折り紙 金魚 立体。 折り紙 魚 リアル 簡単

立体折り紙特集!子供と一緒に折れる立体折り紙から難しい星や花束の折り方まで様々紹介

折り紙 金魚 立体

金魚 平面の金魚と立体的な金魚の折り方2種類をご紹介します。 誰でも折れるように詳しく解説しているので、 是非参考にして下さい。 もしわからない部分があれば、遠慮せずにコメントに書き込んでくださいね。 平面の金魚の作り方 1. 半分に折ります。 図のように折って、ひし形にします。 図のように角を上の頂点に合わせるように折ります。 図の点線のように折ります。 図のように少し余白を残して上に折りあげます。 残した部分を折りあげます。 中を開いてひし形にします。 図のように右の角に折り目を入れます。 部の赤線部にはさみで切込みを入れます。 裏側も同様に切込みを入れます。 右の切込みを入れた白い部分を開きます。 内側をのりでくっつければ平面の金魚の完成です。 立体の金魚の作り方 1. 斜めに折り目を入れます。 図のように3つの角から中心に向けて折ります。 裏返して右上と右下を中心に向けて折ります。 点線部が山折りになるように半分に折ります。 半分に折って折り目入れます。 折り目の上半分に切込みを入れます。 開きます。 点線部で折ります。 半分に折ります。 左の三角形の部分を半分に折ります。 さらに半分に折ります。 再び開いて図のように上下から中心の半分くらいまで切込みを入れます。 点線部に折り目を入れます。 内側を開くように折ります。 下も同じように折ります。 戻します。 上下に半分に折ります。 点線部に折り目を入れます。 開いて、左側の折り目を谷折りと山折りを繰り返します。 図の折り目を入れた所を中に入れます。 右の点線部を向こう側に折ります。 図の部分を開きます。 下側も開けば完成です。 あとがき 以上、金魚の2種類の折り方でした。 始めの平面の金魚は誰でも簡単に作れますし、 立体の方の金魚はとても見栄えがよいものが作れます。 l 是非チャレンジしてみてください。 何か分からない所があれば、 コメントしていただけるとお答えします。 また、よろしければ、 コメント欄から写真をアップロードできるので、 綺麗にできたなら写真を載せて頂けると助かります。 >><<.

次の

夏の折り紙。簡単に子供でも7月 8月のかわいい飾りを作れます♪

折り紙 金魚 立体

風船 折り紙の『風船』について、 普通の風船、風船ウサギ、風船金魚の3種類の折り方ついて図解していきます。 どちらも、誰でも作れるように分かりやすく説明しているので、 是非参考にして下さい。 もしわからない部分があれば、遠慮せずにコメントに書き込んでくださいね。 風船の折り方 1. 縦横に山折り、対角線に谷折りに折って折り目をつけます。 折り目に合わせて折りたたみます。 左右の角を上の角に合わせるように折ります。 裏側も同様に折ります。 左右の角を中心に折ります。 裏返して同じように折ります。 図のように赤い線を合わせるように折って折り目をつけます。 折った角を中に差し込みます。 裏側も同様に折ります。 手で全体を開きながら下側から息を吹き込んで膨らませたら風船の完成です。 風船うさぎの作り方 1. 縦横に山折り対角線に谷折りをして折り目をつけます。 折り目に合わせて折りたたみます。 左右の角を中央の角に合わせるように折ります。 左右の角を内側に折ります。 上の角を下に折って折り目をつけて内側に差し込みます。 裏返して左右の角を上の角に合わせて折ります。 左右の角を後ろ側に折り返します。 図のように折ります。 折った箇所をウサギの耳のように中を広げます。 図の箇所から息を吹き込んで膨らませればウサギ風船の完成です。 風船金魚の作り方 1. 縦横に山折り対角線に谷折りをして折り目をつけます。 折り目に合わせて折りたたみます。 左右の角を上の角に合わせるように折ります。 左右の角を中央に合わせるように折ります。 図のように折って折り目をつけて中に差し込みます。 図のように左右の辺を中央の折り目に合わせるように折ります。 白い線が並行になるように点線部で折ります。 図のように左右をのりでくっつけます。 図の箇所から息を吹き込んで膨らませたら風船金魚の完成です。 少しむずかしいですが、正面から見た時顔の部分が三角形になるのを意識して、手で広げながら息を吹き込むのがポイントです。 あとがき 以上、風船、風船ウサギ、風船金魚の3種類の船の折り方でした。 どれも簡単に作ることができ、 遊ぶこともできるので、お子様に喜ばれること間違いなしです。 是非チャレンジしてみてください。 何か分からない所があれば、 コメントしていただけるとお答えします。 また、よろしければ、 コメント欄から写真をアップロードできるので、 綺麗にできたなら写真を載せて頂けると助かります。

次の

立体折り紙特集!子供と一緒に折れる立体折り紙から難しい星や花束の折り方まで様々紹介

折り紙 金魚 立体

DIY 2019. 21 金魚の折り紙の折り方・作り方13選!簡単に作れる立体でリアルなものも 折り紙で作る金魚は、七夕をはじめとする夏の飾りつけに重宝する点で人気があります。 ここでは、簡単なもの、立体的なもの、リアルなものに分けて、金魚の折り方・作り方を紹介しています。 金魚の折り方・作り方を覚えて、たくさん作って飾りましょう。 切り込みを入れない作品もありますが、金魚の折り紙には、尾びれを作るときにハサミで切り込みを入れる作品がいくつかあります。 切り込みを入れる箇所は胴体と尾びれの間の細くなる部分に当たることが多いので、切り込みを入れすぎないこと、尻尾を作るときに紙を無理に折らないことがポイントです。 尾びれが切り落とされてなくならないように、また、折っている途中で尾びれが破れてしまわないように、慎重に尾びれを作りましょう。 金魚の折り紙には尾びれを折る際にひだを広げることや、丸みをもたせる作品が多いです。 また、直線がちな印象の尾びれでも、折る角度が変わると表情が変わります。 より泳いでいるように見える角度を探しながら折ってみましょう。 胸びれに当たる部分も、折る角度によって表情がガラリと変わります。 尻尾の曲げ方などとのバランスを確認しながら、左右の胸びれの角度を変えても面白い作品になります。 お好みの角度を見つけてみるのもいかがでしょうか。 胴体が正方形になっており、本当に簡単なので、慣れている方は小さい紙でたくさん作ると可愛いでしょう。 もちろん折り紙初心者や、小さなお子様でもこの動画を見ると、すぐに作れると思います。 折り方がシンプルな分、尾びれの大きさや目の描き方で表情を出すことができます。 お気に入りの尾びれや目のバランスを見つけてみてはいかがでしょうか。 尾びれを小さくすると、丸くて可愛い印象ですが、尾びれを大きくすると、泳いでいることが強調された印象になります。 尾びれの部分の被せ折りと、胸びれの作り方がポイントです。 尾びれが短く全体的に丸いフォルムが、可愛らしい印象を与えていますね。 尾びれの部分の被せ折りは、紙がずれないようにしっかり重なっている部分を広げて丁寧に折りましょう。 胸びれを折るときも、顔の部分を少し広げると、折りやすいでしょう。 このとき、紙を引っ張りすぎないように慎重に胸びれを折り上げましょう。 尻尾の部分は、角度が急な折り方が多いので、どの部分を起点にして折れば良いかを、よく確かめながら折りましょう。 また、胴体と尾びれの境目は、折り目が広がりやすいので、しっかり曲げて折りましょう。 その後、背中から尾びれのラインが滑らかになるように意識して形を整え、泳いでいるように見えるようにしましょう。 尾びれの部分から折り紙の裏側の色が見えるので、折り紙の表裏を入れ替えると、表情ががらりと変わって面白いです。 柄の入った折り紙と、柄の中に使われている1色の、無地の折り紙を表裏で組み合わせて折ることも、まとまりのある作品になるためおすすめです。 目の部分をしっかり膨らませて、出目金らしさを出しましょう。 目の部分に当たる折り紙の裏側を、黒のペンで色を塗っても、よりリアルに仕上がるのではないでしょうか。 【簡単編】で紹介した「ふうせん金魚」の風船の、三角形に折り込んで端をしまう部分を、胸びれに変化させた作品です。 動画の3分10分あたりは、紙が分厚くなるので折りにくいかもしれません。 動画では、背中の部分を糊付けされていますが、最後に膨らますと背中はくっつくので、糊付けの工程はなくても構いません。 「ふうせん金魚」をマスターしたら、是非ともトライしてみてください。 胴体と尻尾のバランスが、比較的本物の金魚に近く、尻尾が2つに分かれている点が、リアルさを演出しています。 お祭りの金魚すくいの屋台に泳いでいそうな金魚の折り紙ですね! 作る時のポイントは、尻尾を作る時と、その前の中割り折りです。 尻尾を作る時は、最後に尻尾を広げて調整するまで、強く折らない方が美しく仕上がるでしょう。 尻尾を折る前の中割り折りでは、紙の重なりが硬いかもしれないので、丁寧に折りましょう。 この金魚は、尻尾が大きく丸く広がっているところがポイントです。 胸びれだけではなく、背びれも作るため、パーツにこだわりたい方にはおすすめです。 斜めの折り目をきっちり折って、尻尾を大きく広げ、綺麗に仕上がるようにしましょう。 角度の小さい斜めの折り目が多いので少しずつ調整しながら折りましょう。 また、動画の6分20秒前後の三角形を折るところも、三角形の頂点側を意識しながらゆっくり折ると、綺麗に折れるでしょう。 この金魚は、胴体と尻尾の境目を2回の中割り折りで作られていることが特徴です。 そのため、フォルムが比較的、直線的なものになり、すっきりした印象ですね。 胸びれを折るとき、背中のすぐ下から折るのではなく、ヒレの大きさと背中からの距離のバランスをよく考えて折りましょう。 大きい胸びれを作ると、その分胸びれの位置が背中に近づきます。 箸置きの大きさに作ると、サイズがかなりリアルなものになります。 胸びれを折る際は、大変細かくなるので、つまようじなどを用いても良いかもしれません。 箸を置いても自立するように、お腹側のバランスをよく確認しましょう。 ふわっと水中で広がっているような印象を受けますね!この折り紙では、尾びれと胸びれが同じ形に折れると、大変美しくなります。 その点も意識してトライしてみてください。 ふうせん金魚などの立体的な金魚を糸で吊りましょう。 モビールにすると、平面上に置くよりも、泳いでいるような雰囲気が出せて素敵です。 金魚とともに、水草やあぶくのモチーフを用意してもいいかもしれません。 七夕の笹飾りによく使われる網飾りをバックに、金魚を貼ることで、前項で紹介したモビールのように1つ1つ金魚の折り紙を糸で吊らなくても、泳いでいるような雰囲気を出せます。 青や白など水に近い色の折り紙を切って繋げて、金魚の折り紙を貼っていきましょう。 このとき、網飾りをあまり細かく切らないようにしましょう。 金魚が貼りにくくなり、網飾りの折り紙自体も破れやすくなるので、貼る金魚の折り紙とのバランスを見て調整しましょう。 暑中見舞いや残暑見舞いを送る習慣がある方は、金魚の折り紙をハガキに貼ると、気の利いた一枚を書けるのではないでしょうか。 また、普段は暑中見舞いや残暑見舞いを送る習慣がない方も、お気に入りの折り紙で金魚を作った際には、お世話になっている方に是非送ってみてはいかがでしょうか。 金魚の折り紙を飾って涼しげな雰囲気を楽しもう ここまで、金魚の折り方・作り方と、飾り方を紹介しました。 最初は細かいところを折ることが難しい作品もありましたが、折ることに慣れてきたら、和紙やセロハンなど素材を変えて折ることもおすすめです! 日本の夏のモチーフとして親しまれている金魚を、折り紙で折って部屋に飾り、夏らしい雰囲気を楽しんでみてはいかがでしょうか。 もっと夏のモチーフの折り紙を折りたい方は以下のリンクもご覧ください。

次の