サントリー zone。 ZONeデジタルパフォーマンスエナジー(黒缶)とファイヤーウォール(赤缶)はどちらがオススメ?

ゾーン状態にする新しいエナジードリンク|「デジタルパフォーマンスエナジー ゾーン」を薬剤師が解説

サントリー zone

もう数週間前の話となってしまいましたが、アマゾン初のブラックフライデー、その直後のサイバーマンデーという流れはなかなかしびれましたね。 サイバーマンデーのほうが安いものも多かったし。 で、「せっかく安いし何か買うかな」とつらつら見ていると、アマゾン先行発売という、サントリーの新しいエナジードリンクを発見。 が日本で販売を開始したのは2005年だそうです。 当時はいろんなイベント会場で配りまくっており(今もでしょうかね?)、私の周りでは「レッドブルは買うものじゃなく貰うもの」という人もいるほどでした。 あれから14年。 エナジードリンクもすっかり定番カテゴリーとなりましたね。 見つけたエナジードリンクは、サイバーマンデーのおかげか6缶で850円。 1本141円なら、まあエナジードリンクとしては安いほうかも。 5」をポチった次第です。 レビュー 購入時には「年末ごろに届きます」的な記載があったのですが、突然「出荷日が早まりました」というメールが。 「まあ、早く届く分にはOKだな」と家に帰ると、すでに宅配ボックスに届いていました。 ……え? デカいぞ。 エナジードリンクだから250mL缶だ、と勝手に思い込んでましたがなんと500mL。 そんなにエナジー摂っちゃって大丈夫なんでしょうか。 SF映画に出てくるエネルギーパック的な6角柱のパッケージ。 原材料名のトップが果糖ブドウ糖液糖などではなく、「砂糖」なところがいいですね。 エナジードリンクはこうじゃないと。 100mLあたりエネルギー52kcal、カフェイン15㎎など「あれ? それほどでもないじゃん」と思いましたが、よく考えると内容量が500mLもあるんですよね。 ぺろりと一枚紙をはがしたところ。 5」ってなんでしょね。 来年には正式版になるのかな? 中のパッケージはこう開きます。 無駄に凝ったデザイン、嫌いじゃないです。 缶を取り出してみました。 ブラックホール的な絵の上には「Digital Performance Energy」の文字。 缶の裏側。 Red Bullやモンスターエナジーは、モータースポーツを含むエクストリームスポーツ好き層をターゲットにしてますが、「ZONe」はデジタル好き層をターゲットにしているようですね。 ロゴも電源アイコン風だし。 コップに注いでみました。 うん、強烈なデカビタ臭。 私は嫌いではないですが、猫たちは苦手なようで、近くに寄ってきては眼をショボショボしてました。 では飲んでみましょう。 うーん、 一般的なエナジードリンク味ですが、炭酸はやや弱めで甘味は強め。 飲んだあと、スッと花のような(悪く言えば中年女性の香水的な)香りが、一瞬鼻に残ります。 まずくはないですが、特別においしいというわけでもなく、「まあ、冷蔵庫にあれば飲むかなぁ」という感じです。 まとめ.

次の

デジタル新時代のエナジードリンク「ZONe(ゾーン)」、10~20代のデジタルネイティブ層へ訴求 β版は大学・ネットで話題に|食品産業新聞社ニュースWEB

サントリー zone

サントリー「ZONe FIREWALL ゾーン エナジードリンク」 デジタルパフォーマンスを上げるとされるエナジードリンクを実際に飲んだ感想と評価について• 正式発売という事でVer1. 0と表記、たんなるエナジードリンクではなくデジタルな雰囲気の付加価値を加えてキャラクターまで作っている。 ドリンク業界におけるエナジードリンク市場は盛り上がり続ける現状の日本、今では大手スーパーのPBエナジードリンクは当たり前の世界だ、新しい価値観による付加価値戦略を行わなければサントリーとて難しいものがあるのだろう。 だがサントリーのエナジードリンクにおける付加価値戦略は今回飲むZONeが初めてではない、以前にも独特の世界観を表現した「スティングエナジーゴールド」を発売しているのだ。 スティングエナジーゴールドの世界観は確かに独創的、他にはないものを感じる部分はあったのだがそれ以前にコカ・コーラエナジーが独特の世界観付加価値方式エナジードリンクをやっている。 サントリーがやり口を真似したかどうだか知らないが、スティングエナジーゴールドはあまり話題にはならなかった。 厳しい評価をすれば付加価値の創造に失敗したと言えるだろう。 そこで今回正式発売となったZONe、やはり独特な世界観とキャラクターでデジタルパフォーマンスの向上エナジードリンクといったコンセプト、新しい価値観で付加価値のあるエナジードリンクに挑戦... なんて風に僕は見ている。 なんてまで煽っておきながらレッドブルやモンスターエナジーと同じ味なら幻滅してしまう。 サントリー ZONe FIREWALL(ゾーンファイヤーウォール)の原材料名と栄養成分表示 名称:炭酸飲料 原材料名:砂糖(国内製造)、ぶどう糖、果糖ぶどう糖液糖、パラチノース/炭酸、酸味料、香料、アルギニン、着色料(ベニバナ黄、クチナシ)、保存料(安息香酸Na)、カフェイン、ナイアシンアミド、塩化K、ビタミンB6、甘味料(スクラロース) 【サントリー ZONe FIREWALLの栄養成分表示(1本500ml当たり)】• エネルギー 270kcal• たんぱく質 0. 脂質 0g• 炭水化物 67. 0g -糖類 65. 食塩相当量 0. 10g• ビタミンB6 5. 0mg• ナイアシン 50mg 【エナジー成分】• アルギニン 500mg• パラチノース 5. ぶどう糖 10. 0~40. カフェイン 75mg サントリー ZONe FIREWALL 500mlパッケージより引用 一応エナジー成分はそれっぽく整っている、だがカフェイン量が少ないのでは?とおもうところありだ。 これはゲーミングエナジードリンク的な雰囲気やデジタル作業中にチビチビ飲むような感じなのだろうか? エナジードリンクを飲む人はガツンと、グイっと一発飲んで... の人が多いと思うのだがどうなのだろうか、もはや実際に飲むしかない! モンスターエナジーをマイルドに、優しく飲みやすくした味わいのZONe FIREWALL 缶上部が黒く塗りつぶされているのはインパクト有り、いかにも効きそうな雰囲気がするもののコカ・コーラエナジーのやり口と同じと言えばそれまでだ。 さっそくサントリー ZONe FIREWALLを開封して香りを嗅ぎまくるとに近い香りだ。 実際に飲むと甘さが強く微炭酸のモンスターエナジー味といったところだろう、エナジードリンクっぽく薬感はあるがマイルドで優しい喉越しだ。

次の

ZONe エナジードリンク β ver.0.8.5のレビュー|エナジードリンクマニア

サントリー zone

もう数週間前の話となってしまいましたが、アマゾン初のブラックフライデー、その直後のサイバーマンデーという流れはなかなかしびれましたね。 サイバーマンデーのほうが安いものも多かったし。 で、「せっかく安いし何か買うかな」とつらつら見ていると、アマゾン先行発売という、サントリーの新しいエナジードリンクを発見。 が日本で販売を開始したのは2005年だそうです。 当時はいろんなイベント会場で配りまくっており(今もでしょうかね?)、私の周りでは「レッドブルは買うものじゃなく貰うもの」という人もいるほどでした。 あれから14年。 エナジードリンクもすっかり定番カテゴリーとなりましたね。 見つけたエナジードリンクは、サイバーマンデーのおかげか6缶で850円。 1本141円なら、まあエナジードリンクとしては安いほうかも。 5」をポチった次第です。 レビュー 購入時には「年末ごろに届きます」的な記載があったのですが、突然「出荷日が早まりました」というメールが。 「まあ、早く届く分にはOKだな」と家に帰ると、すでに宅配ボックスに届いていました。 ……え? デカいぞ。 エナジードリンクだから250mL缶だ、と勝手に思い込んでましたがなんと500mL。 そんなにエナジー摂っちゃって大丈夫なんでしょうか。 SF映画に出てくるエネルギーパック的な6角柱のパッケージ。 原材料名のトップが果糖ブドウ糖液糖などではなく、「砂糖」なところがいいですね。 エナジードリンクはこうじゃないと。 100mLあたりエネルギー52kcal、カフェイン15㎎など「あれ? それほどでもないじゃん」と思いましたが、よく考えると内容量が500mLもあるんですよね。 ぺろりと一枚紙をはがしたところ。 5」ってなんでしょね。 来年には正式版になるのかな? 中のパッケージはこう開きます。 無駄に凝ったデザイン、嫌いじゃないです。 缶を取り出してみました。 ブラックホール的な絵の上には「Digital Performance Energy」の文字。 缶の裏側。 Red Bullやモンスターエナジーは、モータースポーツを含むエクストリームスポーツ好き層をターゲットにしてますが、「ZONe」はデジタル好き層をターゲットにしているようですね。 ロゴも電源アイコン風だし。 コップに注いでみました。 うん、強烈なデカビタ臭。 私は嫌いではないですが、猫たちは苦手なようで、近くに寄ってきては眼をショボショボしてました。 では飲んでみましょう。 うーん、 一般的なエナジードリンク味ですが、炭酸はやや弱めで甘味は強め。 飲んだあと、スッと花のような(悪く言えば中年女性の香水的な)香りが、一瞬鼻に残ります。 まずくはないですが、特別においしいというわけでもなく、「まあ、冷蔵庫にあれば飲むかなぁ」という感じです。 まとめ.

次の