実写 版 弱虫 ペダル。 「弱虫ペダル」が実写映画化 主演の小野田坂道役はKing&Princeの永瀬廉

弱虫ペダル(実写映画)【キャストとあらすじ】永瀬廉初主演の公開日が待ち遠しい!

実写 版 弱虫 ペダル

【弱虫ペダル】実写ドラマの撮影中に事故? BS・スカパーで放送されていた実写ドラマ『弱虫ペダル Season2』の 撮影中に自転車に乗っていた状態で転倒して事故を起こしました。 10000RT:【山梨の県道】「弱虫ペダル2」撮影中に滝川英治が自転車で転倒、全身を強く打ち重傷 富士河口湖町方面から笛吹市方面へ進行中に、下り坂の右カーブで左側の縁石へ衝突したという。 プロではないと言ってもドラマの撮影練習してきているだろうし同じぐらいは速度が出ていたと思います。 そして事故を起こしたのは福富寿一役を演じていた滝川英治さんで身長は186cm、体重79kgと日本人としては大柄な体型。 重量が重たければそれだけ衝撃もさらに大きかったでしょうね! 【弱虫ペダル】出演者が脊髄損傷に! その 事故で滝川英治さんは脊髄損傷になってしまいました。 脊髄損傷は知っている方もいるかもいるかもしれませんが、背中の背骨の中にある脊髄(体を動かすための神経)が事故などで切れてしまって切れた下からは動かなくなってしまう病気の一つです。 脊髄の場所によっては腰からしただけだったりしますが、首を損傷すると首から下が動かなくなることすらあります。 この病気の厳しいところは損傷したら治らない= 一生動かすことができないということです。 今の医学では治ることが難しい病気の一つです。 考えてみてください。 自分の手足がもう2度と動かないということをベットの上で知ったら・・・ かなり辛い病気と言えるでしょう。 スポンサーリンク 【弱虫ペダル】事故にあった滝川英治は今! 脊髄損傷になった滝川英治さんは今どうしているのでしょうか? 昨年末の記事にはこう書かれていました。 2017年9月15日、ドラマ『弱虫ペダル Season2』(BSスカパー!)の撮影中の事故で脊髄損傷の重傷を負い、事故直後は人工呼吸器と無数の医療機器が取り付けられ、言葉を話すこともできず、首から下が全く動かない。 瞬きしかできない状態だったため、「五十音表」を指でたどるご家族に瞬きで合図して、意思を伝えていたと話す。 絶望に打ちひしがれ、一時は「死」をも覚悟したというが、1年以上にも及ぶ入院生活で過酷なリハビリに励み、電動車イスを操作できるまで回復して退院。 現在も懸命なリハビリを続けながら、 前向きに生きる姿をブログやツイッターで発信し続けている。 引用: なんと事故後、ブログを開始し闘病に関しての内容など口で記事を更新していきました。 滝川英治さんのブログは そして長いリハビリを続け、 2018年10月18日に退院を発表しています。 本職がセラピストの私にとって長いリハビリを継続していく辛さがわかるつもりです。 体が動かせない状態で治らないかもしれない病気と知りながらリハビリを継続していくのって本当に辛いと思います! そして退院後は仕事復帰も果たしています 彼の強さは本当に素晴らしいと思いました! そして2020年1月11日に本を出版されたそうです! 俳優滝川英治(40)が11日、東京・八重洲ブックセンター本店で、初エッセー「 歩-僕の足はありますか?」(主婦と生活社)発売記念イベントを開催した。 本当に怪我なく事故なく撮影終わりますように。 — kiyomiz aitoyukigaareba 自転車気をつけてね~😭 滝クリさんのいとこの自転車事故がドラマ版弱ペダの撮影だったらしいから心配… 無事に撮影が終わりますように。

次の

弱虫ペダル実写映画のキャストがひどい!?ロケ地やエキストラ参加方法まとめ

実写 版 弱虫 ペダル

累計2,500万部突破のによる人気コミックを監督が実写映画化する『』が8月14日より公開される。 ここでは、本作のあらすじとキャストをコメントと共に紹介する。 (編集部・吉田唯) あらすじ 主人公は、運動が苦手なアニメ好きの高校生・小野田坂道。 あることをきっかけに総北高校自転車競技部に入部した坂道は、自転車選手としての思わぬ才能を開花させていく。 自転車競技部に入部したことから、かけがえのない仲間たちのために自分の限界や壁を超え、勝利するための努力を覚えていく。 コメント まさか自分が実写映画で坂道くんを演じるとは思っていませんでしたが、すっかり原作とアニメにハマり、気づくと朝になっている日々が続いています。 時間を忘れさせるくらい面白い、素晴らしい作品に出演できてとても光栄です! 一つの競技に一生懸命になっている選手たちは、キラキラしていて本当にかっこいいんです! その魅力を映画でも伝えて、時間を忘れさせるような作品にしたいと思います。 僕も弱虫にならないように(笑)、自転車練習を頑張ってますので、是非この夏を楽しみにしていてください。 [PR] 今泉俊輔(いまいずみ・しゅんすけ)役/伊藤健太郎 今泉は坂道の良きライバル。 坂道の自転車の才能に最初に気付き、総北高校自転車競技部に誘う。 コメント 今回「弱虫ペダル」に出演させていただく事になりました伊藤健太郎です。 漫画やアニメなどでとても人気のある作品に出させていただける事がとても嬉しいです。 また監督の三木さんともご一緒するのが2回目で信頼できる方なので今から楽しみです。 原作を飛び越えた実写ができればと思っていますので、ぜひ楽しみにしていただければと思います。 寒咲幹(かんざき・みき)役/橋本環奈 幹は総北高校自転車競技部のマネージャー。 コメント 今作はこのお話を受ける前から原作を読ませて頂いておりました。 学生時代のこれぞ青春!というような瑞々しさ溢れる物語で、こぼしたくない一瞬一瞬を繊細に丁寧に描かれていて、それに加え自転車レースという題材からも重要な要素となるスピード感溢れる絵がとても大好きです! その作品の中で私はこの部をなにかと支える自転車オタクの役をやらせて頂きます。 実写化されるにあたって、この魅力あるヒロインとして参加出来る事を今からとても楽しみにしています。 [PR] 鳴子章吉(なるこ・しょうきち)役/坂東龍汰 坂道を総北高校自転車競技部に誘う同級生。 コメント 今回、弱虫ペダルに出演が決まったと聞いたときは本当に驚きました、まさか自分が弱虫ペダルに出られるなんて思っても無かったので…とにかく嬉しかったです。 実際に自転車にほぼ自分達で乗っての撮影だったので今までしてきたお芝居とはまた違う大変さがあり毎日考えることが沢山でした。 でも今回の撮影を通して本当にロードバイクが大好きになりました、撮影が終わった今も乗りたくてたまりません。 鳴子章吉という熱くて真っ直ぐなキャラクターを演じさせていただけたこと、青春を素敵なキャストの方々と一緒に作り上げられたこと感謝でいっぱいです。 映画館のスクリーンで疾走する姿、是非皆さま楽しみに待っててください! 金城真護(きんじょう・しんご)役/竜星涼 総北高校自転車競技部の部長。 サングラスがトレードマークで、高校生とは思えない異彩を放つ。 コメント 高校生とは思えない存在感を放つサングラスをかけた部長・金城真護を演じます。 まだ寒い中、チーム総北は薄着で必死に走りました。 いつのまにか私も初ロードレーサーから本物の選手へと変わり、絶対に諦めない男へと変貌していました。 今までとはまた一味違う役柄を劇場でお楽しみ下さい。 [PR] 巻島裕介(まきしま・ゆうすけ)役/柳俊太郎 玉虫色の長髪が特徴的な総北高校自転車競技部の三年生。 独特のダンシング(立ち漕ぎ)を得意とする。 コメント 今回原作ファンとして、見た目も口調も印象の強いキャラクターなので巻島裕介をどう生身に落とし込むか試行錯誤しました。 主人公である小野田坂道にとってとても重要な役どころだったので、 ミステリアスかつ秘めた熱い部分だったりを皆さんにお見せできたらと思い現場にのぞみました。 田所迅(たどころ・じん)役/菅原健 総北高校自転車競技部の三年生。 コメント 「弱虫ペダル」のファンでもあったので、まさか自分が田所迅を演じる事が出来るとは、とても驚きました。 原作は、画や台詞を追うだけで息が切れそうになるくらい熱く激しい。 その熱量をスクリーンで皆様にお届け出来る事を嬉しく思います。 暴走の肉弾頭によるド迫力の走りは映画でも健在です! 是非、楽しみにしていて下さい! [PR] 杉元照文(すぎもと・てるふみ)役/井上瑞稀(HiHi Jets/ジャニーズJr. ) 総北高校自転車競技部の一年生。 補欠ながら、坂道をはじめとするチーム総北をサポートする。 コメント 杉元照文役をやらさせていただきました、の井上瑞稀です。 弱虫ペダルの原作は以前から読んでいたので、出演のお話を聞いた時は驚きと嬉しさでいっぱいでした。 実際にロードレーサーに乗っての撮影はかなり難しく、苦労することもありましたが、それ以上にキャストの皆さんとのコミュニケーションを取る時間が本当の部活みたいで楽しかったです! ロードレースのスピード感、総北学園の青春を沢山の方に見て感じていただきたいです! 寒咲幸司(かんざき・こうじ)役/皆川猿時 寒咲幹の父親。 映画オリジナルキャラクター。 コメント えー、皆川猿時、49歳です。 私、青春映画が大好物でございまして、はい。 そんなわけで、おじさんも若者たちの邪魔にならない程度にキラキラしてみました。 ギラギラもしくはギトギトしてたらごめんなさいね。 C 2020映画「弱虫ペダル」製作委員会 (C 渡辺航(秋田書店)2008.

次の

弱虫ペダル実写がひどいし気持ち悪い?キャストミスでネットの評判は悪い?

実写 版 弱虫 ペダル

(C)まいじつ 『King&Prince』(キンプリ)の永瀬廉が主演を務める映画『弱虫ペダル』(8月14日予定)のキービジュアルが公開された。 同作は『週刊少年チャンピオン』で連載中の漫画が原作。 どこにでもいる普通のオタク・小野田坂道(永瀬)は、秋葉原までの電車賃を浮かすために往復90キロをママチャリで走破するほどの驚異的な〝脚力〟の持ち主。 ある日、同級生で自転車競走部の今泉俊輔(伊藤健太郎)が、傾斜のキツイ〝激坂〟を、鼻歌を歌いながら登る小野田の姿を目撃。 小野田にロードレーサーとしての才能の片りんを感じ、ともに全国を目指していく…という青春スポーツストーリーとなっている。 原作の発行部数は累計2500万部を突破する大人気漫画だ。 「この手の実写化は、必ずキャスティングに不満が出てしまうもの。 主人公は、おかっぱ頭に丸メガネ、いわゆる〝オタクっぽいオタク〟の風貌であるため、王子様キャラの永瀬が演じることが発表されると反発の声が殺到。 ビジュアルに大きな不安を残していました」(芸能ライター) しかし、先ごろアップされたキービジュアルが公開されると一転、《意外とアリ》《うまくオタクっぽくなっている》など、好評の声が散見されているようだ。 伊藤健太郎のコレジャナイ感にガッカリ そんな中、意外にも不満の声が続出したのは、今泉役の伊藤。 今泉はクールなイケメンキャラなのだが、伊藤扮する今泉について、ネット上では、 《何か今泉の方が陰キャっぽいな》 《今泉は何でかわいい系なんや 小野田より配役考えるの簡単やろ》 《今泉役の伊藤健太郎さんの伊藤健太郎感が強過ぎる》 《今泉くんなんて跡形もないw 演じてる伊藤健太郎くんそのまま笑》 《原作と違い過ぎる…今泉感ゼロ…》 《キンプリの子の小野田くんより伊藤健太郎の今泉の方が無理過ぎる 違い過ぎる》 《弱泉がホンマに弱そう》 などと、ショックを受ける声が多く上がっている。 しかし、これでもまだ序の口のようで…。 「実写化最大の難関、巻島先輩のキャスティング発表がまだなのです。 巻島先輩は、〝タマ虫色〟のような派手な緑色に染めた上から、赤や黄色のメッシュを入れたロングヘアの持ち主。 語尾に『~っしょ』が付くなど、内外ともにかなり現実離れしたキャラクター。 これを実写化すると、〝事故が起きる〟のは間違いないでしょう」(同・ライター) キャストは2人以外だと、寒咲幹役を橋本環奈が演じることが発表されている。 今後届けられる続報にも注目していきたい。

次の