ダビンチコード。 ダ・ヴィンチ・コード図解 Dan Brown

ダ・ヴィンチ・コード(上) ダン・ブラウン:文庫

ダビンチコード

の紹介:2006年アメリカ映画。 全世界で5000万部を超える大ベストセラーであるダン・ブラウンの同名小説を原作に製作されたサスペンス・ミステリー超大作です。 レオナルド・ダ・ヴィンチの名画に隠された暗号を巡り、ある組織の陰謀に巻き込まれた大学教授が謎を解き明かしていく様を描きます。 本作はカトリック教会をも巻き込む大論争になりながらも日本を含む全世界で大ヒットしてシリーズ化が決定、2009年に第2作『』、2016年に第3作『』が公開されています。 ダヴィンチコードのネタバレあらすじ:起 夜のパリ・ルーヴル美術館では、館長のジャック・ソニエール(ジャン=ピエール・マリエール)が、謎の男シラス(ポール・ベタニー)から脅迫を受けていました。 その頃、講演のためパリを訪れ、書店でサイン会を開いていたアメリカ・ハーバード大学の宗教象徴学の権威ロバート・ラングドン教授(トム・ハンクス)は、フランス司法警察中央局(DCPJ)のべズ・ファーシュ警部(ジャン・レノ)に呼び出され、以前に面識のあったソニエール殺人事件の捜査協力を求められました。 ラングドン教授はルーヴル美術館に向かいましたが、不思議なことにソニエールの死体はレオナルド・ダ・ヴィンチが遺したデッサン「ウィトルウィウス的人体図」を模した形で発見されていました。 しかもそれはソニエール自身が行ったものであり、早速現場検証を始めたラングドン教授は、ソニエールがなぜこのような行動を取ったのか困惑しました。 その時、ラングドン教授の前に暗号解読官のソフィー・ヌヴー(オドレイ・トトゥ)が現れ、ソニエールが書き遺した名からファーシュ警部(ジャン・レノ)がラングドン教授を容疑者として疑っていると知らせると、実は自分はソニエールの孫だということをラングドン教授に明かしました。 その頃、カトリック教会の流れを組む秘密結社「オプス・デイ」の代表マヌエル・アリンガローサ司教(アルフレッド・モリーナ)は手下であるシラスからの報告を受けていました。 ダヴィンチコードのネタバレあらすじ:承 ソフィーからソニエールは実は自分を探して後を託せというメッセージを残したのだと知らされたラングドン教授は、ファーシュ警部らを出し抜いてもう一度美術館内で現場検証を始めました。 すると、ソニエールの死体のそばに書かれていたフィボナッチ数列が実はアナグラム(文字の並べ替え)であることを見破り、「レオナルド・ダ・ヴィンチ」というキーワードを読み取ると、館内の「モナ・ リザ」そして「岩窟の聖母」の絵画の裏から百合の紋章の入った鍵を見つけました。 警察の目を逃れたラングドン教授とソフィーは美術館を抜け出してブローニュの森に身を隠し、ラングドン教授は百合の紋章を使う秘密結社「シオン修道会」とソニエールに関わりはあるのかソフィーに尋ねました。 ラングドン教授はシオン修道会のことを知らないソフィーに、十字軍の時代にシオン修道会と組んでいた「テンプル騎士団」の話をしました。 その頃、シラスはサン・シュルピス教会に向かい、ソニエールの言葉通りに床の下を調べましたが、目的の物を見つけ出すことはできませんでした。 一方、百合の紋章の鍵はチューリッヒ保管銀行の金庫の鍵であることを突き止めたラングドン教授とソフィーは、金庫の中身がダ・ヴィンチが発明した秘密を保管する「クリプテックス」であることを知りました。 ダヴィンチコードのネタバレあらすじ:転 警察やオプス・デイの手の者からの追跡を逃れたラングドン教授とソフィーは、教授の旧友であるリー・ティービング(イアン・マッケラン)を頼りました。 その頃、ファーシュ警部はラングドン教授らの居場所を突き止めており、その情報はアリンガローサ司教を通じてシラスの元にもたらされました。 まだ状況を掴めないままのソフィーに、ラングドン教授とリーはシオン修道会とオプス・デイの関係について説明し始めました。 リーはシオン修道会がキリストとマグダラのマリアの末裔を守ろうとしていることを説明、ソフィーがソニエールの孫であることを聞かされたリーはクリプテックスの中には聖杯に辿り着く地図があることを教えました。 その時、リー邸をシラスが襲撃、クリプテックスを奪おうとしましたが、リーはシラスを叩きのめして拘束、ラングドン教授はシラスがファーシュ警部と同じバッジをつけていたことから、彼らはオプス・デイの一味であることに気づきました。 その途中、リーはマグダラのマリアの遺骨と血脈の証拠はシオン修道会により隠蔽され、 彼女を葬った棺が聖杯であり、その行方は人々から忘れ去られたとラングドン教授らに話しました。 ラングドン教授は、クリプテックスの入った箱の暗号を読み取り、「教皇の葬った騎士はロンドンに眠る。 彼の辛苦の果(か)は神の怒りを招く。 その墓を飾るべき球体を求めよ。 それはバラの肉と種宿る胎(はら)を表す」というヒントを得ました。 ロンドンに着いたラングドン教授らは、警察の追跡を逃れながらテンプル教会へと向かいましたが、突然シラスがソフィーを人質に取り、更には実はオプス・デイの一味だったレミーがクリプテックスを奪おうとしました。 ラングドン教授とソフィーは隙を見て逃げ出し、リーはレミーを殺害すると警察にシラスの居場所を通報しました。 しかし、実はオプス・デイの一味であったリーがそこに待ち構えていました。 ダヴィンチコードの結末 リーはラングドンに銃を向け、クリプテックを開かせようとしました。 その頃、実はリーの罠にまんまとはまっていたアリンガローサ司教とシラスは駆けつけた警官と銃撃戦になり、シラスは射殺され、アリンガローサ司教はロンドンに到着していた、自分がオプス・デイに利用されていたことに気づいたファーシュ警部に逮捕されました。 その頃、リーに強要されたラングドン教授とソフィーはクリプテックスを開けることが出来ず、ラングドン教授はクリプテックスを投げ捨ててしまいました。 その直後、リーは駆け付けたファーシュ警部に逮捕されました。 ソフィーは以前にもこの礼拝堂を訪れたことがあると思い出し、二人は礼拝堂の地下でマグダラのマリアの棺があった場所を発見しましたが、既に棺はそこにはありませんでした。 更には、ソフィーは実はソニエールの孫ではないこと、ソフィーはソニエールが惨たらしい儀式を行っていたことから絶縁状態に陥っていたことなどを知り、ラングドン教授はソフィーこそがキリストとマグダラのマリアの直系の子孫であることを知りました。 やがてラングドン教授とソフィーの前に老女に率いられたシオン修道会のメンバーが現れ、老女は実はソフィーの実の祖母であること、長い間キリストの子孫が戻ってくることを待っていたと語りました。 シオン修道会はソフィーの死を偽装して密かに匿い育てていたのです。 ソフィーはシオン修道会に保護されることとなりラングドン教授は彼女に「何を信じるかが問題だ」と言い残して別れを告げました。 ラングドンは残るキーワードを元に再びパリへと飛び、ルーヴル美術館の入り口広場へと辿り着きました。 ラングドン教授はルーヴル・ピラミッドの地下に、テンプル騎士団が密かに移していたマグダラのマリアの棺が安置されていることを確信して跪きました。 () 以上、映画「ダ・ヴィンチ・コード」のあらすじと結末でした。 ダ・ヴィンチ・コードシリーズのあらすじ一覧 (2006年) (2009年) (2016年) 社会の歪みや、人間がだれでも持っているような心の汚らしさが、話の主役である歴史的なミステリーと、上手く絡み合っていました。 上手な構成の作品であると感激しました。 また、特定の思想を狂信することの危うさが、鮮明に描かれており、とても勉強になりました。 作品の、主要な登場人物であるシラスは身体が弱い上、複雑な家庭環境で心を削られながら育ち、その中で宗教に救いを求めました。 これを演じる役者は、気の弱さと教義に対する必死の信仰・服従を実践しているようなキャラ(つまり、お人好しとサイコパスが同居しているようなキャラ)を演じなければならず、このためにかなり高度な技術を身につける必要があります。 母と二人でこの映画をみていた時、母が「ポール・ベタニー(シラスを演じた役者)の演技が上手い」と絶賛していましたが、私も母の意見に賛成しました。 この作品のラストの部分は少し哀しいですが、役者さんの演技が上手であるため、とても美しい仕上がりとなっていました。

次の

『ダ・ヴィンチ・コード』は「キリスト教に対する最も重大かつ激しい非難」でしょうか? • www.airloyal.com

ダビンチコード

See this page in: , , , , , , , , , , , , , , アメリカ、イギリス国内はもとよりその他の国々で、キリスト教に対する益々激しい非難がメディアを通して、また学校や裁判所、さらに教会内で、余りにも頻繁に目にします。 整然とキリストや神のみことばを疑う精神文化の中で、神学者であり、シカゴ近郊で牧師をしているアーウィン・ラッツァー博士は、次のような所見を述べています。 「『ダ・ヴィンチ・コード』は、私が見てきた中で最も重大かつ激しいキリスト教に対する非難である。 」 この挑戦的なコメントを考えながら、最近非常に話題を集めているダン・ブラウンの著書 、そして間もなく公開される同タイトルの映画が、教会や精神文化に与えると思われる影響について注目してみましょう。 著書 ダン・ブラウンは、「本書に出てくる芸術作品、建築、資料、謎の儀式がみな正確なものである」と、私たちに思わせようとしていますが、『ダ・ヴィンチ・コード』は、フィクションであり、正義の味方と悪者とが戦い、危機一髪のところで逃れるという結末で終わっています。 ハーバード大学の教授で宗教象徴学を専攻しているロバート・ラングドンは、なんの変哲もない消極的な人格にしかすぎません。 話の筋の絡みもせいぜい予想がつくものです。 かなり巧く書けている文章も中にはありますが、心に残るようなものではありません。 「人気のある」フィクションとしてはそれなりに面白いという程度です。 しかし、名作として残るようなものでは決してありません。 それにもかかわらず、『ダ・ヴィンチ・コード』は世界的な旋風を巻き起こしました。 他に特に取り立てて言うほどのこともない本書が、それ程までに人の興味を引く大きな理由は、その核心ともいえる共謀説にあるでしょう。 かなり単純ですが、が、と結婚したと想定しています。 イエスの死後、マリヤは子供たちを連れて逃れたとされ、やがて古代異教信仰の聖なる女性シンボルになったというわけです。 ダン・ブラウンがこの理論を全く知らなかったわけではありません。 教会の歴史を真剣に学ぶ生徒にとって、この古代の(突飛ではありますが)言い伝えは馴染み深いものです。 プロテスタント同様、カトリックは、これを長いことと見なしてきました。 しかしながら、少し掘り下げて考えてみれば(ほんの少しで十分です)、この言い伝えの「歴史」の根本が、ただのフィクションにしかすぎないことなどすぐに納得できるはずです。 マイケル・バイジェント、リチャード・レイ、ヘンリー・リンカーンの三人は、自分たちの研究に関して驚くべき事実を認めています。 彼ら曰く、「[]の内容を探ったのは、とで知られている女との間に結婚という事実があったかどうかを証拠づけるであろうと思われる箇所を選び出すだけの目的であり、そうするためには、直接言葉としては表現されていない部分の意味を読み取り、食い違いを埋めて、句切れや省略の説明を余儀なくされました。 手抜かり、ほのめかしの処置と、よく言っても真実とは言えない引用を取り扱わなければなりませんでした。 」 しかし、『ダ・ヴィンチ・コード』に見られる、、そしてに対する非難は、古くからの陰謀説をただ作り直すというよりもはるかに重大なものです。 恐らく映画同様本書は、聖書が成立した方法について読者の心に疑問の種を蒔き、そうすることで 聖書の権威を直接攻撃しているのです。 ブラウンが作り上げた架空の歴史家レイ・テイービングは、ローマ皇帝コンスタンティヌス大帝が古来の福音書から、自分の政治政策に都合のよい事だけえり好みし、こうして、その他のもっと重要な記録を意図的に隠し、現在、私たちの知る聖書となったと述べています。 (実際には、コンスタンティヌス大帝の死後まで教会議会でが公表されることはありませんでした。 コンスタンティヌス時代のニケア会議は、キリストの神性および本性の方をかなり重視していました)ブラウンの「でっち上げ」の歴史講義は偽の学校の逃げ口上にしかすぎません。 過去に歴史学者、聖書学者らがその過ちを何度も証明してきました。 本書は、とても不思議な特性を持つ数列を発見した13世紀の数学者レオナルド・フィボナッチ・ダ・ピサに触れています。 フィボナッチ数列は0から始まり、数字の1が続きます。 そして、どの項も、その前の二つの項の和となっています。 (0、1、1、2、3、5、8、13等)すぐ次に続く数字を見ると、連続する数の比率はいずれも1. 618(すなわち、二番目の数は前の数よりも1. 618倍大きい)です。 この発見が意味重大である理由は何でしょうか?また、創世記/進化論論争とどのような関わりがあるのでしょうか?比率1. 618は古代ギリシャで、神の割合、黄金率として知られ、事実、自然界、美術作品、音楽、あるいは建築等、至る所で見ることができます。 松ぼっくり、パイナップル、貝殻、角、ひまわり等、螺旋状の物に数多く見られます。 そして、それは指、腕、足等の骨の間隔の比率でもあります。 度々植物の葉あるいは花びらの数は 、フィボナッチ数に基づいています。 五枚の花びらを持つ花が、四枚の花びらを持つ花よりも人の目に美しく見える理由がそれなのです。 私たちの美の感覚は、しばしば比率1. 618が原点となっています(無意識のうちに)。 これを知った上で、レオナルド・ダ・ヴィンチを含む創作者、芸術家たちは、並外れてすぐれた比率を基に作品を度々作り上げました。 この現象に関してブラウンの主張の多くは疑問とするところがあり、明かに間違っています。 立案、制作するにあたってこれより有力な証拠を思いつくのは困難ですが、ブラウンの架空の登場人物は間違った結論を出しました。 ブラウン、94ページ。 その理由で彼らは、自然を拝むようになりました。 」ブラウン、95ページ。 原則的には、かなり世間知らずの者だけが架空の説を信じるはずですが、悲しいことに、神のみことばに対して無知な人間は少なくなく、更に悪いことには、みことばを信じず、それに従わない言い訳を必死に探している人が多いことです。 そういった人たちにとっては、『ダ・ヴィンチ・コード』の中に功名に組み込まれている嘘は、聖書の権威を引き続き否定するに必要な理由に打ってつけなのです。 皮肉な事に、たくさんの読者は、この作品を通して「フィボナッチ数列と黄金率」という興味を引く原理を初めて知ることになります。 進化論ではなく、を立証する注目すべき根拠を説明した記事をご覧ください。 非難 それでは、ラッツァー牧師が『ダ・ヴィンチ・コード』に「今世代、キリスト教に対する最も重大かつ激しい非難」というレッテルを貼って正解でしょうか?キリスト教、イエス・キリストへの最悪の攻撃あるいは神のみことばに対する断固たる非難は、過去から現在に至るまで絶えずあったのですから、そういう意味で、牧師は、まさにこの事実に遭遇したということになるでしょう。 しかしながら、この戦いで、『ダ・ヴィンチ・コード』の果たす役割は、大きな歯車のほんの小さなはめ歯にしかすぎません。 神のみことばである聖書六十六全書、中でもは特に信用できないという教えが繰り広げられている中で、どれだけの神学者やキリスト教指導者が、いい加減な作り話に太刀打ちしてきたでしょうか。 『ダ・ヴィンチ・コード』の人気は、いつか廃れて、誰も話さなくなるでしょう。 それに反して、妥協から始まる不信心という名のつかみ所のない坂道を次の世代、またその次の世代のクリスチャンが転がり落ちて行くこととなるのです。 これこそが本当の戦いの場となるのです。 信者が、『ダ・ヴィンチ・コード』を読むか、あるいは近々公開される映画を観るかどうかについては、本人が(自由に)決めることです。 しかし、神のみことばに対するあらゆる非難や攻撃について人に知らせる義務はあります。 どうであれ、の邪魔になるどんな障害にも穏やか且つ聡明に打ち勝つため「 いつも弁明できる用意をしておかなければなりません。 」() 参考文献と注釈• www. cnn. davinci. html, より引用。 2006年3月28日. ダン・ブラウン。 『ダ・ヴィンチ・コード』(ニューヨーク:ダブルデー、2003年) P.1. フィクションとしてではなく「文学」として分類。 出版社および著者による弁別。. 私が、初めてこの理論を知ったのは、バイブル大学で新約聖書を学んでいるときでした。 その後、『ダ・ヴィンチ・コード』より数年前に出版された別のフィクションにおいて再びこの理論に出くわしました。. 「聖なる血と聖杯」の著者、1982年。 最近、バイジェントとレイの二人はブラウンを著作権侵害で訴えたが、敗訴しました。. www. equip. htm より引用。. 「テイービング Teabing 」は、「バイジェント Baigent 」の文字を入れ替えてできた名前です。 ブラウンが、マイケル・バイジェントとリチャード・レイの名にちなんで「専門家」に名前をつけたわけです。 しかも、その二人は、最近、ブラウンに対して訴訟を起こしたのですから、何とも皮肉なことです。 (注釈参照). ダン・ブラウンの主張の誤りを理路整然に証明している素晴らしい記事や書籍がたくさんあります。 中でも特に役に立つと思われる本は、(非宗教的)歴史家のシャラン・ニューマンによって書かれた「ダ・ヴィンチ・コードに隠された真実の歴史」(バークレー・ブックス。 ニューヨーク。 2005年)です。 けれども、飽く迄、この本を、ベレヤの人たち()のように、手段に用いてください。. 著者:メリンダ・クリスチャン。 2006年。 アンサーズ・イン・ジェネシス USAは、著作権を所有していますが、添付ののページに記載してあるように、クリスチャン・アンサーズ・ネット利用者が、自宅、教会、学校、個人の証しのために用いる場合は、このページの使用を許可しています。 イラストおよびレイアウト著作権所有。 2006年。 補足関連事項• クリスチャン注目の映画評のページ:• クリスチャン・アンサーズのチームメンバー、レイ・コンフォート(リビング・ウォーター/ウェイ・オブ・マスター)による(オンラインオーディオ)• イエス・キリストは、単なる伝説にすぎないのでしょうか?• キリストは、人でしょうか、それとも神でしょうか?• イエスが神であられるなら、どうして死なれたのでしょうか?イエスが、十字架の上で死なれたのなら、今日、なぜ生きておられるのでしょうか?• イエス・キリストは、人のかたちをとられた神であられたのでしょうか?• イエス・キリストは本当に神でしょうか?• イエスが、神の御子であられたのなら、なぜ、ご自分のことをひとの子と呼ばれるのでしょうか?• 科学は、イエス・キリストが行なわれた奇蹟の誤りを立証したことがありますか?• キリストは、罪を犯すことができたでしょうか?• どうすれば、聖書が真実であると知ることができるのでしょうか?• 誤りがつきものの人間が聖書を書いたのであるなら、なぜ、聖書が絶対に正しいと言うことができるのでしょうか?•

次の

『『ダ・ヴィンチ・コード』の舞台となったサン・シュルピス教会』パリ(フランス)の旅行記・ブログ by スキピオさん【フォートラベル】

ダビンチコード

の紹介:2006年アメリカ映画。 全世界で5000万部を超える大ベストセラーであるダン・ブラウンの同名小説を原作に製作されたサスペンス・ミステリー超大作です。 レオナルド・ダ・ヴィンチの名画に隠された暗号を巡り、ある組織の陰謀に巻き込まれた大学教授が謎を解き明かしていく様を描きます。 本作はカトリック教会をも巻き込む大論争になりながらも日本を含む全世界で大ヒットしてシリーズ化が決定、2009年に第2作『』、2016年に第3作『』が公開されています。 ダヴィンチコードのネタバレあらすじ:起 夜のパリ・ルーヴル美術館では、館長のジャック・ソニエール(ジャン=ピエール・マリエール)が、謎の男シラス(ポール・ベタニー)から脅迫を受けていました。 その頃、講演のためパリを訪れ、書店でサイン会を開いていたアメリカ・ハーバード大学の宗教象徴学の権威ロバート・ラングドン教授(トム・ハンクス)は、フランス司法警察中央局(DCPJ)のべズ・ファーシュ警部(ジャン・レノ)に呼び出され、以前に面識のあったソニエール殺人事件の捜査協力を求められました。 ラングドン教授はルーヴル美術館に向かいましたが、不思議なことにソニエールの死体はレオナルド・ダ・ヴィンチが遺したデッサン「ウィトルウィウス的人体図」を模した形で発見されていました。 しかもそれはソニエール自身が行ったものであり、早速現場検証を始めたラングドン教授は、ソニエールがなぜこのような行動を取ったのか困惑しました。 その時、ラングドン教授の前に暗号解読官のソフィー・ヌヴー(オドレイ・トトゥ)が現れ、ソニエールが書き遺した名からファーシュ警部(ジャン・レノ)がラングドン教授を容疑者として疑っていると知らせると、実は自分はソニエールの孫だということをラングドン教授に明かしました。 その頃、カトリック教会の流れを組む秘密結社「オプス・デイ」の代表マヌエル・アリンガローサ司教(アルフレッド・モリーナ)は手下であるシラスからの報告を受けていました。 ダヴィンチコードのネタバレあらすじ:承 ソフィーからソニエールは実は自分を探して後を託せというメッセージを残したのだと知らされたラングドン教授は、ファーシュ警部らを出し抜いてもう一度美術館内で現場検証を始めました。 すると、ソニエールの死体のそばに書かれていたフィボナッチ数列が実はアナグラム(文字の並べ替え)であることを見破り、「レオナルド・ダ・ヴィンチ」というキーワードを読み取ると、館内の「モナ・ リザ」そして「岩窟の聖母」の絵画の裏から百合の紋章の入った鍵を見つけました。 警察の目を逃れたラングドン教授とソフィーは美術館を抜け出してブローニュの森に身を隠し、ラングドン教授は百合の紋章を使う秘密結社「シオン修道会」とソニエールに関わりはあるのかソフィーに尋ねました。 ラングドン教授はシオン修道会のことを知らないソフィーに、十字軍の時代にシオン修道会と組んでいた「テンプル騎士団」の話をしました。 その頃、シラスはサン・シュルピス教会に向かい、ソニエールの言葉通りに床の下を調べましたが、目的の物を見つけ出すことはできませんでした。 一方、百合の紋章の鍵はチューリッヒ保管銀行の金庫の鍵であることを突き止めたラングドン教授とソフィーは、金庫の中身がダ・ヴィンチが発明した秘密を保管する「クリプテックス」であることを知りました。 ダヴィンチコードのネタバレあらすじ:転 警察やオプス・デイの手の者からの追跡を逃れたラングドン教授とソフィーは、教授の旧友であるリー・ティービング(イアン・マッケラン)を頼りました。 その頃、ファーシュ警部はラングドン教授らの居場所を突き止めており、その情報はアリンガローサ司教を通じてシラスの元にもたらされました。 まだ状況を掴めないままのソフィーに、ラングドン教授とリーはシオン修道会とオプス・デイの関係について説明し始めました。 リーはシオン修道会がキリストとマグダラのマリアの末裔を守ろうとしていることを説明、ソフィーがソニエールの孫であることを聞かされたリーはクリプテックスの中には聖杯に辿り着く地図があることを教えました。 その時、リー邸をシラスが襲撃、クリプテックスを奪おうとしましたが、リーはシラスを叩きのめして拘束、ラングドン教授はシラスがファーシュ警部と同じバッジをつけていたことから、彼らはオプス・デイの一味であることに気づきました。 その途中、リーはマグダラのマリアの遺骨と血脈の証拠はシオン修道会により隠蔽され、 彼女を葬った棺が聖杯であり、その行方は人々から忘れ去られたとラングドン教授らに話しました。 ラングドン教授は、クリプテックスの入った箱の暗号を読み取り、「教皇の葬った騎士はロンドンに眠る。 彼の辛苦の果(か)は神の怒りを招く。 その墓を飾るべき球体を求めよ。 それはバラの肉と種宿る胎(はら)を表す」というヒントを得ました。 ロンドンに着いたラングドン教授らは、警察の追跡を逃れながらテンプル教会へと向かいましたが、突然シラスがソフィーを人質に取り、更には実はオプス・デイの一味だったレミーがクリプテックスを奪おうとしました。 ラングドン教授とソフィーは隙を見て逃げ出し、リーはレミーを殺害すると警察にシラスの居場所を通報しました。 しかし、実はオプス・デイの一味であったリーがそこに待ち構えていました。 ダヴィンチコードの結末 リーはラングドンに銃を向け、クリプテックを開かせようとしました。 その頃、実はリーの罠にまんまとはまっていたアリンガローサ司教とシラスは駆けつけた警官と銃撃戦になり、シラスは射殺され、アリンガローサ司教はロンドンに到着していた、自分がオプス・デイに利用されていたことに気づいたファーシュ警部に逮捕されました。 その頃、リーに強要されたラングドン教授とソフィーはクリプテックスを開けることが出来ず、ラングドン教授はクリプテックスを投げ捨ててしまいました。 その直後、リーは駆け付けたファーシュ警部に逮捕されました。 ソフィーは以前にもこの礼拝堂を訪れたことがあると思い出し、二人は礼拝堂の地下でマグダラのマリアの棺があった場所を発見しましたが、既に棺はそこにはありませんでした。 更には、ソフィーは実はソニエールの孫ではないこと、ソフィーはソニエールが惨たらしい儀式を行っていたことから絶縁状態に陥っていたことなどを知り、ラングドン教授はソフィーこそがキリストとマグダラのマリアの直系の子孫であることを知りました。 やがてラングドン教授とソフィーの前に老女に率いられたシオン修道会のメンバーが現れ、老女は実はソフィーの実の祖母であること、長い間キリストの子孫が戻ってくることを待っていたと語りました。 シオン修道会はソフィーの死を偽装して密かに匿い育てていたのです。 ソフィーはシオン修道会に保護されることとなりラングドン教授は彼女に「何を信じるかが問題だ」と言い残して別れを告げました。 ラングドンは残るキーワードを元に再びパリへと飛び、ルーヴル美術館の入り口広場へと辿り着きました。 ラングドン教授はルーヴル・ピラミッドの地下に、テンプル騎士団が密かに移していたマグダラのマリアの棺が安置されていることを確信して跪きました。 () 以上、映画「ダ・ヴィンチ・コード」のあらすじと結末でした。 ダ・ヴィンチ・コードシリーズのあらすじ一覧 (2006年) (2009年) (2016年) 社会の歪みや、人間がだれでも持っているような心の汚らしさが、話の主役である歴史的なミステリーと、上手く絡み合っていました。 上手な構成の作品であると感激しました。 また、特定の思想を狂信することの危うさが、鮮明に描かれており、とても勉強になりました。 作品の、主要な登場人物であるシラスは身体が弱い上、複雑な家庭環境で心を削られながら育ち、その中で宗教に救いを求めました。 これを演じる役者は、気の弱さと教義に対する必死の信仰・服従を実践しているようなキャラ(つまり、お人好しとサイコパスが同居しているようなキャラ)を演じなければならず、このためにかなり高度な技術を身につける必要があります。 母と二人でこの映画をみていた時、母が「ポール・ベタニー(シラスを演じた役者)の演技が上手い」と絶賛していましたが、私も母の意見に賛成しました。 この作品のラストの部分は少し哀しいですが、役者さんの演技が上手であるため、とても美しい仕上がりとなっていました。

次の