足 の 親指 爪 臭い。 足の爪が臭い理由は、爪水虫が原因かも…

足の爪の臭いがチーズくさっ!2つの理由を知れば快適になる

足 の 親指 爪 臭い

もくじ• 足の親指の爪には汚れが詰まっている が臭くなる原因は、汗と皮ふと皮脂です。 足のツメって伸びるまでかなり時間がかかりますよね? 手の爪が伸びる早さと足の伸びる早さは、約3倍〜5倍程度だといわれております。 手の爪が長くなるまでに10日間かかるとすれば、足のつめは30日間〜50日間ほどじっくり時間がかけて伸びていくのです。 ニオイは足の指に顔を近づけなくても勝手ににおってくるほどのレベルです。 靴下や靴を履いていると雑菌が繁殖する 足のニオイがクサイ人ほど、長時間靴下や靴をはいています。 長時間靴を履いていると中の湿度は90%から100%の状態になっています。 雑菌は繁殖し放題ですし、靴や足の皮ふにまで悪臭がついてしまいます。 足を洗っているのにも関わらず、匂ってしまうひとはこういった原因が考えれます。 雑菌は湿度が高くなればなるほど繁殖します。 湿度は雑菌が増えるための栄養源になっているのです。 (汗が皮脂と混ざり合うと酸性化して、悪臭を放ちます) 今日から出来る足の親指の臭いをなくす4つ方法 手間をかけずに今日から試すことができるニオイ対策をご紹介します。 2週間程度に一度すこしづつカットすれば汚れがたまる場所も少なくなります。 足の親指の状態を頻繁にチェックすることができるので予防にもなりますよね! スプレーで雑菌対策をする 足専用のデオドランドスプレーがおすすめです。 銀イオン(AG)が含まれているタイプのスプレーは殺菌効果と雑菌繁殖を予防することができます。 どうしても仕事中に臭くなる人もいるでしょうから、朝おでかけ前にシューっとスプレーをかけて対策しておきましょう。 長時間靴下と靴は履かない 靴をなるべく履かない工夫をすると雑菌繁殖を予防します。 サンダルやクロックスなどがおすすめです。 仕事のときは難しいですが、プライベートな時間でお試しください。 靴下を履く必要がない状態のときは、裸足で過ごしたりするべきです。 つまようじで垢を取り除く めっちゃクサイ垢をつまようじを簡単にとってしまいましょう。 お金をかけずに実践できるもっとも効率的な対策です。 つまようじでそっと優しく爪のあいだに溜まっている垢をとれば臭いがなくなります。 一度鼻を近づけて臭度をチェックしてみてはいかがでしょうか・・・(笑)なんともなければ幸いです(^^:) すぐに試すことができることばかりなので、日々手をぬかずにニオイケアをしてくださいね! ・追伸 汗をかきやすい男性ほど注意しなくてはいけません。 とくに春から夏にかけて皮脂が分泌されやすくなるので気を抜いてはいけません。 体臭が気になってしまう人も要注意です、頭から足先まで手を抜かない工夫をしておくべきだといえますね!.

次の

足の爪が臭い…これって爪水虫?においの解消法とくさい水虫の治療法

足 の 親指 爪 臭い

足の爪垢を取る時に必要な道具1つ目は、爪ブラシです。 爪の汚れやゴミを取り除くための専用のブラシが売っています。 100均でも購入可能ですし、ひとつ持っておくと足だけではなく手の爪の清潔も保てるのでおすすめです。 毛ブラシを使った取り方としては、足の指と爪の間をこするだけです。 いつも使っているボディソープと一緒に使えば効果は倍増します。 細かいブラシの毛が効率よく汚れをかき出してくれますよ。 ボディを洗う時についでにという感覚でお手入れできると良いですよね。 ただ、浴室に直置きすると不衛生ですので、できればホルダーなどにかけて使うたびに乾燥させるように心がけましょう。 汚れを取るだけでなく、ブラシの刺激で血流もよくなりますので、足の健康に一役買っている商品です。 爪ブラシは100均でも手に入ると前述しましたが、100均で無い場合は500円以上しますし、あまり爪垢を取るためだけに出費をしたくないなという人には歯ブラシをおすすめします。 汚れの取り方としては、歯ブラシで足の指と爪の隙間をシャカシャカするだけで、汚れをかき出し甘皮も取れます。 足に関しては爪ブラシだと洗いにくい、という人も歯ブラシならグーで持って小回りがきいて洗いやすい場合もあります。 使い古しの歯ブラシでも良いですが、毛先が広がっていると汚れが取れにくいので、新品で安い歯ブラシを使うと費用面でも良いでしょう。 がしがしと洗えるため、固めの性質の歯ブラシを使うのがおすすめです。 爪楊枝は先が尖っていて危ないので、コットンなどやわらかいものをまきつけて使用しましょう。 綿棒は先端が細くてなるべく尖ったものを使うとゴミや汚れがとれやすく便利です。 汚れの取り方としてはどちらも、クレンジングオイルやベビーオイルなどのオイルを先端にしみ込ませて、優しくゴミをかき出すように足の指と爪の隙間に入れて掃除していきます。 オイルが潤滑剤となって滑りやすいので、怪我をしたりする心配はありません。 すぐに対処したい場合に、家にあるものなので手軽で便利な道具です。 この際に使用する物は消毒用エタノールと綿棒です。 エタノールを綿棒にしみこませて足の指と爪の隙間を軽く優しく拭きましょう。 消毒しつつ残った垢を最後までさらうという取り方ができます。 あまりにやりすぎると肌に負担がかかりますので、本当に軽くで結構です。 こうしておくことで洗っても取れない臭いが取れますし、靴等への臭い移りも防ぐことができます。 使用するのはベビー用綿棒がコンパクトで小回りがきいて便利ですよ。 エタノールを家庭に気軽に取り入れるのは、使い方をよく知らないとなんだか躊躇してしまいますよね。 でも、エタノールは足の爪の消毒の他にも便利な用途があるんですよ。 関連記事をご参考に、活用してみてくださいね。 足の爪垢を防ぐための日々のお手入れ方法1つ目は、爪の切り方、切る頻度に注意するということです。 爪を伸ばしっぱなしでいることが垢がたまりやすい原因になるということは前述しましたよね。 正しい切り方、というのをご存知ですか。 爪切りは爪がやわらかく形が整えやすく深爪を防ぐ意味で入浴後がベストです。 足の爪の正しい切り方として、白い部分を1〜2mmほど残し、四角形に近い角を残した形に切りましょう。 丸みを帯びた切り方をしてしまうことで、両端が巻き爪のようになり垢がたまりやすくなります。 四角形の形に切ったあとは、角の部分がストッキングや靴下などにひっかかって繊維が入り込みそれが垢になり得ますので、角の部分はヤスリなどで丁寧に削ると良いでしょう。 頻度としては、1〜2週間に1度は切るように心がけましょう。 垢をためこまない環境を作ることから始めるのが大切です。 靴の中は汗をかいて湿気がすごいことになるため、雑菌が繁殖するためにはもってこいの環境であると前述しました。 自分自身の足の爪垢の取り方を知るのも必要なことですが、靴の中の環境を見直す必要もあります。 靴の中で雑菌が増えることを予防するために、例えば、靴に抗菌防臭機能ありの中敷きを敷く、五本指ソックスをはいて汗を吸い取るようにする、靴を2時間置きに脱ぐ、などの方法があります。 日頃から意識すれば靴の中の通気性をよくすることが可能です。 さらに、一日履いた靴は2日ほど風通しの良い場所に置いて干したり、履き終わった靴をすぐに靴箱にしまわないである程度汗が乾いてからしまったり、などちょっとした工夫で臭いを防ぐことができます。 これからは靴のケアにも注力してみてはいかがでしょうか。 足の爪垢を防ぐための日々のお手入れ方法3つ目は、重曹を使った足湯で臭いを除去する、ということです。 足の爪垢の臭いの原因は「イソ吉草酸」という脂肪酸が老廃物となって出ていることです。 これは弱酸性の臭い物質なのですが、重曹は弱アルカリ性であるため、これを中和する作用を持っています。 中和することで臭い物質が無くなり、効果的に臭いを除去することにつながります。 ぬるま湯(30度〜)に重曹を大さじ1杯ほど入れ、15分ほど足をつけましょう。 重曹の量はお肌の状態により加減してください。 よほど臭いが気になる場合は、30分ほど行うと効果的です。 足湯を終わらせた時に軽く爪の中をこするとより、垢も取れて効果的です。 毎日やるとより効果的ですが、今日はいっぱい汗をかいたな、靴の中が蒸れたな、という時だけでも重曹を使った足湯で臭いと疲れをリセットしてはいかがでしょうか。 いつも足が臭わないきれいな状態を保てるでしょう。 意識しないとなかなか足の爪の中のことまで気はまわらないですよね。 でも、悪臭を放つまでになってしまったら一大事ですので、お手入れが非常に大切なのだとわかりました。 「頭のてっぺんからつま先までキレイに」などという言葉が存在しますが、まさにその通りで、細かく見えない場所までキレイにしておくのは大人のエチケットですね。 気づかないで放っておくと大変なことになる場合もありますのでそれだけは避けたいところです。 今回の記事では、主に足の爪の隙間の汚れの取り方とお手入れについてご紹介しましたが、汚れを取った後は保湿が大切ですよね。 爪を保湿するのに便利なネイルオイルに関しては、関連記事でご紹介しています。 参考にしてみてくださいね。 いつも清潔できれいな足下を目指して日頃からケアに取り組んでみましょう。

次の

足の爪の臭いがチーズくさっ!2つの理由を知れば快適になる

足 の 親指 爪 臭い

親指の爪の間に溜まった垢が臭い!爪に挟まった汚いゴミの取り方 足が臭う原因は雑菌が垢を分解することから始まります。 イソ吉草酸や酢酸という納豆みたいなニオイを発生させるんですね。 だから垢や汚れが溜まりやすい爪は足でもニオイが強くなりがち。 歩くたびに靴の汚れや靴下の繊維も爪に入ってきてしまいます。 だからまずは爪の間に入った汚れを取ることが先決。 専用の 爪ブラシや使わなくなった 歯ブラシを使います。 大きな汚れはこれだけで取れますね。 汚れを取った後はお風呂に入って石鹸で足を洗います。 先ほども言った通り、足臭の原因は雑菌の繁殖。 だから石鹸も殺菌作用があるタイプを使いましょう。 市販だと ミューズとかが有名ですよね。 洗うときのコツは 手で洗うこと。 タオルで洗うよりも手の方が優しくしっかり爪の間を洗うことができます。 そしてお風呂上りに足の指先を嗅いでニオイの確認。 まだ臭ったら、 綿棒にエタノールなどの消毒液をしみこませて爪の間を拭いていきます。 赤ちゃん用の綿棒が細いので使いやすいですよ。 エタノールが家にない場合は除菌タイプのウェットティッシュでも代用可能。 一番手っ取り早いのは爪をこまめに切って短くしておくことですね。 ただ注意したいのは短く切りすぎないこと。 短く切りすぎると爪が指に食い込んで 巻き爪状態になります。 こうなると汚れがさらに奥まで入って取れにくくなっちゃうんですよね。 なので爪を切る時は白い部分が1mmは残るように切りましょう。 これが安全で正しい爪の切り方になります。 歩く時間が長かったり、長時間も靴を履いていると湿気が溜まりやすいんですね。 そういうときは 靴下の素材に注目します。 通気性が良い コットンの靴下なら、蒸れにくくすることができます。 5本指ソックスにすると、さらに通気性を保てますね。 それに靴下には 防臭効果や 抗菌効果がある靴下もあります。 今度、靴下を買い替えるときは防臭タイプの5本指ソックスからそろえていきましょう。 スポンサーリンク 爪の臭いが取れないのには理由があった!親指を清潔にして足臭をブロック 今回は 足の親指の爪が臭いやすい原因と対策をお話ししました。

次の