ビック バッカー。 【2019 NEW COLOR】BIGBACKER JIG

【比較】ビッグバッカー鰤カスタムと普通のビッグバッカーを見比べてインプレみたいなレビューみたいな【違い】

ビック バッカー

ビッグバッカージグは青物はもちろん、太刀魚やフラットフィッシュ、根魚などマルチ魚種対応メタルジグ!様々な場面で活用しよう! 画像参照: ジャッカル「ビッグバッカージグ」は、青物はもちろんのことマゴチやヒラメなどのフラットフィッシュ、太刀魚、ガシラなどの根魚まで、マルチな魚種に対応しているメタルジグのため、どのような釣りにでも、どのような人にでもマッチするメタルジグと言えます。 ミノーやバイブレーション、ワームとは別に「ビッグバッカージグ」という選択肢を用意しておくことで、抜群な飛距離と抜群なレスポンスを武器に釣りを展開することができるようになるため、タックルケースの中へ一つ忍ばせておくと何かと役に立つことでしょう。 後方重心設計で超飛距離を! 画像参照: ビッグバッカージグはご覧の通り後方重心タイプのメタルジグとなっており、つまり後方へ重心があるために飛行姿勢を崩しにくく、抜群な飛距離を出すことができるようになっています。 また、着水後の沈下スピードも速いため、手返し良く攻めていけるのもプラスポイント。 特に青物狙いの場合、後1mほど飛距離が欲しい・・・という状況下って確実にありますよね?後もう少し飛距離があれば潮目をまたぐことができる。 ナブラまで後1m・・・こんな具合に。 そんなときは、ぶっ飛び性能を保有しているビッグバッカージグの出番ですね アシストフックにはホログラムを採用!リアフックにはトレブルフックが採用されている ビッグバッカージグの使い方 1 ビッグバッカージグの使い所としては、やはり「飛距離が必要な場面」で使うことがおすすめ。 フロント重心に比べるとやはり飛距離が伸びやすい傾向にあるため、その少しの飛距離向上が釣果に好影響を与えます 2 青物狙いの場合、アシストフックの強度を上げておくのも一つの手。 また、青物狙いの場合、トレブルフックは可能な限り外しておきましょう。 ボトムを取った際の根掛りが増えます。 フック強度を上げておくことで、ブリやサワラがヒットしたときのキャッチ率が向上します 3 ビッグバッカージグの使い方は「ワンピッチジャーク」「ジャーク」が基本。 ジャークにて鋭い動きで誘いを掛けることができるようになっているため、底から巻き上げる感じでジャークを入れていきましょう。 青物の活性が高い場合、「ただ巻き」のみでも使えます.

次の

ジャッカル「ビッグバッカージグ」は圧倒時飛距離を武器に青物を狙うことができる!その使い方&編集部評価まとめ!

ビック バッカー

こんにちは、ショアからの青物・ブリのルアー釣りにハマっているHAJIMEです。 僕が 青物釣りのホームとしているのは大阪湾の沖堤防、武庫川一文字、神戸沖堤防 ポートアイランド沖堤防 です。 2017年以前は秋に少し青物のハマチクラスが釣れるぐらいで関西圏で青物を釣るなら淡路島や和歌山方面まで足を伸ばさないとショアからではあまり釣れない魚でした。 それが 2017年の5月から大型のブリクラスが近場の大阪湾で釣れるようになり一気に青物釣りがブーム になったような気がします。 今回は 堤防やテトラ帯のショアから青物 ブリ を狙う際におすすめなルアー8選を紹介 します。 もし巨大ブリがかかってバラシして後悔しないための注意点も解説 どのルアーも実績があり、僕自身もブリを釣り上げたことがあるルアー達なので是非参考にしてみて下さいね。 ビッグバッカー107HW 僕自身が青物を釣る際に一番信頼しているメタルバイブレーションがジャッカルから発売されているビッグバッカー107HWです。 2019年の4月までにこのビッグバッカーで2匹のブリ、1匹のメジロを釣り上げることが出来ました。 ビッグバッカー107HWは35gあり、ショアジギングロッドでも遠投することが可能です。 シーバス用に開発されたルアーではありますが、青物に効果が高く、実績抜群! 秋の青物シーズンになると釣具店からなくなるぐらいの勢いです。 アクションとしては投げて巻くだけという超簡単設計! 巻いてきたときの振動も抵抗がそこそこあり、僕好みなのも使い続けている理由です。 ビッグバッカー128という44gのサイズもありますが、使ってみたところ振動がそこまで強くなかったので僕は使っていません。 ビッグバッカーの欠点を上げるとしたら標準装備されているフックがシーバス用なので、青物のブリ相手だと高確率で伸ばされたり、折れたりしてバラシの可能性があります。 よってフックを太軸のものに交換しておく必要がありますね。 詳しいフックサイズや交換の仕方、インプレは下記の記事にて紹介しています。 高速リトリーブ専用設計となっており、速く巻く方が安定して泳ぎます。 反対にゆっくりと巻くと泳がずまっすぐ帰ってくるだけなので注意。 従来のミノーだとシンキングタイプでもフォールスピードが遅いため、深場を攻略するのが難しかったです。 この ナブラミノーはフォールスピードが速いので、水深のあるエリアでもミノーで攻略することができるようになりました。 フォール中はボディを震わせながら落ちていくのでフォール中でもバイトを誘発出来ます。 メタルバイブとミノーの中間的なルアーですね。 サゴシやサワラ、ブリの実績もあり、飛距離も抜群、標準装備のフックも太軸なので青物ルアーとして持っておいた方がいいでしょう。 セットアッパー125S-DR このルアーもビッグバッカーと同様に 青物釣りではもはや定番となっているダイワのセットアッパー125S-DR マイワシがベイトになっているときはシルエットサイズが同じぐらいになる為、めっぽう強い! 青物を始め、シーバスやタチウオ、サゴシに効果抜群の爆釣ルアーです。 ミノーの弱点であった飛距離をサイレントウエイトオシレートシステムを搭載することによって克服し、 平均飛距離で77m、最大飛距離で79. 5mをたたき出すことに成功しました。 堤防やテトラ帯、磯からでも速く巻いても、ゆっくり巻いても安定したアクションが人気の秘訣です。 ただし、もともとシーバス用に開発されたルアーなので、フックが青物用ではありません。 3フックでフッキング率は高いのですが、ブリクラスの青物になってくると確実に曲げられたり、折られたりします。 運によりますが、リアフック一本がかりのショートバイトだとせっかくかけても釣り上げることが出来ず、悔しい思いをした人は多いはず。 フックはワンワイズ大きめの太軸に交換しておく方が無難。 ただし、フックが大きすぎるとルアーのアクションが悪くなりフック同士が絡まる原因になるので注意が必要です。 ハマチクラスでも堤防から抜き上げると曲がる可能性が高いので、タモ網を使って大事にランディングする方がいいですね。 おすすめ交換フックは がまかつトレブルSP-MH 5 もしくは オーナーのSTX-58 6 コルトスナイパー ロックジャーク 140S シマノのコルトスナイパーシリーズで 磯からの使用を想定して作られたミノーのロックジャーク 140S 「3X BODY」という 通常のシーバスプラグの3倍以上の強度を誇る素材がボディに採用 されています。 飛距離も 「AR-Cシステム」という重心移動システムを採用したことにより、 平均飛距離70. 7mという数字。 貫通ワイヤーを採用したことにより、巨大青物が相手でも、ルアーのフック部分を壊される心配がなくなりました。 ヒラスズキだけでなく、青物用としても十分な強度と性能を兼ね備えたルアーですね。 フックも標準装備で オーナーのSTX-58 2という太軸のフックがついているので交換する必要がありません。 最近出た新しいカラーの狂麟。 この 狂麟カラーは魚の本物の鱗を再現してあるので、より魚へのアピール力が高まりましたね。 一点だと欠点を上げるとしたらセットアッパーに比べたら手前に来た時のスローリトリーブであまりルアーが泳がなくなるぐらいです。 トータル的にみて青物狙いでは必須のミノー。 IP-26アイアンプレート コアマンから出ている メタルバイブレーションがIP-26アイアンプレート。 正直に言うとメタルバイブはジャッカルのビッグバッカーかIP-26があれば他は必要ありません。 他のメーカーも様々な鉄板バイブレーションを開発して発売していますが、釣れるのは間違いなくこの2つです。 「世界で一番飛ぶバイブレーション」をキャッチコピーにしているだけあって飛距離がヤバいです。 飛距離に関しては言えばビッグバッカーより飛びますね。 ビッグバッカーより小ぶりで26gという重さ。 カタクチイワシがベイトになっているときに効果を発揮します。 巻き抵抗はしっかりとしており、超高速早巻きからゆっくり巻いても泳ぐのでバイトチャンスを逃しません。 フックに関してはシーバス用に設計されているため、フッキング率が高い代わりに折れたり、曲がりやすいです。 ショアジギング用の固めのロッドで青物とやり取りすると確実にフックが曲がり、バラシの原因となりますね。 よって フックを太軸に交換しておくことをおすすめします。 おすすめは オーナーのSTX-58 6 VJ-22バイブレーションジグヘッド こちらもコアマンから出ている VJ-22バイブレーションジグヘッド。 シーバスが釣れることで超有名ですよね。 ジグヘッドにワームがついたことで、スレた魚もバイトに持ち込んでしまう微波動が効きます。 今年の4月にVJ-28がリリースされるので楽しみです。 ただ巻きで簡単に釣れてしまい、シーバスのほかチヌや青物、タチウオにも効果的なルアー。 ただしフックに関して言えば、シーバスのショートバイトを掛ける設定のため、小さく刺さり重視で細軸です。 ショアジギタックルで強引に青物とやり取りすると確実にフックが伸びてしまいます。 よってフックは太軸のものに交換しておくことをおすすめします。 ただフックを大きくするとフックがワームに刺さってルアーが泳がなくなったり、泳ぎのバランスが悪くなるので注意。 PB-30パワーブレード こちらもコアマンから出ている PB-30パワーブレード。 スピンテールジグでただ巻きでリアについているブレードが回転し魚アピールします。 30gの自重があるのでロングキャストでき、表層からボトム 底 まで広範囲をサーチするルアーとして活躍してくれます。 コアマンのルアーはシーバス用に作られているため、フックはどれも青物用に太軸に交換する必要が出てくるのですが、ルアーの飛距離からアクションから信頼性が抜群です。 関西圏ではコアマンの代表、泉裕文さんが神戸沖堤防にてパワーブレードでブリを釣り上げられています。 タックルとしては シーバスタックル、PE0. 5号、リーダー10ポンドというめちゃくちゃ細い糸でゲット。 ある程度時間を掛けたら、これだけ細い糸でも釣り上げることができるんですね。 ただし、 青物が釣れるという情報が入ると土日、平日も混雑して釣り人が増えるため、ライトタックルだと堤防際で横に走られトラブルの元となります。 なのでフックをワンサイズ大きく太軸のものに交換しショアジギタックルで一気に寄せてきた方がいいですね。 ワインド マナティー90 オンスタックルデザインから発売されている マナティー90 関西圏ではタチウオを釣る時に定番となっているワインド釣法と呼ばれる釣り方に使うワームです。 「ZZヘッド」と呼ばれジグヘッドとワームの 「マナティー90」をセットすることにより、 左右へのダートで魚に強制的に捕食スイッチを入れる釣り方。 タチウオ狙いで使われている方がほとんどではありますが、この ワインド釣法が青物であるサゴシ、サワラ、ハマチ、メジロ、ブリ、シイラなどにも非常に効果が高いことが実証されています。 僕自身も過去にタチウオ狙いでワインドをしていたら、サゴシやハマチがよく釣れました。 大型青物ブリの実績もあり、メタルジグやメタルバイブ、ミノーを使うアングラーが多い中でのワインド釣法は効果を発揮する場面。 是非一度ワインドで青物を狙ってみて下さい。 ロッドをシャクってワームをダートさせているときに 「ガツン!」とくる青物の引きは病みつきになりますよ。 最後に ショアからの青物におすすめなルアー8選ということで紹介をしてきました。 個人的には青物専用のルアーというより、シーバス用に開発されたルアーを青物に使うほうが堤防やテトラからではマッチしています。 僕のおすすめとしては、まず外せないのが• ビッグバッカー107HW• セットアッパー125S-DR• コルトスナイパー ロックジャーク 140S この3種類のメタルバイブ、ミノープラグを揃えたらまずは大丈夫です。 この3種類を揃えたのち、自分の好みで上記で紹介したルアーを取り入れて行くと青物釣りの幅が広がりますね。 注意点としてシーバス用のルアーを青物に使う時フックの交換は必須です。 「面倒くさいし、フックは交換していなくても大丈夫やろ!」 これだと後から痛い目をみますね。 僕も最初は大丈夫だと思っていましたから 笑 標準フックだと伸ばされてバラしたという人が後を絶たないです。 ショアジギングタックルを使うならフックを太軸のものでワンランク大きなものに交換しておくことをおすすめします。 トレブルフックが好みではない方はシングルフックに交換するのもありですね。 その際、 フックの重量バランスは要確認。 重すぎたり、軽すぎたりするとしっかりとルアーが泳ぎません。

次の

【比較】ビッグバッカー鰤カスタムと普通のビッグバッカーを見比べてインプレみたいなレビューみたいな【違い】

ビック バッカー

ビッグバッカー107のインプレ 僕がビッグバッカーを知ったのは、大阪湾の沖堤防、武庫川一文字のホームページの釣果欄のヒットルアーで見つけたことがきっかけでした! 「 ビッグバッカーって何や?めっちゃくちゃ青物釣れてるやん!」 検索して調べてみるとジャッカルのルアーでした! それ以来一軍ルアーとしてメタルバイブを使うとするならビッグバッカーかコアマンのIP26のみというぐらい信頼しています。 遠投が可能でロッドの反発力をいかして放物線を描くようにキャストすればフックがラインに絡まってエビになる確率も低く、ストレスなく使える鉄板バイブだと思います。 ビッグバッカーの種類 ビッグバッカーにはサイズバリエーションが• 107• 107HW ヘビーウエイトチューン• 128• 鰤カスタム の5種類がラインナップされています。 フィッシングショーでは青物スペックとなっていたものは 「ビッグバッカー鰤カスタム」という名称になりましたね。 この中で僕が主に使っているのが、107と107HWモデルです。 重量は• 107 27g• 107HW 35g 27gはML(ミディアムライト)シーバスロッドで快適に投げれて巻いて来れます。 一方 35gのHWベビーウェイトモデルはショアジギロッドでないと巻き抵抗もありかなり疲れてしまいますね。 その分風が強い時でも遠投でき、沈むスピードも速いので状況によって使い分けています。 128は44gもあり、完全にショアジギングのロッドでないと振り抜いてキャスト出来ません。 投げるにはHクラスのロッドが最適! 巻き抵抗も重いのでシマノだと6000番クラスのリールでないと扱うことは難しいです。 ビッグバッカー128に関しては巻き抵抗が重いと思っていましたが、 一番前のアイに限っては全く振動がなく「スーっと」軽い巻き抵抗でアクションさせることが出来ます。 僕としては128はあまり使い道がないので、重いのを使いたい時は今年発売された ビッグバッカーブリカスタムを使いますね。 42gあり、フックは標準装備で太軸なので大型を狙うには安心です。 2017年は大阪湾で6月頃、巨大ブリの回遊がショアから狙える状況が続き、ブリ祭りになっていました。 2019年の今年も夏から秋とブリの釣果がすごい上がっていますね。 Twitterを見てみるとビッグバッカーで釣れたというツイートも多く、ヒットルアーになっていたのですが、フックを伸ばされてバラしてしまったという話も多く聞きました。 トレブルフックが3点かかっていても伸びていたようです。 かけた魚を確実にランディングする為にも、青物に対してはフック交換を推奨。 パッケージの裏にも青物には太軸フックに交換してくださいと書かれています。 おすすめはOWNER オーナー トリプルフック STX-58 スティンガートリプルエクストラ 6号 塗装が弱い シーバスから青物まで実績の高いビッグバッカーですが勇逸弱点なのは 塗装が弱い所。 歯の鋭い、サゴシ、タチウオにバイトされると一発で表面の塗装が剥がれてボロボロになります。 キャストした時のフック傷や堤防や橋脚にぶつけてもすぐに剥がれてしまいますね。 しかし、表面の塗装が少し剥がれたからと言って釣果にはほとんど影響しません。 鉄が剥き出しになったとしても釣れてしまいますからね 笑 「 でも、こんなに禿げたらアピール力がなくなって釣れなくなりそう!」 そう思いますよね? そこで、新品の状態を出来るだけキープする為に100均に売っている 「トップコート」を使います。 女性が指の爪に使うマニュキアの上に塗り剥がれにくくする為の物ですね。 これをビッグバッカーや塗装の弱いメタルジグに塗るわけです。 一気にべたっと塗るのではなく、2回〜3回に分けて乾かしてからムラなく塗るのがポイント! すると何も塗ってない物と比べて 表面の耐久性がアップします。 3回以上重ね塗りしてしまうと表面の輝きが失われて、キラキラしなくなります。 アピール力が少し落ちてしまうので注意! 本当は専用のウレタン塗料につける方がいいのですが、保存が難しく、すぐに固まるのでコスパが悪いです。 100円で買えるトップコートの方がおすすめですよ! ビッグバッカー107の使い方 スナップをつけるアイは前と後ろにありますが前の方がタイトアクション、後ろにはより幅の広いアクションとなり巻き抵抗が重くなります。 僕はほぼ前のアイを使用して使ってきました! 個人的にはタイトアクションの方が釣果がいいような気がします! ただ巻き 1番釣れる使い方はただ巻きです! 一度、底までフォールさせからのただ巻き。 キャストからのカウントダウンさせて中層、上層とせめるレンジを巻いてくるだけで、ブルブルと振動し、魚にアピールさせることが出来ます。 タチウオは早巻きより振動を竿先で感じれるぐらいのゆっくりとしたスピードがハマるこ多いです。 メタルジグのようにしゃくる必要がないので、しゃくり疲れたらメタルバイブにチェンジして体への負担を減らせますね。 特に青物やタチウオはフォールに反応する個体が多いので、フォールを意識してアクションに取り入れた方が釣果に繋がります! キャストしてボトムまでフォールさせている時バイトすることもあるので、フリーフォールにはせず、ラインを張り、テンションをかけた状態でのフォールでバイトがあれば即フッキング出来るようにしておきましょう! ジャーキング 基本はただ巻きでOKですが、リアクションの要素でジャーキングを入れた方が釣れるパターンがあります。 フラッシングの強いビッグバッカーのカラーではジャーキングを入れるとアクションした時にキラキラと太陽光を反射して高速で逃げる小魚・ベイトフィッシュを演出出来ます。 ビッグバッカー実釣動画 秋の武庫川一文字でビッグバッカー107を使い、サゴシ・タチウオを攻略する動画を撮影しました! この日はサゴシに効果的とされる蛍光色のカラー 「超サゴシスパーク」がハマり、周りが釣れていない状況でも釣果をあげることに成功! 17エクスセンスDCの超ロングキャストでタチウオがまだ残っている深場にルアーを送り届けることが出来たことも釣れた要因です。 釣れるカラーはその日の潮や天候、水の色でも変わってくるので周りで釣っているアングラーがいればマネをしてみましょう! ビッグバッカー107鰤カスタムの実釣インプレをYouTubeにアップしました。 人気ルアーの為、品薄で中々売っていないですが、今後また春の青物シーズン前には入荷されると思いますので常にアンテナを張っておきましょう。 僕は3つほどストックしているので安心です 笑 まとめ ビッグバッカー107のインプレ、使い方について解説してきました! ただ巻きで釣れてしまい、遠投性も抜群のメタルバイブは使いどころが多く、実績も高いので重宝しています。 これから晩秋にかけて活躍してくれること間違いなしのルアーですね。 僕はもし釣れなくてもロングキャストさせるだけで仕事のストレス解消になります 笑 それだけで楽しい! ビッグバッカーシリーズを持って秋本番のドラゴンタチウオ、青物を狙いに行きましょう!.

次の