初穂料 入れ方。 初穂料ってふくさに入れなきゃダメ?包み方や渡し方はどうすれば?

初穂料は新札でないとダメ?入れ方は?ない時はどうすればいいの?

初穂料 入れ方

「初穂料」• その年に取れた最初の稲穂を神様に奉納したことが語源 「玉串料」• 神主さんがお祓いをするときに使う榊の枝に紙垂(しで)や木綿(ゆう)をつけたものを「玉串」と言う お宮参りのお礼は、こういった 神聖なものの代わりとして納めるものですから、使い古しの汚い紙幣を使うのは避けたいところ。 必ずしも新札でなければならないという決まりはありませんが、新しいお札を用意するほうが、渡すほうも渡されるほうも気分はいいものです。 もし当日までに新札を用意できなかった場合は、手持ちのお札の中できれいなものを選んで納めるようにしましょう。 また、5,000円や1万円という金額を納める場合は、1,000円札を混ぜるのではなく、5,000円札、1万円札を用意するのが一般的です。 スポンサーリンク• 中袋に包む金額を書きます。 普通に「5000円」「1万円」と書いても構いませんが、旧字体を使うのが正式なマナー。 「金 伍仟円」「金 壱萬円」などと書くほうがベターでしょう。 住所や氏名を書く欄は、自分の住所と赤ちゃんの名前を書きます。 先方が確認しやすいよう、無記入ではなくきちんと書き込みましょう。 肝心の お札は入れる向きに注意です。 中袋の表側とお札の表(人物が印刷されている側)を合わせます。 次にお札の肖像画が上に来るように入れます。 表書きは水引の上に 「初穂料」「御初穂料」「玉串料」「御玉串料」と書き、水引の下に赤ちゃんのフルネームを書きます。 読み方が難しい場合は、ふりがなを振るのが親切でしょう。 筆ペンで書くのがベストです。 お札を中袋に入れ表袋で包んだら、下側の折り返しが上になるよう気をつけて畳みます。 のし袋はふくさに包んで持っていくのが望ましいです。 袋を購入したときについていた セロハンの袋に入れて持っていくのは、大人のマナーとして恥ずかしいので、避けてください。 スポンサーリンク.

次の

神社ののし袋の書き方は?初穂料ってどんな意味?お金の入れ方は?

初穂料 入れ方

Contents• 初穂料の書き方 参拝するのは氏神様(産土神)あるいは安産祈願の御利益があるとされる神社などで行います。 お宮参りの際には神社に電話をして予約をするのですが、神社によっては当日予約のみ受け付けているところもあります。 当日予約の場合には、予約の際にお金を支払って完了です。 しかし、当日予約の際にも、前もって初穂料を準備しておくと良いですね。 また、初穂料は神社によって決まっている所と、決まっていないところがあります。 決まっていないところは、電話をした際に聞いてみると良いですね。 のし袋の書き方 神社への謝礼は現金を紅白の蝶結びの水引きの熨斗袋または白封筒に入れます。 そして、神社にしゃれを支払います。 のし袋・白封筒の表書きは、「御初穂料」「御礼」「御神饌料」「御玉串料」などがあり、下段に赤ちゃんの名前を書きます。 読み仮名が難しい場合には、振り仮名を振っておくと良いですね。 お宮参りの初穂料は、熨斗袋に入れるのが最も丁寧なマナーだと言われていますが、混雑を防ぐために、受付する段階で先に現金で納めるシステムをとっているところもあります。 その場合には、逆に熨斗袋で渡すと迷惑になる場合もあるので、前もって電話等で確認するといいですね。 初穂料のお金の封筒への入れ方 現代では、お金の入れ方について、あまり気にされていない神社も増えています。 お札にも表と裏があり、人物がある方が表で、人物がない方が裏です。 のし袋に入れる時にお札の表と裏が必要になってくるので覚えておきましょう。 のし袋と中包み(または中袋)とお札は、表=おもての面が揃うように入れます。 上包みと言う方法は、のし袋の正式な包み方と言われています。 しかし、最近では、中堤をされる方が多いです。 初穂料はだれが払うの? 初穂料を誰が払うのかに決まりはありません。 両親と赤ちゃんだけのお参りのときには、赤ちゃんと一緒にお参りする赤ちゃんの親が出します。 祖父母が同行する場合にも、赤ちゃんの親が出しますが、中には父方・母方のいずれかの祖父が初穂料を出すこともあります。 その時には、遠慮せずに甘えるのも良いかもしれません。 あらかじめ、会食のお金や、神社への初穂料など、誰が支払いをするか話し合って決める家庭も多いです。 スポンサードリンク お宮参りのお祝い金 お宮参りは生後一ヶ月の頃に赤ちゃんの誕生を祝い健やかな成長を祈って近くの神社(氏神様)にお参りする行事です。 出産をすると、いろいろな方から出産祝いをもらいます。 お宮参りにも、お祝い金をいただくことがあります。 祝いのお金・ご祝儀をあげるのは、ごく親しい人だけの場合がほとんどです。 お祝い金の入れ方 ご祝儀の場合と同様に、お金の表側がのし袋の表側に来るようにし、お札の枚数が2枚、3枚…となる場合にはすべてのお札の向きを揃えます。 スポンサードリンク お宮参りのお金のまとめ お宮参りに参拝する際には、初穂料が必要になります。 封筒に包んでいいのか、封筒で包む場合には、どのように名前を書き、どのように包めばいいのかなど、悩んでしまいますね。 また、お宮参りのお祝い金については、親しく、近い間柄の人からもらうことがほとんどです。 初穂料は、赤ちゃんの親が支払いをするのがほとんどですが、祖父母が参加する時には、祖父母が出す場合もあります。 その時には甘えるのもいいかもしれませんね。 分からないことがあれば、お参りする神社に聞くことで、教えてもらえるので、心配することはありません。 心配な時には、しっかりと確認すると良いですね。

次の

お宮参りのお金(初穂料、玉串料)の準備(のし袋)と渡し方の基本

初穂料 入れ方

初穂料とは 初穂料とは、神社で祈祷やお祓いを受けたり、祝詞を上げてもらったりしたときに神社に渡す謝礼金のことです。 「初穂」はその年に初めて収穫された農作物のことで、もともとは米や穀物を奉納していましたが、しだいに野菜や果物なども奉納するようになっていきました。 しかし、時代の流れとともに初穂を奉納できない人が多くなり、初穂の代わりにお金を神社に納めるようになりました。 これが初穂料です。 厄払いや七五三だけでなく、子供が生まれる前の安産祈願や生まれた後のお宮参り、または建物の建設の際に行う地鎮祭など、人々の暮らしのさまざまな場面で神社のお世話になりますが、そういったときにお金はすべて初穂料と呼ぶことができます。 初穂料と玉串料の違い 初穂料と似た言葉に、「玉串料(たまぐしりょう)」というものがあります。 「玉串」は榊の枝に紙垂を結びつけたもので、神様の依代として神主や参拝者が神前に奉納するものです。 初穂料と同様、玉串を用意できない場合に、その代わりとして神社にお金を渡すようになりました。 これが玉串料です。 初穂料も玉串料も、神社に納めるお金という点では共通していますが、異なっている点もあります。 まず、初穂料は先述のとおり、七五三や結婚式などの祝儀、厄払いや地鎮祭などの祈祷でお世話になったことに対する謝礼金です。 また、神社でお守りや御札を購入したときに支払うお金も初穂料と呼ぶこともあります。 これに対し、 玉串料は祝いの儀式や祈祷だけでなく、通夜祭や葬場祭といった不祝儀で神社にお世話になった場合にも奉納します。 初穂料の金額の目安 次に、初穂料のお金について解説していきます。 多くの人が悩みがちなのが、初穂料として包む金額です。 神社で何をするのか、あるいは個人なのか法人なのかによっても金額が異なってきます。 各祈祷やお宮参り、七五三の場合は、個人であれば5千円、法人であれば1万円が相場と言われています。 結婚式は、ホテルや式場で神式の結婚式を挙げる場合は5万円、神社で式を挙げる場合は10万円が相場です。 地鎮祭は、個人宅の場合は2~5万円、企業や団体の場合はそれ以上の金額が必要です。 神社によっては金額を設定しているところもあります。 周囲の人と相談してもわからない場合は、神社に問い合わせてみましょう。 お札を入れる向き お金の包み方ですが、基本的にはのし袋に包みます。 地域によっては白封筒や茶封筒でも構わないという場合もありますが、特に指定がない場合はのし袋を用いるのが望ましいです。 たいていののし袋には中袋がついており、そこに紙幣を入れます。 紙幣を入れるときには、 中袋の表側に対して肖像画の描かれた面が来るようにしましょう。 また、中袋の口側に肖像画の部分が来るように、左側から入れていきます。 新札でなくとも良い? 通常、結婚式などで贈る祝儀袋に包むお金は新札であるのがマナーです。 しかし、 初穂料に関しては、必ずしも新札である必要はありません。 だからといって、シワや汚れだらけのものや、破れた紙幣を入れるのは望ましいことではありません。 ただ、初穂料がもともとその年に初めて収穫した農作物であることから、新札を用意するという人も多いです。 新札を入れようと思ったものの用意ができなかったという場合には、アイロンが役に立ちます。 低温でアイロン掛けすることによって、紙幣を傷めずにシワを伸ばすことができます。 初穂料の「のし袋」の書き方 のし袋を書く前の段階として、のし袋の選び方から確認しておきます。 のし袋は中袋と上包み、そしてそれらを束ねる水引で構成されています。 水引にはさまざまな配色がありますが、祝儀の場合は水引が赤と白のものを選びましょう。 ほかにも金色や銀色を使っているものも祝い事用に使えます。 注意したいのは、黄色と白の水引のものです。 明るい色なので一見祝儀用のようですが、実は葬式などで使うためのものなのです。 もちろん初穂料にも使用できません。 また、水引の結び方も、のし袋を選ぶ上で重要なポイントです。 水引の結び方には、基本的に「結びきり」と「蝶結び」の2つがあります。 結びきりは一度結んだらほどけないということで、一度しか使えません。 したがって、結婚など一度だけでいいような祝い事やお悔やみ事のさいに使います。 一方、蝶結びは繰り返しほどいて結び直すことが可能なので、何度でも繰り返してほしいお祝い事に使われます。 表書きの書き方 まずは、のし袋の上包みに書く「表書き」を書きます。 水引をはさんで上側に「御初穂料(おんはつほりょう)」と書き、下側には祈祷やお祓いを受ける人の名前を書きます。 「御初穂料」以外にも「初穂料」や「御礼」と書く場合もあります。 また、名前はフルネームでも名字だけでもかまいません。 企業や団体の場合は、正式名称と代表者や社長の名前をフルネームで書きます。 また、七五三やお宮参りの場合は、下側は子供の名前を書きます。 厄払いなどと違い、こちらはフルネームで書くのが一般的です。 中袋の書き方 続いて中袋ですが、 表側には包んだ金額を、裏側には祈祷やお祓いを受ける人の住所と氏名を書きます。 たとえば、1万円を入れた場合は、表側に「金壱萬円也」と大字や旧字を用いて書くのが一般的です。 「一」や「二」などと書くと、後から1本線を書き加えて金額を偽るという不正が起こるおそれがあるためです。 どこに書けばいいかわからないという人向けに、あらかじめ住所などを記入するための欄が印刷されているのし袋もあります。 のし袋の裏面は何か書く? 最後にのし袋の裏面ですが、ここには基本的に何も書きません。 必要なことはすべて表側と中袋に書いてしまうからです。 しかし、価格の安いのし袋には中袋がついていないものもあります。 もしそれしか用意できなかった場合は、上包みの裏面に金額と住所、氏名を記載しましょう。

次の