伊勢 湾岸 道 工事。 E1A伊勢湾岸道 昼夜連続・車線規制

西知多道路 (自動車専用道路) 事業化 2027年度開通予定

伊勢 湾岸 道 工事

西知多道路 (自動車専用道路) 事業化 2027年度開通予定 西知多道路(にしちたどうろ)は、愛知県東海市の伊勢湾岸自動車道、名古屋高速4号東海線の東海JCT(ジャンクション)から、常滑市の中部国際空港に接続している知多横断道路常滑IC(インターチェンジ)に至る、地域高規格道路(自動車専用道路)です 西知多道路は、伊勢湾岸自動車道、知多横断道路、名古屋高速道路などと接続することにより名古屋都市圏自動車専用道路網を形成することを目的として計画されています 「 」 より 西知多道路の全長は約 18. 5kmで、北部区間 9. 6kmは、既存の西知多産業道路の自動車専用道部分を4車線から6車線に拡幅、東海JCTに伊勢湾岸自動車道と直結するランプを新設、南部区間 8. 中部地方整備局によると、二〇一六年度当初予算には、東海市と常滑市で着工に向けた測量や道路設計費として、九千万円が盛り込まれた。 総事業費千四百億円を見込む。 一九九三年の建設構想浮上から二十三年。 西知多産業道路の慢性的な渋滞に悩まされてきた知多半島の関係者には悲願の大型事業が動きだす。 伊勢湾岸道の東海ジャンクション(JCT、東海市)と知多横断道路の常滑JCTを結ぶ約二十キロ。 うち長浦インターチェンジ(IC、知多市)以北は、既存の西知多産業道路(国道247号)を二車線増やして六車線化する。 長浦インター以南は既存の155号を使わず、四車線のバイパスを新設する。 関係者によると、リニア中央新幹線が開業する二七年度までの開通を目指す。 開通後は空港から伊勢湾岸道や名古屋高速道、さらに東海環状道、東名や名神までスムーズに結ばれることになる。 2016年3月5日 伊勢湾岸自動車道と中部国際空港(常滑市)を結ぶ「西知多道路」の事業化で、国土交通省中部地方整備局の社会資本整備審議会道路分科会中部地方小委員会が八日、名古屋市内であった。 事業化に不可欠の手続きで、有識者らで構成する小委員会は「二〇一六年度の新規事業とするのは妥当」と判断。 別の有識者らによる国交省の事業評価部会を経て、三月末に事業化が正式決定する見通し。 委員会が妥当と判断したのは、県が都市計画決定した伊勢湾岸道東海ジャンクション(JCT、東海市)と知多横断道路の常滑JCTを結ぶ全長一八・五キロのうち、東海JCTから加家インターチェンジ(IC)までの二キロ。 伊勢湾岸道と接続する東海JCTの工事が主となる。 委員の三浦司之・中部経済連合会常務理事は「二〇二七年のリニア中央新幹線開業に間に合うよう、早期の全線開通を求めたい」と要望したほか、内田俊宏中京大客員教授は「事故渋滞が多発し、現状のままでは空港へのアクセスが弱く、整備は必要不可欠。 産業、観光などの面からも重要性が高い」と意見を述べた。 2016年3月4日 伊勢湾岸自動車道と中部国際空港(愛知県常滑市)を結ぶ「西知多道路」の事業化計画で、国土交通省は三日、施工には「(県では難しい)高難度な技術を要する」とする調査結果を愛知県に送った。 国の直轄事業化を求めてきた地元にとって「歓迎すべき結果かつ不可欠の手続き」(地元関係者)で、二〇一六年度の事業開始が事実上決まった。 西知多道路は、知多半島の西側を通り、伊勢湾岸道東海ジャンクション(JCT、愛知県東海市)と知多横断道の常滑JCTを結ぶ一八・五キロの自動車専用道路。 リニア中央新幹線が開業する二七年までの開通を目指す。 通行料は取らない。 建設構想は一九九三年に浮上し、二〇一四年に愛知県が都市計画決定した。 総事業費は千四百億円。 今月中に成立予定の一六年度政府予算から五百億円ほどが配分される見通し。 愛知県の大村秀章知事は四日にも、国の直轄事業として施工するよう国交省に要請する。 国の整備後、県が管理する形になるが、事実上の直轄で事業は進むとみられる。

次の

「伊勢湾岸自動車道 豊明IC 上り 出口」(豊明市

伊勢 湾岸 道 工事

西知多道路 (自動車専用道路) 事業化 2027年度開通予定 西知多道路(にしちたどうろ)は、愛知県東海市の伊勢湾岸自動車道、名古屋高速4号東海線の東海JCT(ジャンクション)から、常滑市の中部国際空港に接続している知多横断道路常滑IC(インターチェンジ)に至る、地域高規格道路(自動車専用道路)です 西知多道路は、伊勢湾岸自動車道、知多横断道路、名古屋高速道路などと接続することにより名古屋都市圏自動車専用道路網を形成することを目的として計画されています 「 」 より 西知多道路の全長は約 18. 5kmで、北部区間 9. 6kmは、既存の西知多産業道路の自動車専用道部分を4車線から6車線に拡幅、東海JCTに伊勢湾岸自動車道と直結するランプを新設、南部区間 8. 中部地方整備局によると、二〇一六年度当初予算には、東海市と常滑市で着工に向けた測量や道路設計費として、九千万円が盛り込まれた。 総事業費千四百億円を見込む。 一九九三年の建設構想浮上から二十三年。 西知多産業道路の慢性的な渋滞に悩まされてきた知多半島の関係者には悲願の大型事業が動きだす。 伊勢湾岸道の東海ジャンクション(JCT、東海市)と知多横断道路の常滑JCTを結ぶ約二十キロ。 うち長浦インターチェンジ(IC、知多市)以北は、既存の西知多産業道路(国道247号)を二車線増やして六車線化する。 長浦インター以南は既存の155号を使わず、四車線のバイパスを新設する。 関係者によると、リニア中央新幹線が開業する二七年度までの開通を目指す。 開通後は空港から伊勢湾岸道や名古屋高速道、さらに東海環状道、東名や名神までスムーズに結ばれることになる。 2016年3月5日 伊勢湾岸自動車道と中部国際空港(常滑市)を結ぶ「西知多道路」の事業化で、国土交通省中部地方整備局の社会資本整備審議会道路分科会中部地方小委員会が八日、名古屋市内であった。 事業化に不可欠の手続きで、有識者らで構成する小委員会は「二〇一六年度の新規事業とするのは妥当」と判断。 別の有識者らによる国交省の事業評価部会を経て、三月末に事業化が正式決定する見通し。 委員会が妥当と判断したのは、県が都市計画決定した伊勢湾岸道東海ジャンクション(JCT、東海市)と知多横断道路の常滑JCTを結ぶ全長一八・五キロのうち、東海JCTから加家インターチェンジ(IC)までの二キロ。 伊勢湾岸道と接続する東海JCTの工事が主となる。 委員の三浦司之・中部経済連合会常務理事は「二〇二七年のリニア中央新幹線開業に間に合うよう、早期の全線開通を求めたい」と要望したほか、内田俊宏中京大客員教授は「事故渋滞が多発し、現状のままでは空港へのアクセスが弱く、整備は必要不可欠。 産業、観光などの面からも重要性が高い」と意見を述べた。 2016年3月4日 伊勢湾岸自動車道と中部国際空港(愛知県常滑市)を結ぶ「西知多道路」の事業化計画で、国土交通省は三日、施工には「(県では難しい)高難度な技術を要する」とする調査結果を愛知県に送った。 国の直轄事業化を求めてきた地元にとって「歓迎すべき結果かつ不可欠の手続き」(地元関係者)で、二〇一六年度の事業開始が事実上決まった。 西知多道路は、知多半島の西側を通り、伊勢湾岸道東海ジャンクション(JCT、愛知県東海市)と知多横断道の常滑JCTを結ぶ一八・五キロの自動車専用道路。 リニア中央新幹線が開業する二七年までの開通を目指す。 通行料は取らない。 建設構想は一九九三年に浮上し、二〇一四年に愛知県が都市計画決定した。 総事業費は千四百億円。 今月中に成立予定の一六年度政府予算から五百億円ほどが配分される見通し。 愛知県の大村秀章知事は四日にも、国の直轄事業として施工するよう国交省に要請する。 国の整備後、県が管理する形になるが、事実上の直轄で事業は進むとみられる。

次の

NEXCO中日本 1350t吊クレーンを使用して伊勢湾岸道上の桁を夜間架設

伊勢 湾岸 道 工事

中日本高速道路は、1月20日深夜から21日未明にかけて名古屋第二環状自動車道(名二環)飛島JCT(仮称)Dランプ橋の桁を架設する工事を行った。 飛島JCT(仮称)では、本架設工事を含め4箇所のランプ橋の桁架設を2月17日までに実施する予定となっており、今回はその第1弾の架設工事となった。 架設工事位置図(NEXCO中日本提供) 飛島JCT完成予想図と架設計画 (NEXCO中日本提供) 架設桁と架設済み桁との余裕幅は左右18mm 桁接合は現場溶接を採用 施工したのはDランプ橋(橋長576. 0m)のうち、伊勢湾岸道上り線を跨ぐ1径間(PD3~PD4)のJ11~J20で、伊勢湾岸道下り線から名二環に向かう桁だ。 なお、PD3側およびPD4側の一部桁は架設済みとなっている。 Dランプ橋(J11~J20)架設計画図 (NEXCO中日本提供) 今回の現場の特徴は、架設桁と架設済み桁の遊間が左右18mmとなっていることから、桁製作と架設の精密性を要求されたこと。 桁製作は冬場の架設であることから想定温度を0度として、桁伸縮幅の考慮を行った。 地組みは6月ごろから開始し、溶接においても注意を払っている。 また、仕口の角度・高さ調整のために、両側にセッティングビームを設置している。 セッティングビームを設置 さらに、今回はボルト接合ではなく、維持管理の観点から耐久性の高い現場溶接を採用した。 そのため、架設桁の落としこみ後、エレクションピースを確実に固定するための精度も求められた。 具体的には、左右の遊間18mmに架設桁を落としこんだ後、セットフォアで添接し溶接継手のクリアランスである6mmとしている。 エレクションピースの設計ではレベル2地震に対応できるものとした。

次の