極道 高校生 ネタバレ。 【ネタバレ&内容】ホラー映画『ファイナルガール』人間狩りを行う鬼畜男子高校生4人組。次のターゲットは訓練された最強ブロンド美女だった

ダンガンロンパシリーズのあらすじ(ネタバレ)を教えてください。自分、プレ...

極道 高校生 ネタバレ

ヤクザと女子大生の恋愛。 恋愛初心者の主人公と愛情表現の仕方が分からないヤクザの男のお話。 R-18作品です。 大学受験に失敗して滑り止めの神戸の大学に進学した普通の女の子と、愛を知らなかったヤクザの幹部の男との愛欲の日々。 Hシーンは多め。 無理やりや調教、執着、嫉妬 、過激な表現、暴力事件もありますので、苦手な方はご遠慮ください。 溺愛、あまあま、ラブラブHもあり。 基本はハードなHの内容かと。 後ろの表現が出てくる回もあります。 ご注意ください。 この作品はムーンライトノベルズでも掲載しています。 第一章完結しました。 第二章は2020年5月30日より毎週土曜日の更新になります。 alphapolis. その一室で五十嵐組の1人息子である五十嵐煌生(いがらしこうき)は半監禁生活を強いられていた。 そこに週一回派遣されてくる『ヘルパー』は、煌生の生活の世話をし、抱かれて帰っていく『奉仕係』だった。 煌生の横暴さに次々と『ヘルパー』が代わる中、新しく派遣されてきた『ヘルパー』は、煌生が兄弟のように一緒に育った中村和馬(なかむらかずま)だった。 冷たい態度の和馬に、煌生の抑えていた和馬への征服欲が再び蘇る。 ただ、極道的な描写(血など)が少しだけあります。 組長の右腕佐倉は、工藤の躾をすることを条件に彼を預かり、知り合いの調教師へと預けることにした。 研ぎ澄まされた目つきは獰猛。 恫喝、はったり、度胸は生まれついてのヤクザ者の風格。 裏の顔として調教師、人身売買にも手を染めている。 緩いウェーブのかかった黒髪、鼻筋が高く彫りの深い美青年 口調はオネエだが、女装などはしておらず、大抵がスーツ姿。 久住組の懐刀と呼ばれるほどの武闘派だが頭も切れる。 工藤が更迭された後は、跡目にと見込まれている。 【サディスト総攻】 暴力的に、精神的に、性的に、崩れ落ちていく人間の精神は面白い。 ズタボロに痛め付けられて尚、縋るように、許しを乞うてくるのだ。 まさに苦痛を与えている悪魔に向かって懇願する様は、滑稽としか言いようがない。 「殺してくれ」「助けてくれ」と漏れる悲鳴は、心を酷く揺さぶった。 極道組長の跡取りとしての人生を送る倉本 純(クラモト ジュン)は、頭のネジが何本も外れたサディストだった。 そんな倉本に痛め付けられて精神崩壊する哀れな人間共のお話。 基本総攻、時折受けることもあるかもしれない。 (このお話で出てくる異常性癖) 【サディズム(加虐性愛)】 性的虐待や性的暴力を与える性的嗜好。 【アポテムノフィリア(身体欠損性愛)】 手や足などの四肢を欠損(破壊)しようとする行為への性的嗜好。 広義には「アクロトモフィリア(四肢欠損性愛)」に含まれる。 【バイストフィリア(強姦性愛)】 強姦(レイプ)や暴力行為への性的嗜好。 レプトフィリアとも言う。 *不定期更新。 異常な性的描写、暴力表現、人体破損表現等、未成年者の方が読むに相応しくない描写が多々あります故、20歳未満の方は、自己責任に於いて判断をお願い致します。 当方では、如何なる不利益を被られましても責任が取れませんので、予めご理解下さいませ。 タイトル横に*印がある頁は性的、暴力的描写を含みますので、お気を付け下さい。 此方の作品は、作者の妄想によるフィクションであり、実際のものとは一切の関係も御座いません。 また、作者は専門家ではありませんので、間違った解釈等あるかと思います。 異常な性癖をテーマにしたお話の一つとなり、この作品では他者に苦痛を与えることで性的快感を得る異常な男を軸に展開しております。 何でもありな異常性の強いお話になります。 愛なし恋愛要素も皆無、ただ只管に狂った男が欲望の赴くままに好き勝手やらかすヴァイオレンスな内容です。 苦手な方は読まれないことをオススメ致します。 以上のことご理解頂けたらと思います。 2019年12月4日、関東の極道を束ねる任侠の化身とも言える東和会7代目『黄龍皐月』は極道から足を洗って孤児院を開こうと考えていた矢先、身寄りのいない姉妹を落下してきた鉄パイプの束から身代わりになって死んでしまう。 しかし目が覚めると元居た世界とはまた別の見たことがない街に飛ばされていた。 最初は友人のドッキリだと考えていたが時間が経つにつれそうじゃないこと、そしてここが異世界だということに気付く。 想像もしていなかった死後に困っていた皐月は『ホワイトエルフ』と呼ばれる白い肌と髪、そして赤い瞳が特徴的なエルフと『アルマ』と出会う。 アルマは盗っ人から取られた大切なものを取り返すため、サツキは盗っ人から街の情報を聞き出すために共に行動を始めたのだ。 これは任侠を重んじる1人の極道が、1人のエルフの少女のために異世界で我が道を行く物語である。 そのカフェは、住宅街でも、大通りでもない、住宅街と大通りの継ぎ目の奥の奥のような場所にあった。 このカフェは、全ての面でイカれていると断言して言えた。 何故ならば。 この店のマスターは、警官二人に銃口を向けられ、パトカーで周囲を封鎖されても、何事もなかったようにカフェに戻ってくる。 この店のホールのチーフは、スカートの中に拳銃(ベレッタ)を仕込んでいる。 この店のキッチンの男は、超能力者らしく、人の心を読むテレパシー、物体を操るサイコキネシスなどを扱った。 そして、自分と同じく、新たにこの店で働くことになったド新人。 かつての魔女狩りの生き残りなんだとぬかす、大空カモメ。 ちなみに事実、魔術を操ることができる。 この店に務めている人間は、自分を除いて誰も彼もがイカれていると思っているが、しかし、ここで起きたことの全ての原因は、この十歳の魔女、大空カモメにあったような、そんな気がしている。 亡くした恋人の影に囚われて生きている小畑 智如(オバタ トモユキ)を、長兄の命令で調べ偵察を始めた志島 淳志(シジマ アツシ)だったが、彼に近付くにつれて段々と惹かれていくのを止められずにいた。 智如の過去を知り、仕事を起ち上げた意味を知り、彼の明紫亜(メシア)への想いを知り、淳志は己の現状に疑問を抱くようになる。 そんな矢先、長兄が明紫亜を監禁する事件が起き、淳志は智如の為にある決断を下すのだった。 【ミオソティス(勿忘草)の伝説】 ある日、ドナウ川の岸辺を騎士と、その恋人が歩いていた。 恋人はその急流の中にある花を見つける。 騎士は恋人のためにその花を摘もうとした。 だが、河の流れは騎士が思うよりも、ずっと激しいもので、花に手が届いたものの、騎士は急流に飲まれていく。 助からない、と悟った騎士は「僕を忘れないで! Vergiss-mein-nicht! )」と叫び、手にした花を岸辺の恋人に投げ、流れに消えてしまった。 恋人はその言葉通りに騎士を生涯忘れず、この花=勿忘草を髪に飾り続けるのだった。 (このお話で出てくる性癖) 【ステノラグニア(筋肉性愛)】 筋肉質な体型への性的嗜好。 *不定期更新。 性描写があります故、高校生含む18歳未満の方は、自己責任に於いて判断をお願い致します。 当方では、如何なる不利益を被られましても責任が取れませんので、予めご理解下さいませ。 タイトル横に*印がある頁は性的描写を含みますので、お気を付け下さい。 此方の作品は、作者の妄想によるフィクションであり、実際のものとは一切の関係も御座いません。 また、作者は専門家ではありませんので、間違った解釈等あるかと思います。 異常な性癖をテーマにしたお話と同シリーズとなりますが、筋肉フェチ程度の軽い嗜好描写となり、異常性は特にありません。 異母兄弟繋がり、世界観が一緒と言うことで、同シリーズになっています。 「あべらちお」と一部連動したお話となります。 ネタバレが含まれてしまうこともあります。 以上のことご理解頂けたらと思います。

次の

映画「僕は妹に恋をする」ネタバレあらすじと感想結末/兄妹の許されない恋!

極道 高校生 ネタバレ

ヤクザと女子大生の恋愛。 恋愛初心者の主人公と愛情表現の仕方が分からないヤクザの男のお話。 R-18作品です。 大学受験に失敗して滑り止めの神戸の大学に進学した普通の女の子と、愛を知らなかったヤクザの幹部の男との愛欲の日々。 Hシーンは多め。 無理やりや調教、執着、嫉妬 、過激な表現、暴力事件もありますので、苦手な方はご遠慮ください。 溺愛、あまあま、ラブラブHもあり。 基本はハードなHの内容かと。 後ろの表現が出てくる回もあります。 ご注意ください。 この作品はムーンライトノベルズでも掲載しています。 第一章完結しました。 第二章は2020年5月30日より毎週土曜日の更新になります。 alphapolis. その一室で五十嵐組の1人息子である五十嵐煌生(いがらしこうき)は半監禁生活を強いられていた。 そこに週一回派遣されてくる『ヘルパー』は、煌生の生活の世話をし、抱かれて帰っていく『奉仕係』だった。 煌生の横暴さに次々と『ヘルパー』が代わる中、新しく派遣されてきた『ヘルパー』は、煌生が兄弟のように一緒に育った中村和馬(なかむらかずま)だった。 冷たい態度の和馬に、煌生の抑えていた和馬への征服欲が再び蘇る。 ただ、極道的な描写(血など)が少しだけあります。 組長の右腕佐倉は、工藤の躾をすることを条件に彼を預かり、知り合いの調教師へと預けることにした。 研ぎ澄まされた目つきは獰猛。 恫喝、はったり、度胸は生まれついてのヤクザ者の風格。 裏の顔として調教師、人身売買にも手を染めている。 緩いウェーブのかかった黒髪、鼻筋が高く彫りの深い美青年 口調はオネエだが、女装などはしておらず、大抵がスーツ姿。 久住組の懐刀と呼ばれるほどの武闘派だが頭も切れる。 工藤が更迭された後は、跡目にと見込まれている。 【サディスト総攻】 暴力的に、精神的に、性的に、崩れ落ちていく人間の精神は面白い。 ズタボロに痛め付けられて尚、縋るように、許しを乞うてくるのだ。 まさに苦痛を与えている悪魔に向かって懇願する様は、滑稽としか言いようがない。 「殺してくれ」「助けてくれ」と漏れる悲鳴は、心を酷く揺さぶった。 極道組長の跡取りとしての人生を送る倉本 純(クラモト ジュン)は、頭のネジが何本も外れたサディストだった。 そんな倉本に痛め付けられて精神崩壊する哀れな人間共のお話。 基本総攻、時折受けることもあるかもしれない。 (このお話で出てくる異常性癖) 【サディズム(加虐性愛)】 性的虐待や性的暴力を与える性的嗜好。 【アポテムノフィリア(身体欠損性愛)】 手や足などの四肢を欠損(破壊)しようとする行為への性的嗜好。 広義には「アクロトモフィリア(四肢欠損性愛)」に含まれる。 【バイストフィリア(強姦性愛)】 強姦(レイプ)や暴力行為への性的嗜好。 レプトフィリアとも言う。 *不定期更新。 異常な性的描写、暴力表現、人体破損表現等、未成年者の方が読むに相応しくない描写が多々あります故、20歳未満の方は、自己責任に於いて判断をお願い致します。 当方では、如何なる不利益を被られましても責任が取れませんので、予めご理解下さいませ。 タイトル横に*印がある頁は性的、暴力的描写を含みますので、お気を付け下さい。 此方の作品は、作者の妄想によるフィクションであり、実際のものとは一切の関係も御座いません。 また、作者は専門家ではありませんので、間違った解釈等あるかと思います。 異常な性癖をテーマにしたお話の一つとなり、この作品では他者に苦痛を与えることで性的快感を得る異常な男を軸に展開しております。 何でもありな異常性の強いお話になります。 愛なし恋愛要素も皆無、ただ只管に狂った男が欲望の赴くままに好き勝手やらかすヴァイオレンスな内容です。 苦手な方は読まれないことをオススメ致します。 以上のことご理解頂けたらと思います。 2019年12月4日、関東の極道を束ねる任侠の化身とも言える東和会7代目『黄龍皐月』は極道から足を洗って孤児院を開こうと考えていた矢先、身寄りのいない姉妹を落下してきた鉄パイプの束から身代わりになって死んでしまう。 しかし目が覚めると元居た世界とはまた別の見たことがない街に飛ばされていた。 最初は友人のドッキリだと考えていたが時間が経つにつれそうじゃないこと、そしてここが異世界だということに気付く。 想像もしていなかった死後に困っていた皐月は『ホワイトエルフ』と呼ばれる白い肌と髪、そして赤い瞳が特徴的なエルフと『アルマ』と出会う。 アルマは盗っ人から取られた大切なものを取り返すため、サツキは盗っ人から街の情報を聞き出すために共に行動を始めたのだ。 これは任侠を重んじる1人の極道が、1人のエルフの少女のために異世界で我が道を行く物語である。 そのカフェは、住宅街でも、大通りでもない、住宅街と大通りの継ぎ目の奥の奥のような場所にあった。 このカフェは、全ての面でイカれていると断言して言えた。 何故ならば。 この店のマスターは、警官二人に銃口を向けられ、パトカーで周囲を封鎖されても、何事もなかったようにカフェに戻ってくる。 この店のホールのチーフは、スカートの中に拳銃(ベレッタ)を仕込んでいる。 この店のキッチンの男は、超能力者らしく、人の心を読むテレパシー、物体を操るサイコキネシスなどを扱った。 そして、自分と同じく、新たにこの店で働くことになったド新人。 かつての魔女狩りの生き残りなんだとぬかす、大空カモメ。 ちなみに事実、魔術を操ることができる。 この店に務めている人間は、自分を除いて誰も彼もがイカれていると思っているが、しかし、ここで起きたことの全ての原因は、この十歳の魔女、大空カモメにあったような、そんな気がしている。 亡くした恋人の影に囚われて生きている小畑 智如(オバタ トモユキ)を、長兄の命令で調べ偵察を始めた志島 淳志(シジマ アツシ)だったが、彼に近付くにつれて段々と惹かれていくのを止められずにいた。 智如の過去を知り、仕事を起ち上げた意味を知り、彼の明紫亜(メシア)への想いを知り、淳志は己の現状に疑問を抱くようになる。 そんな矢先、長兄が明紫亜を監禁する事件が起き、淳志は智如の為にある決断を下すのだった。 【ミオソティス(勿忘草)の伝説】 ある日、ドナウ川の岸辺を騎士と、その恋人が歩いていた。 恋人はその急流の中にある花を見つける。 騎士は恋人のためにその花を摘もうとした。 だが、河の流れは騎士が思うよりも、ずっと激しいもので、花に手が届いたものの、騎士は急流に飲まれていく。 助からない、と悟った騎士は「僕を忘れないで! Vergiss-mein-nicht! )」と叫び、手にした花を岸辺の恋人に投げ、流れに消えてしまった。 恋人はその言葉通りに騎士を生涯忘れず、この花=勿忘草を髪に飾り続けるのだった。 (このお話で出てくる性癖) 【ステノラグニア(筋肉性愛)】 筋肉質な体型への性的嗜好。 *不定期更新。 性描写があります故、高校生含む18歳未満の方は、自己責任に於いて判断をお願い致します。 当方では、如何なる不利益を被られましても責任が取れませんので、予めご理解下さいませ。 タイトル横に*印がある頁は性的描写を含みますので、お気を付け下さい。 此方の作品は、作者の妄想によるフィクションであり、実際のものとは一切の関係も御座いません。 また、作者は専門家ではありませんので、間違った解釈等あるかと思います。 異常な性癖をテーマにしたお話と同シリーズとなりますが、筋肉フェチ程度の軽い嗜好描写となり、異常性は特にありません。 異母兄弟繋がり、世界観が一緒と言うことで、同シリーズになっています。 「あべらちお」と一部連動したお話となります。 ネタバレが含まれてしまうこともあります。 以上のことご理解頂けたらと思います。

次の

漫画「肉祓村(にくそぎむら)」ネタバレ!食人文化が残る村で戦慄の出来事に巻き込まれる高校生!

極道 高校生 ネタバレ

漫画「肉祓村」は電子書籍ストア「ebookJapan」で無料試し読みも可能となっています。 漫画「肉祓村(にくそぎむら)」ネタバレ 都市伝説化された肉祓村の入り口と称される『火穴(ひけつ)』を探す為、樹海を一人歩く主人公の竜。 そんな道中、オカルト研究会で同い年の愛衣と出会う。 ひょんな事から落とし穴に転落した2人…。 運よく転落した先が火穴であった。 肉祓村に辿り着くまでの道中、2人が村へ向かう理由が明かされていく。 愛衣は単純でオカルト研究。 竜は失踪した兄・洋から手紙が届き、肉祓村で待つとメッセージを受け取っていた。 竜と愛衣の目的が明かされた後、肉祓村と称される集落に辿り着く2人。 6年振りの兄弟の再会だったが…!? 和やかな雰囲気が漂う集落。 とても食人文化のある村のようには見えなかった。 子供と無邪気に群れ合う母親。 そして子供が飛びついていくパパが登場。 その姿を見た瞬間…竜に衝撃が走る。 失踪して死んだとも噂されていた実兄、洋の姿があったのだ。 6年ぶりの再会に興奮する竜であったが、洋の姿形をした人物は自身を秋月和樹と名乗る。 竜の探し人とは人違いであると竜に告げていく。 そしてその場を去ろうとした時、彼は竜の肩を叩き小言を呟く…。 『今すぐこの村から出るんだ…りっくん』 竜の事を「りっくん」と呼ぶのは実兄の洋のみ。 この言葉を聞いて秋月和樹を名乗る人物は確実に実兄の洋である確信を得る竜。 しかし、呼び出しておいて人違いだと言う洋に対して腑に落ちない竜。 すると村人が集まってきて竜と愛衣を囲んでいく。 忌まわしい表情をしながら…。 不穏な雰囲気を感じた2人は人を払い除けて逃げる事へ。 今度は村全体を黒い霧が覆う現象。 食人文化が残ると噂される村の秘密が明かされる!? 霧の中からは子供の鳴き声。 声の主は洋が抱きかかえていた娘・椿であった。 そして椿の背後からはゾンビのような異型な人型の化物が刃物を持って襲おうとしていた。 咄嗟に助けた竜は子供を抱きかかえて愛衣と一緒に村中を逃げ回る事へ。 助けを乞うと一つの民家が扉を開けて中に入ってこいと誘導。 間一髪で窮地を脱することに成功する竜達。 竜を助けた人物は木村と名乗り、洋のことを知る人物であった。 彼は洋の事を『裏切り者』であると語っていく。 そして肉祓村の真実も竜達に明かしていく。 表向きでは自殺志願者の集まる村、食人文化の残る村と言われているが、黒い霧が村を覆うと『肉削人(にくそぎびと)』が村を徘徊して生者を求める危険で狂った村であると明かしていく事へ。 そんな中、外にいた肉削人が室内へ侵入しようと試みてくる。 木村は竜達を守る為、一人で窓が破られた音のする方へ。 続いて椿が駄々をこね始めていく…水が飲みたいと…。 騒がれては居場所がバレてしまう為、竜がコップ片手に台所へ。 しかし、そこは木村が吊るされており、肉削人に肉を削がれている悲惨な状況であった。 兄は味方か敵か… 大声をあげてしまい肉削人に気づかれてしまう竜。 すると破れた窓から人影が…洋であった。 洋は肉削人を取り押さえて竜達に月の下に見える高台の塔へ逃げろと伝えていく。 逃げる直前には…。 『椿を…俺の娘を頼む』 そう竜に伝える洋。 竜の姿が見えなくなると、あっさりと肉削人を無効化して何やらお祈りをする洋。 肉削人は外へ出ていき、ニヤリと笑っていく。 その後、洋と合流もして竜達は高台の塔へ到着。 しかし、塔の中へ入ると村人が集合しており、何か儀式の準備がなされていた。 中央にいた面を被る女性・窮奇(きゅうき)に深く頭を下げて、奉人(ぶじん)となる弟を連れてきたと報告する洋。 騙されていたのだ。 儀式も大詰め。 洋が執行人となり竜と愛衣の体を削ごうと名乗り出てくる。 竜や愛衣は椿に捧げる生贄となる様子。 洋が手斧を振りかざす。 すると彼は竜達を縛っていたロープを切っていく事へ。 洋は竜達に椿を村の外に出して欲しいと懇願。 帰り道となる火穴が消えてしまう前に椿を連れて逃げろと伝えていく。 村を裏切った者として捕らえられる洋。 兄の気持ちを汲み取り、椿・愛衣と共に火穴へ向かう竜。 ゴンドラに乗って火穴までもう一歩…ここでゴンドラの縄が切断されて転落。 竜達の前に合計4人の男女が姿を現してくる。 ここで1巻は幕引き。 漫画「肉祓村(にくそぎむら)」感想 実兄の洋が必死で逃がそうとする娘、椿は村にとってどんな存在なのか…。 そして竜達の前に姿を現す4人の人物達…。 彼らの狙いは…。 謎が謎を呼ぶサスペンスホラーとなっており見所も満載です! 執筆していた時に2巻も配信されていたので読んで内容や感想を記していきたいと思います。

次の