鍋 東京 おすすめ。 東京で痛風鍋が食えるお店は?渋谷や新橋など!場所と時間は?

東京都内でおいしい鍋が楽しめるお店8選!ヘルシー鍋や食べ放題も♪

鍋 東京 おすすめ

東京都内で美味しい鍋料理が頂ける人気のお店をピックアップ。 数多くの雑誌・TVなどのメディアを飾る有名店や、グルメな人たちの口コミで人気を拡大する、個性あふれるお店をセレクトしています。 亀戸升本 (亀戸) 歴史あるお屋敷のような趣ある雰囲気が特徴的な和食店。 フルーティな甘みのある、幻とも言われる希少な亀戸大根を使用した「 亀戸大根あさり鍋(5400円)」が看板メニュー。 鍋料理としては珍しいあさりのダシを麦菜めしにかけて頂くのがオススメの食べ方。 丁寧で控えめな接客も雰囲気がよく、居心地のいい空間を楽しめる。 東京都江東区亀戸4-18-9 四季海岸 (池袋) 60種類以上の材料が煮込まれた 秘伝の火鍋が絶品と評判の中華料理店。 そしてお鍋だけでなく、毎日築地から仕入れる新鮮な魚介を使った料理はなんと100種類以上。 国内の中華料理店ではなかなか味わえない気になるメニューも多く、さながら旅行者気分で楽しめるお店。 店おすすめの「四川麻辣スープ(1680円)」も一度は味わいたいメニュー。 東京都豊島区西池袋1-36-8ロマンスビル 4F しみず (中目黒) 目黒川沿いにある、和の趣を感じる 水炊きの名店。 佐賀県産種鶏から出るコラーゲンたっぷりの鍋料理のほか、名物である「骨付きもも肉のがぶり揚げ」などが人気メニュー。 店自慢の「地鶏水炊き(骨付きぶつ切りもも肉)(2100円)」は骨付きぶつ切りを煮込んだ白濁スープが濃厚。 せせりとつくねの「地鶏赤炊き(2100円)」も同じくおすすめ。 春には店先いっぱいの八重桜も眺めることができ、「花見が出来る居酒屋」としても覚えておきたい。 東京都目黒区中目黒1-10-23リバーサイドテラス 1F 山さき(神楽坂) 東京近海で獲れた天然の魚介や新鮮な野菜を使ってつくる、江戸料理が人気のお店。 基本はコースのみで、厚切りのトロマグロを使用し、ほどよく脂が乗りつつ、出汁が効いたあっさり味の ねぎま鍋がリピーター続出のお店を代表するメニュー。 他にもいくつかのお鍋がコースになっており、お通しメニューからかなりのクオリティです。 東京都新宿区神楽坂4-2 福屋ビル 2F 桜なべ中江(三ノ輪) 創業110年を超える江戸を代表する超老舗で、店舗も有形文化財に指定されている、 桜鍋(馬肉鍋)の名店。 薄くスライスした赤身を、しょうゆベースの甘辛スープで味わうすき焼き風のお味です。 北海道でこのお店の為だけに飼育した馬肉を使った、滋味たっぷりのお鍋をリーズナブルなお値段で頂けるのが特徴です。 桜鍋のお店は都内にいくつかありますが、お湯を通すと肉が固くなりやすい馬肉を美味しく食べれるのは数少ない存在。 トロットロの柔らかい極上肉を、甘みの効いたつけダレで。 初めて訪れる際はやはり、すき焼きを味わいたい。 日本全国から厳選された黒毛和牛を仕入れており、肉質へのこだわりは並々ならぬほど。 東京都中央区日本橋人形町2-9-12 かね萬 (六本木) 落ち着いた小料理屋のような雰囲気の和牛料理店。 あっさり醤油ベースで、シンプルでも王道の美味しさがある もつ鍋が人気で、ジューシーな黒毛和牛のモツと、厳選された野菜の甘みに加え、日本酒のみで煮込まれたスープが絶品。 焼酎も豊富に揃っています。 豚肉、海老、ニラ、椎茸、ホタテ、人参など、具だくさんの「ちゃんこ鍋(1人前2480円)」は手間暇かけたダシに定評があり、締めのラーメンもオススメ。 串焼きや新鮮な刺身、出汁巻き卵などちゃんこ以外のメニューもハイクオリティ。 東京都渋谷区広尾5-4-9 天香回味 本店 (日本橋) 天香回味(テンシャンフェイウェイ)と読む、 薬膳火鍋の専門店。 都内では日本橋のほか銀座、赤坂、二子玉川などで店舗を展開中。 天香スープはスパイシーでカレーのような風味、回味スープはナツメやトウジンなど滋養強壮や美容に良い薬膳スープ。 具材は一つ一つが特徴的な見た目をしていながら、味わいも栄養価も高いものばかり。 初めてでも丁寧に食べ方を教えてくれるので、ご安心を。 東京都中央区日本橋室町1-13-1 蟻月 (恵比寿) 予約がなかなか取れない もつ鍋の有名店。 1階はカウンターで2階は個室。 プルプルな弾力感と脂の旨味が絶品のもつ鍋は醤油、味噌、牛テール、ポン酢、チゲの5種類の味を用意。 「白のもつ鍋」は1200円と価格面もリーズナブル。 まだ美味しいもつ鍋に出会ってない人はこのお店へ。 東京都渋谷区恵比寿2-9-5 ふく竹(東銀座) TV、雑誌などメディアを問わず数多く紹介されている、「明太もつ鍋」が有名な九州料理店。 九州名物の辛子明太子が見事に鍋と融合し、ほんのりした辛さも相まってお箸が止まらない美味しさに。 他にも明太ちゃんこ鍋、明太子のてんぷらなどの明太メニューのほか、長崎直送の地魚や黒豚、馬刺しなどのメニューも充実。 東京都中央区築地4-2-7 フェニックス東銀座 B1F.

次の

東京のもつ鍋特集2020年オススメ10選【実食レポ】

鍋 東京 おすすめ

東京で痛風鍋が食べれるお店はどこ? それでは早速、東京で痛風鍋が食べれるお店をご紹介します。 痛風鍋は、2人前から注文できるところが多いので、お友達と一緒に食べに行きましょう。 【渋谷区】 牡蠣海鮮「かいり」• 場所:東京都渋谷区道玄坂2-6-15鈴井ビル2 F• 営業時間:17時から24時• 定休日: だいたい年中無休 「かいり」さんは、ファミリーOKの魚介料理&鍋のお店。 「かいり」さんには、渋谷区内に姉妹店「 かいり・はなれ」「 串遊海鮮・かいり」があります。 「かいり・はなれ」• 場所:東京都渋谷区宇田川町36-6ワールド宇田川ビル2 F• 定休日:要問い合わせ 完全予約制で、個室っぽい感じです。 「串遊海鮮・かいり」• 場所:東京都渋谷区恵比寿西1-13-5ブラッサム大六天ビル10-2• 定休日:月曜日 でかいエビと、大粒の牡蠣が人気。 「魚真」(うおしん)• 場所:東京都渋谷区道玄坂2-25-5島田ビル1 F• 営業時間: 月~土17時から24時(金曜日は24時30分まで)、日祝16時から24時• 定休日:特になし 白子のてんぷらもウマい! 「蛸あざぶ」• 場所:東京都渋谷区神宮前3-40-3• 営業時間:月~土18時から24時• 定休日:不定休 お鍋 は、もちろんオススメなんですが ポテトサラダもいいですよ~ (基本的にたこ焼きのお店です…) 「ゆるり屋」• 場所:東京都渋谷区円山町5-18道玄坂スクエアビル2 F• 営業時間:月~金 12時から14時30分、18時から23時、土祝日17時から23時• 定休日:日曜日 痛風鍋の 具材がでかいんです。 「きになるき」• 場所:東京都渋谷区円山町5-3萩原ビル B 1 F• 営業時間:予約営業のみ• 定休日:不定休 「きになるき」さんは 割烹小料理屋さん。 あん肝白子も最高! 最後は、稲庭うどんで〆ます。 場所:東京都新宿区四谷3-11第二光明堂 B 1 F• 営業時間:月~土18時から22時30分• 定休日:日曜日 痛風鍋は限定メニューのため、予約の際に要確認。 完全予約制の割烹小料理のお店です。 【港区】 「わっつり」• 場所:東京都港区新橋4-19-1小森ビル1 F• 営業時間:月~金14時から26時、土日14時から24時• 定休日:なし 「わっつり」さんは 青森系のメニューが食べられるお店。 貝焼き味噌とか、八戸のイカの塩辛などなど コスパ良し。 もちろん痛風鍋も。 新橋「炉ばたや」• 場所:東京都港区新橋3-26-3所会計ビル1 F• 営業時間:11時30分から13時30分、17時から24時• 定休日:なし 「新橋 炉ばたや」さんは、魚介を中心とした 炉端焼きのお店。 魚だけじゃなく、お肉料理のメニューもありますが… 【千代田区】 「ちゃらりちゃらり」• 場所:東京都千代田区九段北1-2-11エイム東京九段ビル B 1• 営業時間:17時から23時30分• 定休日:日曜祝日 「ちゃらりちゃらり」さんは、 魚介系和食のお店。 「ちゃらりちゃらり」と「かつを」と「バンビ」は同じ系列のお店です。 和食「栄」• 営業時間:月~金、祝前日15時から24時、土日祝12時から24時• 定休日:年中無休 「栄」さんは、 個室っぽい感じの和食屋さん。 あん肝と白子と牡蠣が、鍋にモコモコに盛られて登場します。 【足立区】 「かつを」• 場所:東京都足立区千住旭町41-4• 営業時間:月~金11時から24時、土日16時から24時• 定休日:なし カツオの藁焼きもおすすめ。 「ちゃらりちゃらり」と「かつを」と「バンビ」は同じ系列のお店です。 「バンビ」• 場所:東京都足立区千住2-62富士ビル3 F• 営業時間:17時から24時• 定休日:なし 北千住駅から徒歩1分。 「ちゃらりちゃらり」と「かつを」と「バンビ」は同じ系列のお店です。 【江戸川区】 「豊田屋」• 場所:東京都江戸川区平井6-15-23• 営業時間:月~金16時30分から22時、土16時から21時• 定休日:日曜日 痛風鍋の カリスマ店。 人気があるので、予約はお早めに… 大衆チックなお店です。 【品川区】 「おまつり本舗」• 場所:東京都品川区西五反田1-29-3五反田シティハイツ1 F• 営業時間:月~金18時から24時、土祝19時から24時•

次の

東京都内の本当に美味しいあんこう鍋の名店おすすめ10選 | VOKKA [ヴォッカ]

鍋 東京 おすすめ

東京都内で美味しい鍋料理が頂ける人気のお店をピックアップ。 数多くの雑誌・TVなどのメディアを飾る有名店や、グルメな人たちの口コミで人気を拡大する、個性あふれるお店をセレクトしています。 亀戸升本 (亀戸) 歴史あるお屋敷のような趣ある雰囲気が特徴的な和食店。 フルーティな甘みのある、幻とも言われる希少な亀戸大根を使用した「 亀戸大根あさり鍋(5400円)」が看板メニュー。 鍋料理としては珍しいあさりのダシを麦菜めしにかけて頂くのがオススメの食べ方。 丁寧で控えめな接客も雰囲気がよく、居心地のいい空間を楽しめる。 東京都江東区亀戸4-18-9 四季海岸 (池袋) 60種類以上の材料が煮込まれた 秘伝の火鍋が絶品と評判の中華料理店。 そしてお鍋だけでなく、毎日築地から仕入れる新鮮な魚介を使った料理はなんと100種類以上。 国内の中華料理店ではなかなか味わえない気になるメニューも多く、さながら旅行者気分で楽しめるお店。 店おすすめの「四川麻辣スープ(1680円)」も一度は味わいたいメニュー。 東京都豊島区西池袋1-36-8ロマンスビル 4F しみず (中目黒) 目黒川沿いにある、和の趣を感じる 水炊きの名店。 佐賀県産種鶏から出るコラーゲンたっぷりの鍋料理のほか、名物である「骨付きもも肉のがぶり揚げ」などが人気メニュー。 店自慢の「地鶏水炊き(骨付きぶつ切りもも肉)(2100円)」は骨付きぶつ切りを煮込んだ白濁スープが濃厚。 せせりとつくねの「地鶏赤炊き(2100円)」も同じくおすすめ。 春には店先いっぱいの八重桜も眺めることができ、「花見が出来る居酒屋」としても覚えておきたい。 東京都目黒区中目黒1-10-23リバーサイドテラス 1F 山さき(神楽坂) 東京近海で獲れた天然の魚介や新鮮な野菜を使ってつくる、江戸料理が人気のお店。 基本はコースのみで、厚切りのトロマグロを使用し、ほどよく脂が乗りつつ、出汁が効いたあっさり味の ねぎま鍋がリピーター続出のお店を代表するメニュー。 他にもいくつかのお鍋がコースになっており、お通しメニューからかなりのクオリティです。 東京都新宿区神楽坂4-2 福屋ビル 2F 桜なべ中江(三ノ輪) 創業110年を超える江戸を代表する超老舗で、店舗も有形文化財に指定されている、 桜鍋(馬肉鍋)の名店。 薄くスライスした赤身を、しょうゆベースの甘辛スープで味わうすき焼き風のお味です。 北海道でこのお店の為だけに飼育した馬肉を使った、滋味たっぷりのお鍋をリーズナブルなお値段で頂けるのが特徴です。 桜鍋のお店は都内にいくつかありますが、お湯を通すと肉が固くなりやすい馬肉を美味しく食べれるのは数少ない存在。 トロットロの柔らかい極上肉を、甘みの効いたつけダレで。 初めて訪れる際はやはり、すき焼きを味わいたい。 日本全国から厳選された黒毛和牛を仕入れており、肉質へのこだわりは並々ならぬほど。 東京都中央区日本橋人形町2-9-12 かね萬 (六本木) 落ち着いた小料理屋のような雰囲気の和牛料理店。 あっさり醤油ベースで、シンプルでも王道の美味しさがある もつ鍋が人気で、ジューシーな黒毛和牛のモツと、厳選された野菜の甘みに加え、日本酒のみで煮込まれたスープが絶品。 焼酎も豊富に揃っています。 豚肉、海老、ニラ、椎茸、ホタテ、人参など、具だくさんの「ちゃんこ鍋(1人前2480円)」は手間暇かけたダシに定評があり、締めのラーメンもオススメ。 串焼きや新鮮な刺身、出汁巻き卵などちゃんこ以外のメニューもハイクオリティ。 東京都渋谷区広尾5-4-9 天香回味 本店 (日本橋) 天香回味(テンシャンフェイウェイ)と読む、 薬膳火鍋の専門店。 都内では日本橋のほか銀座、赤坂、二子玉川などで店舗を展開中。 天香スープはスパイシーでカレーのような風味、回味スープはナツメやトウジンなど滋養強壮や美容に良い薬膳スープ。 具材は一つ一つが特徴的な見た目をしていながら、味わいも栄養価も高いものばかり。 初めてでも丁寧に食べ方を教えてくれるので、ご安心を。 東京都中央区日本橋室町1-13-1 蟻月 (恵比寿) 予約がなかなか取れない もつ鍋の有名店。 1階はカウンターで2階は個室。 プルプルな弾力感と脂の旨味が絶品のもつ鍋は醤油、味噌、牛テール、ポン酢、チゲの5種類の味を用意。 「白のもつ鍋」は1200円と価格面もリーズナブル。 まだ美味しいもつ鍋に出会ってない人はこのお店へ。 東京都渋谷区恵比寿2-9-5 ふく竹(東銀座) TV、雑誌などメディアを問わず数多く紹介されている、「明太もつ鍋」が有名な九州料理店。 九州名物の辛子明太子が見事に鍋と融合し、ほんのりした辛さも相まってお箸が止まらない美味しさに。 他にも明太ちゃんこ鍋、明太子のてんぷらなどの明太メニューのほか、長崎直送の地魚や黒豚、馬刺しなどのメニューも充実。 東京都中央区築地4-2-7 フェニックス東銀座 B1F.

次の