すき焼き 牛脂。 ポイントは割り下の黄金比率。究極の「すき焼き」レシピ

すき焼きの牛脂が無い時の代用

すき焼き 牛脂

おうちの料理でちょっとした贅沢気分を味わえるものといえば、寒い季節に恋しくなる「すき焼き」です。 ただ、ふだんお肉が固くなってしまったり、ねぎが生煮えだったりと、なんだかいまひとつなときがあります。 そこで、自分でもお店の味が楽しめる、 お肉料理のプロが教える究極の「すき焼きレシピ」を食メディア「」より紹介します。 レシピのポイント3つ プロのすき焼きレシピのポイントは 割り下の比率、割り下を作るタイミング、野菜の下処理の3つだそうです。 割り下の黄金比率を知っていれば、市販のものでなくても自宅でプロの味が再現できます。 酒100cc:みりん100cc:醤油100cc:ざらめ30g 「」より引用 上記は、2人か3人分、この比率で考えるならば、4、5人の場合はお酒が200cc、みりん200cc、ざらめ60gと比率を守ってバランスのよい味の割り下を作ります。 砂糖でもOKですが、 ざらめを使うと味わいにコクが出るそうです。 すき焼きは手際のよさが命の料理なので、 割り下は最初に作っておきましょう。 加えて、火が通りにくい玉ねぎや、焼くと味わいが変わる長ねぎにも下処理をします。 料理には効率が重要なので、 電子レンジを積極的に活用して、材料それぞれのベストな状態になるよう工夫します。 素材を究極においしくする「すき焼き」レシピ 材料(2~3人分)• 牛肉の薄切り(今回使用したのはリブロース)... 焼き豆腐... エノキダケ... 1パック• 玉ねぎ... 長ねぎ... しらたき... 半パック• 三つ葉... 1かけ <割り下>• 100cc• みりん... 100cc• 100cc• ざらめ(もしくは上白糖)... 30g 「」より引用 下準備:割り下の作り方 1. 鍋にお酒とみりんを入れて煮立たせる お酒、みりんを鍋に入れて強火にかけ、 アルコールの香りを飛ばします。 火を止めたら、醤油、ざらめを入れる 火を止めて醤油とざらめを入れ、中火で温めると、プロが使う割り下が完成します。 究極のすき焼きレシピ 1. 玉ねぎを耐熱容器に入れ、電子レンジに 玉ねぎは火が通りにくいため、鍋に入れる前にあらかじめ電子レンジで熱を通しておくと、すき焼きに入れるときにちょうどいい食感になります。 耐熱ボウルなどにいれて加熱するときは、 玉ねぎ全体が透明になるのがいい頃あいです。 600ワットの電子レンジの場合は、約3分間。 上にかけられたラップが一度ふくらんでからペシャンコになるくらいが目安です。 牛脂と長ねぎを鉄なべに入れ、焼き色をつける 煮る前に 牛脂で長ネギを焼くと、煮るだけよりも香ばしさが増すそうです。 鉄なべでお肉を焼く お肉の赤い部分がある程度なくなるまで焼きます。 焼きすぎないようにして、鍋の端に寄せましょう。 割り下を少し加えて、お肉そのままのおいしさを味わう すき焼きというと、お肉と一緒に野菜や豆腐がならんでいて初めて完成、そんなイメージがあります。 しかし、ちょっと奮発して買った おいしいお肉をそのまま味わうのもすき焼きの楽しみです。 新鮮なお肉だからこそ味わえる、少しだけ赤みが残るやわらかいお肉とたまごのハーモニーが口に広がります。 割り下と豆腐やきのこ、玉ねぎをお肉とともに煮る お肉全体に火が通らないタイミングで、割り下を入れて残りの材料を加えます。 あとは、とき卵に香ばしいねぎやたまねぎ、お肉をつけて堪能するだけです。 鍋料理の下準備で、 ねぎを牛脂で焼いて香ばしさをプラスする発想には驚きました。 割り下の黄金比率や手順さえ気をつければ、こんなにおいしそうなすき焼きが作れるんですね。 友人たちを招いた夕ごはんに、ちょっと奮発したいいお肉を使って早速作ってみたいなと思いました。 記事で紹介している商品は、伊勢丹新宿店本館地下1階=フレッシュマーケット/アイズミートセレクションで取扱いがあります。 [] 文/高山江梨•

次の

すき焼きのコツすき焼きが上手く作れません。お鍋みたいになるわ、味うすいわ...

すき焼き 牛脂

すき焼きを牛脂なしで作るのはダメ? 牛脂なしでも、すき焼きを作るのはアリですよ~! すき焼きを作るうえで欠かせない牛脂ですが、すき焼きやお肉を焼く時以外に牛脂を家庭で使うことは、あまりないですよね。 スーパーのお肉売り場で小さな袋に入って置かれているけれど、ついつい見逃してしまいます。 知ってはいるけど、馴染みの薄い牛脂。 なぜ多くのすき焼きのレシピには牛脂が必要だとされているのでしょう。 油なら、他にもたくさんの種類があるのになぜ牛脂?? もしかして、牛脂なしでは美味しくなくなってしまうの?? せっかくのすき焼きが、牛脂が無いばかりに美味しくないなんて絶対にイヤですよね。 でもご安心ください。 万が一ご家庭に牛脂がなくても、美味しいすき焼きを作ることはできますよ! また、牛脂の代わりに使う代用品によって、それぞれ一味違うすき焼きを楽しむこともできるので、お好みに合わせて選ぶのも良いかもしれませんね。 すき焼きで牛脂を使う理由って? 牛脂がなくてもすき焼きを作ることができるなら、なぜ一般的には牛脂を使うのが良いとされているのでしょうか。 牛脂とは読んで字のごとく「牛の脂」。 ヘットとも呼ばれ牛肉の脂を精製した食用の油脂で、溶けやすく料理に使いやすいように加工がされています。 この牛脂、実はうまみと甘味、さらには風味の宝庫! 牛の脂身部分には、特有の匂いがありますが、これがすき焼きなどの牛肉料理にはとっても重要なのです。 牛脂には赤身のお肉部分よりも牛肉本来美味しさが凝縮されているので、牛肉との相性が抜群! お肉のうまみや甘味をしっかりと引き立ててくれます。 すき焼きで、牛脂を使うのはお肉本来のうまみや甘味、風味を存分に味わうためだったのですね。 もちろん、お肉だけではなくすき焼き全体の味を豊かにし、より一層美味しくしてくれます。 また、すき焼きやお肉を焼く時はもちろん、肉じゃがや炒め物などその他の牛肉を使う料理にも牛脂を使うことでワンランク上の味わいになりますよ。 牛脂は、意外にも普段使いできる食材だったんでんです。 ただ、カロリーはやや高めなので、ダイエット中の方はほどほどに! スポンサーリンク すき焼きを作る時に牛脂の代わりになるモノは? すき焼きに牛脂が欠かせないとはいえ、うっかり牛脂を用意し忘れてしまった…。 そんな時でも、すき焼きに入れる牛肉が脂身多めの場合は、牛脂も油も必要ありません。 お肉の脂身から溶け出る油は牛脂そのものですから、脂身が多いお肉を一番に焼いて油を溶かしだしてなじませたり、脂身の部位だけを切り取って鍋に引いて使うことが出来ます。 用意したお肉が、脂身は少なく赤身が多めの場合は、牛脂の代用品となるものを使ってください。 霜降り肉の場合は、牛脂がなくてもおいしいすき焼きになりますよ~。 牛脂の代わりにサラダ油 ご家庭にある サラダ油は脂肪分を控えめにしたい方や、さっぱりと食べたい方におすすめです。 サラダ油自体にはクセや味が無いので、お肉の味わいを邪魔することなくすき焼きを作ることができます。 牛脂特有のコクがないので、さっぱりとした味わいのすき焼きに仕上がりますね。 牛脂の代わりにバター 少し意外ですが、 バターも特有の深くコクのある味わいになりオススメです。 旨味成分もプラスされますよ! ただ、有塩バターは塩分を含むため味がやや濃くなってしまうので、味付けの調整をしたり、塩分を含まない無塩バターを使用する方がよいかもしれません。 牛脂の代わりにラード 一般家庭にはあまり無いかもしれませんが、もしも ラードがあれば牛脂とはまた違ったお肉の風味が出ます。 ラードは豚の脂を精製したものなので、牛脂と同じ動物性の脂として代用できますね。 牛脂と比べ、少し甘みがあり、こってり感がするかもしれません。 サラダ油やバターとはまた違った風味で、お肉のうまみを引き出すことができますよ。 牛脂の代わりにオリーブオイル オリーブオイルでもすき焼きを作ることはできます。 オリーブオイルは肉に浸透しにくいので、肉があっさりとする上にほのかにオリーブの風味が加わります。 しつこくない、さっぱりとしたすき焼きになりますね。 牛脂の代わりにマーガリン マーガリンはバターの代わりとして家庭で使っている人多いと思います。 加工食品にあたるので、バターに比べ軽い感じに仕上がりますね。 マーガリン独特の風味は残る場合が多いです。

次の

すき焼き(すきやき)とは

すき焼き 牛脂

すき焼きのコツ すき焼きが上手く作れません。 お鍋みたいになるわ、味うすいわ、すき焼き作れないなんて人様に知れたら……… T_T どこが悪いのか教えてください!! <昨日作ったレシピ> お鍋がないのでフライパン使用。 1 牛脂を溶かし、玉ねぎか白ねぎをひき、4分の1位牛肉を乗せる。 2 しょうゆ75ccも加え、野菜 白菜4分の1カット分、きのこ3種類、水菜 と残りの牛肉を並べて、砂糖と醤油を大1ずつ追加。 3 ふた。 火を通す。 出来上がり!!! 出来上がったのは汁の量がすごいお鍋。 しかも味薄いというか水っぽいというか深みがないというか…。 美味しいすき焼きが食べたいです…。 半分火が通ったら砂糖、醤油を1:1の割合でいれ、さっと肉に絡まったら肉をすべて取り出します。 ずっといれてると高級肉以外は硬くなりますので。 笑 鍋に、椎茸、白葱、白菜のかたいところ、しらたき、大根、焼き豆腐をいれ火が通るまで蓋をせずに煮ていく。 出来上がり直前で白菜の青い部分と牛肉をいれ煮立てれば出来上がりです。 水っぽくなる原因として考えられるのは味醂と酒の量が多過ぎるということでしょうね。 また蓋をすると野菜の水分が飛んでいかず更に水っぽさを感じるんだと思いますよ。 野菜から水分が出ますので味醂や酒はいれないもしくは極少量でいいと思いますよ。 野菜からどうしても水分が出ますので薄くなったなと思ったら砂糖、醤油を1:1でいれて調整して下さい。 このポイントを押さえれば失敗知らずですよ。 チャレンジしてみて下さいね。 まず鉄鍋で出来ればすき焼き用を買いましょう。 フライパンでは肉が焦げませんから味が半減します。 すき焼きと言うくらいですから肉を焼くことから始めます。 鉄鍋の底に肉に付いてくる脂身を焼いて油をいっぱいにします。 やや火加減を落として牛肉を半分くらい入れて焼きます。 混ぜても焦げだすと砂糖だけを入れると焦げ付きませんのでしっかりと焼き肉にします。 ある程度焼ければ醤油をかけて砂糖と醤油の味だけで甘辛い焼き肉にします。 それを出汁に利用しますので肉は取り出さないでそのまま、その上に白菜とネギにシイタケやゴボウなどを乗せます。 水菜やシイタケ 贅沢するなら松茸 以外のきのこは止めた方が良いかもしれません。 もやしを用意しておき汁けが少なすぎる時はもやしを入れると水分が出ます。 しばらくすると野菜から水分が出てきますので、もう少し砂糖と醤油を足して日本酒も入れて味を調整します。 焼豆腐とふに糸こんにゃくを入れますが、肉を寄せて対角になるべく離して糸こんにゃくを入れると肉が固くなりません。 蓋をせずにそのまま炊いて味を確認していきます。 煮えれば、お椀に生卵を溶いて肉から漬けて食べます。 鍋が半分くらいに減ってきたら、肉を足して この時点では出汁が出ていますから焼く必要はありません 肉に砂糖と醤油をかけて味付けをし、野菜なども足して行きます。 鍋の物がほとんど無くなれば、うどんを入れます。 この時汁が少なすぎる時は牛乳を少し入れると水よりは味が落ちません。 更に残れば翌日温めてご飯にかければ美味しい牛丼になります 肉を残しておけばですが.

次の