ゼンハイザー momentum true wireless。 「MOMENTUM True Wireless」レビュー⑦〜イヤピースのカスタマイズで音楽環境完成編〜

SENNHEISER MOMENTUM True Wireless 2 音質は良いけどマイク品質は悪い?詳しくレビュー

ゼンハイザー momentum true wireless

泣く子も黙るMOMENTUM、ノイキャンを搭載。 ゼンハイザーの高級イヤホン「Momentum True Wireless」第2世代が登場。 発売はこれからですが、米Gizmodoが1日ほど使ったファーストルックをお届けします。 2018年に発売され、音質の評判がとても高かった初代バージョンからどれだけ進化したのでしょうか? Sennheiser(ゼンハイザー)の完全ワイヤレスイヤホン「MOMENTUM True Wireless」は、2018年の発売から最高のオーディオ体験を提供してきました。 しかしこの1年半の間で、AppleはAirPods Proを投入し、アクティノイズキャンセルと汗耐性の性能をレベルを上げ、プレミアムイヤホン市場の競合環境は激化しています。 ゼンハイザーも負けじと次期バージョン「」を発表しました。 今回の特徴は、初代MOMENTUMでも人気だったパッシブノイズ減衰性能(耳の穴にフィットするイヤーチップがノイズを減衰させる仕組み)に加え、 アクティノイズキャンセリングが搭載。 から大きく進化しています。 ベース性能がアップ MOMENTUM True Wireless 2は7mmのダイナミックドライバーを搭載し、Bluetooth 5. 1およびQualcommのaptXによって最高の接続性と音質を実現。 iOS、Android用のSennheiser Smart Controlアプリ、もしくはイヤホンをタッチすることで、アクティブノイズキャンセリングモードや外部音取り込みモードを切り替えられます。 さらに前世代より2mmも小さくなっています。 またイヤホン本体のバッテリーを4時間から7時間に延長。 充電ケースと合計すれば、28時間のバッテリー寿命になります。 音質は依然として最高。 しかし耳にはまだ大きい… Image: ゼンハイザーは第2世代のMOMENTUMイヤフォンで、2mmサイズダウンを実現するも、競合製品よりはまだ大きい。 音質は素晴らしいですね。 イヤホンの高音域、中音域、低音域の全域で 優しくクリア、そしてバランスが取れています。 さすがゼンハイザー。 しかし、TVを流しながらFleetwood Mac(ロックバンド)を聞いたり、混みあうロサンゼルスを散歩したときにアクティブノイズキャンセル機能を試してみましたが、 違いはよくわからず。 もっと広範囲にテストする必要があります。 外部音取り込みモードは良い感じで、車を追い越す音がよく聞こえました。 そして2mm小さくなったとは言え、MOMENTUM 2はまだ自分の耳には大きいようです。 耳から完全に突き出ているようで、JabraのElite 75tを装着した後は、より違和感を感じます。 あと初代と同じIPX4レベルの耐水性能だけではなく、汗耐性まであればよかったですね。 サイズはさておき、数時間音楽を聞いて20分の電話した限りはとても快適に着用できました。 ゼンハイザーは、耳にフィットするようにカスタマイズするための4つの方法を提供しているので、多くの人にアピールできるはずです。 AirPodsキラーではなく、音質派へのベストな回答か Image: 全体で28時間のバッテリー寿命(イヤホン単体で7時間、ケースの充電すれば、3回イヤホンに充電可能) 初代と同様、アプリでカスタマイズ可能なタッチパッドコントロール、さらにGoogle アシスタントとSiriの音声アシスタントが使えます(AndroidとiOSのどちらを使用するかによって異なります)。 今回のテストでは、タッチコントロールは少し敏感で、イヤホンを耳に装着するだけで誤ってSiriを呼び出し続けてしまいまました。 MOMENTUM 2は、AirPodsユーザーを取り込むというよりも、 オーディオ信者のための反復的なアップデートのように思えます。 299ユーロ(約3万6000円)という価格で、今や他にも競合製品で沢山の選択肢があるなか、ゼンハイザーのイヤホンは散財に値するほど完璧でないといけません。 今回は1日限りの使用でのインプレッションでしたが、いずれ完全レビューもお届けしたいと思います。

次の

ゼンハイザー MOMENTUM True Wireless 2のイヤーピースをコンプライに交換してから調子いいのでその報告とかとか

ゼンハイザー momentum true wireless

イヤピースのカスタマイズで「ワイヤレス最強音」獲得を目指す! ゼンハイザーが送り出した完全ワイヤレスイヤホン「MOMENTUM True Wireless」。 納得の音を手に入れるまでの道のりを,ここまで連載してきました。 本日のブログの最後にまとめてご紹介しますので,興味のある方は是非ともご覧になってみてください。 さて,エージングを重ね,装着方法などを試しながら,ようやくある程度の納得の音を手にしたわけですが,まだまだ不満点はありました。 つまり,このままでは, 「中・高音が強すぎて,長く聴くのには不向き」 「ただ単に中・高音の量が多い,ということではなく,解像度が高すぎて聴き疲れる」 ということです。 ・・・すごくないですか? ワイヤレスなのに, 「解像度が高すぎて困る」なんていう事態が発生すること事態が普通では考えられないことです。 高音のシャリ付きは気になりますが,それ自体がこの聴き疲れの原因ではないんです。 あくまでも「解像度」の問題。 私はこれまで結構な「高音好き」と自称していましたから,そんな私がこのような捉えるくらいですので,この機種,ある意味モンスターといえるかもしれません。 さて,その中・高音を抑えるためには…。 そう,イヤピースのカスタマイズしかありません! SONYのハイブリッドイヤピース,「M〜LL」全部試した! ちなみに,ゼンハイザー付属の純正イヤピースでは,Mサイズだと上記のような感じ,Lサイズだと低音ボワボワで聴くに堪えない…という状況。 そこで望みを託したのが, SONY「EP-EX11」シリーズです。 ゼンハイザーの機種に対応するということを聞き付け,俄然希望が湧いたのには理由があります。 以前にBeatsXのレビューでもご紹介しましたが,BeatsX純正のものよりも,「EP-EX11」のLLサイズの方が満足できる音になったという経緯があったのです。 そこで…。 まずはBeatsX用に手元にあった 「LLサイズ」を試すことに。 本体が大きく,耳の中にかなり挿入することになる「MOMENTUM True Wireless」ですが,思いのほかボワつかない音です。 純正のLサイズよりもかなりよく,音が自然に聴こえます。 しかし,このイヤホンの特徴である「中・高音の解像度」が低下気味。 ややくぐもって聴こえるため,「保険」という位置付けにして,他のサイズも試してみることにしました。 ここで,純正とSONYのハイブリッドイヤピースのM,L,LLサイズを並べた写真を掲載しておきます。 実はこのサイズ感が音質に大きな影響を及ぼすことになります。 次に 「Mサイズ」。 純正のMサイズと比較すると,SONYの方が「横幅が短く」「高さがある」ことが,写真から分かりますね。 このイヤピースで聴くと,大体の方向性は同じなのですが,純正のものを装着したときよりも「低音がやや少なく」「すっきりした音」になります。 しかし,ただでさえすっきりしすぎて解像度が高過ぎなわけですので,期待とは逆の方向にシフトしたということ。 もっと低音を増やし,量感を出したいわけですので,この時点で, 「MOMENTUM True Wirelessの低音を出すためには,高さではなく,横幅が必要」 だということが分かりました。 続いて最後の砦 「Lサイズ」。 この時点で,恐らくこのLサイズが「ビンゴ!」なのではないか…という予感がしていました。 だって,Mでは高音側がきつすぎて,LLでは籠もっているわけで…。 そのLLの籠もり方が,救いようがないという感じではなかったため,「中間」と考えると,丁度いいのかなあ…というお気楽なイメージです。 装着して聴いてみると…。 正に一聴して分かる…というレベルで,正に「ビンゴ!」でした。 純正品よりもやや低音が盛られ(それでもやや足りない。 どんだけ高音寄りの設定なんだ!),あれだけきつかった中・高音の張り出しが抑えられてフラットな感じ。 かといって,LLのように解像感が削がれている感覚も全くなしです。 十分以上に解像度が高い音。 これで「完全ワイヤレス」なんて,知らなかったら想像さえしない音です。 いや〜,最後の最後で完全に満足できる音に仕上げることに成功しました。 ここまで粘り強く,ずるずると(?)ことを運んだ自分を褒めてあげたい…?という感じですけ。 圧倒的自己満足感! あなたの耳にはどれが合う? もちろん今回の検証で得られた結果は,「私の耳」においてのみ適応される事項です。 SONYのLサイズの「横幅」が,私の耳穴に丁度よかったのでしょう。 しかし,ここでいえるのは, 「イヤピースをカスタマイズすることで,理想的な音に出会える可能性を本機は有している」 ということです。

次の

【ゼンハイザーMOMENTUM True Wireless 2レビュー】ノイキャンはおまけ程度も本格派の完全ワイヤレスイヤホン!

ゼンハイザー momentum true wireless

泣く子も黙るMOMENTUM、ノイキャンを搭載。 ゼンハイザーの高級イヤホン「Momentum True Wireless」第2世代が登場。 発売はこれからですが、米Gizmodoが1日ほど使ったファーストルックをお届けします。 2018年に発売され、音質の評判がとても高かった初代バージョンからどれだけ進化したのでしょうか? Sennheiser(ゼンハイザー)の完全ワイヤレスイヤホン「MOMENTUM True Wireless」は、2018年の発売から最高のオーディオ体験を提供してきました。 しかしこの1年半の間で、AppleはAirPods Proを投入し、アクティノイズキャンセルと汗耐性の性能をレベルを上げ、プレミアムイヤホン市場の競合環境は激化しています。 ゼンハイザーも負けじと次期バージョン「」を発表しました。 今回の特徴は、初代MOMENTUMでも人気だったパッシブノイズ減衰性能(耳の穴にフィットするイヤーチップがノイズを減衰させる仕組み)に加え、 アクティノイズキャンセリングが搭載。 から大きく進化しています。 ベース性能がアップ MOMENTUM True Wireless 2は7mmのダイナミックドライバーを搭載し、Bluetooth 5. 1およびQualcommのaptXによって最高の接続性と音質を実現。 iOS、Android用のSennheiser Smart Controlアプリ、もしくはイヤホンをタッチすることで、アクティブノイズキャンセリングモードや外部音取り込みモードを切り替えられます。 さらに前世代より2mmも小さくなっています。 またイヤホン本体のバッテリーを4時間から7時間に延長。 充電ケースと合計すれば、28時間のバッテリー寿命になります。 音質は依然として最高。 しかし耳にはまだ大きい… Image: ゼンハイザーは第2世代のMOMENTUMイヤフォンで、2mmサイズダウンを実現するも、競合製品よりはまだ大きい。 音質は素晴らしいですね。 イヤホンの高音域、中音域、低音域の全域で 優しくクリア、そしてバランスが取れています。 さすがゼンハイザー。 しかし、TVを流しながらFleetwood Mac(ロックバンド)を聞いたり、混みあうロサンゼルスを散歩したときにアクティブノイズキャンセル機能を試してみましたが、 違いはよくわからず。 もっと広範囲にテストする必要があります。 外部音取り込みモードは良い感じで、車を追い越す音がよく聞こえました。 そして2mm小さくなったとは言え、MOMENTUM 2はまだ自分の耳には大きいようです。 耳から完全に突き出ているようで、JabraのElite 75tを装着した後は、より違和感を感じます。 あと初代と同じIPX4レベルの耐水性能だけではなく、汗耐性まであればよかったですね。 サイズはさておき、数時間音楽を聞いて20分の電話した限りはとても快適に着用できました。 ゼンハイザーは、耳にフィットするようにカスタマイズするための4つの方法を提供しているので、多くの人にアピールできるはずです。 AirPodsキラーではなく、音質派へのベストな回答か Image: 全体で28時間のバッテリー寿命(イヤホン単体で7時間、ケースの充電すれば、3回イヤホンに充電可能) 初代と同様、アプリでカスタマイズ可能なタッチパッドコントロール、さらにGoogle アシスタントとSiriの音声アシスタントが使えます(AndroidとiOSのどちらを使用するかによって異なります)。 今回のテストでは、タッチコントロールは少し敏感で、イヤホンを耳に装着するだけで誤ってSiriを呼び出し続けてしまいまました。 MOMENTUM 2は、AirPodsユーザーを取り込むというよりも、 オーディオ信者のための反復的なアップデートのように思えます。 299ユーロ(約3万6000円)という価格で、今や他にも競合製品で沢山の選択肢があるなか、ゼンハイザーのイヤホンは散財に値するほど完璧でないといけません。 今回は1日限りの使用でのインプレッションでしたが、いずれ完全レビューもお届けしたいと思います。

次の