ポケとる オノノクス。 【ポケとる】メインステージのたまとる情報|ポケしぇん

ヴェルデジャングル

ポケとる オノノクス

ポケとるのUXステージを攻略していきます。 以下、 x,y でマス目を表します。 1,1 は左下、 6,1 は右下、 1,6 は左上、 6,6 は右上です。 --------------- 1,6... 6,6 : : 1,1... 6,1 --------------- ステージUX146:ドクロッグ• タイプ:どく• 手数:15• HP:17500 攻略時のサポートポケモン• メガミュウツーY• ネクロズマ• カプ・テテフ• デオキシス ~アタックフォルム~ おじゃまポケモンか、ブロックを出してきます。 ブロックは一度に5個出してくるのでブロック対策のほうが重要ですね。 ステージUX147:トゲキッス• タイプ:フェアリー• 手数:9• HP:10000 攻略時のサポートポケモン• メガスピアー• ボスゴドラ• ディアルガ• ソルガレオ 初期配置は以下。 9匹のおじゃまポケモン(トゲピー、トゲチック、トゲキッス)と、一部がバリアに覆われています。 嫌な配置です。 そのうえ9手しかないので、のんびりバリアを消してたら手数がもったいないです。 メガスキルアップ最大のスピアーであれば、3匹そろえればメガシンカできるので、指定消去でバリアとおじゃまを一掃できます。 ステージUX148:ヘラクロス• タイプ:むし• 手数:15• HP:19000 攻略時のサポートポケモン• 色違いのメガリザードンX• ホウオウ• レシラム• キュウコン 開始直後にブロック3個。 その後も2ターンごとにブロック3個出してきます。 ほっとくとブロックがどんどん増えていくので、指定消去で消せると楽です。 ステージUX149:オノノクス• タイプ:ドラゴン• 手数:5• HP:1700 攻略時のサポートポケモン なんでもよいです。 パズルステージです。 5手で、ちょうど盤面上部にあるバリアを消し切れば、ブロックが自然消滅して、勝手にコンボしてくれます。 ちょうど5手で消し切るところがポイントです。 たとえば、以下のように動かせばよいです。 キバゴ 1,4 を、 3,4 へ移動 オノンドが 1,4 にくる• オノノクス 2,4 を、 4,4 へ移動 キバゴが 2,4 にくる• オノンド 1,4 を 2,4 へ移動 キバゴが 1,4 にくる• オノノクス 5,4 を、 1,4 へ移動 キバゴが 5,4 にくる• キバゴ 5,4 を 6,4 へ移動 ステージUX150:メガミュウツーY• タイプ:エスパー• 手数:23• HP:23000 攻略時のサポートポケモン• メガカイロス (指定消去2か所)• 色違いのバンギラス (バリアはじき)• オーロット (はじきだす)• イベルタル (ブロック崩し) 第5サポートポケモンとしてエーフィがいます。 メガミュウツーYのおじゃまパターンは2とおり。 ・バリアを2個出す。 ・バリア2個+ブロック8個を出す。 バリア+ブロック同時のおじゃまが、かなり危険です。 特に、盤面上部に出してくる場合があるので、消せるポケモンがなくなってしまう可能性があります。 上記の編成は、コンボをあきらめて、単発火力勝負の編成です。 エーフィがいるので、常にオーロットのはじきだすを狙います。 バリアがある場合は、バリアはじきも狙います。 メガカイロスはブロックもバリアも消せるので、サポート役です。 これで、ラスト一手で倒しました。 (ノーアイテム).

次の

【ポケとる】ステージ149!オノノクス全消しの攻略法

ポケとる オノノクス

伝説以外のポケモン中心で少し紹介させていただきます。 ヒヒダルマ 炎 特性により、「フレアドライブ」が威力156、「いわなだれ」が威力97. 5となる。 ほかにも「ばかぢから」「じしん」「とんぼがえり」などの有用な技が使える。 耐久がいまいちなので、拘りスカーフが今のところ最有力な持ち物。 拘っているなら「フレアドライブ」を読んで耐久力のある水タイプなど 出せば突破しやすいし、「フレアドライブ」や「ばかぢから」で ガンガン耐久が落ちていくので、先制技があれば突破しやすい。 オノノクス 竜 ガブリアスなどと違ってタイプが優秀で4倍弱点がないうえ、 拘りスカーフや「りゅうのまい」と組み合わせた「げきりん」の威力が尋常じゃない。 鋼タイプ以外では半減できないため、受けづらい。 特性かたやぶりなので浮遊特性を持つドータクンにも「地震」を当てることができ 頑丈特性の相手にも「はさみギロチン」を当てることができる。 S97の陽気最速でスカーフを持たせていることも想定するなら、先制して倒すのは 少し難しい。 耐久力自体は決して高くないので、 「げきりん」を耐えて弱点技や強力な技をあてるのがいいかも。 サザンドラ 竜悪 平均的に高めのステータスで、4倍弱点がない。 「りゅうせいぐん」のききづらい鋼に対して「だいもんじ」をうつことができる。 他にも特殊技では「あくのはどう」「なみのり」「きあいだま」「だいちのちから」 物理技では「げきりん」「かみくだく」「じしん」「もろはのずつき」「ストーンエッジ」「とんぼがえり」 補助技でも「でんじは」「ちょうはつ」「リフレクター」など幅広く有用な技を覚える。 オノノクスに抜かれないように最速のものが多い。 スカーフを巻いていることも。 タイプ不一致の弱点技では落ちない程度の耐久力を持っている。 ウルガモス 炎虫 特功特防素早さを同時に上げる「ちょうのまい」が強力で、 「だいもんじ」「むしのさざめき」に抵抗を持たないポケモンはひとたまりもない。 特殊技しか使えない相手に対して「ちょうのまい」を積めれば暴走する。 ボーマンダ、ギャラドス、シャンデラなど、攻撃が通りづらいメジャーポケモンがいるのが残念。 交代で出しづらいところからも、相手にしたくないが自分では使いづらいポケモンかも… シャンデラ 炎霊 強力な特功から繰り出される炎技は強烈。 弱点が多いが抵抗、無効タイプが多く、交代で出しやすい。 そのため、圧力をかけられる拘りアイテムとの相性はなかなか良い。 主な攻撃技は「炎技」「シャドーボール」「サイコキネシス」「エナジーボール」 いずれもサザンドラやヒードランにいまひとつだったりする。 物理アタッカーに対して「おにび」で反撃することもできる。 S80だが、拘りスカーフを持っているものには注意。 エルフーン 草 特性のいたずらごごろで先制で補助技を打てる。 さらに先制で「アンコール」「ちょうはつ」「しびれごな」などの補助技をうったり、 物理アタッカー相手に防御の3段階あがる「コットンガード」で対抗できる。 対策としては「やどりぎのたね」が無効となる草タイプなどのポケモンか、 特性ヘドロ液、草食、マジックガードのポケモンあたりかな。 エルフーン対策が絶対に必要なため、対戦では見せ合いの段階で 相手にプレッシャーをかけられるので、有利に試合を運べる。 ここら辺は変則な戦術をとるヌケニンやLv1の頑丈特性ポケモンに近い。 Lv1ココドラ、Lv1ノズパス、Lv2ダイノーズ 強化された特性頑丈を利用して近作から強化されたやつら。 体力が満タンなら頑丈は何度でも発動するため、 木の実ジュース、貝殻の鈴、痛み分けなどで何度も全回復 されたら対策なしではまず突破できない。 「がむしゃら」や「いたみわけ」に対する対策は少し気をつければ たくさんあるので簡単だったりする。 とりあえずメジャーどころはこんなところでしょうか。 最低限こいつらの対策は考えた上でパーティーを組んだほうがよさそうです。 やたらと炎タイプの強ポケが増えたため、ハッサムが少し使いづらくなった でしょうか。 それでも十分強いですけどね。 前作よりも水タイプがさらに活躍できそうですね。 しかし、草技持ちの炎ポケモンも増えたため ラグラージが少し動きにくくなった気もします。 私は竜舞オノノクス、蝶舞ウルガモス、スカーフヒヒダルマなど全抜きを狙ってくる アタッカーの対策に、拘りスカーフを持たせたスターミーを使っています。 スカーフトリックで進化の奇跡持ちのポケモンなども同時に対策できたりします。 もし参考程度になればうれしいです~ よく話題になる強ポケを挙げてみました。 技も強力で、特にちからずくの補正を受けたフレアドライブは 効果はいまひとつであったとしても1撃で倒されることもあります。 すばやさも低いとはいえないため、対策しないと3タテされることも。 ただ、防御は紙です。 攻撃力の高さのせいで混乱にも苦手です。 ダルマモードは使われていないようです。 かたやぶりのとくせいがあるため、ヌケニンでも止められなかったり、 ふゆうのとくせいを持つポケモンにじしんを当てることもできます。 タイプがドラゴンだけなので、弱点も2つだけとかなり少ないです。 ・ウルガモス むし・ほのおタイプ ほのおのからだ とくこうがかなり高いポケモンです。 このポケモンが使うちょうのまいという技は、 とくこう、とくぼう、すばやさがアップするという高性能な積み技です。 技のレパートリーも豊富で、対策も難しいです。 ・サザンドラ あく・ドラゴンタイプ ふゆう 今回の600族です。 600族ドラゴンでは初の4倍弱点がないポケモンです。 しかし、600族ドラゴンの中では弱点の数が最も多いです。 ラスボスが使うこいつに苦戦した人も多いはず・・・だと思います。 こうげきもとくこうも高く、ぶつりわざととくしゅわざでは 覚える技のタイプもがらりと変わります。

次の

97%の人が1円も使わずホウセキを174こゲットした方法…

ポケとる オノノクス

ポケとるのUXステージを攻略していきます。 以下、 x,y でマス目を表します。 1,1 は左下、 6,1 は右下、 1,6 は左上、 6,6 は右上です。 --------------- 1,6... 6,6 : : 1,1... 6,1 --------------- ステージUX146:ドクロッグ• タイプ:どく• 手数:15• HP:17500 攻略時のサポートポケモン• メガミュウツーY• ネクロズマ• カプ・テテフ• デオキシス ~アタックフォルム~ おじゃまポケモンか、ブロックを出してきます。 ブロックは一度に5個出してくるのでブロック対策のほうが重要ですね。 ステージUX147:トゲキッス• タイプ:フェアリー• 手数:9• HP:10000 攻略時のサポートポケモン• メガスピアー• ボスゴドラ• ディアルガ• ソルガレオ 初期配置は以下。 9匹のおじゃまポケモン(トゲピー、トゲチック、トゲキッス)と、一部がバリアに覆われています。 嫌な配置です。 そのうえ9手しかないので、のんびりバリアを消してたら手数がもったいないです。 メガスキルアップ最大のスピアーであれば、3匹そろえればメガシンカできるので、指定消去でバリアとおじゃまを一掃できます。 ステージUX148:ヘラクロス• タイプ:むし• 手数:15• HP:19000 攻略時のサポートポケモン• 色違いのメガリザードンX• ホウオウ• レシラム• キュウコン 開始直後にブロック3個。 その後も2ターンごとにブロック3個出してきます。 ほっとくとブロックがどんどん増えていくので、指定消去で消せると楽です。 ステージUX149:オノノクス• タイプ:ドラゴン• 手数:5• HP:1700 攻略時のサポートポケモン なんでもよいです。 パズルステージです。 5手で、ちょうど盤面上部にあるバリアを消し切れば、ブロックが自然消滅して、勝手にコンボしてくれます。 ちょうど5手で消し切るところがポイントです。 たとえば、以下のように動かせばよいです。 キバゴ 1,4 を、 3,4 へ移動 オノンドが 1,4 にくる• オノノクス 2,4 を、 4,4 へ移動 キバゴが 2,4 にくる• オノンド 1,4 を 2,4 へ移動 キバゴが 1,4 にくる• オノノクス 5,4 を、 1,4 へ移動 キバゴが 5,4 にくる• キバゴ 5,4 を 6,4 へ移動 ステージUX150:メガミュウツーY• タイプ:エスパー• 手数:23• HP:23000 攻略時のサポートポケモン• メガカイロス (指定消去2か所)• 色違いのバンギラス (バリアはじき)• オーロット (はじきだす)• イベルタル (ブロック崩し) 第5サポートポケモンとしてエーフィがいます。 メガミュウツーYのおじゃまパターンは2とおり。 ・バリアを2個出す。 ・バリア2個+ブロック8個を出す。 バリア+ブロック同時のおじゃまが、かなり危険です。 特に、盤面上部に出してくる場合があるので、消せるポケモンがなくなってしまう可能性があります。 上記の編成は、コンボをあきらめて、単発火力勝負の編成です。 エーフィがいるので、常にオーロットのはじきだすを狙います。 バリアがある場合は、バリアはじきも狙います。 メガカイロスはブロックもバリアも消せるので、サポート役です。 これで、ラスト一手で倒しました。 (ノーアイテム).

次の