薬剤師 婚活パーティー。 No17.薬剤師女子編(前編)|人気職種の女子を攻略せよ【婚活比較ネット】

薬剤師が結婚できない理由は?結婚率と婚活方法も解説!

薬剤師 婚活パーティー

薬剤師の婚活事情 薬剤師の生涯未婚率は「39. また、この「薬剤師の生涯未婚率」」は1965年~2010年にかけて高くなっている傾向があり、「 結婚したいけど結婚ができない人が増えている」ということが一部含まれていることがわかります。 また薬剤師の方が結婚し始める年齢は男性は30代以降から、女性は25歳以降からのが多く結婚し始める傾向が見られます。 そのご年齢以降の方は徐々に結婚されない方が多くなっている傾向があり 、狙うのであれば、男性は35歳以降の方、女性は30代以降の方が良いのではないかと考えられます。 なので、決して薬剤師の方との結婚は難しくはなく、適切な出会い方、アピールが出来れば交際し、やがて結婚まで結びつけることが出来る。 ということが分かります。 では、何故、結婚ができないのか?その理由をわかりやすく下記の「薬剤師が結婚できない理由」にまとめましたのでそちらを御覧下さい。 6万円と、日本の平均年収420万円(民間給与実態統計調査)と比較すると 150万円以上も年収が高い事がわかります。 そのため金銭面だけではなく、お相手に求める容姿・スペック・性格など様々な面で求めるものが高くなってしまい、「最終的に相手が見つからない…。 」と言った傾向が起きていると考えられています。 また、若いうちから年収が高い職業でも有るため、若いうちから充実した生活を送れているため、異性からモテる職種でも有るため、次第に上記のような状態になってしまうのではないかとも思われます。 職場での出会いが少ない 薬剤師の方が働かれている職場は主に調剤薬局となっており、主に医師が処方した薬などを患者様に提供し、服薬指導などを行ったりするお仕事です。 つまり、薬剤師の方が職場において出会う人は「医師」または「同僚」、そして「患者様」なのです。 薬剤師ではない職業、たとえば営業などの場合は、他の企業の受付の方やお取引の方など出会いの可能性は無限大ですが、薬剤師の方は職場以外の方とは殆ど出会いは無縁の職場になっているのです。 また、厚生労働省の調査によると2014年12月31日時点での男女比はなんと4:6と女性が多く占める職場になっているため、女性の方は特に出会いの幅が狭まっていることが言えます。 ということが考えられます。 時間がない 薬剤師の方のお仕事は基本的に店舗勤務であれば、店舗の営業時間に合わせた勤務形態となっております。 そのため時間は9時〜17時頃という時間が一般的ではありますが、ドラックストア・製薬会社・病院に勤めている場合、夜勤や平日勤務といった、時間や曜日などがバラついてしまう方が多いです。 そのため、他の職業の友人や異性などとは休日が合わず、なかなか同僚以外と遊びに行くことが難しいことから「 時間がない」ということが考えられます。 このように、交際が出来ていたとしても、なかなか都合を合わせることが出来ず、破断してしまう。 なんてこともあるも考えられるため、結婚ができない人が増えてしまっているのではないかと思われます。 薬剤師が結婚相手に求める条件 こちらでは、ここまでの内容を踏まえ、それでもそんな薬剤師の方と結婚したい!と思われている方のために、薬剤師の方がどんな人と結婚したいのか?求めている条件について実際のアンケート結果から上位3位まとめましたので下記をご覧ください。 1位:信頼、尊敬できること• 2位:気が合うこと• 3位:価値観が近いこと このように、上記ご覧頂いても分かるかと思いますが、 薬剤師の方はお相手に、容姿や金銭面ではなくどちらかというと「中身」を重きにおいていることがわかります。 なので、一定の定職に就かれている方であればどなたでもチャンスは有るということが分かりますね。 例えば、「 お子様が生まれた際に、幼い頃は多くの病気にかかるかと思いますが、その際に素早く適切な処置実施してくれる。 」と、考えると非常に心強い存在に感じませんか? またただ詳しいわけではなく、国家資格を取得しているため、情報に信頼性が有るため、わざわざ病院に行かなくてもある程度のことはその場で知れるのでありがたい存在ですよね。 収入が安定している こちらは前述の「理想が高い」というところでも記載しましたが、薬剤師の方の平均年収は585. 6万円と他の職業の方と比較すると高めであるということがわかります。 また、単に高収入なだけではなく薬剤師は人手不足な業界であるため食いっぱぐれることはないことから、安定した職業として考えられています。 中小企業庁の調べでは「有効求人倍率が高い職業」として2位に「医師、歯科医師、獣医師、 薬剤師」が挙げられえており、その事実は明白であるということが言えます。 参考:中小企業・小規模事業者における人手不足対応研究会とりまとめ~中小企業・小規模事業者人手不足対応ガイドライン~ 社会的評価が高い こちらはやはり「 国家資格」というだけあって社会的評価が高いため、 ご両親からの承諾がもらいやすいことや、周囲からの評判も良くなることがメリットとしてあげられます。 薬剤師と結婚するデメリットは? 病気を移されてしまうリスク 薬剤師の方は、常に病気の患者様と接しているため感染するリスクは一般の方よりも高いです。 そのため、「 病気を患者様に移され持って帰ってくる…。 」なんても事もある可能性があります。 これは医療従事者の方であれば殆んどの方が該当するので、これをデメリットとして取るかはアナタ次第ですが、このような事も考えれらるのは念頭に入れておくと良いでしょう。 休みが合わない可能性がある こちらは「結婚できない理由」にも記載しましたが、やはりシフト制であったりする職場も多いので長期休暇が取れなかったり、休日・祝日のお休みが取れない可能性が多いです。 そのため、 まとまったお休みを取れないので長期での旅行などに家族で足を運ぶなどが難しいことがデメリットとして挙げられます。 薬剤師と結婚を前提に出会うため方法 こちらでは薬剤師の方と結婚したいけど、「友人の紹介」や「合コン」、「リアル(店舗等)でのアプローチ」はしてみたけど、難しかった…。 という方のために、 結婚思考の強い薬剤師の方と出会うためのおすすめの方法をご紹介できればと思います。 薬剤師と出会える結婚相談所 薬剤師と出会える結婚相談所と言えば男女共に出会えるのは「誠心(SEISHIN)」です。 誠心(SEISHIN)は医療関係に従事している男性会員・女性会員が多く在籍しているため、 結婚思考の強い薬剤師の方と出会うにはうってつけの結婚相談所です。 また、薬剤師だけではなく多くの医療関係者の方(お医者様等)とも出会えるので、また違った見識を広げられる素敵な結婚相談所となっております。 こちら誠心(SEISHIN)について詳しく知りたい方は下記のボタンより公式サイトにて資料請求をすることが出来ますので、興味が有る方は是非お問い合わせ下さい。

次の

薬剤師・その他医療系の合コン セッティング・パーティー情報

薬剤師 婚活パーティー

薬剤師の出会いは少ない? 薬剤師の出会いは一般のOLと比較すると少ないと考えられます。 その理由は「」でも記載してありますが、以下のような理由があります。 社内恋愛をするにも、男女比率が女性の方が高い• 職場での出会いが外部とは殆ど無い• 休日が異性と合わないので、合コンやデートが組みづらい• 給料が高いため友達や一人の趣味でも充実してしまう このように薬剤師の方は職場環境が男女比率4:6に対して、外部との出会いがほとんど無く合っても、患者さんしかいないため、お仕事中に生まれる出会いにはほとんど期待ができないということがわかります。 また、社内恋愛という方法もありますが、 Typeの「経験者が語る「社内恋愛」のメリット・デメリット」という調査によると、社内恋愛(交際)をしたことが有るという人は4割弱居ましたが、そのうちの6割以上は別れたと回答しています。 そして更に交際していた人の6割以上は、「交際を社内には隠していた。 」という結果が出ています。 つまり、社内恋愛は選択としてはあり得るのですが、「 隠して付き合う人が多く、その多くは別れている」という結果を見ると、 職場の人との出会いを期待するよりも、外での出会いを積極的にするほうが精神的にも効率がいいのではないかと考えられます。 参考:経験者が語る「社内恋愛」のメリット・デメリット 薬剤師はどんな人にモテる? 薬剤師の方は、正直に言うとどの様な男性からでもモテます。 こちらは男女の婚活における意識調査を行っているアニヴェルセルの調査結果にも出ているのですが、まず男性が女性に求めているものとして「1位:性格の相性、2位:相性、3位:癒やし、4位:家事がこなせること、5位:仕事への理解」という結果が出ています。 この、時点ではどの様な職業に疲れている方でも該当するので、「誰でも性格が良ければモテるのでは?」と思われますが、 薬剤師の方が誰にでもモテる理由としては更に以下のような理由があります。 男性が女性に求める年収は平均300万円• 子供が出来ても働き続けて欲しいという意思を持つ男性が4割以上 という、「 手に職があり、いつでも職場復帰できる女性」が近年では多くの男性に求められているのです。 なので、薬剤師の女性の方はどちらかというと、婚活市場では「 選ぶ側の人間」となるので、敢えて身近な人で妥協する必要は無く、積極的に婚活をし、理想のお相手を探すのも一つの考え方ではないかと思います。 あなたが求めている出会いの状態の中から下記のおすすめの出会い方を参考にしていただければと思います。 薬剤師におすすめの結婚相談所 結婚相談所では、薬剤師の方の婚活に使える時間やお金。 また上記で記載したように、どの様な人も狙えるか?と言った視点からおすすめの結婚相談所をピックアップして紹介します。 更にもっと詳しく知りたい!というかたは「」におすすめの結婚相談所を多く記載しておりますので是非こちらも参考にしていただければと思います。 1位:エン婚活エージェント 一番オススメの結婚相談所はエン婚活エージェントです。 エン婚活エージェントはこちらの「」でも紹介している通り、成婚率・料金共にどの結婚相談所よりも良いため非常におすすめの結婚相談所です。 また、エン婚活エージェントは基本的にオンライン(WEBや電話・メール等)でのアシスタントになるので、わざわざ支店に足を運ぶ必要がないため忙しい薬剤師の方にも利用しやすくおすすめの結婚相談所となっております。 また利用は無料体験から活用することが出来るので、「結婚相談所がどういうものかよくわからない…。 」と不安な方でもまずは無料体験が出来るので安心して活用することが出来ます。 公式サイト: 2位:IBJメンバーズ 次に、おすすめの結婚相談所がIBJメンバーズです。 IBJメンバーズをおすすめする理由は3つあります。 それは 「1. ハイステータスな会員が多い」「3. 会員が6万人以上いる(業界トップクラス)」という3つになります。 上記ご覧頂いても分かるかと思いますが、IBJメンバーズはハイステータスな会員を多く抱えつつ、驚異の成婚率を達成するすることが出来ており、「ハイステータスの方と結婚したい!」と思われている方には非常におすすめの結婚相談所なのです。 また、薬剤師の方は一般の男性よりも年収が高いため「せめて自分より少しでも良いから年収が高い方と結婚したい…。 」と思われている方も少なくはないかと思われますので、そのような方にもぴったりの結婚相談所となっております。 IBJメンバーズでは無料カウンセリングか資料請求をすることでさらに詳細な情報をもらうことが出来ますので、是非下記のリンクより興味が有る方は資料請求または無料カウンセリングのお申込みをしてみて下さい。

次の

薬剤師が結婚できないって本当?おすすめの出会い方・婚活方法まとめ

薬剤師 婚活パーティー

結婚相談所で婚活している薬剤師の割合 (IBJ)には、 日本全国から約6万5千人もの会員が所属しています。 その中で薬剤師はどれくらい在籍しているのか、会員数を調査してまとめてみました。 <全国の「薬剤師」の割合>• 全国の「薬剤師」の数:30万1323人• 8%)• 2%) 参考: <結婚相談所(IBJ)に所属している薬剤師の割合>• 全国の薬剤師会員数:881名• 3%)• 7%) 結婚相談所イノセント調査(2020年2月時点) 約6万5千人所属している日本結婚相談所連盟の中で、 薬剤師の数は男女合わせても881名しかいません。 さらにその中でも男性は特に少なく、179名しか在籍していませんでした。 <全国の薬剤師の割合>を見てもわかるように、薬剤師は女性が多い職業です。 男性薬剤師からすると 学校や職場で女性との出会いが多く、普段女性と過ごす時間も長いということです。 そのためコミュニケーション能力も高く、 そもそも結婚相談所を利用する男性薬剤師が少ないという結果につながっているのだと思います。 そのため、お相手の人柄だけでなく、 家柄も気にしたいという人は、結婚相談所を利用する価値はあるかと思います。 婚活パーティやマッチングアプリでは、 プロフィールで嘘をついてもわからないので、交際後や成婚後に嘘が発覚して破局というトラブルはよくあることです。 薬剤師が結婚相談所を使うデメリット マッチングアプリは無料か、少しのポイント購入だけで利用できますが、 結婚相談所ではある程度まとまった費用が必要です。 また、活動開始までにプロフィールを作成したり、相談所で説明を聞いたり、という 準備が面倒というデメリットもあります。 お金と時間に余裕がある薬剤師の方は、結婚相談所の利用を考えてみても良いかと思います。 薬剤師が婚活パーティを利用するメリット 婚活パーティーでは「国家資格保有者」「医療系職種」など、ターゲットを絞ったパーティーも開催されています。 同じような職種の方と結婚したいとお考えの方は、興味があれば行ってみても良いかと思います。 ただし、 婚活パーティは短期間で多数の人とお話をするので、性格によって合う合わないがあります。 積極的にいろんな人とお話をして、お相手を見つけたいという人には良いかもしれません。 薬剤師が結婚相談所を利用する際のポイント 薬剤師というだけで婚活を有利に進められるのは間違いありませんが、 「薬剤師だからすぐに結婚できるだろう」という考えでいると、足元をすくわれかねません。 薬剤師だからこそ結婚相談所を利用する際にチェックしておきたいポイントをご紹介しておきます。 結婚相談所の定休日は絶対にチェックしておくこと 薬剤師と言っても、調剤薬局やドラッグストアなどいろんなお仕事がありますが、 平日がお休みになっている方は多いのではないでしょうか? そこで重要なのは、 結婚相談所の定休日をチェックすることです。 結婚相談所の定休日には担当者と連絡が取れませんし、もちろん婚活の相談に行くこともできません。 交際するまではお相手と直接連絡が取れないので、定休日にはお見合いをすることもできません。 「お見合いの待ち合わせの当日に電車が遅れて遅刻しそう」など、緊急の連絡は担当者が経由して行うので、 お見合いのセッティングは営業日のみとなっているのです。 「」の記事で詳しくお話していますが、 結婚相談所では「火曜」と「水曜」が定休日になっていることが多いです。 調剤薬局や病院薬剤師勤務の場合、日祝+平日1日休みという人が多いと思いますが、 仕事の休みと結婚相談所の定休日が重ならないように、結婚相談所選びの際は定休日を絶対にチェックしておきましょう。 薬剤師向けの結婚相談所じゃなくても良い 「薬剤師は薬剤師向けの結婚相談所に入会したほうがいいですか?」 という質問もよくいただきますが、私は特に必要ないと考えています。 日本結婚相談所連盟(IBJ)であれば、 どの結婚相談所に入会しても出会える会員は同じです。 もちろん薬剤師専門の結婚相談所がダメと言っているわけではないので、興味がある相談所を見つけたなら、無料相談に行ってみるのも良いかと思います。 ただし、 Google検索で上位表示を狙うために「薬剤師専門」と書いているだけで、 実際のサービスは薬剤師とはほとんど関係ない こともあるので注意してください。 希望条件によっては厳しい婚活になる 薬剤師は、高学歴一家で育った人が多いです。 特に、親や兄弟が医者という人は多いのではないでしょうか? 当然、薬剤師であるご本人も高学歴なので、 結婚相談所でお相手を探すときに、自然と相手にも同じレベルを求めてしまう人が多いようです。 婚活だけではなく、結婚後の生活や子育てについても、 自分が育った環境と同じレベルを求めてしまうことがあります。 「高学歴、高収入、出産後の子育ては英才教育に協力してくれる人」というような条件でお相手を探していると、かなり厳しい婚活になる可能性はあります。 しかも、そのようなハイスペックの会員様は、 ほかの会員様からも人気があるため、そもそもお見合いのチャンスも少なくなってしまいます。 薬剤師という強みはあるので、条件さえ許せば楽に婚活を進めることはできますが、 こだわりが強すぎると厳しいということは知っておきましょう。 薬剤師と結婚するメリット・デメリット 医師や薬剤師などの医療従事者は、結婚相談所で人気のある職業のひとつです。 どうして人気があるのか、 薬剤師の魅力や、婚活を進めるうえでの注意点(デメリット)についてお話しさせていただきます。 薬剤師の収入は高いが伸びしろは少ない 薬剤師は一般的なサラリーマンよりも高収入な職業です。 ただし、医師と違って 収入の伸びしろは少ないのが特徴です。 8万円 全職種の平均給与(男性) 33. 7万円 全職種の平均給与(女性) 24. 7万円 引用: 薬剤師は、30代で年収500万円という人はたくさんいますが、40代や50代で年収1000万円に到達する人は少ないでしょう。 看護師のように夜勤もなく、お医者さんほど給料が高くないということで、公務員に近い働き方になるかもしれません。 薬剤師との結婚は、 将来的に大金持ちになるような可能性は少ないですが、 生涯安定した収入を得られるというのは大きなメリットだと思います。 薬剤師は全国どこでも勤務可能 薬剤師という国家資格は、いわゆる「手に職」があるのと同じです。 資格を持っていれば 全国どこでも勤務可能で、 アルバイトでも高い時給が保証されています。 薬局やドラッグストアなど、いろんな働き方ができるのも薬剤師の魅力ですよね。 ただし、土曜日に出勤、平日が休みなど、 カレンダー通りの休みにならないことが多いのはデメリットかもしれません。 人によっては 「平日休みが取れると混雑が避けられるので嬉しい」という人もいるので、必ずしもマイナスポイントになるわけではありません。 価値観が合わない可能性がある 薬剤師は高学歴一家で育った人が多いため、 一般家庭で育った人と価値観が合わない可能性があります。 「」の記事で詳しく解説していますが、特に 金銭感覚が違うと結婚後に苦労する可能性は非常に高いです。 とはいえ、薬剤師としてしっかり稼げているなら、 ある程度の金銭感覚の違いは収入でカバーできるので、それほど問題にはならないかもしれません。 ほかには、子育てに対する価値観の違いなどもあります。 自分が薬剤師だから、子供にも医療従事者になってほしいと考えていても、相手は「子供には自分で自由に職業を選んでほしい」と考えているかもしれません。 薬剤師の婚活市場価値は高い 薬剤師は婚活市場において、男女問わず非常に価値が高いと言えます。 短大卒でなれる看護師と違い、薬剤師は薬学部に6年(2006年以前は4年)も通わなければいけませんし、 資格取得の難易度も非常に高いので、 「薬剤師=高学歴」とわかりやすいのも特徴です。 給料も良いし、手に職なので安定もしているということで、薬剤師は婚活市場では引く手あまたな職業だと言えるでしょう。

次の