ジーパン コーディネート。 コーディネート詳細

夏のジーパンコーデはシンプルにまとめる!【 レディース編】

ジーパン コーディネート

ジーンズはアメカジスタイルの定番アイテムでもあり、チェックシャツを代表するシャツやTシャツでアメカジスタイルを作ることが出来ますが、 カジュアルなスタイルだけではなく、を合わせることで、カジュアルにキレイめの要素を取り入れることができ、30代40代に相応しい大人のスタイルを作ることも出来るのです。 ですが逆を言えば、30代40代らしさを出すにはジーンズだけでは難しいということになります。 敢えて言えば、ダメージの激しいジーンズ、太めのジーンズよりは、 細身で 清潔感のある、 シルエットの良いジーンズを選ぶとよいでしょう。 また、ジーンズの色も代表的な ネイビーを中心に、 ホワイトジーンズ、 グレージーンズ、 ブラックジーンズ、 ブルージーンズと、定番以外のジーンズを穿きこなすことでコーディネートの幅が広がり、オシャレな印象を与えることが出来ます。 グレーテーラードジャケットにブルージーンズのカジュアルスタイルにボディバッグをさらりと肩掛けスタイル。 清潔感があって身軽な感じが好印象のカジュアルスタイルです。 テーラードジャケットの定番色も、ジーンズと同じ ネイビー、 グレー、 ブラック、そして ベージュです。 テーラードジャケットとジーンズの 安定感のある色の組み合わせは、どちらか一方に明るい色を取り入れる組み合わせです。 ネイビーのテーラードジャケットであれば、ジーンズはグレー、ホワイト、ブルー。 ネイビーのジーンズであれば、テーラードジャケットはグレー、ベージュなどになります。 それではおすすめのテーラードジャケットとジーンズを見ていきましょう。 装飾が少なくシンプルでやり過ぎないヒゲ加工でキレイめに穿けるジーンズなので、ビジネスカジュアルスタイルにもちょうど良く、品よく穿きこなすことが出来ます。 全体的にスリムなシルエットで裾に向かって細身になるテーパードタイプ。 しかもストレッチ性もあって履き心地が良く、ビジネスだけでなくカジュアルなシーンでも活躍してくれるパンツです。 ジーンズ(黒) ジャケパンスタイルでも引き締め効果がありスリムな印象になるブラックデニム。 装飾が少なくシンプルでやり過ぎないヒゲ加工でキレイめに穿けるジーンズなので、ビジネスカジュアルスタイルにもちょうど良く、品よく穿きこなすことが出来ます。 全体的にスリムなシルエットで裾に向かって細身になるテーパードタイプ。 しかもストレッチ性もあって履き心地が良く、ビジネスだけでなくカジュアルなシーンでも活躍してくれるパンツです。 ジーンズ(白) ジャケパンスタイルでもカジュアルでセンスのある大人の雰囲気を作るホワイトデニム。 装飾が少なくシンプルでやり過ぎないヒゲ加工でキレイめに穿けるジーンズなので、ビジネスカジュアルスタイルにもちょうど良く、品よく穿きこなすことが出来ます。 全体的にスリムなシルエットで裾に向かって細身になるテーパードタイプ。 しかもストレッチ性もあって履き心地が良く、ビジネスだけでなくカジュアルなシーンでも活躍してくれるパンツです。 ジーンズ(グレー) ジャケパンスタイルでもカジュアルでセンスのある大人の雰囲気を作るグレーデニム。 装飾が少なくシンプルでやり過ぎないヒゲ加工でキレイめに穿けるジーンズなので、ビジネスカジュアルスタイルにもちょうど良く、品よく穿きこなすことが出来ます。 全体的にスリムなシルエットで裾に向かって細身になるテーパードタイプ。 しかもストレッチ性もあって履き心地が良く、ビジネスだけでなくカジュアルなシーンでも活躍してくれるパンツです。 ジーンズ(ブルー) ジャケパンスタイルでもカジュアルでラフな印象のあるブルーデニム。 装飾やダメージが少なくシンプルでやり過ぎないヒゲ加工でキレイめに穿けるジーンズなので、ビジネスカジュアルスタイルにもちょうど良く、品よく穿きこなすことが出来ます。 全体的にスリムなシルエットで裾に向かって細身になるテーパードタイプ。 しかもストレッチ性もあって履き心地が良く、ビジネスだけでなくカジュアルなシーンでも活躍してくれるパンツです。 ジーンズは穿きやすいだけでなく、年齢を問わずコーディネートもしやすいアイテムなので、ジャケットにジーンズを合わせたジャケパンスタイルなど、 カッコいい仕事の服装スタイルで、仕事効率を上げていきたいですね。 プライバシーポリシー 当店では、お買い物・お問い合わせ・プレゼント応募等のサービスをご利用いただいたお客様の個人情報(住所・氏名・メールアドレスなど)の保護については、最大限注意を払っております。 個人情報は、当社の業務遂行のためにのみ利用し管理しており、官公庁等の公的機関から法律に定める権限に基づく開示を求められた場合以外は、事前の同意なく第三者への開示は致しません。 また、ご購入情報はSSL技術を使って暗号化し保護しています。 返品・交換について 品質には万全を期しておりますが、万が一商品がキズモノだった場合や配送中の破損、誤送等ございましたら、商品到着7日以内に弊社までご連絡下さい。 送料・手数料ともに弊社負担で早急にご対応させて頂きます。 また、ご連絡後7日以内にご返送頂けない場合、返品対応がお受け出来かねますのでご注意下さいませ。 お客様のご都合による返品の場合(サイズ違い・イメージ違い) 返品の送料・事務手数料に関してはお客様のご負担となりますので、ご了承下さい。 また、商品の状態によってはお受けできかねる場合がございます。 詳しくは上記のバナーよりご確認下さい。 お問い合わせについて 株式会社メンズスタイル TEL : 029-839-2674 MAIL : info menz-style. 金曜日17時以降のお問い合わせは翌営業日のご対応となります。 ご了承下さい。

次の

ジーパンのオシャレコーディネート:知って得する3大ポイント

ジーパン コーディネート

5オンスのデニムに身を包み、汗だくになって太ももに張り付きながら過ごすことが心地よいのか? 正解は否だろう。 真夏はショートパンツで軽快な恰好で過ごしたいし、ジーンズなんて履きたくない。 そんな声の方が多いかな。 それでも、 真夏にジーパンを履かなかった年は一度もない。 それは何故なのか? 単純にデニムが 生活の一部になっているから。 自分の人生を振り返っても、デニムに勝るパンツは存在せず、これは今後も変わることは無いと言い切れる。 ジーンズの無い人生などありえない。 基本的に1年の3分の2はデニムを履いて生活してきた分、ジーパンを取り入れないコーディネートなど考えられない。 そうは言っても、夏は暑いしデニムを履くのを躊躇してしまう気持ちも良く理解できる。 今回は夏場に取り入れたいジーパンのコーディネートについて、持論を述べさせていただこう。 日本の夏は異常 真夏の日本列島は想像を絶する暑さに見舞われる。 だからといって仕事をしているわけだから、毎日ショートパンツで過ごせる訳もなく、我慢してパンツを履いて出社している。 私は仕事柄、服装は自由なので上半身はTシャツやポロシャツで出社するが、さすがにショーパンで会社に行くのは許されるはずがないし、そんな勇気も持ち合わせていない。 スラックスでも良いんだけど、個人的にあまり好きではないため結局ジーパンをチョイスする。 すでに『 第2の肌』と呼べるほど体に染みついているからだ。 特に理由なく、暑さに負けて冷静な判断が出来ないだけではないのだ。 そこには真夏でもジーンズをチョイスする具体的な理由があった。 合わせる服を選ばない デニムをチョイスする大きな理由の一つとしては、 合わせる洋服を考えなくて良いことが一番の要因だと思う。 ジーンズほど万能性が高いアイテムは他には無く、特に時間の無い朝などは、まずはデニムを履いてから、上に着る服を考えるのが習慣となっている。 これほど素晴らしい洋服が他にあるだろうか? アスレジャーの勢いに押されているというデータもあるが、 最終的にデニムに勝てるアイテムなど無い。 これが私が30年以上、デニムを履き続けて行きついた結論である。 汚れが目立たない ジーパンは頑丈なのはもちろん、とにかく 汚れを気にする必要が無い。 スーツのスラックスや、明るい5ポケットパンツなどはこうもいかないだろう。 それに比べてジーンズは、汚れなんか気にする必要なく着用することが出来る。 むしろ、汚れが新たな『 味』として深く刻み込まれるのがデニムの特性だったりするのだ。 まったく着て行く場所を考える必要がないため、とりあえず急いでいる朝などはデニムに合わせて飛び出して行ける。 汗をかいても目立たないし、本当に便利なアイテムだ。 生地が厚いから蚊に刺されない 13oz(オンス)や14oz(オンス)など、デニム生地の『厚み』を示す単位を言うが、ジーパンは生地が厚いものが多いのも特徴の一つ。 だから夏場に履きたくないという意見も多いのだが、生地が分厚いことで有益になることも多い。 その一つが夏場に悩まされる『 蚊』の存在だろう。 脚なんか刺された日には、直接掻きたくても掻けないもどかしさで、頭がおかしくなりそうになるくらいだ。 ジーンズであれば、そんな煩わしい思いをする必要もなくなる。 意外にも、夏場にジーパンをコーデに取り入れる理由は、予想以上に多いことが理解していただけると思う。 Tシャツのカラーをグレーに、そして足元のコンバースオールスターも同色のグレーにすることで、トータルで締まったコーディネートになる。 ただ、グレーは夏場は『 汗染み』が目立つため敬遠されがちになるかもしれない。 でも、下に白Tなどで重ね着する等で大分緩和される。 当然、ある程度 引き締まった体形でないとTシャツを着ても様にならない。 それを解消してくれるのも 重ね着が果たす役割の一つになる。 ホワイトデニム メンズでも王道コーデの中心になってきたホワイトデニムに、夏らしくリネンのシャツをチョイスしたコーディネート。 足元はロールアップしてサンダルを合わせる事で、真夏っぽさを演出できるし、シャツのカラーはホワイトと抜群の相性があるネイビーも取り入れたいところ。 いずれにせよ、ホワイトデニムはコーディネートの中心に位置する存在になるため、自分に合った一枚を揃えるようにしておこう。 こちらの記事も参考になると思う。 デニムレギンス アスレジャーが流行ることで、メンズにもデニムレギンスを取り入れたコーディネートが増えてくることが予想出来る。 スウェットデニムなんてものも、最近では取り上げられて来ているし、デニムの着心地が嫌いな人にとっては取り入れやすいアイテムの一つでもある。 スポーティに、ロゴなどを排除した無地Tシャツにデニムレギンス、足元には少しボリュームのあるスニーカーを合わせてみても面白い。 アスレジャーについては、こちらの記事を参照してほしい。 デニムオンデニム デニムにデニムシャツをコーデした、通称『 デニムオンデニム』の着こなしは、オシャレ上級者でないと変なコーデに見えてしまう。 何よりも、上下を同色で合わせてしまうとメリハリが付かず、ただのダサイ人で終わってしまうことが多い。 上下同色でも、オシャレに見せる事は出来るんだけど、合わせ方やサイジングが上手くないと格好良く見えない。 まずは、 リジットデニムに 薄いブルーのデニムシャツをコーデするのが、夏らしくもあり失敗も少ないと思う。 足元はシンプルにオールスターや、VANSのスリッポンなどがコーデしやすいので持っておきたいアイテムの一つになる。 デニムシャツについては、こちらの記事を参照してみてほしい。 スニーカーが気になる人は、こっちもどうぞ ワントーン 胸ポケットTは夏の必須アイテム、毎年定番でもあるし流行に左右されるものでもない。 ワントーンの中でもアイスブルーで上下を統一することで、より夏感が際立つ。 いつものTシャツにデニムという組み合わせでもそれなりに見えてしまう。 足元にはシンプルにホワイトのコンバースを合わせてスタンダードな着こなしを。 そう、スタンダードな着こなしこそ夏の王道コーデでもあるわけだ。 ユルデニム 夏くらいピッタリしたサイズのものを着たくないよ! そんな声が聞こえてきそうなほど日本の夏は蒸し暑い。 ゆったり目のサイズをコーデすることで少し抜けた感じにまとまる。 全体のカラーは少し薄い感じに持っていこう。 カラーコーディネートだけで夏らしくもなるし、全体的なユルさともマッチする。 うだるような暑さの中で少し気の抜いた恰好をしたいときに最適なコーディネート、足元はサンダルなどを合わせる方がより涼しげにまとまるのは言うまでもない。 デニムショーツ デニムショーツであれば、夏場にジーパン履きたくない人でも取り入れられるアイテムだ。 Tシャツ・デニムショーツ・スニーカーなんてスタイルが夏らしさも感じられるし、実際に涼しいしこれ以上ない組み合わせだと思う。 手持ちにある履かなくなったデニムをカットしてしまえば、簡単に手に入るしコーディネートとしておかしくないかを試すにはうってつけの方法だ。 まとめ 夏場にメンズがジーパンを取り入れる必要性が、少しは分かったのではないだろうか? 太ももに張り付くというデメリットはあるものの、着る服を選ばないコーディネートの部分はワードローブが少ない人にとって、これ以上ない選択肢の一つなのではないだろうか。 単純に『暑いから』という理由で、ジーパンをタンスの奥にしまい込むのはひとまず止めておこう。

次の

真夏でもジーパンをコーデに取り入れる理由とは?【メンズ編】

ジーパン コーディネート

スーツと同色のブラウスだからこそ、セットで着たときのしっくり感は絶大。 パイソン柄の足元は、ベーシックなのに、インパクトも持ち合わせた絶妙な存在感。 ややハイウエストにしたテーパードパンツにブラウスをインして、ウエストコンシャスなシルエットを叶えて。 スタンドカラーシャツのボタンを上まで留めてすっきり着こなすことで、古くさいトラッドにならず、ほどよくモードな表情に。 第一印象で信頼を得られる配色でジャケパンを知的に。 襟元、トップスのすそ、バッグ、靴と小さな面積の白を散らし、全体をピリッと引き締めて。 黒のジャケットを羽織れば、シックな大人っぽさも演出できる。 鉄板の黒ジャケットを合わせ、華やかストールをアクセントに。 かっちり雰囲気になじむ、淡色ピンクがおすすめ。 首元をすっきりと見せてくれるノーカラートレンチコートを羽織ってコンサバ風に。 アウターはライトグレーに、インナーはダークグレーのワントーンでまとめてきりっと整った印象に。 レザーの真っ白スニーカーやカゴバッグなど、きれいめアイテムをポイントにすれば、大人カジュアルに仕上がる。 同系のグレーニットを合わせたオールグレーコーディネートにまろやかなブラウンのレザーブルゾンを羽織って大人かっこよく。 肌なじみのいいイエローのチャンキーヒールなら、グレーにもなじんでこなれた雰囲気に。 肩掛けにしたカーディガンの抜け感、シルバーのフレアスカートのツヤ感が、淡い色味のコーディネートを切れ味よく。 大きく胸元が開く女性らしいシルエットのニットに、とろみ素材のショートパンツを合わせて、おしゃれ上級者の余裕を楽しんで。 ネイビーのサッシュベルトでウエストにメリハリをつけると、媚びない女性らしさが生まれる。 カーディガンを1枚で着る〝カーデイチ〟は、清楚感とこなれ感が両立する着こなし。 足元はシルバーのパンプスを合わせて、ほんのり遊び心を忍ばせて。 アフター7にはカーディガンを脱いでヘルシーに。 赤パンプスを合わせれば、「これ見よがし」じゃない女らしさアピールスタイルに。 その分、トップスはダークグリーン&グレーのレイヤードでシックにまとめると上品雰囲気に仕上がる。 ライトグレーのカーディガンを羽織れば、全体が重たくならず、すっきりとまとまる。

次の