみても良いでしょう。 電池交換の方法 では、電池交換の方法を説明します。 まず電池カバーを外しましょう。 スライドさせるタイプ、コインで回すタイプ、ドライバーが必要なタイプなど、体温計の機種によって違います。 カバーを外すとボタン電池が見えます。 次にボタンを取り出します。 ボタンを取り出す時は、つまようじなどのとがったものを使って外します。 この時、針金や針、ピンセットなどの金属は使わないでください。 つまようじなどの、折れにくい先がとがった棒を使って取り出すようにしてください。 ボタンを取り出したら、新しいボタンを向きに注意しながらセットしてください。 カバーを元通りつけたら完成です。 電池を交換しても使えない場合 電池を交換しても使えない場合は、体温計本体が寿命を迎えていたり、故障している可能性があります。 長期間利用している体温計は買い替えを考えましょう。 体温計が保証期間内の場合は、無料交換や修理をしてもらえますので、買ったお店やメーカーのサポートに連絡することをおすすめします。 保証期間は体温計によって異なりますので、保証書を確認してみてください。 まとめ 体温計を購入すると同時に電池も準備しておき、交換サインが出たら早めに取り替える。 これだけで、電池切れトラブルは回避できます。 体調も悪いし、熱も測れない…そんな「泣きっ面に蜂」状態を避けるためにも、早めの準備を心がけておきましょう。

次の