自己 紹介 例。 転職面接「自己紹介」の例文と流れ・内容・時間を徹底解説

自己紹介で好印象を!1分間で高感度を上げる自己紹介のポイント|就活市場

自己 紹介 例

自己紹介書とは?今では使われていない? 自己紹介書とは何なのか、基本的な疑問にお答えします。 自己紹介書とは自分の強みをアピールするための書類 自己紹介書とは、履歴書とは別に、新卒採用に応募する 学生が自分の強みをアピールするための応募書類のひとつ。 多くの場合「あなたの魅力をA4 サイズのコピー用紙1枚で教えてください」といった自由記述形式のため、志望動機や自己PR、ガクチカ(学生時代に1番力を入れたこと)、趣味や特技など、 幅広い内容を自由に盛り込むことができます。 自己紹介書が主に新卒採用の就職活動で使われる理由は、 学生には職務経歴書がないこと。 学生には仕事をした経験がないため、転職と違って 職務経歴書で能力や実績についてアピールすることができません。 その代わりに志望動機、自己PRなどを通して 自身の内面や人柄についてアピールする必要があるのです。 自己紹介書とはかつて、履歴書の基本項目だけでは採否の判断が難しいため、より学生のことを深く知るために、 一部のマスコミやクリエイティブ関連の企業が別で提出させていたものだったようです。 現在、 ほとんどの企業では様々な記入項目のあるES(エントリーシート)を使用しており、これは履歴書と自己紹介書どちらの役割も担っています。 ESが使われるようになって以来、 あえて両者を呼び分ける必要がなくなったため、徐々に自己紹介書という言葉も使われなくなりました。 自己紹介書の書き方とポイント【例文つき】 ほとんど使われなくなった自己紹介書ですが、求められた場合の書き方と、書くときに注意すべきポイントを例文つきで解説します。 自己紹介書を書くときのポイント5つ 採用担当者の目に留まるような自己紹介書を書くために、意識すべきポイントを5つ紹介します。 詳しく見ていきましょう。 内容は自由でもアピールを忘れずに 自己紹介書の内容は基本的に自由ですが、あくまでも応募書類のひとつ。 熱意、自分の強みがしっかりと伝わるような題材を選びましょう。 具体的には、 志望動機や将来像、自己PRやガクチカ、趣味や特技などが挙げられます。 ただ事実を述べるのではなく、 「その経験や能力が御社でどのように役立つのか」をアピールしましょう。 応募する企業によって内容を変える 自己紹介書は 志望企業ごとに内容を変えること。 企業によって求める人物像は異なるため、すべて同じ内容ではミスマッチが発生してしまいます。 より効果的な自己紹介書にするためにも、企業ごとに内容を変えましょう。 例えば、以下のようにアピールポイントを変えてみると良いでしょう。 製造業 メーカー の場合は 集中力や体力、責任感の強さをアピール• IT企業の場合は コミュニケーションスキルやロジカル思考をアピール• 商社の場合は 海外経験や営業・管理経験に加え、 体力をアピール イラストや写真を使って見栄えを意識する 自己紹介書は自分を知ってもらうための応募書類。 ただ文章を載せるだけではアピール不足になりがちです。 大勢のライバルと差をつけることができずに、採用担当者の目に留まりにくくなってしまいます。 自己紹介書は自由記述形式なので、 イラストや写真を使って目立つようなデザインやレイアウトにすると効果的です。 それ以外にも、 カラーペンを使って強調したい部分に印をつけるのも良いでしょう。 字数は気にしなくてOK 自己紹介書は「A4サイズのコピー用紙1枚」といった自由記述形式。 デザインやレイアウトに合わせて、 文章のボリュームも自由に調整できます。 「300字以内」などと最初から字数を気にする必要はありません。 イラストや写真を多く使いたいなら、 文章は要点だけに絞りましょう。 一方、あくまで文章で勝負したい場合、長文になって読みづらくならないよう、 段落に分けて見出しをつけると良いでしょう。 必ず下書きをする 自己紹介書は「手書きで郵送」を求められることが多い応募書類。 いきなり本番の用紙に書き始める前に、 必ず下書きをしましょう。 どこにどのくらいの文章を書くのか、イラストや写真はどこに描く・貼るのか、 レイアウトを具体的に決めておくのが安心です。 「手書きで郵送」の場合、パソコン上で編集することができないため、書き損じしてしまうと、 せっかくの大作をはじめから作り直さなくてはいけません。 自己紹介書の例文 自己紹介書はほとんどの場合自由記述形式ですが、よく書かれる内容として、以下のようなものが挙げられます。 それぞれの具体的な書き方を例文とともに紹介します。 志望動機• 自己PR• 特技 すぐに書き始めたい人はテンプレートをダウンロードの上、この記事を参考に各項目を埋めていきましょう。 私は大学時代、アパレルの接客販売のアルバイトをしておりました。 ただ、ネット通販が主流の現在、店舗での売上がなかなか伸びないことに頭を悩ませる毎日でした。 そこで、ネット通販を通して、埋もれてしまった素敵な服を世の中の人にもっと買ってもらいたいと考えるようになり、御社を志望いたしました。 多くのアパレルブランドの中でも、ECサイトやWebマーケティングなどの販売路線の拡大にいち早く取り組んできた貴社の先進性に、大変魅力を感じています。 また、服を好きになったおかげで人生が充実したという自覚があるため、「生活を豊かにする服を世界に届ける」という理念にも大変共感しております。 いち早く貴社に貢献できるよう頑張りますので、よろしくお願いします。 ただ闇雲に自分の強みをアピールするのではなく、企業研究の結果わかった 「求める人物像」にマッチするような内容を盛り込みましょう。 なお、自己PRについては下の「」でも詳しく説明します。 私には人をまとめるリーダーシップがあると自負しております。 私は学生時代、バスケットボール部のリーダーとしてチームを引っ張ってきました。 こまめにミーティングを行うことに加え、一人ひとりのメンバーとの個別ミーティングで不安や悩みがないかヒアリングしてチームのモチベーションを上げる工夫をし、試合での勝率をアップさせることができました。 この経験から、仕事で関わる方々との人間関係を考慮しつつ、問題解決への取り組みを行い、生産性の向上を目指したいと思っております。 「登山」や「スキー」などと、単に趣味を列挙するのではなく、 趣味を通して得たことや学んだことを書くと効果的です。 趣味を仕事に生かせる場合、その場面がイメージできるように書きましょう。 私の趣味は、外国の方向けの観光ボランティアに参加することです。 元々、英語が得意であったため、それを生かしながら外国の方を観光地に案内しています。 また、茶道や書道といった日本の伝統文化を体験できる観光イベントの運営を手伝うこともあります。 その体験から、価値観の違う方とのコミュニケーションの取り方を学ぶことができました。 こうした対人能力や外国語能力、知的探究心を御社でも活かしていきたいと思っています。 特別性や有用性を伝えることを意識してできるだけ具体的に書きましょう。 ただ文章で説明するだけではなく、大会時のスナップや、自分の成果物などの写真があれば、説得力があって効果的です。 私は情報技術の専門学校で学んだITスキルを生かして、質の高いプログラミングを行うことができます。 専門学校で行われたコンテストで1位を獲得した経験もあります。 このスキルは貴社のシステム開発で存分に力を発揮できると考えております。 自己紹介書の役割や他の応募書類との違いとは? 自己紹介書は、履歴書やES(エントリーシート)といった他の応募書類と比べるとどんな違いがあり、またどんな役割を果たすのでしょうか。 詳しく説明していきます。 履歴書 氏名や住所、学歴や資格などの基本項目を記載するものです。 基本的に定型フォーマットがあるため、文字数も限られます。 書類選考時や面接時の資料として面接官からの質問材料に使われます。 新卒採用ではES(エントリーシート)を提出したり、WEB上ですべての情報を記入したりすることも多いですが、独自のESやエントリーフォームを用意していない企業を受ける場合には履歴書を提出します。 一方、 転職では職務経歴書と並んでほぼすべての会社で求められる応募書類です。 ES(エントリーシート) 企業が学生の人柄やポテンシャルを見るために用意する応募書類。 現在の新卒採用では多くの企業が使用しています。 履歴書と自己紹介書の役割を兼ね備えていることが多く、1枚目が基本項目、2枚目以降が志望動機や自己PR、会社に入ってやりたいことといったアピール項目になっています。 フォーマットは企業によってバラバラで、質問内容やボリュームにも差があります。 採用が決まったときの配属の資料として志望職種記入欄が設けられていることもあります。 自己紹介書 履歴書とは別に、自分の魅力や熱意を伝えるために提出する応募書類。 現在ではほとんど使われていません。 履歴書やエントリーシートと違い、志望動機や自己PR、趣味や特技など 内容を自由に設定できます。 書式は「A4サイズのコピー1枚」などと企業から指定されることが多いようです。 【職種別】自己PRの例文とポイント 自己紹介書は、応募する企業や職種によって、自己PRの書き方に違いがあります。 職業別の自己PR文例をみていきましょう。 営業職の場合 私は大学時代に飲食店でアルバイトをしておりました。 シフトに入る際には「一番早く『いらっしゃいませ』を言う」などの小さな目標を設ける習慣を作り、どのようにしたら達成できるか常に試行錯誤しておりました。 その結果として地域の月間MVPを獲得し、バイトリーダーになることができました。 リーダーになってからは後輩への教育方法などに悩むこともありましたが、相手を理解するためにコミュニケーションを欠かさない姿勢を心がけ、多くの後輩と強い信頼関係を築くことに成功しました。 貴社でもコミュニケーションスキルを生かし、営業職として貢献していきたいと考えております。 営業職に応募する場合、 コミュニケーションスキル、課題解決力のアピールが効果的です。 加えて、 実行力や決断力、向上心といったポジティブな姿勢で仕事を進めていく力も評価されやすいでしょう。 マーケティング・企画職の場合 よくコンビニやスーパーでペットボトル飲料を購入し、新商品を試すことも好きな私は、商品企画会議で他のインターン生より多くの企画案を出しました。 なかでも「ハーブティの炭酸飲料」については商品化の検討をしていただくことができ、この経験から現場のニーズを踏まえた上で新商品を生み出すことの楽しさを知りました。 貴社のマーケティング職で新しい販促方法を考える際にもさまざまなアイディアを提案していきたいと考えております。 マーケティング・企画職に応募する場合は、 発想力や企画立案力、企画施策実行後の実績のアピールが効果的です。 また、 マーケティングスキルの高さや販売の現場経験も評価されやすくなります。 クリエイティブ職の場合 学生時代、私はデザイナーを目指してホームページやグラフィックデザインの作品を作ってきました。 最低週に1作品は作成することを目標にし、つくったものはホームページやSNSで積極的にPRしました。 その結果、知り合いを通じて企業やお店からロゴやグッズの制作を依頼していただけました。 自分の感覚だけに頼るのではなく、クライアントにじっくりヒアリングをしてニーズを汲み取り、リピート発注を頂いたこともあります。 この経験から、貴社でもお客様のニーズを的確につかんだデザインを生み出したいと考えております。 クリエイティブ職に応募する場合は 制作に必要なスキル、作品数、クオリティ、経験年数のアピールが効果的です。 また、 売上アップへの取り組みや進行管理の経験などプラスアルファの価値があるとさらに評価されやすくなります。 まとめ 自己紹介書は、履歴書とは別に、自分の強みをアピールするための応募書類のひとつ。 ES(エントリーシート)の登場によって、現在ではほとんど使われなくなっています。 もし自己紹介書の提出を求められても、慌てずに。 今回お伝えしてきた自己紹介書のポイントをきちんと押さえて、応募企業に見合った自己アピールをしていきましょう。

次の

【自己分析の強み一覧】見つけた強みの言い換え例も紹介【簡単】

自己 紹介 例

就職活動の面接では、基本的に冒頭で「自己紹介をどうぞ」と質問されることが多いです。 その際、自己PRとごっちゃになってしまい、どんなことを話せばいいのかわからない人もいるかもしれません。 自己紹介は「面接への入口」にあたります。 そのため、面接を上手く進めていくにはこの 自己紹介がカギを握るのです。 しっかりと紹介ができれば、自分にとって有利に面接を進めることができますが、そうでなければ不利に働くでしょう。 そのため、面接では「つかみ」が重要になります。 自己紹介で面接官の興味を引くことができれば、その後の志望動機といった質問も答えやすくなるはずです。 自己紹介のつかみ次第で面接の展開は変わっていくため、そのテクニックを知っておきましょう。 面接で「自己紹介をどうぞ」と言われた際は、自己PRとなるべく区別しなければなりません。 経歴や特技などは伝えるべきですが、新卒の就活生に関してはそこまで詳しく取り上げなくても問題ないでしょう。 ただし、 PRをメインにして長く話し過ぎるのは逆効果です。 簡単な意気込みを伝えるのはOK 自己紹介で簡単な意気込みなどを伝えるのはOKです。 自己PRなどのように細かなエピソードや情報を盛り込まなくてもよいでしょう。 自己紹介はあくまで「つかみ」であり、経歴などを簡単に伝えることが求められます。 どこまで意気込みを伝えるかは質問の仕方によって異なるため、 面接官に興味を引かせながら次の展開につながるようにしましょう。 最初からアピールしすぎるのは逆効果 面接の自己紹介で最初からアピールし過ぎるのは逆効果です。 あまり長く回答しても面接官にとっては伝わりづらく、印象もあまり良くありません。 また、上述したように質問の意図を理解しているか、コミュニケーション能力あるかが見られているため、アピールばかりだと「質問を理解していない」「聞く耳を持たない」との 悪印象を抱かれかねません。 面接は相手にどう聞こえるかや受け取られるのかも意識しなければいけないため、どんな項目を話すべきか念入りに確認しておきましょう。 自己分析の浅さは、人事に見透かされる 就活で内定を勝ち取るためには、自己分析をして自己理解を深める必要があります。 自己分析を疎かにしていると浅い答えしか浮かばず、説得力のある回答ができません。 そこで活用したいのが、自己分析ツールのです。 My analyticsを使えば、 36の質問に答えるだけで、あなたの強み・特徴を見える化できます。 My analyticsでサクッと自己分析をして、選考を突破しましょう。 自己紹介では、特技や趣味など話のネタを持っておくとよいでしょう。 面接官が興味を持ってくれれば、話が広がるきっかけになるかもしれません。 自己紹介する時は、 趣味や特技についても簡単に盛り込んでみるのがおすすめです。 質問されてもある程度答えられる項目にしておきましょう。 自己分析と並行しながら検討する 自己紹介の内容を考える際は、自己分析と並行して進めてください。 簡単な意気込みなどを伝えるに、自己理解や企業分析が必要だからです。 アピールにつなげるためには、自分にどんな特徴・強みがあるかどうかを理解しておかなければなりません。 しっかりと 自分の強みと企業が求めている人材像との関連性を検証しながら、作業を進めましょう。 自分を一言で紹介するキャッチコピーを作る なかなか高度なテクニックかもしれませんが、タレントのように自分を一言で表せるようなキャッチコピーを作るのも、魅力的な自己紹介になるコツのひとつです。 キャッチコピーがありきたりなものだと、面接官の興味を引くことは難しいかもしれません。 もっと知りたいと思わせるキャッチコピーができれば、その後の面接を有利に進められるでしょう。 抽象的な表現は避ける キャッチフレーズを考える際に注意しておきたいのが、抽象的な表現です。 「協調性がある」、「社交的」などという言葉は、志望者の自己紹介を聞いた面接官が、 相手の感想をメモするときに使う言葉になります。 文字数が短い分インパクトは強いのですが、自己紹介をする側から言うべき言葉ではありません。 自己紹介は、例文のように文章にして書き出して、そのまま丸暗記するという方法をとる人も多いかもしれませんが、伝えたいことを箇条書きにしましょう。 文章をそのまま丸暗記すると、話したときに棒読みのように聞こえてしまいます。 また、途中で忘れてしまったりした場合、リカバリーが難しくなってしまうでしょう。 箇条書きした内容をもとに練習をしておくことで、構成が予定と異なっても 軸がぶれずに自然に話すことができるのです。 60秒程度で話しきれるのが目安 自己紹介では、伝えるべき項目を漏れなく盛り込まなければいけませんが、ダラダラと長い文章は必要ありません。 時間の目安は60秒程度です。 文字数でいうと、 250~300文字がちょうどいいでしょう。 速すぎないスピードでハキハキと話して、60秒程度になるよう調整してください。 ただし、企業によっては時間指定があるので、2分、3分といくつか設定しておくとよいでしょう。 話すスピードや抑揚を意識する 自己紹介では、話すスピードや抑揚を意識してみましょう。 話すスピードが早すぎると、面接官も聞き取りづらいです。 そのため、早口にならないように注意しなければなりません。 また、自己紹介で強調したいポイント、キーワードになるところは抑揚をつけることがポイントです。 話し方に緩急をつけると相手にとっても聞き取りやすいので、ぜひ意識しましょう。

次の

自己紹介で好印象を!1分間で高感度を上げる自己紹介のポイント|就活市場

自己 紹介 例

目次 []• 【自己紹介を1分で】自己紹介は面接の第一印象を左右する まず面接では、身だしなみや立ち振る舞い、マナーをチェックされます。 1分間自己紹介で面接官は、自己紹介の内容だけでなく服装から言葉遣いや礼儀作法までしっかり見ているはずです。 自己紹介をする機会を持つことで、就活生一人ひとりを集中してチェックすることができるのです。 面接官に好感度の高い第一印象を持ってもらうことができれば、その後もスムーズに進みます。 しかしながら最初の時点でマイナスな印象を与えてしまうと、挽回するのが大変になってきます。 1分間自己紹介は、まさに面接の第一印象を左右するといっても過言ではありません。 服装や髪型などの見た目はもちろん、正しい敬語の使い方ができているか、声のトーンや表情に至るまで手抜きはせずに挑みたいものです。 1分間という時間は、あっという間です。 その間にいかに自分をアピールできるかも大切になってきます。 プレゼンテーションに慣れていない人は、面接までの事前準備や練習なども必要です。 なぜ面接に自己紹介は必要? 自己紹介は、まず面接のいの一番で面接官に伝えなければならないものです。 自分の人となりを話すものであり、面接の導入部分になります。 入室した応募者に対して、興味をもってもらうきっかけにもなるものです。 つまり、自己紹介で自分をどのくらい印象付けることができるかが大切です。 では、企業側では、どのような位置づけで自己紹介を求めているのでしょうか。 「どんな人なの?」人柄を見極めるため 面接は、基本的に事前に採用担当者にわたっている履歴書などの書類を参考にして進められていきます。 書類の中にはある程度の情報はつまっていますが、自己紹介をすることで、応募者の人柄を見極めることができます。 自己紹介の内容というよりは、ハキハキとこのような場でも話すことができるか、言葉づかい、表情などといった細かな面まで見ているのです。 明るい笑顔で話している人物は好印象を与えられますし、言葉づかいが美しい人物であればマナーができている人物だと認められたり、育ちのよさをアピールしたりすることができます。 無理に偽る必要はありませんが、自己紹介の内容よりも、好印象を与えられるよう努力しましょう。 本題前のアイスブレーキング 面接は、誰でも緊張するものです。 そもそも面接に限らず、初対面で会う人に対しは、多くの人が緊張するものです。 それは応募者だけでなく、採用担当者も同じです。 初対面の人たちが集まったときに、氷を温めて溶かすように場を和ませて緊張をほぐすことを「アイスブレイク」といいますが、いわゆる面接の自己紹介も、面接の本題に入る前のアイスブレーキングの役割をもっています。 面接の際も、応募者が堅苦しい志望動機や企業への質問に答えていても、当たり障りのない模範解答のような答えしか返すことができなくなってしまいます。 自己紹介を挟むことで緊張をほぐすことができ、少しでも素の自分を出せるようにという意味でも、自己紹介が行われるのです。 意思疎通が測れるか 自己紹介は、基本的に3分程度でまとめなければなりません。 文字数でいうと、だいたい900文字相当が適切です。 あまりにも自分をアピールしたいがために、自己紹介でダラダラと話をするのは、面接においてNGになります。 自己紹介に限りませんが、話が回りくどい人や長い人は、意思疎通がうまく図れないと判断されます。 物事を進めるためには、どのくらいの対話が必要になるかのスキルは大変重要です。 自分が話しておきたいポイントだけを抑えて話すようにすると、3分程度にまとめることができます。 自分の意見や要点だけを伝えることができる意思疎通能力を試されている場と考えて、話が苦手な方は、事前に3分以内におさまるようにまとめて練習しておきましょう。 自分というものの説明を効果的にできているか 自己紹介は、内容が関係ないというわけではありません。 もちろん内容があまりにも印象的なものではないといけないというわけでもありませんし、あくまで面接の前置きですから、印象に強く残るものでもないのです。 しかし、そういう自己紹介だからこそ、興味をもってもらえ、印象に強く残る自己紹介にしたいと思いませんか。 自己紹介する際は、自分の強みを全面アピールするといいでしょう。 事前に自分の強みを自己分析して、探しておくといいでしょう。 これといった強みがない方は、見た目とは違った意外な一面をアピールして伝えるのも効果的です。 たとえば、とてもおとなしそうな女性らしい応募者が、「空手二段を取得していて厳しい練習にも常に目標達成のために努力してきた」などとアピールすれば、意外性に興味をもってもらうことができるでしょう。 自己紹介で話すべき項目 就職面接で自己紹介をするときに、あらかじめ面接官が聞きたい内容を指定してくることがあります。 その一方で、1分間の制限時間を設けられ、すべて自分自身で自己紹介の内容を考えて話さなければいけないケースもあります。 どのようなケースであれ、自信を持って答えられるように事前にしっかりと準備しておきましょう。 あらかじめ自己紹介にベストな項目をチェックし、話す内容を用意しておくと、どのような方法で自己紹介するにしても慌ててしまうことはありません。 氏名・所属大学名 就活生が就職面接で自己紹介をするときには、まず氏名や所属大学名を伝えるようにしましょう。 用意された時間は1分間と言えど、自分の将来を大きく左右する自己紹介となるため、緊張するという方がほとんどです。 しかし、面接官に与える印象が少しでも良くなるように自分の氏名や所属大学名を伝えるときには、明るい笑顔を心がけるのはもちろんのこと、適度な声の大きさで話すことが大切です。 ガクチカ 就職面接でガクチカを質問されることもあります。 ガクチカとは、学生時代に頑張ったことや学生時代に取り組んだことを指します。 それぞれの就活生が学生時代にどんなことを頑張ってきたのかを質問するのは、企業が求めている人物であるかを見極めるためです。 自身が企業にマッチする人材であるということをアピールできるよう、輝かしい実績を残した経験などを伝えると、高評価につながります。 趣味・特技 趣味や特技を自己紹介で伝えることも自分の良さを知ってもらうためのアピールになります。 面接官が興味を持ってくれれば、より明確に自分の良さを知ってもらうこともできるでしょう。 しかし、ここで注意しなければいけないのは、必ず自分が経験した趣味や特技を話すということです。 実際に経験したことのないことを趣味や特技として話してしまうと、万が一、面接官から深く質問された際につじつまが合わなくなってしまいます。 性格 次に性格を伝え、自己PRしてみましょう。 性格を自己紹介で伝えるときには、長々と話す必要はありません。 1分間の短い時間で自己紹介しなければならない場合、一言で自分の性格を伝えたほうが好印象です。 性格について掘り下げた質問をする面接官もいるため、即座に対応できるよう答えを用意しておくと安心です。 面接への意気込み 自己紹介の最後には、面接の意気込みを伝えることを忘れてはいけません。 最後まで気を抜かず、面接への意気込みを自分自身の言葉で伝えることで、誠実さをアピールできるでしょう。 自己紹介を聞いてくれた面接官への感謝の気持ちを忘れず、丁寧に接するはもちろん、笑顔で挨拶することが大切です。 【自己紹介を1分で】1分間で好印象を与える自己紹介のポイント 1分間という枠で自己紹介をする意図は、企業によってもさまざまです。 社会人になると、時間の使い方も重要な課題となります。 1分間でどれだけのことができるのか、就活生の時間に対する観念を知りたいという目的もあるでしょう。 また、1分間で話すためには、伝えたいことを自分なりに整理してまとめる能力も必要となってきます。 仕事をするにあたって、商品説明や人前で発言する機会が多い職種も見られます。 ダラダラとあれもこれも話していたのでは、良いプレゼンはできません。 1分間スピーチにより、応募者の説明能力も見ているのです。 もちろん、声の大きさや表情からも、その人の性格は見て取れます。 いずれにせよ、1分間の自己紹介はただの名乗り行為ではなく、面接官に好印象を持ってもらうための最初に行う重要クリアポイントであるのです。 良い評価を得るためには、「見た目」「内容」「話し方や表情」の3点を意識する必要があります。 面接にふさわしい服装や髪型をすることは当然守るべきマナーの基本です。 自信を持って自分をアピールできる身だしなみをしたうえで、どのように1分間自己紹介をすれば良いのかまとめてみました。 自己紹介で話したいことを書き出す できる限り内容の濃い話を簡潔にまとめて伝えるためには、事前に話すことをまとめておく作業が大切です。 まず自身の話したいことを、ノートに箇条書きにしていきましょう。 たとえば学生時代に頑張ったことや趣味・特技、そして長所などが自己紹介で話すのにふさわしい項目です。 それ以外に、自身の名前や学校名を名乗る時間と簡単なあいさつも加えなければいけません。 それらも含めて1分間なので、要点を押さえて簡潔にギュっと絞らなければならないのです。 自己紹介で話す内容を1つに絞る 話したいことをいくつか箇条書きにしたならば、その中でどれか1つの内容を選びます。 あれもこれもアピールしたくなるかもしれませんが、時間的に無理があります。 また欲張ると結局言いたいことが伝わりにくくなるでしょう。 話す内容は1つに絞ることが、1分間自己紹介を成功させるポイントです。 それではいったいどれを選べば良いのでしょうか。 話す内容のチョイスを失敗しないために把握しておきたいのが、企業の社風や求める人物像です。 受ける企業と何かしらリンクする点がある内容を話したいものです。 たとえば体育会系の社風で営業職を希望するのであれば、アクティブさが感じられるような自己紹介をするのが望ましいでしょう。 それならば学生時代にラグビー部で活躍した話題などを選べば、面接官も「自社にマッチした人材ではないか」と応募者に興味を持つはずです。 また、たくさんの応募者がいる中でいかにインパクトを与えて自分のことを覚えてもらえるかも重要です。 自己紹介では、面接官が「面白いな」と感じるような個性的でユニークな事柄を選ぶのも良いのではないでしょうか。 伝えたいことはキーワードでコンパクトに伝える 自身が明確に伝わるキャッチワードを考えておけば、自己紹介もうまくいきます。 1分間しかないので、長々と説明するよりはわかりやすいキーワードを使用するほうが話がまとまりやすいでしょう。 自分を一言で説明できるようなキャッチフレーズを考えていれば、面接で非常に役立つはずです。 たとえば、「私は聞く耳を持っています」というキャッチコピーは、聞き上手なのはもちろん、コミュニケーション能力や協調性にも長けているイメージにつながります。 「人をハッピーにする笑顔の持ち主です」というような自己紹介も素敵ではないでしょうか。 自分の強みが伝わるキーワードは、自身が日頃話している言葉や作文などに無意識によく使われているものです。 キーワードがわからないという人は、自身の今までの主な体験を書き出してみると良いでしょう。 その中で頻度の高いワードを拾っていきます。 自分を表すキャッチフレーズを見つけることは、自分と向き合い自己分析する良い機会にもなります。 就活をするにあたってぜひしておきたい作業の一つです。 目安は300文字程度 そもそも1分間の自己紹介とは、文字数にすればどれくらいなのでしょうか。 だいたい目安として、300文字くらいを考えておけば良いでしょう。 事前に文章でプレゼンすることをまとめる際には、300文字ほどで書き起こしてみます。 しかしながら実際に声に出して読んでみると、人によって300文字では足りない場合も出てきます。 まとめた文章は一度は必ず読み上げて、実際に何分ほどかかるのか時間を計ってみることが必要です。 足りない場合は、強みをアピールしたい部分について何かしら付け加えていきます。 もちろん、自身の名乗りや締めの挨拶文も入れて1分間なので、それらも含めて文章にまとめておけば安心です。 焦らずゆっくりハキハキと話す 面接では誰しも多かれ少なかれ緊張するものです。 緊張すると、人によっては非常に早口になったりボソボソ小声になったりすることもあります。 しかしながら早口や小声というのは、マイナス評価につながりがちです。 早口では面接官は聞き取りにくくて、せっかくの自己アピールも何を言っているのかわからなくなるケースが多いのです。 またボソボソと小声で話す人は、どこか暗くて内向的なイメージを持たれてしまうことが多いでしょう。 1分間しかないと思うと、ついつい焦ってしまうかもしれません。 しかしながら落ち着いてゆっくり話すほうが良いスピーチができるものです。 事前にタイマーを1分に設置して、落ち着いて話す練習をしておけば当日も同じように話せます。 面接では言葉遣いもチェックされるので、練習のときから正しい敬語を使うように心がけましょう。 また面接官の目をしっかり見て、笑顔でハキハキと話すことも大切です。 面接官は応募者の目の輝きや素敵な笑顔を、高く評価するはずです。 人によっては、「あのー」や「えっと」など余計な前置きや語尾を伸ばす癖がある人もいます。 しかしながらこうした口癖は、面接官にとって聞きづらいだけでなく時間ロスにつながります。 語尾は伸ばさず、ハキハキと喋りたいものです。 【自己紹介を1分で】1分自己紹介の例 具体的に、1分自己紹介の良い事例について見ていきましょう。 結論から話し、少し事例やエピソードも添えながらあいさつへとつなげていくのが理想的です。 事前に整理した内容は、パターンの違う自己紹介2つくらいにまとめて、家族や友人に聞いてもらいましょう。 わかりやすいと評価された自己紹介文を、当日話すようにすれば安心です。 私は神戸の〇〇区の〇〇山の麓です。 小学生のころは、毎朝学校が始まる前に父と弟とその山に登っておりました。 早朝登山をしてから登校しても遅刻したことはなく、担任の先生にも感心されていました。 そのおかげで今でも早起きが非常に得意ですし、足腰も鍛えられて丈夫です。 山に囲まれ自然に触れながら育ちましたので、女性と言えどもたくましく少々のことではへこたれません。 御社は早出出勤があり1日歩き回る仕事とのことですが、早起きが得意で足腰にも自信がある私にはまさにピッタリな仕事ではないかと今からワクワクしております。 入社した暁には男性顔負けの根性で、女性社員ナンバー1になりたいと思っております。 本日はどうぞよろしくお願いいたします。 私の長所は、1度に2つ以上のことを平行してミスなく行える手際の良さや段取り力です。 私は、学生時代は3つアルバイトをかけもちのうえ、部活動もしておりました。 朝は5時起きでカフェのモーニングのアルバイトに入り、講義が終わればアパレル店で接客業をしておりました。 さらに夜は家庭教師をする日もあり、実に目まぐるしい毎日でしたが、講義も休んだことはありません。 段取り良く物事を計画し、仕事においてはスピードアップを心がけてテキパキと行動できます。 複数の事項を同時進行できる力は、御社の仕事でも活かせると思います。 本日はよろしくお願いいたします。 私は、人を楽しませてやる気を起こさせることができる人間です。 学生時代は塾の教師のアルバイトをしていましたが、やはりやる気がない子供も見られます。 そんな子供のモチベーションをいかに上げることができるかが、私にとっての仕事の面白さでもありました。 そこで考えたアイディアは、子供が好きそうなゲームを取り入れての勉強方法でした。 ゲームが好きな子供でしたので、私のやり方にとても関心を持ち一気にやる気が目覚めたのです。 その子供は無事に希望校に合格して、親御さんからも感謝してもらえました。 モチベーションアップを考える力は、御社のチーム営業にも活かせることができると思っております。 よろしくお願いいたします。 」 自己紹介のNG例 ここでは、NGとなる自己紹介の例文を3つご紹介します。 合わせてNGとなる理由もアドバイスしますので、早速チェックしてみましょう。 大学時代には、ラグビー部に所属し、部長としてチームをまとめてきました。 メンバー一人ひとりの気持ちに寄り添い、コミュニケーションを図ることを心がけたことで好成績を収められました。 また、部活や学業以外にもアルバイトでスキルを上げることにも力を入れました。 自分の強みは、根性があるところだと思っています。 本日は、貴重な時間を作っていただきありがとうございます。 この例文は、自分自身のことを一見伝えられているように感じますが、自己PRしすぎてしまい、面接官が求める質問に答えられなくなってしまいます。 自己紹介文を作成する際に大切なことは、面接官が求めている意図や目的を把握することです。 また、これまでの自分の頑張りだけを述べるのではなく、今後仕事でどう活かしていくのかもアピールするといいでしょう。 趣味は読書で特技はピアノです。 長所は、計画性があるところです。 事前にじっくりと計画を立てて行動することを心がけてきました。 御社では営業職に携わり、業績アップに貢献できればと思っております。 本日はよろしくお願いいたします。 この例文では、さまざまな自己PRができていますが、良さを実感できる共通点を見つけられません。 そのため、面接官に大きな印象を残せなくなってしまうでしょう。 自己紹介をするときには具体的に述べ、面接官に「もっとこの就活生のことを知りたい」と思ってもらえるように自己紹介を考えることもポイントです。 大学での勉強はもちろん、アルバイトで自分自身を高めることも努力しました。 飲食店で3年間にわたりアルバイトを続けてきましたが、店長代理に上りつめるほどの売り上げを達成できました。 アルバイトを辞めていく学生が多い中、これだけの長い年数にわたり続けられたことは自身の強みである粘り強さだと思っております。 本日はよろしくお願いいたします。 この例文では、自己紹介というより、ただ学生時代のアルバイト経験について話しているだけになってしまいます。 学生時代にアルバイト経験を通して頑張ったことを伝えるのは間違いではありませんが、面接官が就活生のことを知られるように、就職面接で伝えるべき内容であるかを事前に確認することが大切です。 まとめ 1分間でうまく自己紹介するなんて無理だと苦手意識を持っていた人も、このようにポイントを押さえて準備すれば意外とスムーズにクリアできるものです。 楽しく自己紹介ができれば場も和み、面接官と話しやすくなるというメリットも生まれます。 自分らしい魅力あふれる自己紹介を考えて、内定へとつながるように頑張りましょう。

次の