乳酸菌 ヘルベ ヨーグルト。 雪印メグミルク 乳酸菌ヘルベヨーグルト ドリンクタイプの商品ページ

【中評価】「効果あれば続けたい🥤ヘルべヨーグルト

乳酸菌 ヘルベ ヨーグルト

目や鼻の不快感が減る 健常者を対象にした臨床実験として、 乳酸菌ヘルベを含む発酵乳とプラセボ飲料の2つをそれぞれ継続飲用した結果、 プラセボ飲料と比較して、乳酸菌ヘルベを含む発酵乳を飲用した人の方が ハウスダストやダニによる目と鼻の不快感が軽減されたという研究結果が出ています。 実際に くしゃみの回数が減ったというデータもあるようです。 ただ、効果を確実に実感するには、データからは8週間以上の継続飲用が望ましいと思われますので、薬ではないということを念頭に置きつつ毎日続けていくことが大切です。 免疫力を抑制する 意外と知られていませんが、花粉症の大きな原因の一つとして、 過剰な免疫反応が挙げられます。 免疫とは、体に入ってくるウイルスや細菌などの異物から体を守るためにはたらくシステムのことを指します。 花粉症で言うと、植物の花粉が異物と判断され、体から追い出そうとする際、この免疫システムがはたらいているのです。 つまり、 免疫力が強過ぎると異物を排出するはたらき(くしゃみや鼻水など)が起きやすくなるということですね! 実は免疫力は高ければ良いというものでもなかったのです。 難しいですね〜。。。 前置きが長くなりましたが、 ヘルベ菌は アレルギー反応につながるとされるこの高過ぎる免疫力を抑制してくれるというはたらきもあるのです。 そのため、ハウスダスト等のアレルギー患者だけでなく、花粉症患者にも効果が期待できる商品と言えるでしょう。 飲んでから1時間で鼻水止まって「え、何これ……怖っ……」って程度には効果が出ている。 ただ、効果を感じられないという意見もあり個人差はあるみたいです。 また、先述したように乳酸菌飲料は薬ではないので即効性はありません。 あくまで継続飲用して効果が見えてくるものなので、これからもヘルべ飲用者の動向は追っていきたいと思います。 購買理由としては、やはり 花粉症対策として購入されている方が多い印象です。 そして、味については甘みもしっかりあり 美味しい・飲みやすいという感想が見受けられます。 それではまた次回!.

次の

雪印メグミルク「乳酸菌ヘルベヨーグルト」発売、業界初「目や鼻の不快感を緩和する」機能性表示食品(食品産業新聞社ニュースWEB)

乳酸菌 ヘルベ ヨーグルト

雪印メグミルク「乳酸菌ヘルベヨーグルト ドリンクタイプ」雪印メグミルクは1月21日、機能性表示食品「乳酸菌ヘルベヨーグルト ドリンクタイプ」を全国発売する。 消費者庁への届出表示は、「本品にはL. helveticus SBT2171 乳酸菌ヘルベ が含まれるので、目や鼻の不快感を緩和します」。 「目や鼻の不快感を緩和する」ことを訴求する商品はヨーグルト市場で初めてだという。 「乳酸菌ヘルベ」 L. helveticus SBT2171 は、雪印メグミルク独自の乳酸菌。 同社によるヒト試験では、「乳酸菌ヘルべ」入りドリンクヨーグルトの12週間の継続摂取により、プラセボと比較して目や鼻の不快感が有意に改善したという。 「乳酸菌ヘルベヨーグルト ドリンクタイプ」は、爽やかな酸味と毎日続けやすいすっきりとした風味に仕立て、低脂肪で1本 100g 当たり37kcalに抑えている。 継続的に飲んでもらえるように12本入りのケース販売にも対応する。 1本の希望小売価格は税別120円。 なお、雪印メグミルクの既存の機能性表示食品には、「恵 ガセリ菌SP株ヨーグルト」 食べるタイプ、ドリンクタイプ などがある。 「恵 ガセリ菌SP株ヨーグルト」は、発売当初の売れ行きは低調だったが、ヨーグルトで初めて機能性表示の許可を取得している〈届出表示=本品にはガセリ菌SP株 Lactobacillus gasseri SBT2055 が含まれます。 ガセリ菌SP株には、食事とともに摂取することで、肥満気味の方の内臓脂肪を減らす機能があることが報告されています〉。 商品リニューアルでパッケージに「内臓脂肪を減らすのを助ける」旨を表記して以降、飛躍的に売り上げが拡大している。 こうした経緯から、機能性表示食品に対する消費者のニーズは根強いものがあるとして、「乳酸菌ヘルべ」でも表示許可を取得。 最も需要が高まる時期に市場へ導入し、一気に大きな商材へ育て上げていく考えで、同社の事業成長の起爆剤としていく。 〈「乳酸菌ヘルべ」テレビCMには香川照之さん〉 1月25日からは、テレビCMを全国で放送開始する。 「『め・はな対策』の新習慣として新たな価値を創造し、ヨーグルト市場の活性化を図っていく」 雪印メグミルク。 CMは、「目や鼻の不快感にお悩みのみなさん」と香川さんの声が聞こえてきた瞬間、ティッシュケースから香川さんが勢いよく飛び出し、「その不快感を緩和するヨーグルト」として商品特長を紹介するストーリー。 「業界初! 目や鼻の不快感を緩和する」のキャッチコピーを訴求し、香川さんが「今こそヘルべ」と力強く語る。 【移動に関する感染対策】 ・感染が流行している地域からの移動、感染が流行している地域への移動は控える ・帰省や旅行はひかえめに 出張はやむを得ない場合に ・発症したときのため誰とどこで会ったかをメモにする ・地域の感染状況に注意する• 3 日常生活の各場面別の生活様式 【買い物】 ・通販も利用 ・1人または少人数ですいた時間に ・電子決済の利用 ・計画を立てて素早く済ます ・サンプルなど展示品への接触は控えめに ・レジに並ぶときは前後にスペース• 【公共交通機関の利用】 ・会話は控えめに ・混んでいる時間帯は避けて ・徒歩や自転車利用も併用する• 【食事】 ・持ち帰りや出前 デリバリーも ・屋外空間で気持ちよく ・大皿は避けて料理は個々に ・対面ではなく横並びで座ろう ・料理に集中 おしゃべりは控えめに ・お酌 グラスやお猪口の回し飲みは避けて• 【娯楽 スポーツ等】 ・公園はすいた時間や場所を選ぶ ・筋トレやヨガは自宅で動画を活用 ・ジョギングは少人数で ・すれ違うときは距離をとるマナー ・予約制を利用してゆったりと ・狭い部屋での長居は無用 ・歌や応援は十分な距離かオンライン• 【冠婚葬祭などの親族行事】 ・多人数での会食は避けて ・発熱やかぜの症状がある場合は参加しない.

次の

雪印メグミルク 乳酸菌ヘルベヨーグルト ドリンクタイプの商品ページ

乳酸菌 ヘルベ ヨーグルト

その細菌には体にプラスとなる「善玉菌」とマイナスになる「悪玉菌」があります。 細菌の総量もほぼ決まっていて、一般に、善玉菌が増えると悪玉菌が減り、善玉菌が減ると悪玉菌が増加します。 腸内での善玉菌、悪玉菌の勢力関係は健康にとても重要なのです。 ところが日常生活のストレスや老化によって悪玉菌が増え、勢力関係が変わってしまうことがあります。 腸には身体の60~70%もの免疫細胞が集中していますが、悪玉菌が増え腸内環境のバランスが崩れると腸の免疫機能が乱れ、お通じが悪くなる、風邪をひきやすくなる、花粉症やアトピーなどのアレルギーが発症する、と言われています。 乳酸菌は、発酵過程で乳酸などの有機酸を作り出し、その有機酸が悪玉菌の増殖を抑えて腸内腐敗を防いだり、腸管を刺激して腸のぜん動運動を活発にします。 また乳製品に含まれる乳糖は、善玉菌の栄養源となってその増殖を助けます。 このようなヨーグルトの作用は腸内細菌のバランスを整えるのに役立つことが研究によって明らかになっています。 腸内細菌のバランスが整うと免疫機能の乱れが改善され、さまざまな健康効果が期待できます。 花粉症などのアレルギーの症状の予防や症状緩和もそのひとつです。 ・たくさんの種類がある乳酸菌 乳酸菌は数千種類もあると言われています。 乳酸菌は種類によって機能性の特長に違いがあります。 例えば、コレステロールを低減する乳酸菌、ピロリ菌を抑制する乳酸菌、整腸作用の強い乳酸菌、免疫機能に働きかける乳酸菌です。 花粉症やアレルギーを予防・緩和する免疫調整機能に特長がある乳酸菌として代表的なものには、 クレモリス菌、 LGG乳酸菌、 L-55乳酸菌、 L-92乳酸菌、 ビフィズス菌BB536、 KW乳酸菌などがあげられます。 ヨーグルト全般に花粉症への効果が期待されるものの、前章であげたような花粉症に効果があると認められた研究報告がある乳酸菌もあります。 そこでここからは、花粉症やアレルギー症状を改善する効果が報告された乳酸菌のヨーグルトをピックアップしてご紹介しましょう。 ・ New! 雪印メグミルク 乳酸菌ヘルベヨーグルト 「乳酸菌ヘルベヨーグルト」ドリンクは 乳酸菌ヘルベが含まれでいます。 ヨーグルトで初めて、目や鼻の不快感を緩和する機能を表示した機能性表示食品として2020年1月に新発売されたもの。 ハウスダストやダニによる目や鼻の不快感がある人が、乳酸菌ヘルベを含む発酵乳を12週間飲んだ場合、飲んでいない人と比べて目や鼻の不快感が改善し、くしゃみの回数も少なくなるという試験の結果が得られ、マウスでの試験では花粉アレルギーの症状が減少したそうです。 その特長は、菌が生きたままで大腸まで届くこと、EPSという独特のねばり成分を産生することです。 カスピ海ヨーグルトを摂取すると、花粉症などのアレルギー症状を起こすIgE抗体の血中レベルを下げたり、アトピー性皮膚炎の症状が緩和されることが人への臨床研究やマウスの試験によって明らかになっています。 ・森永 ビヒタスBB536 「ビヒタスプレーンヨーグルト」は、生きて腸まで届く ビフィズス菌BB536を配合し、特定保健用食品(トクホ)に指定されているヨーグルトです。 ビフィズス菌BB536そのものによる直接的な腸管粘膜刺激作用と、ビフィズス菌BB536による整腸作用の両方によって、抗アレルギー作用があるのではないかと推測されます。 ・オハヨー ぜいたく生乳ヨーグルト L55乳酸菌を配合したヨーグルトが 「オハヨーぜいたく生乳ヨーグルト」です。 岡山大学とオハヨー乳業の臨床研究では、L55乳酸菌ヨーグルトを摂取するとスギ花粉症のくしゃみや目のかゆみが低下したという結果が得られました。 ・タカナシ おなかへGG!ヨーグルト 特定保健用食品(トクホ) 「おなかへGG!」には LGG乳酸菌と TMC0356乳酸菌というふたつの乳酸菌が配合されています。 LGG乳酸菌は世界でも広く活用されている乳酸菌のひとつで、アトピー性皮膚炎を予防する効果が証明されています。 TMC0356乳酸菌は動物試験や人での臨床試験においてアレルギー発症に深く関与するIgE抗体を抑制する結果が得られており、抗アレルギー作用があると考えられています。 ・小岩井 Caヨーグルト KW乳酸菌プラス KW乳酸菌はキリングループの所有する100種類もの中から選ばれた菌です。 「小岩井 Caヨーグルト KW乳酸菌プラス」にはこの菌が含まれています。 酸に強く、生きて腸まで届き、腸の細胞に定着します。 マウスを対象にした試験の結果、花粉症やアトピーの症状改善に効果を示したと報告されています。 参照: *【販売エリア】東北~関西の宅配商品です。 ・カルピス 守る働く乳酸菌L-92 最後にご紹介するのは、ヨーグルトではなく乳酸飲料の 「守る働く乳酸菌L-92」です。 L-92乳酸菌はカルピス由来で、免疫に働きかける乳酸菌として、多くの機能性に関する研究結果が学会などで発表され、アトピー性皮膚炎の症状改善、花粉症の症状緩和などの改善効果が確認されています。 L-92乳酸菌が200mlボトルと同数配合されている100mlボトルはこちら。

次の